モール☆コップの画像・ジャケット写真

モール☆コップ / ケヴィン・ジェームズ

全体の平均評価点:(5点満点)

25

全体の平均評価点:

予告編を検索

DVD

シリーズ

旧作

ジャンル :

「モール☆コップ」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

シリーズ

旧作

解説・ストーリー

「最後の恋のはじめ方」のケヴィン・ジェームズが主演し、全米で1億ドルを超える大ヒットを記録した痛快コメディ。監督は「チャーリーと14人のキッズ」のスティーヴ・カー。少々肥満ぎみのポールは警察官になることを夢見ながらもショッピングモールでセグウェイを乗り回しながら警備員として働くマジメでドジなシングルファーザー。そんなある日、強盗団がモールを襲撃し人質を取って立てこもる事件が発生する。人質の中にはポールの意中の女性エイミーの姿も。偶然犯人の目を逃れていたポールは、外に待機する警官と連絡を取りながら、気持ちだけは“ダイ・ハード”になって犯人グループに立ち向かっていくのだが…。 JAN:4547462060051

「モール☆コップ」 の作品情報

作品情報

製作年:

2009年

製作国:

アメリカ

原題:

PAUL BLART: MALL COP

「モール☆コップ」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

PARKER/パーカー

REDリターンズ

アベンジャーズ・オブ・ジャスティス 〜フォース・ウォーズ〜

OZ アウター・ゾーン

ユーザーレビュー:25件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全25件

モール☆アローン(笑) ネタバレ

投稿日:2009/12/04 レビュアー:ナナメ歩き

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

メタボで子持ちで嫁さんに逃げられた中年男ポール・ブラート
彼には夢がある、それはいつか警察官に成る事♪
しかし、試験は受けるものの持病の低血糖症が災いし不合格w
彼は今、街のショッピングモールで警備員として働いている
広いフロアをセグウェイを手足の如く軽快に操り巡回に勤しむ毎日
そんなある日新人の教育係を命じられ、そしてエイミーという女性に一目惚れ
冴えない中年子持ちの運命はどう傾くのでしょうか、楽しみです。(笑)

前半はこんな感じのほのぼの展開で空気が柔らかく良いです
ポールがとにかく憎めなく、冴えないながらも癒されますね(笑)
そして何と言っても家族愛が感じられます、特に娘のマヤ
この子は可愛いです♪もうすっごく愛らしくて良い子です♪。

後半、強盗団が人質を盾に篭城します
人質はエイミーを始め職場の仲間達、そして愛しのマヤまでw
ポールは逃げ遅れモール内に取り残されています
そして事の重大さを認識した途端、警察官への憧れが爆発し奮起
愛するエイミーにマヤ、そして仲間達を助ける為に、、、。

なんて事ないストーリーなんですが、ポールが強盗団と戦う様や
地元警察やSWATに上司とのやり取りも子気味良く
最後まで雰囲気だけで持って行ったのは正解ですね
ドタバタコメディですがやり過ぎず、絶妙な頃合そう頃合です(笑)
やたらセグウェイを前面に出してくるのは何なんでしょう?
もうポールの身体の一部の様で、なかなかアイテムとしては新鮮でした(笑)
本国アメリカでは大ヒットしたそうですが、ちょっと意外ですね
強烈な行き過ぎドタバタコメディが今までは多かったですが
こういう緩いのがウケるのは、国民も疲れてきてるんでしょうね(苦笑)
疲れ気味で癒されたい方達に、すごーくお薦めします。(笑)

このレビューは気に入りましたか? 12人の会員が気に入ったと投稿しています

ドタバタもほどほどが良いですね ネタバレ

投稿日:2010/04/08 レビュアー:AVANZSUR

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

ショッピングモールを舞台にメタボで少々KYな警備員が強盗団相手に敢然と立ち向かっていく物語。

前半はメタボな警備員(ポール)が密かな想いを抱く女性へのアプローチを描くコメディ調のドラマが展開しますが、後半は一転モードが変わりアマギン様ご指摘の『ホットファズ』を想起させるアクション映画へ様変わりする意外な変調が面白いです。

前半はコメディー調ながらアメコメお得意のエログロゲロウンコネタを一切盛り込まない小ネタをベースに描く点は非常に好感が持てますし、後半のアクションモードに変わってもグロシーンを織り込まず、地味ながらアクションシーンの見せ場をきちんと挿入する手堅さはオーソドックスながらなかなか巧い演出です。

全般的に懐かしさの感じるゆるいテイストが癒しを感じさせるのに一役買ってるんでしょうが、余りの出来すぎの展開も予定調和ながら安心して観れる要因だと思います。
アトラクション的な瞬時に目を引かせるド派手な演出は無いものの、ゆったりとリラックスして観れる作品です。
おススメです。

このレビューは気に入りましたか? 10人の会員が気に入ったと投稿しています

いいね、いいね(^^ ネタバレ

投稿日:2009/11/20 レビュアー:MonPetit

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

くっだらないんだけど、ベタベタなんだけどとっても面白い。
下手にやり過ぎてないし、なんといってもこのゆるさがとてもいい。
なんども笑っちゃったよ。

ケヴィン・ジェームズって面白い奴なんだなぁ。
結構、素の面白さって感じで、目が異常に純粋なんだけど(爆
ケヴィン・ジェームズってあまり記憶になかったので探してみると、
アダムサンドラーと共演してた「チャックとラリーおかしな偽装結婚!?」
の相方なんですねぇ。だけど、あんまり記憶にない。。
作品が面白くなかったってのもあるのかもしれないけど。

モールが舞台なんで遊園地みたいで面白いし、モールを知り尽くしている
からこそなんだけど、偶然と機転でひとりまたひとりと倒していく。
糖分でパワーアップするのもイケてるw

ポールの自虐的なギャグこれまたゆるくてたまんない。
滑り込んだはいいけど距離がちょっと足りてないとかw

「運転代われ」
「難しい。。」
「僕のせいか。。。」ってこんなのばっかなんだけどさw

ボン・ジョビやキッスの曲も出てくるのも好みだなぁ。
エンドロールでは結婚したみたいで(^^

このレビューは気に入りましたか? 8人の会員が気に入ったと投稿しています

古典的なコメディ ネタバレ

投稿日:2009/10/31 レビュアー:みなみ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

この作品、全米で1億ドルを超える大ヒットだったとのことですが、日本人にとっては有名どころも出てないし、主役のケヴィン・ジェームス、誰それ?という感じだし、この手のコメディは日米の温度差があるので、たいてい未公開なんですよね。
製作にアダム・サンドラーの名前がありました(出演はしてません…と思います)

最初の40分位は やや退屈で、単なるおデブなオジサンの平凡なコメディかと
思っていたら、ショッピングモールで事件が起こってから、がぜん面白くなります。

主人公の警備員ポールは娘とお母さんとの3人暮らし。
不法入国の女性が永住権を得るために利用されたという不幸な結婚だったけれど
娘は父親思いのいい子。(←でもオバサン顔で笑っちゃう…)
酒に弱く、とっても純情で、好きな女性に対しては一途。
低血糖症で40(?)分おきに糖分の補給が必要な体で、切れたら倒れてしまう。
…というユニークなキャラクター設定を説明するのに、最初の40分は必要だったかな。

ショッピングモールでの監禁事件のくだりは、まさに
古典的なコメディ映画の王道を行く感じで、手堅く作ってあります。
太目のパパを応援したくなる、楽しいコメディ。

でも新しい感じはしませんでしたね。あくまで古典的。
というのも、マドンナ像が昔っぽい気がするんです。
警備員が思いを寄せるウィッグ店の女性、エイミー(ジェイマ・メイズ)。
やさしくて純粋で、こんなに気立てのいい人、いまどきいるのかしら。

このレビューは気に入りましたか? 6人の会員が気に入ったと投稿しています

小笑い

投稿日:2009/10/08 レビュアー:パープルローズ

警察官を夢みるポールだが、低血糖症のため何度も試験に失敗し、ショッピングモールの警備員をしている。
女性には全く縁のないポールだが、同じモールで働くエイミーにお熱。
1年中で最も混みあうブラック・フライデーの夜、強盗事件が発生。なんとエイミーが人質になってしまう。果たしてポールはエイミーを助けて、彼女のハートをつかめるのか?

ケビン・ジェームズ大好きですし、アメリカではかなりヒットしたらしいので楽しみにしていましたが、まあ小笑いってとこでしょうか。
ケビン・ジェームズ、この役のためにさらに増量したみたいで、はち切れんばかりに太ってます。でも、あんなに太っているのに、なかなかの身体能力ですね。
冒頭の警察学校の訓練のシーンで、ケビンの着てるスエットを見て、「太ってるとあんなところに汗をかくんだ〜!」と妙なところに感心してしまいました。

アダム・サンドラーがプロデューサーとして名を連ねていますが、特に意外なところはないストーリー展開でした。

このレビューは気に入りましたか? 6人の会員が気に入ったと投稿しています

1〜 5件 / 全25件

モール☆コップ

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:25件

モール☆アローン(笑)

投稿日

2009/12/04

レビュアー

ナナメ歩き

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

メタボで子持ちで嫁さんに逃げられた中年男ポール・ブラート
彼には夢がある、それはいつか警察官に成る事♪
しかし、試験は受けるものの持病の低血糖症が災いし不合格w
彼は今、街のショッピングモールで警備員として働いている
広いフロアをセグウェイを手足の如く軽快に操り巡回に勤しむ毎日
そんなある日新人の教育係を命じられ、そしてエイミーという女性に一目惚れ
冴えない中年子持ちの運命はどう傾くのでしょうか、楽しみです。(笑)

前半はこんな感じのほのぼの展開で空気が柔らかく良いです
ポールがとにかく憎めなく、冴えないながらも癒されますね(笑)
そして何と言っても家族愛が感じられます、特に娘のマヤ
この子は可愛いです♪もうすっごく愛らしくて良い子です♪。

後半、強盗団が人質を盾に篭城します
人質はエイミーを始め職場の仲間達、そして愛しのマヤまでw
ポールは逃げ遅れモール内に取り残されています
そして事の重大さを認識した途端、警察官への憧れが爆発し奮起
愛するエイミーにマヤ、そして仲間達を助ける為に、、、。

なんて事ないストーリーなんですが、ポールが強盗団と戦う様や
地元警察やSWATに上司とのやり取りも子気味良く
最後まで雰囲気だけで持って行ったのは正解ですね
ドタバタコメディですがやり過ぎず、絶妙な頃合そう頃合です(笑)
やたらセグウェイを前面に出してくるのは何なんでしょう?
もうポールの身体の一部の様で、なかなかアイテムとしては新鮮でした(笑)
本国アメリカでは大ヒットしたそうですが、ちょっと意外ですね
強烈な行き過ぎドタバタコメディが今までは多かったですが
こういう緩いのがウケるのは、国民も疲れてきてるんでしょうね(苦笑)
疲れ気味で癒されたい方達に、すごーくお薦めします。(笑)

ドタバタもほどほどが良いですね

投稿日

2010/04/08

レビュアー

AVANZSUR

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

ショッピングモールを舞台にメタボで少々KYな警備員が強盗団相手に敢然と立ち向かっていく物語。

前半はメタボな警備員(ポール)が密かな想いを抱く女性へのアプローチを描くコメディ調のドラマが展開しますが、後半は一転モードが変わりアマギン様ご指摘の『ホットファズ』を想起させるアクション映画へ様変わりする意外な変調が面白いです。

前半はコメディー調ながらアメコメお得意のエログロゲロウンコネタを一切盛り込まない小ネタをベースに描く点は非常に好感が持てますし、後半のアクションモードに変わってもグロシーンを織り込まず、地味ながらアクションシーンの見せ場をきちんと挿入する手堅さはオーソドックスながらなかなか巧い演出です。

全般的に懐かしさの感じるゆるいテイストが癒しを感じさせるのに一役買ってるんでしょうが、余りの出来すぎの展開も予定調和ながら安心して観れる要因だと思います。
アトラクション的な瞬時に目を引かせるド派手な演出は無いものの、ゆったりとリラックスして観れる作品です。
おススメです。

いいね、いいね(^^

投稿日

2009/11/20

レビュアー

MonPetit

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

くっだらないんだけど、ベタベタなんだけどとっても面白い。
下手にやり過ぎてないし、なんといってもこのゆるさがとてもいい。
なんども笑っちゃったよ。

ケヴィン・ジェームズって面白い奴なんだなぁ。
結構、素の面白さって感じで、目が異常に純粋なんだけど(爆
ケヴィン・ジェームズってあまり記憶になかったので探してみると、
アダムサンドラーと共演してた「チャックとラリーおかしな偽装結婚!?」
の相方なんですねぇ。だけど、あんまり記憶にない。。
作品が面白くなかったってのもあるのかもしれないけど。

モールが舞台なんで遊園地みたいで面白いし、モールを知り尽くしている
からこそなんだけど、偶然と機転でひとりまたひとりと倒していく。
糖分でパワーアップするのもイケてるw

ポールの自虐的なギャグこれまたゆるくてたまんない。
滑り込んだはいいけど距離がちょっと足りてないとかw

「運転代われ」
「難しい。。」
「僕のせいか。。。」ってこんなのばっかなんだけどさw

ボン・ジョビやキッスの曲も出てくるのも好みだなぁ。
エンドロールでは結婚したみたいで(^^

古典的なコメディ

投稿日

2009/10/31

レビュアー

みなみ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

この作品、全米で1億ドルを超える大ヒットだったとのことですが、日本人にとっては有名どころも出てないし、主役のケヴィン・ジェームス、誰それ?という感じだし、この手のコメディは日米の温度差があるので、たいてい未公開なんですよね。
製作にアダム・サンドラーの名前がありました(出演はしてません…と思います)

最初の40分位は やや退屈で、単なるおデブなオジサンの平凡なコメディかと
思っていたら、ショッピングモールで事件が起こってから、がぜん面白くなります。

主人公の警備員ポールは娘とお母さんとの3人暮らし。
不法入国の女性が永住権を得るために利用されたという不幸な結婚だったけれど
娘は父親思いのいい子。(←でもオバサン顔で笑っちゃう…)
酒に弱く、とっても純情で、好きな女性に対しては一途。
低血糖症で40(?)分おきに糖分の補給が必要な体で、切れたら倒れてしまう。
…というユニークなキャラクター設定を説明するのに、最初の40分は必要だったかな。

ショッピングモールでの監禁事件のくだりは、まさに
古典的なコメディ映画の王道を行く感じで、手堅く作ってあります。
太目のパパを応援したくなる、楽しいコメディ。

でも新しい感じはしませんでしたね。あくまで古典的。
というのも、マドンナ像が昔っぽい気がするんです。
警備員が思いを寄せるウィッグ店の女性、エイミー(ジェイマ・メイズ)。
やさしくて純粋で、こんなに気立てのいい人、いまどきいるのかしら。

小笑い

投稿日

2009/10/08

レビュアー

パープルローズ

警察官を夢みるポールだが、低血糖症のため何度も試験に失敗し、ショッピングモールの警備員をしている。
女性には全く縁のないポールだが、同じモールで働くエイミーにお熱。
1年中で最も混みあうブラック・フライデーの夜、強盗事件が発生。なんとエイミーが人質になってしまう。果たしてポールはエイミーを助けて、彼女のハートをつかめるのか?

ケビン・ジェームズ大好きですし、アメリカではかなりヒットしたらしいので楽しみにしていましたが、まあ小笑いってとこでしょうか。
ケビン・ジェームズ、この役のためにさらに増量したみたいで、はち切れんばかりに太ってます。でも、あんなに太っているのに、なかなかの身体能力ですね。
冒頭の警察学校の訓練のシーンで、ケビンの着てるスエットを見て、「太ってるとあんなところに汗をかくんだ〜!」と妙なところに感心してしまいました。

アダム・サンドラーがプロデューサーとして名を連ねていますが、特に意外なところはないストーリー展開でした。

1〜 5件 / 全25件

同シリーズ作品を借りる