砂丘

砂丘の画像・ジャケット写真
砂丘 / マーク・フレチェット
  • DVD
ジャンル:

「砂丘」 の解説・あらすじ・ストーリー

大学紛争に介入した警官を射殺して逃亡した男がいた。彼は小形飛行機を駆って、砂漠へと逃げる。そして砂丘の真ん中で彼は一人の女性と出会い、つかの間の愛をかわすが……。不毛な愛を描き続けるアントニオーニが、現代アメリカを舞台にした作品。

「砂丘」 の作品情報

製作年: 1970年
製作国: アメリカ
原題: ZABRISKIE POINT

「砂丘」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

砂丘の詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
114分 日 英 仏 1:ドルビーデジタル/モノラル/英語
2:ドルビーデジタル/モノラル/フランス語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
DLR66993 2009年11月03日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
20枚 0人 0人

関連作品

ユーザーレビュー:4件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 4件 / 全4件

終盤・・・Hシーンで観てたことに気付いたっす煤i・д・ノ)ノネタバレ

投稿日:2010/06/24 レビュアー:KASPAR

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

アントニオーニ作品って案外観てないよなぁ〜ってことで1970年製作の『砂丘』を観ました!

【ネタバレしてます!まぁネタバレがどーしてん!っつー映画やけどね】

ほほう・・・ニューシネマ風な出だしから・・・ふむふむ・・・反体制というよりは空虚さを切り取っていって・・・ふむふむ・・・ザブリスキーポイントで人間そのものの存在価値を問うような、自然との対比と融合を見せるセックスシーンを描いて・・・って!?

・・・煤i・д・ノ)ノアレ!?

・・・(´・ω・`)あぁ・・・

・・・・°・(ノД`)・°・なんてこった・・・

・・・(((((((ノ・д・)ノこれ観たことあるやん!

これあのやつやん!最後あのどっかーんのやつやん!

□■□■□

いやぁ〜、全く記憶に残ってへんかったっす(;^_^A

爆睡を繰り返して、3日間掛けて観てみたら"鑑賞済み映画"やったと気付くという・・・

なんという虚しさ・・・
空虚感・・・
虚脱感・・・

・・・そうか!

こ、これが不毛か!?

これが不毛ってやつなのか!?

・・・って、なにがやねんш(`∇´*)ш

□■□■□

なんかもう、鑑賞後は、どーーーーんっと生きる気力が無くなる映画っすねー(´д`lll)

でまぁ、面白くなかったかというと・・・うん、面白くないっすね(σω-)。oΟネムイっす!

でも、個人的にはそんなにキライやないっすね〜♪ムダに金が掛かってるんで、ムダにカッコイイのがイイ感じです(°∀°)b

作品のテーマにピッタリっすねш(`∇´*)ш

個人的満足度 65点! オススメ度 50点!

このレビューは気に入りましたか? はい 9人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

分かる。

投稿日:2009/11/26 レビュアー:bokensdorf

ミケランジェロ・アントニオーニ監督作品全作踏破中。

やっぱりこの人は名前が凄くて売れたのであって映画はろくなもんじゃないという気がする。面白かったのは「太陽はひとりぼっち(1962)」だけです。

この映画は主役二人とも素人で、男優の方はこの後銀行強盗を犯して刑務所で死んだ。女優の方はデニス・ホッパーの奥さんになる。なんか、あの時代を彷彿させるなぁ。【出所:Imdb.com】

ストーリーは無い。考えるのもバカバカしいと思う。誰にも薦められない。制作費が700万ドルかかって興行収入が90万ドル以下【wikiによる】。分かる。

この映画はピンク・フロイドが音楽を提供していて「モア」がかかるんだと思っていたが、かからなかった。映画違いなのか。知っている方がいらしたら教えて下さい。

このレビューは気に入りましたか? はい 6人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

(ホントの意味での) 裸の原野ネタバレ

投稿日:2009/11/15 レビュアー:コリンスキー

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

反戦、反体制、反資本主義と、もっぱら否定形で語られる中で
瞑想的なニヒリズムだけが積極的に肯定されているようだった。

映画としてのビュー・ポイントも断然「ザブリスキー・ポイント」(原題)からの眺望。
堆積と浸食を繰り返し、複雑なヒダ状に連なった岩肌に
一糸まとわぬ姿で絡み合う ♂♀、♂♀・・・
最も原始的な姿態のようでいて、無常で儚い夢幻であった。

大自然が創り出す見渡す限りの断層がアメリカ社会の夢と孤独を重ねていくのか。
光を照らせば、浸蝕された部分は複雑な影を帯びる。
無限と刹那を切り取るには最高の絵になるロケーションである。
 
願わくば、監督名を知らずに見たかったところ。絶対、当たらなかったろうから。
これはアメリカ(資本の)映画で、いかにも<1970>している。
古いのは当たり前。でもこういうのが当時は<NOW>かったのだろうか。
ピンク・フロイドとのコラボレーションというが、喧嘩しているようではないか。
目に不協和音が飛び込むのである。
ラストシーンでは「ゲイジュツは爆発だ!」と思わず叫びたくなる。(万博の年だし)
 
サラフィアン監督が「バニシング・ポイント」を撮る際、会社から
ニューシネマ風にしてくれと強要された話を、ついつい思い出しながら観てしまう。

60年代の一連の作品や、イギリスで撮った「欲望」と比較すれば特にだが
作品自体は多少、物足りない。

けれど「諸行無常」の通り、そこに留まるものなど一つも無い。
その時々のカレントを取り込みつつ、刹那、刹那を切り取る手法
(アントニオーニの精神の若さと固執するテーマ)は健在だったように思う。





このレビューは気に入りましたか? はい 3人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

アントニオーニせんせい

投稿日:2009/10/01 レビュアー:カニ

哲学的な映画かな と 思い観てみましたが、そうでもなく、
フラワーチルドレン反体制ATGロードムービー的な映画だったです。
ピンクフロイドとか音楽で参加していますが、
僕的には、消音で喫茶店のほどほど大きなモニターでBGVで流していてほしいな的な。
そういう1枚として常備しておいてほしい的な・・・
そうしてくれたら、ブルーマウンテン飲んであげる。 的な。

このレビューは気に入りましたか? はい 3人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 4件 / 全4件

砂丘

月額課金で借りる

都度課金で借りる