バイオレンス・レイク

バイオレンス・レイクの画像・ジャケット写真
バイオレンス・レイク / ケリー・ライリー
  • DVD
ジャンル:

「バイオレンス・レイク」 の解説・あらすじ・ストーリー

少年たちの理不尽な暴力に翻弄されるカップルの恐怖と悲劇を描く、ジェームズ・ワトキンスの監督デビュー作。ケリー・ライリーとマイケル・ファスベンダーが主人公のカップルを演じている。美しい湖“エデン・レイク”を訪れたジェニーとスティーブ。だが、そこへ大音量で音楽を鳴らながら少年たちがやってきた。つばを吐き悪態をつく少年にスティーブが注意したことから、少年たちは徐々にその凶暴性を露わにする。二人は少年たちから逃げ出そうとするが、車が木に衝突し故障してしまう。スティーブは少年たちに捕まり、身体を切り刻まれる。一度はその場を離れたジェニーだったが…。

「バイオレンス・レイク」 の作品情報

製作年: 2008年
製作国: イギリス
原題: EDEN LAKE

「バイオレンス・レイク」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

バイオレンス・レイクの詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
88分 日 吹 日(大字幕) 1:ドルビーデジタル/ステレオ/英語
2:ドルビーデジタル/ステレオ/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
NSD3400 2009年10月02日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
15枚 0人 0人

関連作品

ユーザーレビュー:47件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全47件

クソガキ

投稿日:2010/01/22 レビュアー:ホヨマックス

超悪いヤツが1人いると誰も止められないんだよなあ〜

瀕死の夫を必死に助けようとする
あんな嫁さんが欲しいなあ〜

ケリー・ライリーが好きになりました。

このレビューは気に入りましたか? はい 17人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

この親ありてこの子あり。ネタバレ

投稿日:2009/12/02 レビュアー:ナナメ歩き

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

もうこのシチュエーションを選択した時点で勝ちだな(笑)
どう転んでも結末に救いが無いのは分かるので割り切れるのが良い
しかし良くここまで撮ったよね、巷で話題なのも分かります
では、逸る気持ちを抑え行ってみましょう♪。

エデンレイクと呼ばれる原生林に囲まれた美しい湖
スティーヴとジェニーの恋人二人が余暇を過ごしにやって来ます
湖畔でイチャついてるとローティーンの集団が傍らで騒ぎ始め
子供達の犬がジェニーに吠え今にも噛み付かんばかりです
そこでスティーヴ、一喝とばかりに集団へ向かいますが
難なく子供達にあしらわれ意気消沈、そして悪夢の時間が幕を開けるのでした。

先人が『ファニー・ゲーム』を挙げられてる通り無機質な描写のオンパレードですw
あちらが『不快』なら、本作は『イライラ』でしょうか
とにかく主犯のクソガキが腹立たしくイライラする
そして女の子ページが時折リーダー以上に腹立つ表情を見せるw
もうこんなクソガキ達には容赦は要らないと感じてしまいます
ですがスティーヴが手負いで、ジェニー一人の逃亡劇なのでそうはいきません
そしてとうとう二人とも捕まり焼き殺されそうになります
しかしジェニーは間一髪で逃げ出しますが、スティーヴは帰らぬ人にw
ここで子供達の仲違いの末、一人の少年がリーダーに焼き殺されてしまいます
もうこれは子供ながらに歯止めが利かなくなった人間の恐ろしさを感じます(怖)
そしてジェニーは何とか子供達をやり過ごし意気消沈で棒立ち
ですがそんな彼女を一人の少年が見付け近寄り、、、、、。

ラストは敢えて書かないでおきます、皆さんの目で確かめて下さい(笑)
しかし本作、よく本国で一般公開されたと感じます
イギリスは日本より子供達は過激だろうし今更なのかなw
個人的にはグロに物足りなさを感じましたが
主題がそこじゃないので頃合なのかも知れませんね
それと、本作が納得出来る出来なのは子供達も犠牲者だと感じる点です
まさに「この親ありてこの子あり」親は子の鏡とは良く言ったもで
その辺の皮肉加減が強烈に私達に語り掛けてくるのが凄味を感じました。

凄いよと薦めて頂いたエファさんには感謝感謝です(*≧∇≦)v
この分だと『ディセント2』もかなりの期待が出来そうですね
それと『STORM WARNING』国内リリース版、股間押さえながら観なければ。(爆)

このレビューは気に入りましたか? はい 13人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

この映画、怖いですよ。ネタバレ

投稿日:2009/08/25 レビュアー:エファ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

邦題と言いジャケと言い、これもまた沢山排出されるC級以下のホラー臭がプンプンしますね。

このレビューをたまたまご覧になったあなた!そう、そこのあなたですよ!
この映画は非常に質の高いホラーです。お見逃し無く。これから詳しく書きますので、あまり内容を知らずに臨みたい方は読まれない方がいいかと思います。

この作品はイギリスの映画祭であるブリティッシュ・インディペンデント・フィルム・アワードでは受賞こそ逃しましたが、新人監督賞と主演女優賞でノミネートされました。
本当に出来がいいので必ず日本でもリリースされるとは思っていました。邦題のセンスにはゲンナリですが・・。

ティーンと言ってもせいぜい中学生くらいで、改造したバイクなどではなく普通のマインテンバイクに跨る田舎の悪ガキ。

しかも何十人と言うのではなく約6人前後。
最初は彼らの飼い犬がジェニーのところへ「よぉ姉ちゃん・・」じゃなくてガオガオと吠えてくる程度。
とは言え彼らの態度は最悪なので、ちょっとカッコつけたいスティーヴがよせばいいのに「君たち、よしなさい。」的な事を言いに行くワケですよ。

当然聞き分けイイ悪ガキ共であるワケがないので、嫌がらせはエスカレートしていきます。
まぁこの日は運良く悪ガキ達は帰って行くのですが、驚いた事にこのカップルは湖でキャンプするんですよ!!





もう帰んなさいよ!!!(怒)



何とか無事に朝を迎えたものの、車をパンクさせてイライラしだすスティーヴ(笑)
もう大人しく帰ればいいのに、どうしてもスティーヴは悪ガキの悪態が許せなかった。

また湖へ戻るカップル。
そこで悪ガキとご対面。
車を盗られ更にご立腹のスティーヴ。
揉み合って悪ガキが大事にしていたワンちゃんご臨終。

ここから地獄の始まり始まり〜〜

ずっとスティーヴの陰に隠れて怯えていたジェニーですが、ボロボロになりながらも反撃に出るワケです。『エイリアン』のリプリーもビックリですよ!

っつーかスティーヴどうしようもなさすぎ!
大好きな彼女連れてるんだったら、何よりも安全あるのみでしょ。何か危なそうな町だな〜・・と危険信号少しでも感じたらサッサと立ち去るのが賢明ではなかろうか?

悪ガキの中でもリッキー(多分)ってのが1番のボスで、ちょっとでも弱腰になった仲間がいたら躊躇なくリンチ。
とっ捕まえたスティーヴを仲間同士で拷問にかけ始めます。

その様子を少し離れた場所から見守るジェニー。
見付かったら自分も殺される。

フェミニンな花柄のワンピースは、もうドロドロのボロボロ。目付きも変わり果て、「そう・・私はランボー・・」とばかりに悪ガキをバッサリ!
ジェニーの職業はガッコの先生なんですよね。これも皮肉だわ。

スプラッタなシーンはないにしても、かなり痛いシーンはあります。怪物や殺人鬼が襲ってくるワケではなく田舎の悪ガキが相手なだけに、変にリアルで怖いです。
ボスであるリッキーはキレやすく、キレたら仲間でも手がつけられないのですが、なぜそうなのか等のシーンも組み込まれています。

ジェニーは何1つ落ち度がないので、何とか助かって欲しくて必死に応援してしまいました(;^ω^)

クライマックスは凄いですよ。
オチ命なとこありますから書きませんが、まるでケッチャムのような湿度の高い田舎ホラーでした。

ある日突然不条理な暴力に巻き込まれるハネケの『ファニーゲーム』、私個人としては『エデン・レイク』の方を評価します。

この作品でデビューを飾ったジェームズ・ワトキンズ監督(脚本も彼)。期待大です♪

とにかく面白かったです!
イギリスのホラーはレベルが高い。

ホラーファン必見!

このレビューは気に入りましたか? はい 13人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

イナカのレイク

投稿日:2012/10/21 レビュアー:まみもぉ

こういう”田舎”は今も世界中どこにでもあると、無くならないと思います。ここにもあります。
そこで生まれ育ってしまえば、そこを出てその後本人がどんなに努力しても、
抗えないDNA…記者会見で日本都市の首長さんの言われていたことが身に沁みて、同情してしまったつい最近です。
暴力には服従するしかない”田舎”のありようを、何故、公的機関に助けを求めなかったのか、
周辺の住民まで何故…こんな事件信じられません、って、そうでしょうけど、
そうなんです。のどかな閉塞感が砦のイナカは。
観ながら、どこにでもいる悪ガキクン達。後始末はそういうイナカの大人達なんだろうなの予想通り。
でも、幼稚園?の先生にしてはセクシー過ぎるワンピースの彼女(ケリー・ライリー)のがんばりは、たいしたものでした。
ジャンル、アクションで、文句ありません。
走り回り騒ぐ子供に大迫力の平手打ちを食らわし、驚いて見ていた主人公のふたりを睨みかえした婦人とその周辺のイナカびと達や、
泳ぎたいほど美しくは見えなかったあの湖は、ホラーな雰囲気。
アクションイナカホラー映画でした。

それにしても、みんな持ってた携帯にスマホ。あんなふうな役に立っても、
いざっていう時、助けにならないアイテム感はそろそろ不自然。狙いすぎて、不条理不快の的も圏外。
いろんなバイオレンス映画に感化された青少年の課題作品のようでもありました。
そんな作品に、アンタハイッタイナニヲキタイシテタノヨと、問えば答えは、
「・・・・・・」 黙答するイナカ者です。


このレビューは気に入りましたか? はい 12人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

あーあ・・・

投稿日:2010/02/17 レビュアー:エコエコアザラク

なんだかなー。このカップルもあんな立ち入り禁止の森でキャンプすんのかなぁー。トイレはどうしてんの?? もっとちゃんとした観光地に行けばいいのに。嫌なクソガキがいるのに、またもどるかぁー?  あたしなら絶対場所変えるな。携帯とか車のカギはちゃんと保管しなよー。
と、突っ込み所満載でした。案の定、楽しいバカンスが恐怖のサバイバルに急変!! やはり男の方は全く使えないっていうか、お前のせいだ!! 気の毒な彼女は、最後まで悲惨な目に・・・

ガキたちへの反撃も中途半端だしなー。どうせならとことんやり返した方が面白かったのに。

ガキたちの集団心理的な暴走を描きたいのか、ただのサバイバルホラーが撮りたいのか、イマイチよく分かりません。後半からオチまでのシナリオ展開は、都合が良すぎで完全にC級ホラーです。

やはり・・・売店、トイレ、駐車場完備のキャンプ場でバカンスしましょう。

このレビューは気に入りましたか? はい 12人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 5件 / 全47件

バイオレンス・レイク

月額課金で借りる

都度課金で借りる