ベルベット・スパイダー

ベルベット・スパイダーの画像・ジャケット写真
ベルベット・スパイダー / トム・ベレンジャー
全体の平均評価点:
(5点満点)

6

  • DVD
ジャンル:

「ベルベット・スパイダー」 の解説・あらすじ・ストーリー

トム・ベレンジャー、マイケル・ビーン、スタナ・カティックら共演によるアクション。冷酷な犯罪組織の人間を次々と殺していく女殺し屋・ライナ。だが、彼女の最大のターゲットは、以前ライナを可愛がっていた闇組織のボス・ヴァージルで…。

「ベルベット・スパイダー」 の作品情報

製作年: 2008年
製作国: アメリカ
原題: STILETTO

「ベルベット・スパイダー」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

ベルベット・スパイダーの詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
100分 日 吹 日(大字幕) 1:ドルビーデジタル/ステレオ/英語
2:ドルビーデジタル/ステレオ/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
PWAD1790 2009年09月02日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
9枚 0人 0人

関連作品

ユーザーレビュー:6件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全6件

余韻を残すエンディング・・・んなわけありません!ネタバレ

投稿日:2009/12/04 レビュアー:AVANZSUR

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

2008年の制作とは思えないレトロな復讐ドラマ。
いくらアルバトロスと言えど、内容が余りに陳腐過ぎて観終わっても何の感慨も湧きませんでした。

主人公が復讐の鬼と化した理由も「またそれかよ」って位のありきたりな動機。
主人公が寵愛を受けていたマフィアのボス・トムベレンジャーの人物造形も妻に不倫を詰られ往生する中途半端で見事な小物っぷり。
主人公を追う刑事も華が無く何の魅力も感じず、マイケルビーン演じるヴァイオレンス度高い子分とその愛人のみ存在感をアピールしてたかも。

物語も非常に粗が目立つ内容でいくらでも指摘出来ますが、そんな事に時間も使いたくないので、個人的に見どころだった点を少々挙げると、主人公を演じたスタナカティックがなかなかのスレンダー美人で魅力ある点、石橋凌にしか見えなかったトムベレンジャーの恰幅の良さ、2番目に殺されるマフィアの腕に彫られていた○○と言うふざけた漢字、日本料理店で客席に向かって披露される間抜けな舞台、ホラー映画と錯覚するような女性刑事の意外な殺られっぷり、お約束のどんでん返し、あれ?こうして書き連ねると結構見どころがありました。
っつうか、見どころと言えるのか??
結構過激な凶行描写はホラーファンには多少楽しめるかもしれません^^;

まぁ、楽しめるポイントはあるものの、内容が伴っていないんで評価は変わらずって感じかな。
はっきりとしないエンディングに怒りを覚える方もいらっしゃるんじゃ・・・。
時間があり余った時に観る作品レベルでしょうか。

このレビューは気に入りましたか? はい 12人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

残らない・・・ネタバレ

投稿日:2009/10/13 レビュアー:SLIMMUSCLE

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

心に残りませんでした。

唯一残ったと言えば、刑事の恋人が
あんな形で殺されるとは・・・
死んだ顔がショックでした。

このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

えっ! 別の意味で衝撃的なラストネタバレ

投稿日:2009/11/10 レビュアー:mahiro_papa

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

のっけから、トム・ベレンジャー、マイケル・ビーンのヤレ具合にびっくり。
そしてライナがどう見ても美しくないんだなー、日本人のワタシから見ると。

ま、それはさておき、ストーリーとしては、
マフィア(なんでしょうな、多分)のボス、バージルの愛人であるライナが、ある理由からバージルとその取り巻き、ネオナチの面々を殺していくというハナシで、まあありきたり。
ただ、ライナがもともと殺し屋だったというくだりはとくに見当たらず、どうしてこんなに強いのかは謎。
とにかくマフィアやネオナチたちをバタバタ倒していきます。
殺していく理由は、途中で明らかになり、なんとなく納得行くんですが、問題はラスト。
ついにバージルを追いつめるライナ。ところがバージルを狙っていたのがライナの勘違い(?)ということが分かります。
作者の狙いとしてはどんでん返しのつもりなんでしょうが、どう見ても、登場人物すら白けてます。
もちろん観ているほうは、もっと白けます。
あまりに気の抜けた最後に、呆気にとられてしまいますよ。
粗削りなところはあっても、まあ楽しみつつラストまで観たのに、なんだこりゃ。
ラスト数分で台無しですわ。

このレビューは気に入りましたか? はい 1人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

時間は残酷

投稿日:2009/09/25 レビュアー:ハヴィ

ドラック、女、暴力とハードな世界をセクシー美女が活躍するバイオレンスアクションな復讐劇です (  ̄_ ̄) 一応

新作ってことで何気に借りたため、作品を観る前に出演者のチェックもせず観ました。

結構有名な俳優さんが出演していてがんばっている内容とは思うのですが、今ひとつ盛り上がらない。前半の殺し方は、女性の武器をうまく使い相手を仕留めていく方法(不意打ちだし)中々面白かったのですが、後半は計画性ゼロな殺し方。ラストにいたってはあんた何者?的な女ランボー状態(あそこまでハードでは無いけど)そんなこんなで私には今ひとつでした。お勧め度も「暇なら」作品ですね。

ところで、主演者にマイケル・ビーンさんが居ましたが、始め全く気がつきませんでした。しばらくして、なんか誰かに似ているな?で思ったお方が「マイケル・ビーン」しかし、まさかね (; ̄ー ̄川 ) 彼がこんなゴッツイ悪役顔のおっさんじゃないだろと思いました。しかし出演者の名前見てショーーック!!時間は残酷『ターミネーター』のマイケルが好きでした(´_`。)


このレビューは気に入りましたか? はい 1人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

可愛い女の子ライナ

投稿日:2009/09/14 レビュアー:Julia

純粋だからこそ、愛や感謝の気持ちが
そのまま反転し、憎しみ→殺しへと
向かってしまった、ライナ。

ヴァジールもそれを理解していたのか
部下を次々と殺されてしまっても、
ライナを愛し続ける。

どんなに愛されて与えられ続けても
家族愛とはならなかった。
彼女と妹の絆には、かえられなかった。

眠れぬ秋の夜長に、アルコール片手にどうぞ。

このレビューは気に入りましたか? はい 1人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 5件 / 全6件

ベルベット・スパイダー

月額課金で借りる

都度課金で借りる