スレイヤーズEVOLUTION−R

スレイヤーズEVOLUTION−Rの画像・ジャケット写真

スレイヤーズEVOLUTION−R / 林原めぐみ

全体の平均評価点:(5点満点)

10

全体の平均評価点:

DVD

「スレイヤーズEVOLUTION−R」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

解説・ストーリー

神坂一原作による人気ファンタジーアニメの第5シリーズ第5巻。“冥王の壺”を取り返したリナはレゾの魂からタフォーラシアが疫病に冒された真相を聞き出す。しかし、それを聞いたポコタが“冥王の壺”を持ち逃げし…。第11話から最終第13話を収録。

「スレイヤーズEVOLUTION−R」 の作品情報

作品情報

製作年: 2008年
製作国: 日本

「スレイヤーズEVOLUTION−R」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

キャスト・スタッフ

関連作品

関連作品

蒼き伝説シュート!

ハローキティのふしぎなみずうみ・キティとミミィのハッピーバースデー・

新・北斗の拳

ポケットモンスター サイドストーリー

ユーザーレビュー:10件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全10件

先に秘密と言われると、バラせない!(T_T) ネタバレ

投稿日:2009/08/22 レビュアー:春爛漫

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

ナーマの正体ですけど、多分、ナー○だと思うんですよね。
小説の『スレイヤーズすぺしゃる』に出てくる…
グラマーで、魔導師というより魔女みたいな格好で、やや常識外れで自意識過剰な…。
確か、ガウリィと出会う前の旅の連れって設定だったと思います。

冥王の壷に触ろうとする際のシルエット、リナの本能的な態度、使う魔法、笑い方と、時折見せる上からのセリフ…ほぼ間違いないと思うんですけどね。

さて、このアニメ、前シリーズ『REVOLUTION』を引き継いでいるんですが…
前シリーズはテレビ東京で放送したくせに、このEVOLUTION-Rは
AT−Xのみの放映!
ふざけんな!テレビ東京!!って感じです。
中途半端なマネすんなっつーの!!(憤怒)
…ふぅ、聞いていただいて少しスッキリしました。

第1話 NEW COMER? 新たなる旅立ち!
前シリーズに引き続いて、ポコタとの旅。
タフォーラシアの人たちを助けるため、赤法師レゾの魂が眠るという“壺”を探している一行。
いろんな魔道書を調べるが、名前どころか存在すら見つけられない。
ところが、ふとした会話からポコタがとんでもないヒントを口にする。

第2話 OH MY HEAD! 頭はどこだ?
ジョコンダ城の地下でリナ達は、歌う謎の鎧、ナーマに出会った。このナーマ、リビングアーマーという動く鎧で、中身は空っぽ。
人間の魂が鎧に入っちゃったらしいが、記憶があやふやで自分のこともはっきり覚えていない状態。
しかし、壷の在り処については思わせぶりな態度をするが教えてくれない。
リナの“力づくの説得”で、とりあえず思い当たるところに向かうことに…。

スレイヤーズは、時折入るギャグが大好きなんですよね。
今回もなかなか笑わせてくれています。
ゼルガディス…時々、キャラが変わるなよ!(笑)

このレビューは気に入りましたか? 5人の会員が気に入ったと投稿しています

だいぶスッキリしたかな? ネタバレ

投稿日:2009/08/22 レビュアー:春爛漫

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

第11話『XENO 復活の代償!』
ゼルを見つけることは出来たが、レゾの魂からタフォーラシアが疫病に冒された真の理由を聞き出した。それを聞いて、今度はポコタが「冥王の壺」を持って逃走する。

第12話『YESTERDAYS MEMORY 取り戻した日々』
再びレゾに会いたいと願うオゼルの意思と、国を救いたい一途な気持ちによって「冥王の壺」が割られ、遂に赤法師レゾが復活した。復活したレゾはポコタの願いを聞き入れると、タフォーラシアの人々を目覚めさせ、疫病を治すため力を尽くす。その姿は本当の聖人みたいだった。

第13話『ZERO HOUR 滅びゆくもの!』
レゾの魂は、魔王シャブラニグドゥのかけらと共に「冥王の壺」に封印されていた。そして、レゾは、魔王に魂を喰われる前に自分もろとも魔王を滅ぼせという。

★一応、大団円ですかね。
ただ…ナーガはどうなったのでしょう!
ダンボールの中から…ってこの世界にダンボールってあるのかな?…ナーガの声が聞こえたんですけど、結局、それっきりでしたよね。
あれって、異常な結末があるような気がするんですけど(==;)
この結末はハッキリしてくれないんだろうなぁ〜

このレビューは気に入りましたか? 4人の会員が気に入ったと投稿しています

ズーマの話がここで出ましたね。 ネタバレ

投稿日:2009/08/22 レビュアー:春爛漫

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

第8話『UNCOVER 暴かれる闇!』
ラドックが商品の買い付けに行くと言い出した。
一見、自分を餌にズーマをおびき出そうとしているようだが、リナは、リナが狙われていることを利用するための旅立ちだと読む。
道中、ラドック親子の悲しい過去話とか聞き、感傷的なムード漂う中、突然魔族たちが襲ってきた。

第9話『VOICE 壷の中身は何ですか?』
最悪の形で幕を閉じた護衛騒動。
やりきれない思いが渦巻く中、自由の身となったオゼルに、次の壷の持ち主だと宣言するリナ。
レゾを復活する方法が判らず焦れ、ゼルガディスが壷のレゾに語りかけると…

第10話『WISDOM 帰らぬ時を求めて!』
「冥王の壺」に入ったレゾの魂が目を覚ましたが、覚醒が不完全だったのか、こっちの問いかけにとんちんかんなことしか答えない。
途方にくれた一行は、とりあえず、そもそもの原点であるタフォーラシアへと向かうことに。
その道中、ゼルが壺を持ってまさかの逃走を図る。

★ズーマの話は、小説の中には出てくるものの、アニメでは登場することはありませんでした。該当する話はとっくに終わっていましたからね。
しかし、ズーマの最期は…ちょっとあっけなかったですね。
第10話は…絶望の回という感じです。
壷の中のレゾにより、レゾに最後の望みを託していた二人が踏みにじられてしまいました。
レゾを演じる子安武人さんの声ってスゴイですよね!
真面目な役がとっても似合う声であるが故に、ギャグをやらせても面白いし、優しい声であるが故に、悪役をやらせてもはまる感じです。
羨ましいなぁ〜声がいいのって…

このレビューは気に入りましたか? 4人の会員が気に入ったと投稿しています

そういえば… ネタバレ

投稿日:2009/08/22 レビュアー:春爛漫

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

前回、第2話で、シシ神(ディダラボッチ)が出てましたよね?
パロってますねぇ。(笑)

ウーン、第3話『PARTNER! 二人は一心同体?』の話は、ウーナの正体、というか裏設定を知らないと笑えないかもしれませんね。
まず、ウーナは『白蛇(サーペント)のナーガ』で、前巻でも書きましたけど、小説『スレイヤーズすぺしゃる』で登場するキャラクターです。
んで、さらにこのナーガの正体、実はアメリアの姉・グレイシアなんですね。
(本名は、グレイシア=ウル=ナーガ=セイルーン)
これを、元にアメリアとナーマの会話を楽しんでくださいね。

第4話『QUALITY TIME? 愛ある生活?』
立ち寄った町で、ルヴィナガルド王国で海賊船に捕まっている所を助けたミスマーメイドのクッピーと再会する。
しかし、いきなり『あなたの子よ』と言い出すクッピー。
おまけに、当のガウリィもすっかりパパ気分で、面倒を見始める。

あのぉ〜冥王の壷の話はどうなったのでしょう…。
それに、話が滅茶苦茶!たった13回しかないんだから、こういうしょーもない話は1話くらいで収めて欲しいなぁ〜

このレビューは気に入りましたか? 4人の会員が気に入ったと投稿しています

そういえば… ネタバレ

投稿日:2009/08/22 レビュアー:春爛漫

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

前回、第2話で、シシ神(ディダラボッチ)が出てましたよね?
パロってますねぇ。(笑)

ウーン、第3話『PARTNER! 二人は一心同体?』の話は、ウーナの正体、というか裏設定を知らないと笑えないかもしれませんね。
まず、ウーナは『白蛇(サーペント)のナーガ』で、前巻でも書きましたけど、小説『スレイヤーズすぺしゃる』で登場するキャラクターです。
んで、さらにこのナーガの正体、実はアメリアの姉・グレイシアなんですね。
(本名は、グレイシア=ウル=ナーガ=セイルーン)
これを、元にアメリアとナーマの会話を楽しんでくださいね。

第4話『QUALITY TIME? 愛ある生活?』
立ち寄った町で、ルヴィナガルド王国で海賊船に捕まっている所を助けたミスマーメイドのクッピーと再会する。
しかし、いきなり『あなたの子よ』と言い出すクッピー。
おまけに、当のガウリィもすっかりパパ気分で、面倒を見始める。

あのぉ〜冥王の壷の話はどうなったのでしょう…。
それに、話が滅茶苦茶!たった13回しかないんだから、こういうしょーもない話は1話くらいで収めて欲しいなぁ〜

このレビューは気に入りましたか? 4人の会員が気に入ったと投稿しています

1〜 5件 / 全10件

スレイヤーズEVOLUTION−R

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:10件

先に秘密と言われると、バラせない!(T_T)

投稿日

2009/08/22

レビュアー

春爛漫

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

ナーマの正体ですけど、多分、ナー○だと思うんですよね。
小説の『スレイヤーズすぺしゃる』に出てくる…
グラマーで、魔導師というより魔女みたいな格好で、やや常識外れで自意識過剰な…。
確か、ガウリィと出会う前の旅の連れって設定だったと思います。

冥王の壷に触ろうとする際のシルエット、リナの本能的な態度、使う魔法、笑い方と、時折見せる上からのセリフ…ほぼ間違いないと思うんですけどね。

さて、このアニメ、前シリーズ『REVOLUTION』を引き継いでいるんですが…
前シリーズはテレビ東京で放送したくせに、このEVOLUTION-Rは
AT−Xのみの放映!
ふざけんな!テレビ東京!!って感じです。
中途半端なマネすんなっつーの!!(憤怒)
…ふぅ、聞いていただいて少しスッキリしました。

第1話 NEW COMER? 新たなる旅立ち!
前シリーズに引き続いて、ポコタとの旅。
タフォーラシアの人たちを助けるため、赤法師レゾの魂が眠るという“壺”を探している一行。
いろんな魔道書を調べるが、名前どころか存在すら見つけられない。
ところが、ふとした会話からポコタがとんでもないヒントを口にする。

第2話 OH MY HEAD! 頭はどこだ?
ジョコンダ城の地下でリナ達は、歌う謎の鎧、ナーマに出会った。このナーマ、リビングアーマーという動く鎧で、中身は空っぽ。
人間の魂が鎧に入っちゃったらしいが、記憶があやふやで自分のこともはっきり覚えていない状態。
しかし、壷の在り処については思わせぶりな態度をするが教えてくれない。
リナの“力づくの説得”で、とりあえず思い当たるところに向かうことに…。

スレイヤーズは、時折入るギャグが大好きなんですよね。
今回もなかなか笑わせてくれています。
ゼルガディス…時々、キャラが変わるなよ!(笑)

だいぶスッキリしたかな?

投稿日

2009/08/22

レビュアー

春爛漫

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

第11話『XENO 復活の代償!』
ゼルを見つけることは出来たが、レゾの魂からタフォーラシアが疫病に冒された真の理由を聞き出した。それを聞いて、今度はポコタが「冥王の壺」を持って逃走する。

第12話『YESTERDAYS MEMORY 取り戻した日々』
再びレゾに会いたいと願うオゼルの意思と、国を救いたい一途な気持ちによって「冥王の壺」が割られ、遂に赤法師レゾが復活した。復活したレゾはポコタの願いを聞き入れると、タフォーラシアの人々を目覚めさせ、疫病を治すため力を尽くす。その姿は本当の聖人みたいだった。

第13話『ZERO HOUR 滅びゆくもの!』
レゾの魂は、魔王シャブラニグドゥのかけらと共に「冥王の壺」に封印されていた。そして、レゾは、魔王に魂を喰われる前に自分もろとも魔王を滅ぼせという。

★一応、大団円ですかね。
ただ…ナーガはどうなったのでしょう!
ダンボールの中から…ってこの世界にダンボールってあるのかな?…ナーガの声が聞こえたんですけど、結局、それっきりでしたよね。
あれって、異常な結末があるような気がするんですけど(==;)
この結末はハッキリしてくれないんだろうなぁ〜

ズーマの話がここで出ましたね。

投稿日

2009/08/22

レビュアー

春爛漫

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

第8話『UNCOVER 暴かれる闇!』
ラドックが商品の買い付けに行くと言い出した。
一見、自分を餌にズーマをおびき出そうとしているようだが、リナは、リナが狙われていることを利用するための旅立ちだと読む。
道中、ラドック親子の悲しい過去話とか聞き、感傷的なムード漂う中、突然魔族たちが襲ってきた。

第9話『VOICE 壷の中身は何ですか?』
最悪の形で幕を閉じた護衛騒動。
やりきれない思いが渦巻く中、自由の身となったオゼルに、次の壷の持ち主だと宣言するリナ。
レゾを復活する方法が判らず焦れ、ゼルガディスが壷のレゾに語りかけると…

第10話『WISDOM 帰らぬ時を求めて!』
「冥王の壺」に入ったレゾの魂が目を覚ましたが、覚醒が不完全だったのか、こっちの問いかけにとんちんかんなことしか答えない。
途方にくれた一行は、とりあえず、そもそもの原点であるタフォーラシアへと向かうことに。
その道中、ゼルが壺を持ってまさかの逃走を図る。

★ズーマの話は、小説の中には出てくるものの、アニメでは登場することはありませんでした。該当する話はとっくに終わっていましたからね。
しかし、ズーマの最期は…ちょっとあっけなかったですね。
第10話は…絶望の回という感じです。
壷の中のレゾにより、レゾに最後の望みを託していた二人が踏みにじられてしまいました。
レゾを演じる子安武人さんの声ってスゴイですよね!
真面目な役がとっても似合う声であるが故に、ギャグをやらせても面白いし、優しい声であるが故に、悪役をやらせてもはまる感じです。
羨ましいなぁ〜声がいいのって…

そういえば…

投稿日

2009/08/22

レビュアー

春爛漫

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

前回、第2話で、シシ神(ディダラボッチ)が出てましたよね?
パロってますねぇ。(笑)

ウーン、第3話『PARTNER! 二人は一心同体?』の話は、ウーナの正体、というか裏設定を知らないと笑えないかもしれませんね。
まず、ウーナは『白蛇(サーペント)のナーガ』で、前巻でも書きましたけど、小説『スレイヤーズすぺしゃる』で登場するキャラクターです。
んで、さらにこのナーガの正体、実はアメリアの姉・グレイシアなんですね。
(本名は、グレイシア=ウル=ナーガ=セイルーン)
これを、元にアメリアとナーマの会話を楽しんでくださいね。

第4話『QUALITY TIME? 愛ある生活?』
立ち寄った町で、ルヴィナガルド王国で海賊船に捕まっている所を助けたミスマーメイドのクッピーと再会する。
しかし、いきなり『あなたの子よ』と言い出すクッピー。
おまけに、当のガウリィもすっかりパパ気分で、面倒を見始める。

あのぉ〜冥王の壷の話はどうなったのでしょう…。
それに、話が滅茶苦茶!たった13回しかないんだから、こういうしょーもない話は1話くらいで収めて欲しいなぁ〜

そういえば…

投稿日

2009/08/22

レビュアー

春爛漫

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

前回、第2話で、シシ神(ディダラボッチ)が出てましたよね?
パロってますねぇ。(笑)

ウーン、第3話『PARTNER! 二人は一心同体?』の話は、ウーナの正体、というか裏設定を知らないと笑えないかもしれませんね。
まず、ウーナは『白蛇(サーペント)のナーガ』で、前巻でも書きましたけど、小説『スレイヤーズすぺしゃる』で登場するキャラクターです。
んで、さらにこのナーガの正体、実はアメリアの姉・グレイシアなんですね。
(本名は、グレイシア=ウル=ナーガ=セイルーン)
これを、元にアメリアとナーマの会話を楽しんでくださいね。

第4話『QUALITY TIME? 愛ある生活?』
立ち寄った町で、ルヴィナガルド王国で海賊船に捕まっている所を助けたミスマーメイドのクッピーと再会する。
しかし、いきなり『あなたの子よ』と言い出すクッピー。
おまけに、当のガウリィもすっかりパパ気分で、面倒を見始める。

あのぉ〜冥王の壷の話はどうなったのでしょう…。
それに、話が滅茶苦茶!たった13回しかないんだから、こういうしょーもない話は1話くらいで収めて欲しいなぁ〜

1〜 5件 / 全10件