ホーム・アローン

ホーム・アローンの画像・ジャケット写真

ホーム・アローン / マコーレー・カルキン

全体の平均評価点:(5点満点)

48

全体の平均評価点:

DVD

Blu-ray

TSUTAYA TV

動画ポイント利用可

シリーズ

ジャンル :

「ホーム・アローン」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

Blu-ray

TSUTAYA TV

動画ポイント利用可

シリーズ

解説・ストーリー

パリでクリスマスを過ごそうと飛行機に乗り込んだ15人の大家族。だが、飛行機の中で思い出した大事な忘れ物は……8歳のケビンだった! 家に取り残されたケビンは、一人の自由を思う存分楽しんでいたが、そこに2人組の泥棒が現れて……?<BR>

「ホーム・アローン」 の作品情報

作品情報

製作年: 1990年
原題: HOME ALONE

「ホーム・アローン」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

セサミストリート ザ・ムービー:おうちに帰ろう、ビッグバード!

F.R.A.T/戦慄の武装警察

ペーパーマン PaperMan

オレンジカウンティ

ユーザーレビュー:48件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全48件

黄金期 ネタバレ

投稿日:2009/01/10 レビュアー:ナナメ歩き

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

クリス・コロンバスの最高傑作であろう本作
理屈抜きに笑えて、ほろりと泣ける、これぞエンターテイメント
マコーレー・カルキン扮する純粋だが、少しおませなケヴィンを主役に、子供版ダイ・ハードの幕開けである。

泥棒に扮するジョー・ペシとダニエル・スターン、そして意味深なちょっと怖い隣のお爺さんが良い味を出しており、バカらしい程次から次へとケヴィンの罠に掛かってくれ、一緒に遊んでいる感じが絶妙な一体感を生んでいる
時折入るやはり子供だと感じさせる、ママを恋しがるシーンや隣人との交流が、上手い具合に緩急を付けていて、楽しいだけでなくこの年頃特有の背伸びと幼い感情が、我が身にも思い出され良い感じだ
離れている家族のエピソードも秀逸で、故ジョン・キャンディ扮する楽団とのシーンは涙を誘う、実は本作で一番好きなエピソードで、ジョン・キャンディの表情がたまらなく良い
ラストも隣人の強面お爺さんの誤解も解け大活躍、家族の再会にお爺さんの孫との再会も絡め、正に雨降って地固まり家族が一番という、アメリカらしい爽やかな終わり方も好感が持て良い。

本作を観ていると、本当にカルキン少年の現状が悔やまれる
特にあの親の責任は重大である
そんな事実はあるが、作品としてはこの上ないハートフルコメディなのは変わりない。

このレビューは気に入りましたか? 9人の会員が気に入ったと投稿しています

・・・・

投稿日:2010/12/01 レビュアー:エロエロ大魔神

おバカな強盗に乾杯!
どうしてもクリスマスが近づくと見てしまう!

一人ぼっちのクリスマスを過ごすには最適????

このレビューは気に入りましたか? 6人の会員が気に入ったと投稿しています

・・・・

投稿日:2010/02/02 レビュアー:エロエロ大魔神

1・2・3とケビンを忘れるのがマカリスター家の伝統です!

このレビューは気に入りましたか? 6人の会員が気に入ったと投稿しています

忘れてた 責任は誰 誰なのよ!

投稿日:2006/11/15 レビュアー:Yの3乗

親が子供を虐待し、死に至らしめる事件が多い昨今。
バカンスに我が子を忘れてしまったストーリー。
このシリーズでは、
@残された(生意気な)子供が健気にドロボーに立ち向かうことと、
A親が心配して何とか家に戻ろうとする努力と、
B隣人の問題を解決することと、
C子供もわがままはいけないと反省することと、
沢山のメッセージが込められた作品でヒットしたのだと思いました。
考えれば深刻な問題をコミカルに楽しくハッピーエンドに楽しませてくれました。
さすがシリーズになっただけのことはある。
クリスマスシーズンのこれからにファミリー向けにお勧めします。

このレビューは気に入りましたか? 5人の会員が気に入ったと投稿しています

Xマスには「ホームアローン」

投稿日:2017/12/25 レビュアー:カマンベール

懐かしかったです。
大ヒット作ですね。

Xマス休暇に2家族がパリにバカンス旅行を計画します。
子供たちが11人(従兄弟たちを入れてね)
寝坊して慌てたママは子供の人数を数え間違えて、
8歳の末っ子ケビンをたったひとり家に置き去りにしてしまいます。
ケビンは相当な悪ガキ。
そもそも兄に腹を立ててミルクをこぼし、みんなのパスポートを
ミルクまみれにしたことを怒られて、屋根裏部屋に泊まることになり、
結果、忘れられるのですから・・・。
Xマスのお願いに「家族をみんな居なくなーれ!」
なんてお願いした罰が当たってしまいます。

留守宅を狙っているのは、最近頻発している空き巣狙いの二人組。
ケビンは日用品を巧みに使って、泥棒さんを迎え撃ちします。
アイロン落下、
タールだらけの玄関階段、
釘やかツリーの装飾を踏ませる、
頭に引火、
バケツ爆弾、ドアノブのやけど、
と泥棒さんの方も、満身創痍。
ケビンくん少し、過剰防衛じゃありませんか?

それにしてもXマスイヴを、ツリーを切り、飾り付けして、
ナプキンをひいてミルクとマカロニのディナー。
教会にまでミサに行くケビンくんは立派なオマセさんです。

赤と緑のXマスカラーに、イルミネーション満載の、賑やかで楽しいXマ
ス映画でした。

このレビューは気に入りましたか? 4人の会員が気に入ったと投稿しています

1〜 5件 / 全48件

ホーム・アローン

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:48件

黄金期

投稿日

2009/01/10

レビュアー

ナナメ歩き

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

クリス・コロンバスの最高傑作であろう本作
理屈抜きに笑えて、ほろりと泣ける、これぞエンターテイメント
マコーレー・カルキン扮する純粋だが、少しおませなケヴィンを主役に、子供版ダイ・ハードの幕開けである。

泥棒に扮するジョー・ペシとダニエル・スターン、そして意味深なちょっと怖い隣のお爺さんが良い味を出しており、バカらしい程次から次へとケヴィンの罠に掛かってくれ、一緒に遊んでいる感じが絶妙な一体感を生んでいる
時折入るやはり子供だと感じさせる、ママを恋しがるシーンや隣人との交流が、上手い具合に緩急を付けていて、楽しいだけでなくこの年頃特有の背伸びと幼い感情が、我が身にも思い出され良い感じだ
離れている家族のエピソードも秀逸で、故ジョン・キャンディ扮する楽団とのシーンは涙を誘う、実は本作で一番好きなエピソードで、ジョン・キャンディの表情がたまらなく良い
ラストも隣人の強面お爺さんの誤解も解け大活躍、家族の再会にお爺さんの孫との再会も絡め、正に雨降って地固まり家族が一番という、アメリカらしい爽やかな終わり方も好感が持て良い。

本作を観ていると、本当にカルキン少年の現状が悔やまれる
特にあの親の責任は重大である
そんな事実はあるが、作品としてはこの上ないハートフルコメディなのは変わりない。

・・・・

投稿日

2010/12/01

レビュアー

エロエロ大魔神

おバカな強盗に乾杯!
どうしてもクリスマスが近づくと見てしまう!

一人ぼっちのクリスマスを過ごすには最適????

・・・・

投稿日

2010/02/02

レビュアー

エロエロ大魔神

1・2・3とケビンを忘れるのがマカリスター家の伝統です!

忘れてた 責任は誰 誰なのよ!

投稿日

2006/11/15

レビュアー

Yの3乗

親が子供を虐待し、死に至らしめる事件が多い昨今。
バカンスに我が子を忘れてしまったストーリー。
このシリーズでは、
@残された(生意気な)子供が健気にドロボーに立ち向かうことと、
A親が心配して何とか家に戻ろうとする努力と、
B隣人の問題を解決することと、
C子供もわがままはいけないと反省することと、
沢山のメッセージが込められた作品でヒットしたのだと思いました。
考えれば深刻な問題をコミカルに楽しくハッピーエンドに楽しませてくれました。
さすがシリーズになっただけのことはある。
クリスマスシーズンのこれからにファミリー向けにお勧めします。

Xマスには「ホームアローン」

投稿日

2017/12/25

レビュアー

カマンベール

懐かしかったです。
大ヒット作ですね。

Xマス休暇に2家族がパリにバカンス旅行を計画します。
子供たちが11人(従兄弟たちを入れてね)
寝坊して慌てたママは子供の人数を数え間違えて、
8歳の末っ子ケビンをたったひとり家に置き去りにしてしまいます。
ケビンは相当な悪ガキ。
そもそも兄に腹を立ててミルクをこぼし、みんなのパスポートを
ミルクまみれにしたことを怒られて、屋根裏部屋に泊まることになり、
結果、忘れられるのですから・・・。
Xマスのお願いに「家族をみんな居なくなーれ!」
なんてお願いした罰が当たってしまいます。

留守宅を狙っているのは、最近頻発している空き巣狙いの二人組。
ケビンは日用品を巧みに使って、泥棒さんを迎え撃ちします。
アイロン落下、
タールだらけの玄関階段、
釘やかツリーの装飾を踏ませる、
頭に引火、
バケツ爆弾、ドアノブのやけど、
と泥棒さんの方も、満身創痍。
ケビンくん少し、過剰防衛じゃありませんか?

それにしてもXマスイヴを、ツリーを切り、飾り付けして、
ナプキンをひいてミルクとマカロニのディナー。
教会にまでミサに行くケビンくんは立派なオマセさんです。

赤と緑のXマスカラーに、イルミネーション満載の、賑やかで楽しいXマ
ス映画でした。

1〜 5件 / 全48件

同シリーズ作品を借りる