1. DVDレンタルTOP
  2. すべてのジャンル
  3. アニメのDVDレンタル
  4. オリジナルアニメのDVDレンタル
  5. 鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST

鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST

鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMISTの画像・ジャケット写真

鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST / 朴路美

全体の平均評価点:(5点満点)

21

全体の平均評価点:

予告編を検索

DVD

旧作

「鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

旧作

解説・ストーリー

荒川弘原作のアクションアニメシリーズ第16巻。お父様の下に5人の人柱が出揃ってしまう。しかし、エドやアルは国土錬成陣の発動までにお父様やセリムを倒そうと諦めてはいなかった。第60話「天の瞳、地の扉」から最終第64話「旅路の涯」を収録。

「鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST」 の作品情報

作品情報

製作年:

2009年

製作国:

日本

「鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

キャスト・スタッフ

原作:

荒川弘

音楽:

千住明

関連作品

関連作品

這いよれ!ニャル子さん

リサとガスパール −とびきりキュートなパリの住人− ちいさなともだち

遙かなる時空の中で3 〜終わりなき運命〜

あたしンち 第5集

ユーザーレビュー:21件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全21件

つい勢いで

投稿日:2011/03/21 レビュアー:さっちゃん

 落ち込んでばかりもいられないと、この作品のテーマ曲を集めたアルバムのレヴューを書いたら、どうしてもアニメも描きたくなってしまいました(映画会の皆さん、散々、レヴューできる気分じゃないの何だのと書いておいて、ちゃんとレヴューしております。済みません。)
 CDのレヴューにも書いたとおり、本作は原作もアニメもほぼ同時進行で追っかけておりました。原作コミックは全27巻、先頃、最終巻を読み終えて感慨に耽っていたところです。アニメ化はすでに一度、成されてはいるのですが、原作に追いついてしまい、2009年から再度、アニメ化されたものです。副題の「FULLMETAL ALCHEMIST」というのが新版であります。
 原作の27巻という巻数は最近ではそう多い方ではありませんが、1話完結とかエピソードで繋ぐコミックとは違い、エピソードはあるものの、全巻を貫く太い筋がある本作は、一種の大河ドラマと言っても過言ではないでしょう。
 アニメもほぼ原作に沿った形で物語が進行します。あえてカテゴライズすれば異世界ファンタシーということになるんでしょうが、全く、我々の世界と違う世界を構築し、その中で魔術が世界を動かすほどの力を持っているという設定が実にすんなりと受け容れられるのは原作者の力量だと思います。車両や銃器の描写から判断すると、我々の世界の20世紀初頭から中期くらいのテクノロジーレベルかと推測します。別にパラレルワールドとかではないから単純に較べにくい面もありますが。
 先に書いたように大河ドラマのような構成になっているので、1巻だけでは、まだ物語の玄関を入って靴を脱いだくらいのところです。これからずっと続けてご覧になると、最初、正体の分からなかったキャラクターとか主人公たちの住んでいるアメストリスという国家だけでなく地理的、歴史的な広がりが見えてくるようになっています。本作が肌に合わないのでなければ、とにかくラストまで見続けることをお勧めします。途中、重い悲劇もあり、時として見続けるのがつらいときもあるかもしれませんが、それでも全巻を通して見れば、他者を思いやる主人公の兄弟、彼らを取り巻く人々のあきらめない姿に元気をもらえると思います。

このレビューは気に入りましたか? 6人の会員が気に入ったと投稿しています

この巻だけじゃなく、もう少し先まで……

投稿日:2009/09/24 レビュアー:(み)

TV番組を見る習慣がないので、鋼の錬金術師の新シリーズも、専らネット配信で見てたりします。
でもそれじゃ物足りないので改めてDVDで視聴。
二度手間やん(泣)


しかし何というか……。
前シリーズで同じ場面を違うシチュエーションで見ているからなのか、新シリーズは「はしょりかた」が野暮ったいような気が。

敢えて描かない、語らない、シーンを長くしないなどなど、削ることによって得られていた演出効果を、捨てちゃってるような気がするんすよねー。

こういうところはセンスによるものなんだと勝手に想像してたりするけど、新シリーズは「真面目なんだけど垢抜けない」印象がすごくあります。

水準は満たしてると思うし、不用なエピソードを切り落としたり(お産騒動で橋を造ろうとするところとか)そういった点では確かに良い仕事してますけど。

でもここ一番でカッコつけなきゃいけない場面での切れ味が……。
笑わせなきゃいけない場面での間が……。

比べられて文句言われるであろう環境で頑張ってるのは理解できるんだけどねえ。



……と、以上が最初の2話を見終わっての感想。

回を追うに従って、進行にキレが出てきたように感じてます。
だからもしこの1巻目を見て、私と同じような感想を持った方がいたとしたら、もったいないのでもう少しだけチェックを続けて欲しいなぁ。

このレビューは気に入りましたか? 5人の会員が気に入ったと投稿しています

・・・・・

投稿日:2009/09/23 レビュアー:エロエロ大魔神

錬金術師?鋼より金をいじったほうが、もうかりまっせ〜

このレビューは気に入りましたか? 5人の会員が気に入ったと投稿しています

立って歩け、前へ進め

投稿日:2009/10/09 レビュアー:(み)

前作の影響をいろんな意味で受けないわけにはいかない物語の冒頭部分。

制作者の苦労は大変なものがあったと思います。
比べられるだけならまだしも、
前作で使ってた見せ方を使えなかったり、
変えたら変えたで文句を言われ、
同じだったらさらに叩かれ……。

しかし例えば「邪教の街」は、
テンポも良いし、原作を尊重しつつも同じにならず、
省くべきところは省き、と、
なかなか良い仕事をしてると思います(えらそーに)


大佐の声にもだんだん慣れて来ましたし(笑)
どんどん先が見たくなりますね。

このレビューは気に入りましたか? 3人の会員が気に入ったと投稿しています

漫画派には待望?

投稿日:2009/09/08 レビュアー:santa-kuma

前作アニメではドロドロしてたりやたらと内容が重々しかったイメージがありましたが、今作のイメージは漫画に近い作品。

ところどころに笑える要素があり、シリアスなシーンとのメリハリも感じられて、どちらかと言えば漫画派な自分には「これがハガレンだよね」と思わせてもらいました。

1話はアニメオリジナルですが、それ以降は大凡漫画に忠実。
声優好きな方にはキャスト変更に残念に思ったり、思わぬ喜びがあったりするのかな? 自分は前作のイメージが残っていましたが、回を重ねるごとに馴染んできました。

前作からの続き部分は一切なくリスタートとなっているので、前作を知ってる方でも知らない方でも楽しめると思います。

内容としては1巻だけでは物足りないと思ってしまう…かも?

このレビューは気に入りましたか? 3人の会員が気に入ったと投稿しています

1〜 5件 / 全21件

鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:21件

つい勢いで

投稿日

2011/03/21

レビュアー

さっちゃん

 落ち込んでばかりもいられないと、この作品のテーマ曲を集めたアルバムのレヴューを書いたら、どうしてもアニメも描きたくなってしまいました(映画会の皆さん、散々、レヴューできる気分じゃないの何だのと書いておいて、ちゃんとレヴューしております。済みません。)
 CDのレヴューにも書いたとおり、本作は原作もアニメもほぼ同時進行で追っかけておりました。原作コミックは全27巻、先頃、最終巻を読み終えて感慨に耽っていたところです。アニメ化はすでに一度、成されてはいるのですが、原作に追いついてしまい、2009年から再度、アニメ化されたものです。副題の「FULLMETAL ALCHEMIST」というのが新版であります。
 原作の27巻という巻数は最近ではそう多い方ではありませんが、1話完結とかエピソードで繋ぐコミックとは違い、エピソードはあるものの、全巻を貫く太い筋がある本作は、一種の大河ドラマと言っても過言ではないでしょう。
 アニメもほぼ原作に沿った形で物語が進行します。あえてカテゴライズすれば異世界ファンタシーということになるんでしょうが、全く、我々の世界と違う世界を構築し、その中で魔術が世界を動かすほどの力を持っているという設定が実にすんなりと受け容れられるのは原作者の力量だと思います。車両や銃器の描写から判断すると、我々の世界の20世紀初頭から中期くらいのテクノロジーレベルかと推測します。別にパラレルワールドとかではないから単純に較べにくい面もありますが。
 先に書いたように大河ドラマのような構成になっているので、1巻だけでは、まだ物語の玄関を入って靴を脱いだくらいのところです。これからずっと続けてご覧になると、最初、正体の分からなかったキャラクターとか主人公たちの住んでいるアメストリスという国家だけでなく地理的、歴史的な広がりが見えてくるようになっています。本作が肌に合わないのでなければ、とにかくラストまで見続けることをお勧めします。途中、重い悲劇もあり、時として見続けるのがつらいときもあるかもしれませんが、それでも全巻を通して見れば、他者を思いやる主人公の兄弟、彼らを取り巻く人々のあきらめない姿に元気をもらえると思います。

この巻だけじゃなく、もう少し先まで……

投稿日

2009/09/24

レビュアー

(み)

TV番組を見る習慣がないので、鋼の錬金術師の新シリーズも、専らネット配信で見てたりします。
でもそれじゃ物足りないので改めてDVDで視聴。
二度手間やん(泣)


しかし何というか……。
前シリーズで同じ場面を違うシチュエーションで見ているからなのか、新シリーズは「はしょりかた」が野暮ったいような気が。

敢えて描かない、語らない、シーンを長くしないなどなど、削ることによって得られていた演出効果を、捨てちゃってるような気がするんすよねー。

こういうところはセンスによるものなんだと勝手に想像してたりするけど、新シリーズは「真面目なんだけど垢抜けない」印象がすごくあります。

水準は満たしてると思うし、不用なエピソードを切り落としたり(お産騒動で橋を造ろうとするところとか)そういった点では確かに良い仕事してますけど。

でもここ一番でカッコつけなきゃいけない場面での切れ味が……。
笑わせなきゃいけない場面での間が……。

比べられて文句言われるであろう環境で頑張ってるのは理解できるんだけどねえ。



……と、以上が最初の2話を見終わっての感想。

回を追うに従って、進行にキレが出てきたように感じてます。
だからもしこの1巻目を見て、私と同じような感想を持った方がいたとしたら、もったいないのでもう少しだけチェックを続けて欲しいなぁ。

・・・・・

投稿日

2009/09/23

レビュアー

エロエロ大魔神

錬金術師?鋼より金をいじったほうが、もうかりまっせ〜

立って歩け、前へ進め

投稿日

2009/10/09

レビュアー

(み)

前作の影響をいろんな意味で受けないわけにはいかない物語の冒頭部分。

制作者の苦労は大変なものがあったと思います。
比べられるだけならまだしも、
前作で使ってた見せ方を使えなかったり、
変えたら変えたで文句を言われ、
同じだったらさらに叩かれ……。

しかし例えば「邪教の街」は、
テンポも良いし、原作を尊重しつつも同じにならず、
省くべきところは省き、と、
なかなか良い仕事をしてると思います(えらそーに)


大佐の声にもだんだん慣れて来ましたし(笑)
どんどん先が見たくなりますね。

漫画派には待望?

投稿日

2009/09/08

レビュアー

santa-kuma

前作アニメではドロドロしてたりやたらと内容が重々しかったイメージがありましたが、今作のイメージは漫画に近い作品。

ところどころに笑える要素があり、シリアスなシーンとのメリハリも感じられて、どちらかと言えば漫画派な自分には「これがハガレンだよね」と思わせてもらいました。

1話はアニメオリジナルですが、それ以降は大凡漫画に忠実。
声優好きな方にはキャスト変更に残念に思ったり、思わぬ喜びがあったりするのかな? 自分は前作のイメージが残っていましたが、回を重ねるごとに馴染んできました。

前作からの続き部分は一切なくリスタートとなっているので、前作を知ってる方でも知らない方でも楽しめると思います。

内容としては1巻だけでは物足りないと思ってしまう…かも?

1〜 5件 / 全21件