ROOKIES −卒業−

ROOKIES −卒業−の画像・ジャケット写真

ROOKIES −卒業− / 市原隼人
予告編を観る
  • 画質は本編映像とは異なります。

全体の平均評価点:(5点満点)

100

全体の平均評価点:

予告編を観る

DVD

TSUTAYA TV

動画ポイント利用可

ジャンル :

「ROOKIES −卒業−」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

TSUTAYA TV

動画ポイント利用可

解説・ストーリー

佐藤隆太、市原隼人ほか人気若手俳優共演のTVドラマ『ROOKIES』の劇場版。ニコガク野球部の面々が3年に進級し、川藤が教師に返り咲いた新学期。赤星と濱中の新入生ふたりを迎えた野球部は、夢の甲子園を目指し夏の予選大会へ向けて始動するのだが…。

「ROOKIES −卒業−」 の作品情報

作品情報

製作年: 2009年

「ROOKIES −卒業−」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

キャスト・スタッフ

関連作品

関連作品

金田一少年の事件簿 香港九龍財宝殺人事件

夏どこ 2010 −D−BOYS フットサルワールドカップ−

白夜行 完全版

おいしいプロポーズ

ユーザーレビュー:100件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全100件

時代の変化

投稿日:2010/01/29 レビュアー:ホヨマックス

何か今風の坊やが喧嘩したら強かったみたいな感じ?
それに、人情味溢れる顔にモヒカンは似合わんぜよぉ!
サーファー系ってホンマ喧嘩つおいんかぁ?まあ、運動してるだけあってグルになりゃつおいか・・・

しっかし今の不良にはオッサン臭さが無いなぁ〜
やっぱビーバップがいいやぁ〜

むかし俺はビーバップの真似して(泣けなしの小遣い貯めて6千円の)アイパーをかけ続けた事がある。自分で言うのも何だが、学園中 格好良いと絶賛だったぜ〜 いわゆる、ルーキー
忍耐の切れた担任により強制坊主にされた時は恥ずかしか〜
坊主の後、またビーバップの真似して角刈りにしてみたら、いつの間にかパシリ役に抜擢・・・
ちなみに、韓国では角刈りを“カクテキ頭”と称す。

韓国のヤクザは日本みたいにハッタリ=眼飛ばす等の事前行為がなく、有無を言わさず襲うからマジ怖いでえ〜
まあヤンキーマフィアは銃一発だけどね〜

それに比べたらこんなROOKIESなんて子供の喧嘩じゃんかよ!

あ!学園物語だから子供の喧嘩だった・・・

このレビューは気に入りましたか? 15人の会員が気に入ったと投稿しています

とにかく好きなんです!! ネタバレ

投稿日:2009/12/04 レビュアー:

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

原作者である森田まさのり先生の作品。
そして、その作品をドラマ化すると聞いて嬉しかった。でも、大丈夫か?と不安も…。
でも、その不安はドラマを観て払拭されました。

そして、映画化。
心が躍りました。別に映画にする必要なんてないんだけど、続きを観れる事が嬉しかった。



が、



映画になると、ドラマの様にじっくりできないのはわかってるし、
掻い摘んでストーリーを進めていかなくてはいかないのはわかってるんだけど
な〜んか物足りないんですよね(-_-;)
クスクス笑えるところもそんなに無くって。。。

それでもね、よかったんです。続きをとにかく観たかったから。

**********とってもネタバレしてます!!**********

でも、どうしても納得ができなかった。
甲子園出場をかけた決勝戦。9回2アウトでのシーン。
あそこで安仁屋がマウンド上で泣いてしまうのは、どうしても納得できない。
あとバッターが1人残ってる状態で泣くなんて、あり得ますかね?
映画を感動作にしたかったからそんなシーンにしたんだと思うんですけど、
私はあれを観た瞬間、冷めてしまいました。
もしかしたらそのバッターにホームランを打たれるかもしれないのに
泣くなんて。「映画やからいいやん。」では治まらなかった。

そのシーンだけはほんとに不満です!!
他もちょこちょこあるけど、全然いいです。あれに比べれば。。。
楽しみにしてたのに、悲しくなりました(涙

このレビューは気に入りましたか? 10人の会員が気に入ったと投稿しています

ともかく、来年の春の選抜の入場行進曲は95%以上「遥か」やと思う

投稿日:2009/11/23 レビュアー:ぶわつ

 二子玉川学園高校、略してニコガク野球部、3年の夏。最後の夏。
 諸般の事情(TVドラマ参照よろしく)で、再び赴任し直して来た熱血教師川藤(佐藤隆太)と共に、甲子園へ最後の挑戦が始まる。
 果たして、甲子園出場の夢は叶うのか・・・

 てなわけで、素直に、再びニコガク野球部の面々の繰り広げるドラマを観られたというのは嬉しかったし、確かに、泣けるシーンもあった。で、もしこれが、TVの2時間半スペシャルドラマとして放映されていたなら、もう文句なしに絶賛していたと思う。
 けど、本作はTVドラマではなく「映画」として製作された。
 
 オレは本作を、子供たちが観たがったこともあって家族4人で映画館へ観にいった。
 映画館とは、何をしに行くところか?
 もちろん、映画を観に行くところだ。
 けど、映画館で観た『ROOKIES』は、何から何までTVで観ていた『ROOKIES』。

 だから、確かにおもしろかった。

 けど、場面の切り替わりに、何かというとすぐ空撮を入れてごまかし、「あ、映画やなあ」という構図もなく、感動してほしい場面では、くどいくらい繰り返し劇伴を重ね(そりゃ、そのせいで目頭も熱くなったけど・・・)、逆に劇伴のない場面はあまり締まりがなく・・・。
 TVドラマとして観ていたら多分気にならないところが、やたらめったら気になってしまい、確かに感動している自分がいながら、そこからかなり下がったところでガックリきている自分もいて本当に困ってしまった。

 最近は、TVドラマがちょっとヒットすると、すぐに映画化して、その放映局でこれでもかというくらいの宣伝を繰り返すパターンが多くて、この『ROOKIES』もまさにそう。
 映画は映画ならでは、TVドラマはTVドラマならではの良さがあるわけだから、『ROOKIES』はTVドラマとして描き切ってほしかったような気がする。
 大好きだっただけに余計にそう感じた。

 いずれにしても、来年の春の選抜高校野球の入場テーマ曲はまず95%以上の確率で、GReeeeNの「遥か」になる・・・と思うのだけど、どうかな?
 これは、いい曲だった。






 

このレビューは気に入りましたか? 7人の会員が気に入ったと投稿しています

残念・・・ ネタバレ

投稿日:2010/01/23 レビュアー:となり

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

もともと原作は大好きで、ドラマも良かったと思ってますが・・・
僕的にはかなり残念な内容でした。
まず原作ファンとして残念な部分。
1つ。 目黒川がでてこない。笹崎に負けたという設定はまあいいけどせめて試合のシーンは入れてほしかった。別所が江夏からホームランを放ち、河埜が川上のフォークに歯がたたない・・・それをスタンドから見ていたニコガクナインが息を飲む・・とゆうのが見たかった。                         2つ。 若菜が濱中に「お前が今まで何をやってきたんだ!」って怒鳴る場面がありますが、映画では濱中のダメダメな部分がほとんど描かれておらず、意味不明な台詞になってしまっている。(原作の濱中は練習さぼる、タバコ吸う、観客にツバ吐く、そのくせ口だけは達者と、本当にダメなヤツでした。)           3つ。 笹崎の存在感なさすぎ。怪物スラッガーの別所は単なる強打者だし、川上も千葉監督もほぼ台詞なし。1年の時天狗になっていた川上が甲子園でメッタ打ちにあい、改心するエピソードもなかったし。                          原作と関係なく残念な部分。                 1つ。 感動シーンってゆうんですか?やたらと多い気がする。なんか大安売りって感じ。逆にシラけてしまった。泣くくらい感動的な場面は一箇所あれば十分だと思います。           2つ。 誰かも言ってたけど、安仁屋がマウンドで泣くシーン。いやいや、試合まだ終わってないから!対戦相手に超失礼で しょう。ニコガクナインが同じことやられたら「俺たちはまだあきらめてない!」って怒るでしょ?                で、全体的に言いたいのはいくら主役とはいえ、ニコガクナインをフューチャーしすぎなんじゃないかなーと。そう思いました。ルーキーズは本当に好きな作品だっただけに、残念です。

このレビューは気に入りましたか? 5人の会員が気に入ったと投稿しています

・・・・・

投稿日:2009/12/04 レビュアー:エロエロ大魔神

まってました!早くみたいです!

このレビューは気に入りましたか? 5人の会員が気に入ったと投稿しています

1〜 5件 / 全100件

ROOKIES −卒業−

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:100件

時代の変化

投稿日

2010/01/29

レビュアー

ホヨマックス

何か今風の坊やが喧嘩したら強かったみたいな感じ?
それに、人情味溢れる顔にモヒカンは似合わんぜよぉ!
サーファー系ってホンマ喧嘩つおいんかぁ?まあ、運動してるだけあってグルになりゃつおいか・・・

しっかし今の不良にはオッサン臭さが無いなぁ〜
やっぱビーバップがいいやぁ〜

むかし俺はビーバップの真似して(泣けなしの小遣い貯めて6千円の)アイパーをかけ続けた事がある。自分で言うのも何だが、学園中 格好良いと絶賛だったぜ〜 いわゆる、ルーキー
忍耐の切れた担任により強制坊主にされた時は恥ずかしか〜
坊主の後、またビーバップの真似して角刈りにしてみたら、いつの間にかパシリ役に抜擢・・・
ちなみに、韓国では角刈りを“カクテキ頭”と称す。

韓国のヤクザは日本みたいにハッタリ=眼飛ばす等の事前行為がなく、有無を言わさず襲うからマジ怖いでえ〜
まあヤンキーマフィアは銃一発だけどね〜

それに比べたらこんなROOKIESなんて子供の喧嘩じゃんかよ!

あ!学園物語だから子供の喧嘩だった・・・

とにかく好きなんです!!

投稿日

2009/12/04

レビュアー

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

原作者である森田まさのり先生の作品。
そして、その作品をドラマ化すると聞いて嬉しかった。でも、大丈夫か?と不安も…。
でも、その不安はドラマを観て払拭されました。

そして、映画化。
心が躍りました。別に映画にする必要なんてないんだけど、続きを観れる事が嬉しかった。



が、



映画になると、ドラマの様にじっくりできないのはわかってるし、
掻い摘んでストーリーを進めていかなくてはいかないのはわかってるんだけど
な〜んか物足りないんですよね(-_-;)
クスクス笑えるところもそんなに無くって。。。

それでもね、よかったんです。続きをとにかく観たかったから。

**********とってもネタバレしてます!!**********

でも、どうしても納得ができなかった。
甲子園出場をかけた決勝戦。9回2アウトでのシーン。
あそこで安仁屋がマウンド上で泣いてしまうのは、どうしても納得できない。
あとバッターが1人残ってる状態で泣くなんて、あり得ますかね?
映画を感動作にしたかったからそんなシーンにしたんだと思うんですけど、
私はあれを観た瞬間、冷めてしまいました。
もしかしたらそのバッターにホームランを打たれるかもしれないのに
泣くなんて。「映画やからいいやん。」では治まらなかった。

そのシーンだけはほんとに不満です!!
他もちょこちょこあるけど、全然いいです。あれに比べれば。。。
楽しみにしてたのに、悲しくなりました(涙

ともかく、来年の春の選抜の入場行進曲は95%以上「遥か」やと思う

投稿日

2009/11/23

レビュアー

ぶわつ

 二子玉川学園高校、略してニコガク野球部、3年の夏。最後の夏。
 諸般の事情(TVドラマ参照よろしく)で、再び赴任し直して来た熱血教師川藤(佐藤隆太)と共に、甲子園へ最後の挑戦が始まる。
 果たして、甲子園出場の夢は叶うのか・・・

 てなわけで、素直に、再びニコガク野球部の面々の繰り広げるドラマを観られたというのは嬉しかったし、確かに、泣けるシーンもあった。で、もしこれが、TVの2時間半スペシャルドラマとして放映されていたなら、もう文句なしに絶賛していたと思う。
 けど、本作はTVドラマではなく「映画」として製作された。
 
 オレは本作を、子供たちが観たがったこともあって家族4人で映画館へ観にいった。
 映画館とは、何をしに行くところか?
 もちろん、映画を観に行くところだ。
 けど、映画館で観た『ROOKIES』は、何から何までTVで観ていた『ROOKIES』。

 だから、確かにおもしろかった。

 けど、場面の切り替わりに、何かというとすぐ空撮を入れてごまかし、「あ、映画やなあ」という構図もなく、感動してほしい場面では、くどいくらい繰り返し劇伴を重ね(そりゃ、そのせいで目頭も熱くなったけど・・・)、逆に劇伴のない場面はあまり締まりがなく・・・。
 TVドラマとして観ていたら多分気にならないところが、やたらめったら気になってしまい、確かに感動している自分がいながら、そこからかなり下がったところでガックリきている自分もいて本当に困ってしまった。

 最近は、TVドラマがちょっとヒットすると、すぐに映画化して、その放映局でこれでもかというくらいの宣伝を繰り返すパターンが多くて、この『ROOKIES』もまさにそう。
 映画は映画ならでは、TVドラマはTVドラマならではの良さがあるわけだから、『ROOKIES』はTVドラマとして描き切ってほしかったような気がする。
 大好きだっただけに余計にそう感じた。

 いずれにしても、来年の春の選抜高校野球の入場テーマ曲はまず95%以上の確率で、GReeeeNの「遥か」になる・・・と思うのだけど、どうかな?
 これは、いい曲だった。






 

残念・・・

投稿日

2010/01/23

レビュアー

となり

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

もともと原作は大好きで、ドラマも良かったと思ってますが・・・
僕的にはかなり残念な内容でした。
まず原作ファンとして残念な部分。
1つ。 目黒川がでてこない。笹崎に負けたという設定はまあいいけどせめて試合のシーンは入れてほしかった。別所が江夏からホームランを放ち、河埜が川上のフォークに歯がたたない・・・それをスタンドから見ていたニコガクナインが息を飲む・・とゆうのが見たかった。                         2つ。 若菜が濱中に「お前が今まで何をやってきたんだ!」って怒鳴る場面がありますが、映画では濱中のダメダメな部分がほとんど描かれておらず、意味不明な台詞になってしまっている。(原作の濱中は練習さぼる、タバコ吸う、観客にツバ吐く、そのくせ口だけは達者と、本当にダメなヤツでした。)           3つ。 笹崎の存在感なさすぎ。怪物スラッガーの別所は単なる強打者だし、川上も千葉監督もほぼ台詞なし。1年の時天狗になっていた川上が甲子園でメッタ打ちにあい、改心するエピソードもなかったし。                          原作と関係なく残念な部分。                 1つ。 感動シーンってゆうんですか?やたらと多い気がする。なんか大安売りって感じ。逆にシラけてしまった。泣くくらい感動的な場面は一箇所あれば十分だと思います。           2つ。 誰かも言ってたけど、安仁屋がマウンドで泣くシーン。いやいや、試合まだ終わってないから!対戦相手に超失礼で しょう。ニコガクナインが同じことやられたら「俺たちはまだあきらめてない!」って怒るでしょ?                で、全体的に言いたいのはいくら主役とはいえ、ニコガクナインをフューチャーしすぎなんじゃないかなーと。そう思いました。ルーキーズは本当に好きな作品だっただけに、残念です。

・・・・・

投稿日

2009/12/04

レビュアー

エロエロ大魔神

まってました!早くみたいです!

1〜 5件 / 全100件