シャイニング

シャイニングの画像・ジャケット写真

シャイニング / ジャック・ニコルソン

全体の平均評価点:(5点満点)

209

全体の平均評価点:

DVD

Blu-ray

TSUTAYA TV

見放題

ジャンル :

「シャイニング」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

Blu-ray

TSUTAYA TV

見放題

解説・ストーリー

冬の間閉鎖されるホテルに、作家志望のジャック一家が管理人としてやってきた。そのホテルでは過去に、管理人が家族を惨殺するという事件が起こっていたのだが……。モダン・ホラーの帝王S・キングの同名原作を離れ、キューブリックが独自に造り上げたホラー。

「シャイニング」 の作品情報

作品情報

製作年: 1980年
製作国: イギリス
原題: THE SHINING

「シャイニング」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

ラスト・タイクーン

2001年宇宙の旅

博士の異常な愛情

マーズ・アタック!

ユーザーレビュー:209件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全209件

傑作と駄作は紙一重 ネタバレ

投稿日:2006/09/27 レビュアー:masamune

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

Stanley Kubrick監督が名匠なのは衆目の一致する所。これで原作がモダンホラーの旗手Stephen Kingなのだから面白くない訳が無い・・・かどうか「最も評価の分かれる作品」では?と思う。キング原作の映画は正直つまらない作品の方が多い。それは原作者と監督の「ホラー(心理的に怖い)」の解釈にズレが有るからだ。私はキング原作の映画化ではChristopher Walken主演の「デッドゾーン」がベストだと思う(なぜかDISCASにはくだらないTV版のみ、是非皆さんもリクエストを!)。本作もキング原作に縛られると「駄作」となる。しかしホラー映画として観た場合は、私は「傑作」だと思う。原作とベクトルが違うからと言って一概にダメと決め付けるのはどうかと思う。傑作「2001年宇宙の旅」もそうだが、監督は「人」を描く事を始めから拒絶してる。監督が伝えたい事は全て映像そのもので描いてるので俳優は「絵のコマ」に過ぎないと考えてるフシが有る。なのでシンメトリーな構図や、赤を使った色彩など才能を遺憾なく発揮してる点にこそ注目したい。本作は撮影途中から原作とかけ離れた脚色が顰蹙をかい、完全主義者と言われ名声を手中にしていた監督でさえ追い込まれたほど、キング信仰者が全米に多いのには映画ファン側からすると率直に驚きだ。なので有名な冒頭の空撮にヘリが映り込んでいたり、ホテルのカーペットが違う物が映ったりと監督らしからぬ編集ミスが目立つ作品でも有る。まあ悩んでいた事は間違いないが、出来た作品はモダン・ホラーな映画として超一流に仕上がったと思う。後にキングが自己解釈のTVMを製作し、監督も評価したらしいが当然本心ではない。Jack Nicholsonの怪演ばかり取り沙汰されるが、本作が後の作品に与えた影響は計り知れない。私は純粋な「史上初のホラー映画」として評価したいなと思う。

本品「コンチネンタル・ヴァージョン」は残酷描写や倫理的に問題のあるシーンを削除した海外向けの仕様で119分と短め。米国劇場公開版は143分。因みに「完全版」は173分で輸入版LDを持ってますが、今の日本のレーティングならOKじゃないかなと思いますのでWarnerさん宜しく。しかしDISCASさんは表記ミスが多い、何故に?

このレビューは気に入りましたか? 35人の会員が気に入ったと投稿しています

拍子抜け しょの2

投稿日:2005/01/21 レビュアー:裸足のラヴァース

誰かが書いていた 拍子抜けよしよし キューブリックの本質をよく ついてるぞ だがやつはそれでよいのだ 中身のない精巧なプラモデル作りに熱中する少年なのだ キューブリックは
出来上がった作品はぶっ壊してしまいたいはずだ プロセスがすべて キューの作品のどこか空虚な感じはそんなとこから来るのだろう

50頁で済ませるべき本を 500頁に水増しするキングの原作とずれてようが そんなことはどうでもよい キングなんて大した作家じゃない ニコルソンの演技も別に怖くない 単なるコケオドシだ そんな感じのホラー処理が 当時バリバリのホラーファンのおいらとしては 不満でこの作品に辛い評価だったのだが
見直すごとにこの作品がキューブリックの中で 一番好きなものになってきてる

ホテルが主人公の静かな恐怖 そこで起こることは別にホテルとはまったく関係がないかのごときな ホテルの圧倒的な実在感がこの映画の素晴らしいところだろう 数々のエピソードやラストが意外にどうとゆうことないのが またそれを際立たせるようになっているのだ そのまま何も起こらなければ黒沢清の映画になってしまうのではないだろうか

ホラーに関してはノンケのはずのキューブリックの傑作だ

このレビューは気に入りましたか? 22人の会員が気に入ったと投稿しています

悪夢を見事に表現 ネタバレ

投稿日:2009/07/20 レビュアー:ミルクチョコ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

オープニングは空撮シーンから始まるのですが、主人公が乗った車をひたすら後ろからカメラで追いかける撮り方はとても不気味です。
清涼な山間部の空撮りする不気味さは、さらに不気味な音楽から始まり、初っ端から狂ってしまいそうな男がにこやかに話をしているようすだけでも、このオープニングはこれから始まる物語を予兆してとても見事です。

またホテルの美術もシンメトリーな構図や赤を多用した独特の色遣いなど生理的に落ち着かないデザインになっていて、観客に不気味な印象を与えてくれます。またホテルの廊下を三輪車で走り回るシーンも不気味です。後ろからじっと見つめられているようなローアングルのカメラ。常に誰かに見られているこの感覚は怖いです。

この作品は、限られた情報量で、少しずつ不況和音を入れていく、極めてシンプルな見せ方をしていて、グロテスクなものを見せたり、ショッキングな怖さを見せるという単純なものよりも、ずっとこちらの方が怖いと思います。

そして、一番怖いシーンは主人公ジャックがタイプライターでひたすら打っていた文章を妻が見つけるシーンです。このシーンは書かれた文章の内容もあって、見る者を凍りつかせます。

分かりにくいラストは、登場人物たちの妄想なのか、曖昧に描いているところがあります。この映画の怪奇現象は捉えようによっては、主人公たちの妄想とも受け取ることができると思います。
観客に、妄想か現実かの区別を付けさせないという見せ方が効果があったように思えます。悪夢を見事に表現していますよね。
わざと分かりにくくしたり、曖昧にしたり色々な解釈ができるのは、キューブリック監督のマジックかもしれません。

このレビューは気に入りましたか? 14人の会員が気に入ったと投稿しています

Do You Have the "Shine"?

投稿日:2006/09/02 レビュアー:ひきむすび

面白いですが ダメ出ししたい部分もたくさんある作品ですね。

なんというか うるさい。不気味な場所でいきなり大音響で襲われたら
誰でもビビるでしょう。ものすごい表情も 始終一本調子では飽きてきます。
一発芸としては すごくハイレベルですけどね。
それから、、タイトルと違う。超能力関係ないし。
確かにキングは怒ったはずです。少年の秘密の友人、双子の少女
コックさん等 何が言いたかったの?と気になる方は原作本をどうぞ。

それからショート集「カンヌSHORT5」の中に「Do You Have the "Shine"?」
というシャイニングへの 明らかなダメ出しの作品が。私はこちらが好き。
一枚無駄にしても良いという方にお勧めします。5本中3本は微妙な作品です。

このレビューは気に入りましたか? 12人の会員が気に入ったと投稿しています

こっちも怖いぞwこのジャケット写真だけでも十分にw ネタバレ

投稿日:2009/02/21 レビュアー:pokorou

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

原作・スティーヴンキング、監督・キューブリック作品のこちらの
「シャイニング」何度も観てますが、はい、買っちゃいましたw
しかも、総指揮、スティーヴンキング版も同時にw
「シャイニング」は大好物ですからw

この際、どっちがどうとかのお話は置いといて。
本作オンリーのレビューを書かせて頂きます。

タイトルにも書きましたが、そうです、このジャケットだけでも、
十分に恐ろしいですwジャック・ニコルソン、そんな恐ろしいお顔が出来るのね・・・マジ怖えよwwwww

子供が見たらチビるっちゅうねんwww
そんな迫力、どっからでてくるねんw
っちゅうか、どこに隠してたwww

本作のジャケットの裏に書かれてあります。

「一番怖い物を想像して下さい。
モンスターのようなエイリアン?最悪の伝染病?
それともあなたを愛し守るべき家族から殺される恐怖?」
(一部省略)

そうなんですよ、本当に怖いのは人なのです。
そして、それが、愛する家族から殺される恐怖・・・www

考えただけでも恐ろしいですよね・・・?

どうですか?ご主人が、奥様が、もしくは、母や父がある日突然豹変し、自分を殺そうとしてきたら・・・しかも一家皆殺しですよ?

それが、逃げようにも逃げ出せない状況。
何者かに支配され、豹変した家族。

怖くない訳が無いです!!!!!

襲ってくるジャックニコルソンも当然恐ろしいですが、身の危険を感じ、逃げまどう奥さんの顔も相当怖いですwww

あの、大きな目と口が全開です!!!

そして、広い広いホテルの廊下を三輪車で走るダニー。
「キーコーキーコー、ドドドドド、キーコーキーコー、ドドドドド」

豪華で広いホテルで起こる不思議な現象と認めたくは無い現実が入り乱れ、映像美も加えて美しく恐ろしい作品に仕上がっております!

名作です。

ホラーならなんでも来いの私ですが、やはりこれはただのホラーではありません。真の恐怖を見せつけてくれます。

「シャイニング」観ずにホラーは語れない!と、言っても過言では無いと思います!


本作の後に、スティーヴンキング本人が総指揮を取り、撮影した「シャイニング」が出ておりますが、こちらは恐ろしく長いです。

ですが、2作ともご覧頂きたい!
観比べるのもこれ又、ホラー好きなら是非ともお勧めの見方w


            §* ̄ー ̄)v pokorou


このレビューは気に入りましたか? 11人の会員が気に入ったと投稿しています

1〜 5件 / 全209件

シャイニング

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:209件

傑作と駄作は紙一重

投稿日

2006/09/27

レビュアー

masamune

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

Stanley Kubrick監督が名匠なのは衆目の一致する所。これで原作がモダンホラーの旗手Stephen Kingなのだから面白くない訳が無い・・・かどうか「最も評価の分かれる作品」では?と思う。キング原作の映画は正直つまらない作品の方が多い。それは原作者と監督の「ホラー(心理的に怖い)」の解釈にズレが有るからだ。私はキング原作の映画化ではChristopher Walken主演の「デッドゾーン」がベストだと思う(なぜかDISCASにはくだらないTV版のみ、是非皆さんもリクエストを!)。本作もキング原作に縛られると「駄作」となる。しかしホラー映画として観た場合は、私は「傑作」だと思う。原作とベクトルが違うからと言って一概にダメと決め付けるのはどうかと思う。傑作「2001年宇宙の旅」もそうだが、監督は「人」を描く事を始めから拒絶してる。監督が伝えたい事は全て映像そのもので描いてるので俳優は「絵のコマ」に過ぎないと考えてるフシが有る。なのでシンメトリーな構図や、赤を使った色彩など才能を遺憾なく発揮してる点にこそ注目したい。本作は撮影途中から原作とかけ離れた脚色が顰蹙をかい、完全主義者と言われ名声を手中にしていた監督でさえ追い込まれたほど、キング信仰者が全米に多いのには映画ファン側からすると率直に驚きだ。なので有名な冒頭の空撮にヘリが映り込んでいたり、ホテルのカーペットが違う物が映ったりと監督らしからぬ編集ミスが目立つ作品でも有る。まあ悩んでいた事は間違いないが、出来た作品はモダン・ホラーな映画として超一流に仕上がったと思う。後にキングが自己解釈のTVMを製作し、監督も評価したらしいが当然本心ではない。Jack Nicholsonの怪演ばかり取り沙汰されるが、本作が後の作品に与えた影響は計り知れない。私は純粋な「史上初のホラー映画」として評価したいなと思う。

本品「コンチネンタル・ヴァージョン」は残酷描写や倫理的に問題のあるシーンを削除した海外向けの仕様で119分と短め。米国劇場公開版は143分。因みに「完全版」は173分で輸入版LDを持ってますが、今の日本のレーティングならOKじゃないかなと思いますのでWarnerさん宜しく。しかしDISCASさんは表記ミスが多い、何故に?

拍子抜け しょの2

投稿日

2005/01/21

レビュアー

裸足のラヴァース

誰かが書いていた 拍子抜けよしよし キューブリックの本質をよく ついてるぞ だがやつはそれでよいのだ 中身のない精巧なプラモデル作りに熱中する少年なのだ キューブリックは
出来上がった作品はぶっ壊してしまいたいはずだ プロセスがすべて キューの作品のどこか空虚な感じはそんなとこから来るのだろう

50頁で済ませるべき本を 500頁に水増しするキングの原作とずれてようが そんなことはどうでもよい キングなんて大した作家じゃない ニコルソンの演技も別に怖くない 単なるコケオドシだ そんな感じのホラー処理が 当時バリバリのホラーファンのおいらとしては 不満でこの作品に辛い評価だったのだが
見直すごとにこの作品がキューブリックの中で 一番好きなものになってきてる

ホテルが主人公の静かな恐怖 そこで起こることは別にホテルとはまったく関係がないかのごときな ホテルの圧倒的な実在感がこの映画の素晴らしいところだろう 数々のエピソードやラストが意外にどうとゆうことないのが またそれを際立たせるようになっているのだ そのまま何も起こらなければ黒沢清の映画になってしまうのではないだろうか

ホラーに関してはノンケのはずのキューブリックの傑作だ

悪夢を見事に表現

投稿日

2009/07/20

レビュアー

ミルクチョコ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

オープニングは空撮シーンから始まるのですが、主人公が乗った車をひたすら後ろからカメラで追いかける撮り方はとても不気味です。
清涼な山間部の空撮りする不気味さは、さらに不気味な音楽から始まり、初っ端から狂ってしまいそうな男がにこやかに話をしているようすだけでも、このオープニングはこれから始まる物語を予兆してとても見事です。

またホテルの美術もシンメトリーな構図や赤を多用した独特の色遣いなど生理的に落ち着かないデザインになっていて、観客に不気味な印象を与えてくれます。またホテルの廊下を三輪車で走り回るシーンも不気味です。後ろからじっと見つめられているようなローアングルのカメラ。常に誰かに見られているこの感覚は怖いです。

この作品は、限られた情報量で、少しずつ不況和音を入れていく、極めてシンプルな見せ方をしていて、グロテスクなものを見せたり、ショッキングな怖さを見せるという単純なものよりも、ずっとこちらの方が怖いと思います。

そして、一番怖いシーンは主人公ジャックがタイプライターでひたすら打っていた文章を妻が見つけるシーンです。このシーンは書かれた文章の内容もあって、見る者を凍りつかせます。

分かりにくいラストは、登場人物たちの妄想なのか、曖昧に描いているところがあります。この映画の怪奇現象は捉えようによっては、主人公たちの妄想とも受け取ることができると思います。
観客に、妄想か現実かの区別を付けさせないという見せ方が効果があったように思えます。悪夢を見事に表現していますよね。
わざと分かりにくくしたり、曖昧にしたり色々な解釈ができるのは、キューブリック監督のマジックかもしれません。

Do You Have the "Shine"?

投稿日

2006/09/02

レビュアー

ひきむすび

面白いですが ダメ出ししたい部分もたくさんある作品ですね。

なんというか うるさい。不気味な場所でいきなり大音響で襲われたら
誰でもビビるでしょう。ものすごい表情も 始終一本調子では飽きてきます。
一発芸としては すごくハイレベルですけどね。
それから、、タイトルと違う。超能力関係ないし。
確かにキングは怒ったはずです。少年の秘密の友人、双子の少女
コックさん等 何が言いたかったの?と気になる方は原作本をどうぞ。

それからショート集「カンヌSHORT5」の中に「Do You Have the "Shine"?」
というシャイニングへの 明らかなダメ出しの作品が。私はこちらが好き。
一枚無駄にしても良いという方にお勧めします。5本中3本は微妙な作品です。

こっちも怖いぞwこのジャケット写真だけでも十分にw

投稿日

2009/02/21

レビュアー

pokorou

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

原作・スティーヴンキング、監督・キューブリック作品のこちらの
「シャイニング」何度も観てますが、はい、買っちゃいましたw
しかも、総指揮、スティーヴンキング版も同時にw
「シャイニング」は大好物ですからw

この際、どっちがどうとかのお話は置いといて。
本作オンリーのレビューを書かせて頂きます。

タイトルにも書きましたが、そうです、このジャケットだけでも、
十分に恐ろしいですwジャック・ニコルソン、そんな恐ろしいお顔が出来るのね・・・マジ怖えよwwwww

子供が見たらチビるっちゅうねんwww
そんな迫力、どっからでてくるねんw
っちゅうか、どこに隠してたwww

本作のジャケットの裏に書かれてあります。

「一番怖い物を想像して下さい。
モンスターのようなエイリアン?最悪の伝染病?
それともあなたを愛し守るべき家族から殺される恐怖?」
(一部省略)

そうなんですよ、本当に怖いのは人なのです。
そして、それが、愛する家族から殺される恐怖・・・www

考えただけでも恐ろしいですよね・・・?

どうですか?ご主人が、奥様が、もしくは、母や父がある日突然豹変し、自分を殺そうとしてきたら・・・しかも一家皆殺しですよ?

それが、逃げようにも逃げ出せない状況。
何者かに支配され、豹変した家族。

怖くない訳が無いです!!!!!

襲ってくるジャックニコルソンも当然恐ろしいですが、身の危険を感じ、逃げまどう奥さんの顔も相当怖いですwww

あの、大きな目と口が全開です!!!

そして、広い広いホテルの廊下を三輪車で走るダニー。
「キーコーキーコー、ドドドドド、キーコーキーコー、ドドドドド」

豪華で広いホテルで起こる不思議な現象と認めたくは無い現実が入り乱れ、映像美も加えて美しく恐ろしい作品に仕上がっております!

名作です。

ホラーならなんでも来いの私ですが、やはりこれはただのホラーではありません。真の恐怖を見せつけてくれます。

「シャイニング」観ずにホラーは語れない!と、言っても過言では無いと思います!


本作の後に、スティーヴンキング本人が総指揮を取り、撮影した「シャイニング」が出ておりますが、こちらは恐ろしく長いです。

ですが、2作ともご覧頂きたい!
観比べるのもこれ又、ホラー好きなら是非ともお勧めの見方w


            §* ̄ー ̄)v pokorou


1〜 5件 / 全209件