ノウイングの画像・ジャケット写真

ノウイング / ニコラス・ケイジ

全体の平均評価点:(5点満点)

248

全体の平均評価点:

予告編を検索

DVD

旧作

ジャンル :

「ノウイング」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

旧作

解説・ストーリー

ニコラス・ケイジ主演のSFサスペンス。50年前のタイムカプセルに収められていた一枚の紙が、未来の大惨事を予言していることに気づいた主人公が、その回避に奔走する姿を、VFXを駆使した衝撃的映像の数々で描き出す。監督は「アイ,ロボット」のアレックス・プロヤス。MITの宇宙物理学者ジョンの息子ケイレブが通う小学校で、50年前に埋められたタイムカプセルが掘り出され、当時の生徒たちが書いた未来予想図が在校生に配られる。ケイレブが手にした紙は全体が意味不明の数字の羅列で埋め尽くされていた。それに興味を抱いたジョンは、数列に意味があるのではないかと調べ始め、やがて過去に起きた大惨事の日付や犠牲者数と一致していることに気づくのだが…。

「ノウイング」 の作品情報

作品情報

製作年:

2009年

製作国:

アメリカ

原題:

KNOWING

「ノウイング」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

エクソダス:神と王

ゲットバック

ゴーストライダー

ナイト・ストーム

ユーザーレビュー:248件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全248件

ホラー風味をあしらった宗教的ディザスター作品

投稿日:2010/01/27 レビュアー:JUCE

 かなり詰め込み過ぎたのと演出過多なところがある作品ですが、私はかなり好きです。

 VFXにかなり依存しています。かなり衝撃的な描写をリアルに描けています。そのVFX担当は『マトリックス』のCGを担当したアニマル・ロジック社。流石にVFXのクオリティは高いと思います。作品的には物語のターニングポイントを告げるアクセントとして効果的使われていました。
 
 また演出面でも結構丁寧につくられていて、例えば序盤では被写体に対して正対し、ほぼシンメトリーな構図を作ることで、危うい均衡を作り出し「これから何か起こるんじゃないか」と不安感を煽るような描写が多用されています。
 この映画状況や原因、結果などを説明描写やセリフなどで分からせようとせず、極力描きこんだ映像によって伝えようと努力しているところがあって、そこを見落としてしまったりすることがある様にも思います。評判の芳しくないラスト(私的にありだとおもいます)も説明は無いですが、あれ一つだけじゃなくてたくさんありましたよね。

 特に山場を迎えずに終わってしまう本作は多くの人たちが想像(期待)しているパニックムービーではないかも知れません。そういった点では娯楽性は低いです。一見すると他の終末系パニックムービーと類似しているように見える本作ですが私は一味違う作品と感じました。

このレビューは気に入りましたか? 22人の会員が気に入ったと投稿しています

なぜに伏線張りっぱなし? ネタバレ

投稿日:2010/05/15 レビュアー:ミルクチョコ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

「何者かの囁き」が聞こえる少女がタイムカプセルに入れたのは、謎の数列が書かれた紙だった。
そして50年後、タイムカプセルから奇妙な数列の紙が発掘されニコラス・ケイジ扮する宇宙物理科学者のジョンは、たまたま息子が読んでいたその数列を解読し、数列の意味が徐々に明らかになる前半は、大仕掛けの連続で、中々面白かったです。

しかし、数列の謎の意味のなさは、致命的で、そもそも選ばれた人間しか救う予定がないのであれば、数字の羅列のメッセージを送る必要もなかったのではないでしょうか?
そして途中で意味ありげに渡される黒い石も意味がなく、約束の場所には無数転がっていたというだけなら、それを持っているからといって、救われる訳でもなく、だったら、渡す意味はどこにあったのか?と首をひねりたくなります。
後半では、広げた風呂敷をあえて畳まないという驚愕の展開が。。。何のための伏線だったのか、ちっとも分からなくて、どっと疲れてしまいました。ニコラス・ケイジの心理的な葛藤も殆ど見られず残念でした。

このレビューは気に入りましたか? 19人の会員が気に入ったと投稿しています

トンデモ系SFにはニコラスがはまり役

投稿日:2010/03/11 レビュアー:AVANZSUR

全く予備知識無しで観賞したんですが、物語途中までは確かに数字の謎を巡るサスペンス調で進行し、結構スリリングな展開なんですが、旧約の『エゼキエル書』が登場した途端先が完全に読めてしまいました。
こりゃ普通のディザスター・ムービーだと思い込んで観られた方は相当ガックリくるでしょうね(^-^;

ただ、監督が『ダークシテイ』『アイロボット』のアレックス・プロヤスなんでSF系にシフトしてくるとは多少予測もしてたんですが、ここまで宗教色濃い方向へ舵を取るとはさすがに予測できませんでした。

個人的にはSF大好き(勿論トンデモ系も♪)なんで『ムー』的な展開や圧倒的な迫力のあるCGの出来栄えに驚き、非常に楽しく心躍らせながら観賞出来ましたが、『創世記』の各エピソードまでモチーフに盛り込んじゃうとあからさまに宗教色が色濃く出過ぎるんで、多少なりとも捻った展開にしてくれないと。

最近やけにこの手の世紀末騒動時を思い出させる作品が目につきますが、今度は何が根拠の騒動なんでしょうかw

このレビューは気に入りましたか? 16人の会員が気に入ったと投稿しています

たった1枚の紙で妄想

投稿日:2010/02/03 レビュアー:ホヨマックス

こ〜んなも〜ん〜
テレビで充分でしょ〜

このレビューは気に入りましたか? 16人の会員が気に入ったと投稿しています

おぉ〜SFしてるやんか〜!さすがダークシティのぷろやっさんやね♪ ネタバレ

投稿日:2010/06/09 レビュアー:KASPAR

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

えーっと、ぷろやっさん×けいじはんのSFっつーことで、どんだけ突き抜けてる映画かな〜って、前々から気になってたんすけど、公開当時に中国で中途半端に観てしまった&評判ゲキ悪っつーのもあって、延び延びになってた「ノウイング」をやっと観ました〜♪

おおーーーーー!!!!!突き抜けたねーーーーш(`∇´*)шこーゆーSFらしいSFってキライや無いです!!!っつーかかなり好きです♪

□■□■□

【ある意味ネタバレかな!?】

なんつーか結局、バタバタしただけで、主人公はなーんもしてないやん!しかもその行動も全く共感でけへんし!!!このラストやったら終盤近くまでの話はいったい何やったん???なんでこれを描くのにこんなストーリーにしたん???

・・・っつー感じはむっちゃするんすけど、まぁ個人的には好きなんすよねー♪こーゆーの♪

なんてゆーたらええんやろ・・・言葉では説明し難いんやけど、これぞSFっつー感じがするんすよねー♪でっかいことをちっちゃなことに置き換えて、ちっちゃいことをでっかいものに置き換えて描くっつー感じ((φ(・д・。)

ああーせつめいでけへん(´д`lll)

□■□■□

えーっと、オススメはしませんが、結構好きです♪

ラストが少しだらっとする感じがちょっと残念やけど、全体的には描きたいことをキチンと描けてるなかなか良く出来た穴の無い作品やと思います・・・マジで!?

・・・まぁ面白いかどうか&共感できるかどうかはなんともいえんすけどねш(`∇´*)шフツーはオモロナイテ!

個人的満足度 74点! オススメ度 60点!

このレビューは気に入りましたか? 14人の会員が気に入ったと投稿しています

1〜 5件 / 全248件

ノウイング

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:248件

ホラー風味をあしらった宗教的ディザスター作品

投稿日

2010/01/27

レビュアー

JUCE

 かなり詰め込み過ぎたのと演出過多なところがある作品ですが、私はかなり好きです。

 VFXにかなり依存しています。かなり衝撃的な描写をリアルに描けています。そのVFX担当は『マトリックス』のCGを担当したアニマル・ロジック社。流石にVFXのクオリティは高いと思います。作品的には物語のターニングポイントを告げるアクセントとして効果的使われていました。
 
 また演出面でも結構丁寧につくられていて、例えば序盤では被写体に対して正対し、ほぼシンメトリーな構図を作ることで、危うい均衡を作り出し「これから何か起こるんじゃないか」と不安感を煽るような描写が多用されています。
 この映画状況や原因、結果などを説明描写やセリフなどで分からせようとせず、極力描きこんだ映像によって伝えようと努力しているところがあって、そこを見落としてしまったりすることがある様にも思います。評判の芳しくないラスト(私的にありだとおもいます)も説明は無いですが、あれ一つだけじゃなくてたくさんありましたよね。

 特に山場を迎えずに終わってしまう本作は多くの人たちが想像(期待)しているパニックムービーではないかも知れません。そういった点では娯楽性は低いです。一見すると他の終末系パニックムービーと類似しているように見える本作ですが私は一味違う作品と感じました。

なぜに伏線張りっぱなし?

投稿日

2010/05/15

レビュアー

ミルクチョコ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

「何者かの囁き」が聞こえる少女がタイムカプセルに入れたのは、謎の数列が書かれた紙だった。
そして50年後、タイムカプセルから奇妙な数列の紙が発掘されニコラス・ケイジ扮する宇宙物理科学者のジョンは、たまたま息子が読んでいたその数列を解読し、数列の意味が徐々に明らかになる前半は、大仕掛けの連続で、中々面白かったです。

しかし、数列の謎の意味のなさは、致命的で、そもそも選ばれた人間しか救う予定がないのであれば、数字の羅列のメッセージを送る必要もなかったのではないでしょうか?
そして途中で意味ありげに渡される黒い石も意味がなく、約束の場所には無数転がっていたというだけなら、それを持っているからといって、救われる訳でもなく、だったら、渡す意味はどこにあったのか?と首をひねりたくなります。
後半では、広げた風呂敷をあえて畳まないという驚愕の展開が。。。何のための伏線だったのか、ちっとも分からなくて、どっと疲れてしまいました。ニコラス・ケイジの心理的な葛藤も殆ど見られず残念でした。

トンデモ系SFにはニコラスがはまり役

投稿日

2010/03/11

レビュアー

AVANZSUR

全く予備知識無しで観賞したんですが、物語途中までは確かに数字の謎を巡るサスペンス調で進行し、結構スリリングな展開なんですが、旧約の『エゼキエル書』が登場した途端先が完全に読めてしまいました。
こりゃ普通のディザスター・ムービーだと思い込んで観られた方は相当ガックリくるでしょうね(^-^;

ただ、監督が『ダークシテイ』『アイロボット』のアレックス・プロヤスなんでSF系にシフトしてくるとは多少予測もしてたんですが、ここまで宗教色濃い方向へ舵を取るとはさすがに予測できませんでした。

個人的にはSF大好き(勿論トンデモ系も♪)なんで『ムー』的な展開や圧倒的な迫力のあるCGの出来栄えに驚き、非常に楽しく心躍らせながら観賞出来ましたが、『創世記』の各エピソードまでモチーフに盛り込んじゃうとあからさまに宗教色が色濃く出過ぎるんで、多少なりとも捻った展開にしてくれないと。

最近やけにこの手の世紀末騒動時を思い出させる作品が目につきますが、今度は何が根拠の騒動なんでしょうかw

たった1枚の紙で妄想

投稿日

2010/02/03

レビュアー

ホヨマックス

こ〜んなも〜ん〜
テレビで充分でしょ〜

おぉ〜SFしてるやんか〜!さすがダークシティのぷろやっさんやね♪

投稿日

2010/06/09

レビュアー

KASPAR

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

えーっと、ぷろやっさん×けいじはんのSFっつーことで、どんだけ突き抜けてる映画かな〜って、前々から気になってたんすけど、公開当時に中国で中途半端に観てしまった&評判ゲキ悪っつーのもあって、延び延びになってた「ノウイング」をやっと観ました〜♪

おおーーーーー!!!!!突き抜けたねーーーーш(`∇´*)шこーゆーSFらしいSFってキライや無いです!!!っつーかかなり好きです♪

□■□■□

【ある意味ネタバレかな!?】

なんつーか結局、バタバタしただけで、主人公はなーんもしてないやん!しかもその行動も全く共感でけへんし!!!このラストやったら終盤近くまでの話はいったい何やったん???なんでこれを描くのにこんなストーリーにしたん???

・・・っつー感じはむっちゃするんすけど、まぁ個人的には好きなんすよねー♪こーゆーの♪

なんてゆーたらええんやろ・・・言葉では説明し難いんやけど、これぞSFっつー感じがするんすよねー♪でっかいことをちっちゃなことに置き換えて、ちっちゃいことをでっかいものに置き換えて描くっつー感じ((φ(・д・。)

ああーせつめいでけへん(´д`lll)

□■□■□

えーっと、オススメはしませんが、結構好きです♪

ラストが少しだらっとする感じがちょっと残念やけど、全体的には描きたいことをキチンと描けてるなかなか良く出来た穴の無い作品やと思います・・・マジで!?

・・・まぁ面白いかどうか&共感できるかどうかはなんともいえんすけどねш(`∇´*)шフツーはオモロナイテ!

個人的満足度 74点! オススメ度 60点!

1〜 5件 / 全248件