7つの贈り物の画像・ジャケット写真

7つの贈り物 / ウィル・スミス

全体の平均評価点:(5点満点)

137

全体の平均評価点:

予告編を検索

DVD

Blu-ray

旧作

ジャンル :

「7つの贈り物」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

Blu-ray

旧作

解説・ストーリー

ウィル・スミスが「幸せのちから」のガブリエレ・ムッチーノ監督と再びタッグを組んだ感動のヒューマン・ドラマ。辛い過去を背負い心に傷を抱えた男が採る謎めいた行動の行方とその衝撃の真相を描く。共演は「シン・シティ」のロザリオ・ドーソン。互いに全く関係のない7人の名前が載ったリストを手にしている男、ベン・トーマス。彼はその7人に近づき、彼らの人生を調べ始める。その動機は全く不明。だが、ある条件に一致すれば、彼らの運命を永遠に変える贈り物を渡そうと考えているようなのだが…。

「7つの贈り物」 の作品情報

作品情報

製作年:

2008年

製作国:

アメリカ

原題:

SEVEN POUNDS

「7つの贈り物」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

LBJ ケネディの意志を継いだ男

ブレイブ

キングピン ストライクへの道

ウェルカム・トゥ・サラエボ

ユーザーレビュー:137件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全137件

悲しい過去を背負った男の贈り物 ネタバレ

投稿日:2009/08/29 レビュアー:ミルクチョコ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

「幸せのちから」のカプリエレ・ムッチーノ監督とウィル・スミスが再びタッグを組んだドラマです。

冒頭、主人公が「自殺者がいます。」と救急車を呼ぶところからドラマは始まり、いきなりフラッシュバックします。
ラストに再び、このシーンが戻ってくるまで、説明らしい説明もありません。
国税庁職員のベン(ウィル・スミス)と名乗り、税金滞納者の調査という触れ込みで、何人かの人たちと接触していくのですが、どうやら彼らが自分の贈り物を受け取るに相応しい人かどうかを見定めているようです。その辺りをミステリアスなタッチで描いています。
途中でフラッシュバックされるシーンで、交通事故の断片が映され、何のために、人助けをしようとしているのか、大体察しが付きます。それに、ウィル・スミスの深刻な顔を見ると自分を犠牲にして人を救おうといているのが、すぐに読めてしまいました。

しかし、人を救うためには、良い人でなければ、駄目なのでしょうか?嫌な人もやっぱり人間です。嫌な奴など助けてやるもんか!と品定めをするところは、ひっかかるものを感じます。どうも上から目線で品定めをしているようで、その辺もちょっと気になってしまいました。

愛する人を失った絶望感と、多くの命を奪ってしまったことへの贖罪の念、その罪を償おうとするベンのどうにもやるせない絶望を描いているのですが、本当に贖罪の方法はそれしかなかったのでしょうか?宗教観の違いなのかもしれませんが、見終わった後は暗い気分になってしまいました。

このレビューは気に入りましたか? 26人の会員が気に入ったと投稿しています

ほんとうの目的は ネタバレ

投稿日:2010/07/21 レビュアー:蒼生

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する


ヒューマンドラマだと思われるのに、
なぜミステリー仕立てにしたのでしょう。

彼の行動の理由がわからないまま展開しますが
ヒントは回想シーンや古い新聞記事で小出しに出てきます。
それを元に何となく推測はできてしまいます。

でもその最期の行動は、私の推測をかなり超えていて、
感動しました。
だから行動の理由を知らずに観ても、知っていて観ても
その感動に大差はなかっただろうと思いました。

そう考えたら、理由を明かさない展開を選び、
観る人をモヤモヤさせる必要性・その意図・
狙った効果がわかりませんでした。

このあと、ネタバレです。







彼の贖罪は、自己犠牲ではなく自己満足と言ったほうが近い気がします。
人を見定めるような行為も、彼の行動の目的を考えると
不遜に感じてしまいます。
事故の被害者の遺族だったら普通に納得できたのに
無作為の7人にしたのはミステリー性を持たせるためでしょうか。

そして、これも私の勝手な推測ですが、
ほんとうは事故の後すぐにでも自殺したかったのではないでしょうか。
そんな気がするのです。

でも、ただ自分が死んでもそれはひとりの男の死でしかない。
せめて自分だけでも贖いと、そう思えることをしてから死にたかった、
もっと言うなら、そうしなくては死ぬことさえ許されないと
思いこんでしまったのではないかと感じました。

そう考えると自分勝手な話です。
でも弟への臓器提供はともかく、麻酔なしで骨髄移植なんて、
わざわざ苦しい手段を選んでいるわけですから、
自己満足・自己陶酔ではあるけれども、やはり贖いなのだと思います。


すべての行動の最後を死で締めたのではなく、
死ぬ前に、自分が死なせたのと同じ人数の人を救うことで
自分が救われたかったのではないかと思うのです。

それが自分勝手なことか、贖いと言えるのかどうか考える能力ももう、
その事故のときに失くしてしまったのではないでしょうか。
彼は、自分のために死に、自分が死ぬために行動し、
その行動のために生きていた。
私はそう思いました。

このレビューは気に入りましたか? 16人の会員が気に入ったと投稿しています

辛気臭い映画 ネタバレ

投稿日:2009/07/27 レビュアー:パープルローズ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

KEEちゃんみたいに、「ウィル・スミスが出てさえいれば!」という人は別にして(笑)、普通の映画ファンがウィル・スミスに期待する映画とはちょっと違うように思います。
内容が重たいし、スカッとする映画ではありません。

予告編を見たときから辛気臭そうな映画だなという気はしてたのですが、「幸せのちから」と同じ監督なんですね。ふたつあわせて、「ウィル・スミス辛気臭映画」シリーズとでも命名できそうです。

「7つの贈り物」とは何か?
予告編と「7Pounds」という原題でだいたい想像がつきますが、まあ想像通りです。
でもそんなに簡単にネタばらしするわけにはいかないので、一応構成にも凝って、観客をひきつけようとはしてるのですが、それもけっこううっとうしいです。

<激しくネタバレ>
主人公は自分の犯した罪を償うために、「7つの贈り物」をするわけですが、そのためには自分の命を犠牲にしなければいけません。つまり自殺です。この点を、本国のキリスト教の人たちはどう評価したのでしょうか。

さらに、主人公は自分が贈り物をする相手が、それにふさわしい人物かどうか、いろいろな手で確かめようとするわけです。ここが最も納得がいかないところ。
相手が自分の贈り物に値する人物かどうか?
そんなことを言い出したら、今日本でも議論されている臓器移植の制度なんて、立ち行かなくなってしまうんじゃないでしょうか?

さらに、主人公は贈り物をすべく近づいた女性と恋愛関係に陥るのですが、私が彼女なら、命を犠牲にして自分を助けてくれるより、最期の日まで自分のそばにいてくれることを望んだと思います。

このレビューは気に入りましたか? 14人の会員が気に入ったと投稿しています

全然はまらなかった

投稿日:2010/05/24 レビュアー:ロンリー火真西

妙な優しさが見ていて気恥ずかしくなりました。

エミリーはこれもらっても嬉しくないでしょうし、こんな事されたら逆に悲しむか怒るかのどちらかでしょう。

主人公がなぜここまでやるのかもよくわかりません。

ウディ・ハレルソンが珍しく良い人役で出ていたのは良かったです。

最後は七人集まって宴会でもやれば?って思っちゃいました。。

このレビューは気に入りましたか? 11人の会員が気に入ったと投稿しています

しぶいね〜

投稿日:2009/08/20 レビュアー:エロエロ大魔神

ウィルスミスは渋いね!個人的には好きな俳優です!
ちなみに俺には贈物などきません!
来るのは不幸の贈り物と嫌がらせ贈り物!以前、玄関前に不審な段ボールが置かれていた、中を見るとボロボロの軍手の片方だけはいっていました!意味わからない贈り物だった!

このレビューは気に入りましたか? 10人の会員が気に入ったと投稿しています

1〜 5件 / 全137件

7つの贈り物

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:137件

悲しい過去を背負った男の贈り物

投稿日

2009/08/29

レビュアー

ミルクチョコ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

「幸せのちから」のカプリエレ・ムッチーノ監督とウィル・スミスが再びタッグを組んだドラマです。

冒頭、主人公が「自殺者がいます。」と救急車を呼ぶところからドラマは始まり、いきなりフラッシュバックします。
ラストに再び、このシーンが戻ってくるまで、説明らしい説明もありません。
国税庁職員のベン(ウィル・スミス)と名乗り、税金滞納者の調査という触れ込みで、何人かの人たちと接触していくのですが、どうやら彼らが自分の贈り物を受け取るに相応しい人かどうかを見定めているようです。その辺りをミステリアスなタッチで描いています。
途中でフラッシュバックされるシーンで、交通事故の断片が映され、何のために、人助けをしようとしているのか、大体察しが付きます。それに、ウィル・スミスの深刻な顔を見ると自分を犠牲にして人を救おうといているのが、すぐに読めてしまいました。

しかし、人を救うためには、良い人でなければ、駄目なのでしょうか?嫌な人もやっぱり人間です。嫌な奴など助けてやるもんか!と品定めをするところは、ひっかかるものを感じます。どうも上から目線で品定めをしているようで、その辺もちょっと気になってしまいました。

愛する人を失った絶望感と、多くの命を奪ってしまったことへの贖罪の念、その罪を償おうとするベンのどうにもやるせない絶望を描いているのですが、本当に贖罪の方法はそれしかなかったのでしょうか?宗教観の違いなのかもしれませんが、見終わった後は暗い気分になってしまいました。

ほんとうの目的は

投稿日

2010/07/21

レビュアー

蒼生

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する


ヒューマンドラマだと思われるのに、
なぜミステリー仕立てにしたのでしょう。

彼の行動の理由がわからないまま展開しますが
ヒントは回想シーンや古い新聞記事で小出しに出てきます。
それを元に何となく推測はできてしまいます。

でもその最期の行動は、私の推測をかなり超えていて、
感動しました。
だから行動の理由を知らずに観ても、知っていて観ても
その感動に大差はなかっただろうと思いました。

そう考えたら、理由を明かさない展開を選び、
観る人をモヤモヤさせる必要性・その意図・
狙った効果がわかりませんでした。

このあと、ネタバレです。







彼の贖罪は、自己犠牲ではなく自己満足と言ったほうが近い気がします。
人を見定めるような行為も、彼の行動の目的を考えると
不遜に感じてしまいます。
事故の被害者の遺族だったら普通に納得できたのに
無作為の7人にしたのはミステリー性を持たせるためでしょうか。

そして、これも私の勝手な推測ですが、
ほんとうは事故の後すぐにでも自殺したかったのではないでしょうか。
そんな気がするのです。

でも、ただ自分が死んでもそれはひとりの男の死でしかない。
せめて自分だけでも贖いと、そう思えることをしてから死にたかった、
もっと言うなら、そうしなくては死ぬことさえ許されないと
思いこんでしまったのではないかと感じました。

そう考えると自分勝手な話です。
でも弟への臓器提供はともかく、麻酔なしで骨髄移植なんて、
わざわざ苦しい手段を選んでいるわけですから、
自己満足・自己陶酔ではあるけれども、やはり贖いなのだと思います。


すべての行動の最後を死で締めたのではなく、
死ぬ前に、自分が死なせたのと同じ人数の人を救うことで
自分が救われたかったのではないかと思うのです。

それが自分勝手なことか、贖いと言えるのかどうか考える能力ももう、
その事故のときに失くしてしまったのではないでしょうか。
彼は、自分のために死に、自分が死ぬために行動し、
その行動のために生きていた。
私はそう思いました。

辛気臭い映画

投稿日

2009/07/27

レビュアー

パープルローズ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

KEEちゃんみたいに、「ウィル・スミスが出てさえいれば!」という人は別にして(笑)、普通の映画ファンがウィル・スミスに期待する映画とはちょっと違うように思います。
内容が重たいし、スカッとする映画ではありません。

予告編を見たときから辛気臭そうな映画だなという気はしてたのですが、「幸せのちから」と同じ監督なんですね。ふたつあわせて、「ウィル・スミス辛気臭映画」シリーズとでも命名できそうです。

「7つの贈り物」とは何か?
予告編と「7Pounds」という原題でだいたい想像がつきますが、まあ想像通りです。
でもそんなに簡単にネタばらしするわけにはいかないので、一応構成にも凝って、観客をひきつけようとはしてるのですが、それもけっこううっとうしいです。

<激しくネタバレ>
主人公は自分の犯した罪を償うために、「7つの贈り物」をするわけですが、そのためには自分の命を犠牲にしなければいけません。つまり自殺です。この点を、本国のキリスト教の人たちはどう評価したのでしょうか。

さらに、主人公は自分が贈り物をする相手が、それにふさわしい人物かどうか、いろいろな手で確かめようとするわけです。ここが最も納得がいかないところ。
相手が自分の贈り物に値する人物かどうか?
そんなことを言い出したら、今日本でも議論されている臓器移植の制度なんて、立ち行かなくなってしまうんじゃないでしょうか?

さらに、主人公は贈り物をすべく近づいた女性と恋愛関係に陥るのですが、私が彼女なら、命を犠牲にして自分を助けてくれるより、最期の日まで自分のそばにいてくれることを望んだと思います。

全然はまらなかった

投稿日

2010/05/24

レビュアー

ロンリー火真西

妙な優しさが見ていて気恥ずかしくなりました。

エミリーはこれもらっても嬉しくないでしょうし、こんな事されたら逆に悲しむか怒るかのどちらかでしょう。

主人公がなぜここまでやるのかもよくわかりません。

ウディ・ハレルソンが珍しく良い人役で出ていたのは良かったです。

最後は七人集まって宴会でもやれば?って思っちゃいました。。

しぶいね〜

投稿日

2009/08/20

レビュアー

エロエロ大魔神

ウィルスミスは渋いね!個人的には好きな俳優です!
ちなみに俺には贈物などきません!
来るのは不幸の贈り物と嫌がらせ贈り物!以前、玄関前に不審な段ボールが置かれていた、中を見るとボロボロの軍手の片方だけはいっていました!意味わからない贈り物だった!

1〜 5件 / 全137件