インクハート/魔法の声

インクハート/魔法の声の画像・ジャケット写真
インクハート/魔法の声 / ブレンダン・フレイザー
全体の平均評価点:
(5点満点)

22

  • DVD
  • Blu-ray
ジャンル:

「インクハート/魔法の声」 の解説・あらすじ・ストーリー

本を朗読すると本の中のキャラクターを現実に呼び起こすという特殊な能力を持つ主人公が、家族を救おうと1冊の本をめぐり奮闘する姿を描いたファンタジー・アドベンチャー。

「インクハート/魔法の声」 の作品情報

製作年: 2008年
製作国: アメリカ
原題: INKHEART

「インクハート/魔法の声」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

インクハート/魔法の声の詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
106分 日 英 吹 1:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/英語
2:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
DLRN8515 2009年12月16日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
22枚 1人 0人

【Blu-ray】インクハート/魔法の声(ブルーレイ)の詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
106分 日本語・英語・日本語吹替え用字幕 1:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/英語
2:DOLBY True HD/5.1chサラウンド/日本語
3:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
WBRN8514*B 2009年12月16日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
20枚 0人 0人

関連作品

ユーザーレビュー:22件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全22件

好きなジャンルだったのに・・・

投稿日:2009/12/20 レビュアー:elements

本が好き、ファンタジーもまあまあ好きな部類
の私にとってDVDスルーのこの作品、発売を心待ち
していた。同じ配給会社の”ライラの冒険”が
こけた為、本国アメリカでもしばらく公開を見あわ
せていたらしい。そしてこちらでは未公開。ん、
納得。これじゃね・・・。ファンタジー映画って
導入部が多少長くても、観客がその世界に徐々に
入り込む準備段階が必要なのに、いきなり無理やり
押し込まれた感じ。時代設定が現代(かな?)から
童話の世界へ、なのでチグハグで浮きまくって、そこ
から生まれる面白さも感じられない。イイ役者、イケ
メンそろえてるのになあ。ブレンダン・フレイザーの
声は朗読者向き。ポール・ベタニーの実生活の奥さん
ジェニファー・コネリーが、せりふ2−3個のカメオ
出演をしてました。(劇中でもカップル)

このレビューは気に入りましたか? はい 5人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

家内は拍手してました

投稿日:2011/02/20 レビュアー:勇光

いつも映画を観はじめると5分以内に沈没する家内が珍しく最後まで目をあけていまして、見終わった後で拍手してました。
特別なものは何もない映画でしたけど、エアロバイクはけっこうこげましたし、なんとなく心温まるラストでした。
気になったのは、ポール・ベタニーの役どころですね。なんだかイマイチのキャラクターで、大事なところで必ず裏切る変な行動パターンは意味不明でした。
よかったのは、主人公の女の子でしょう。カワイイです。
本の著者の役のジム・ブロードベントという人は、この映画で初めて存在を認識しました。けっこう、いい味出してました。『アイリス』という映画でアカデミー賞(助演)を受賞してるそうです。


原作を書いたコルネーリア・フンケという人はドイツの児童文学作家だそうですが、デビュー当時はイラストレーターだったそうです。『魔法の声』は3部作のシリーズものだそうです。たぶん、原作はかなり面白いのでしょう。

このレビューは気に入りましたか? はい 3人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

主人公はダレ?

投稿日:2011/03/03 レビュアー:みなさん

amazon.jp で『エンバー 失われた光の物語』を購入した時、“合わせて買いたい”作品として紹介されていたのが、コレ。衝動買いしてしまいました。(笑)
何の予備知識もなく“だいたいのあたり”を付けてソフトを買う時は 2本買うことにしている。経験からして、片方だけでもアタリのことが多いからだ。まぁ 2本目は評価の基準が下がるからかも知れない。(笑)

さて、『エンバー』はイマイチだったが、本作品はまずまずの仕上がり。子供向けとしては、優秀な方ではなかろうか。結構こみいった話しを解りやすくみせてくれる。小学生の高学年くらいならワクワクできるに違いない。
そうそう、ポール・ベタニーのファンなら中学生くらいまでならドキドキできるだろう。本作品ではワイルドな魅力をみせている。
或いは、『クィーン』でヘレン・ミレンの演技に感動した高校生なら満足感は高いかも知れない。威勢のいいおばあちゃんを楽しそうに演じているから、もっと彼女を好きになれる。
でも、まぁ、20歳を超えたら本作品は物足りないような気がするな。
もっと歳をとって中年になったら、子供と一緒に観たいと思うんじゃないかなぁ。(笑)

本を声に出して朗読すると、物語の世界から“何か”を呼び出せる“魔法舌”のお話し。面白いのは、代わりに“何か”が物語の世界に送り込まれてしまうことだ。人であったり動物であったりモノであったり……。要は、交換されてしまうわけだが、その対象を特定することは難しいらしい。凝った設定だ。
吃音の“魔法舌”に呼び出された本の住民は、文章の一部が体に書き込まれたりしていて不完全なのも面白い。(『耳なし法一』みたいだ)

どうも本作品のテーマは“不完全”らしい。登場人物は皆、何かが欠けている。それを取り戻すためにドタバタの追跡劇が繰り広げられる。父親はいなくなった妻を探し、ホコリ指は勇気と帰る道を探している。そして、カプリコーンは新しい地位と自分の王国を追い求めている。
――けれど、主人公の少女は何を求めていたのだろう。父親か? 母親か? 家庭か? どうも、そのアタリがハッキリしなかった。(たぶん家庭だろうな)

そう、本作品は、どうも焦点が定まっていない。主人公が父親なのか娘なのか、はたまた本の世界に戻ろうとする弱虫の芸人なのか、それすら明確ではない。ちょっと中途半端なのだ。
原作は児童文学だし、ストーリーからすれば娘のお話しのはずだが、イアン・ソフトリー監督は、“ホコリ指”の心情を多く描いている。それはいいが、父親役をブレンダン・フレイザーが演じたことで、ややこしくなってしまった。知名度の高いスターだから助演くらいの扱いをしないとエージェントも納得しないだろう。さすがに十把一絡げの脇役というわけにはいかない。かくして、誰のお話しなのか分からなくなってしまった感がある。

娘役はイライザ・ベネット。『ナニーマクフィーの魔法のステッキ』に出ていたらしい。子供たちの1人だったのかな? 年齢からすると養女にされそうになった女の子のような気もするが確証はない。
ジェニファー・コネリーがチョコっと顔を出しているのが、何となく微笑ましい。

ファンタジー映画なのでVFXは必要不可欠だが、迫力はないものの上出来の部類だろう。興趣を殺がれることなく最後まで観ることが出来た。それにロケ地もステキなところを選んでおり、華やかで良い季節の撮影だったとみえ、画面からは暖かな空気感が伝わって来る。

バイクに跨り、家族を救おう疾走するエリノアを演じたヘレン・ミレンが◎。まずまずオススメ!

このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

お子様と一緒に・・。

投稿日:2010/05/22 レビュアー:rizucherry00

 ディズニー作品に出てくる王子様の雰囲気に似ている「ブレンダン・フレイザー」、ハムナプトラの時ほどではないけど、体はったアクションは健在・・・かな?

 ここのシーンは見せられない・・なんてことがない、本好きな少女とパパを中心に、声の持つ不思議がファンタジーな世界を広げていきます。

 大人でも、おとぎばなしの好きな人は、軽〜く楽しめますよ。

このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

サラサラなサッパリ系ファンタジーって感じ。

投稿日:2010/03/17 レビュアー:みむさん

まあ、期待はしてなかったので
予想通りっていうか、まあまあでした。

ですが、あまりにインパクトが無くて
多分数時間後には内容忘れてしまいそうです・・・・。

オッサン(?ファンの方ごめんなさい)が
主人公ってのもなんだか
グッとこないんですよね、個人的に。

こういう話だったら子供が主役かと思ってたので・・・。

誰か好きな俳優が出てるとか、
そういう目当てがある人はイイと思いますよ。

このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 5件 / 全22件

インクハート/魔法の声

月額課金で借りる

都度課金で借りる