ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序(EVANGELION:1.11)

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序(EVANGELION:1.11)の画像・ジャケット写真

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序(EVANGELION:1.11) / 緒方恵美

全体の平均評価点:(5点満点)

21

全体の平均評価点:

DVD

TSUTAYA TV

動画ポイント利用可

シリーズ

「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序(EVANGELION:1.11)」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

TSUTAYA TV

動画ポイント利用可

シリーズ

解説・ストーリー

6月27日より第2部『〜破』の公開も予定されている人気アニメの劇場版第1弾に、新作カットを盛り込んだデジタルマスター版。14歳の碇シンジは、特務機関・NERVの最高司令官の父・碇ゲンドウから、人造人間・エヴァンゲリオンのパイロットに任命される。

「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序(EVANGELION:1.11)」 の作品情報

作品情報

製作年: 2007年
製作国: 日本

「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序(EVANGELION:1.11)」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

キャスト・スタッフ

脚本: 庵野秀明
原作: 庵野秀明
音楽: 鷺巣詩郎

関連作品

関連作品

らんま1/2〜決戦桃源郷!花嫁を奪りもどせ!!

幽☆遊☆白書 オープニングエンディング大百科

バビル2世

幽☆遊☆白書 映像白書

ユーザーレビュー:21件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全21件

まさか1.12はないだろうけど

投稿日:2009/09/24 レビュアー:(み)

劇場版3部作の1作目。

原画(?)はTVのものを使っている部分もあるけど、画質の飛躍的な向上と、新規追加部分の多さで気にはならない。
まぁ前の映画版から間が空いてて、適度に忘れてるというのもあるのかも……。

それにしても庵野監督は、ごっついメカを描かせると異様に上手い。
上手いというか実にカッコイイ。
ヤシマ作戦の表現は、他の誰にもマネできない演出で、ちょっと鳥肌立ちましたよ、ええ。

基本はTV版と同じ流れでありつつも、今作ではわずかに流れがそこからそれつつあるのを感じさせる。
これは序破急の破、つまり次作への伏線でもあるわけですね。


少し以前に地上波で放映もされたことだし、かつての熱狂ぶり再びとはいかないまでも、以前興味を持っていた層が10年前を思い出すきっかけになったんじゃないかと思う。

あの頃、あまりにもブームになりすぎて乗り損ねた人や、まだ子供で良く覚えていない人などなどには特にオススメ。

このレビューは気に入りましたか? 17人の会員が気に入ったと投稿しています

おおむね健全なロボットアニメ

投稿日:2010/02/06 レビュアー:ぶわつ

 1995年〜1996年にかけて放映された『新世紀エヴァンゲリオン』は数年前に、当時の劇場版も含めて一通り観た。
 その時は、その筋?の人間のアニメ魂をくすぐるような序盤の展開に思わずニンマリさせられたのもつかの間、登場人物たちや物語が徐々にいろんな意味で壊れていく中盤から終盤、あるいは劇場版については本当にある種の病的なもの、(アニメーションでそれをやってはいけないのではないかという)生理的嫌悪を感じ、これは富野由悠季や宮崎駿らが辛辣に批判した気持ちも判らなくないなあと思った。少なくともオレの中では「クレヨンしんちゃん」よりも「ロンドンハーツ」よりも激しく子供に観せてはいけないと感じるアニメだ(クレしんもロンハーも普通に子供たちと一緒に観てる。ただロンハーは時々ヒヤヒヤする)。
 ただ、そのいっぽうで何ともいえない強力な吸引力を感じるのもまた事実で、そのへんが本作のややこしいところでもある。

 だから、この序破急+?の4部作として製作されるという『新劇場版』第1部『序』も、このややこしい吸引力ゆえに、スルーすることが出来ずに観てしまったのだけど、この『序』に関しては、物語的にまさに序盤であり、この段階では「おおむね健全なロボットアニメ」として非常に愉しめた。
 基本的に全て新たに描き直されたという、とにかく全体にかなりディテールに拘ったとみられる映像は相当の観応えがあるし、アニメーション的にも『序』におけるクライマックス、日本中の電力を集中し、使徒の急所への陽電子砲一点集中攻撃を仕掛ける「ヤシマ作戦」のシークエンスなど、かなりのクオリティだと思う。

 そういうわけで、否応なしに『破』を期待してしまっている自分がいる。
 『破』からはTV版ではないオリジナルストーリーに移行していくとかで、とにかくDVD化がいつになるのか、思いのほか気に掛けてしまっているのであった。

このレビューは気に入りましたか? 11人の会員が気に入ったと投稿しています

再起動 改

投稿日:2010/07/22 レビュアー:ビンス

今までになかった展開に興奮して観ていた頃からはや数年・・
シンジ君にイラっとしながらも応援していた頃からはや数年・・
テレビ版のラス2話に「こんな着地のしかたあるかい!」とそれまでの興奮と期待を裏切られたような気分だった頃からはや数年・・
それでも劇場版に期待して観たが、「やっぱダメじゃん」とそこでも満足できなかった頃からはや数年・・
もう観ることはないだろうと思っていました。
それが、新劇場版制作の知らせ。
ある雑誌で読んだエヴァの記事に「皆が希望をもてるようなラストにしたい。今までのラストに満足できかなかった人にも納得してもらえるようなものにする」
というようなことをスタッフが話していた。
これでボクのなかで眠っていた「エヴァ熱」がハジけました。
そして今回の数年ぶりに訪れた「エヴァ体験」。
それはもう一度観るというより、数年ぶりということもあり「初めて観る」感覚に近かったです。
面白かった。
ジリジリ興奮しました。
この「序」はテレビ版のダイジェストであり、再構築版であり、それでいて新しいとこもありなんだそうです。
観ていて蘇る懐かしい記憶もありながら、展開が再構築されているので新鮮でもあり、もう一度ボクを釘付けにするには充分なものでした。
今回もシンジ君にはイラっとさせられたりしますが、なんだかんだいいながらも自分の運命と向き合うシンジ君を前よりは理解でき、好きになり応援してました。
テレビ版を観いてたときボクは「アスカ派」だったので綾波レイの魅力がイマイチわからなかったけど、今回の「序」のラストでのシンジ君とレイのくだりは「感動」でした。
あの笑顔で以前はわからなかった「レイの魅力」が少しわかったような気がします。
あのシーンはとても好きです。
エヴァほど謎が謎のまま展開していき、謎のまま終わったアニメはないと思うので、それが解明していく事を願ってます。
「破」への期待はかなり高まりました。「破」からはオリジナルストーリーが展開されるようなので・・・。
もう一度テレビ版を観直してみよう・・・そう思いました。
・・・・・・・
そして「破」を観る前にこちらを鑑賞して復習。
やはり「ヤシマ作戦」シーンは胸高鳴り、ゾクゾクします。
そして何度観てもシンジ君にはイラっとします(笑)
それを含めて「エヴァの魅力」だと思うので楽しめますが。
たたみかけるように展開する物語。
興奮のバトルシーン。
観てるこちらをドキドキワクワクさせるのがとても上手いアニメです。
ロボットアニメとしてもオリジナリティーに溢れていて素晴らしく。
人間ドラマとしても秀でている。
それどれの思惑が複雑に絡み合い。
複雑すぎて観てる側は置いてきぼりだけど、それでも付いて行きたくなる魅力に溢れている。
オーラスの爽快感、「スッキリしたぁ〜」を願って。
それでは「破」に突入。

ネットサーフィンしながらチラ観したり音声だけ聴いたりしてた妻。
ものの15分ぐらい。
それでも伝わったようです。
「あのシンジ君ってなに?」
「イジイジして男らしくない」
「観ててイライラする」
「いいかげんにして」
シンジ君、君の魅力は伝わり易いぞ♪

このレビューは気に入りましたか? 9人の会員が気に入ったと投稿しています

続きもTV版と同じ? ネタバレ

投稿日:2010/03/28 レビュアー:テトラポット

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

こちらの序を大分前に見て、
今日、かなり以前の劇場版『まごころを君に』を観ました。

この新劇場版シリーズも、
同じような内容になっていくんでしょうか?
『まごころ』の方の内容は大体わかったのですが、
哲学的表現を多用し
視聴者を混乱させているだけで、
さほど面白いと感じませんでしたので、
破以降はどの様になってくのでしょう?

と言うか、破のレンタル開始日は
いつくらいでしょう?

このレビューは気に入りましたか? 5人の会員が気に入ったと投稿しています

良くも悪くもテレビ版と変わらない展開

投稿日:2021/04/08 レビュアー:oyoyo

今更ですが、観てみました。
本当は完結編まで揃ってから一気に観るつもりだったけど、
我慢出来なくて観てしまいました。

テレビ版の前半に沿った展開。
でもCGを多用してるし、ワイド画面になっているので
1から作成した映像なんだろうなぁ。

クライマックスは有名なヤシマ作戦。
日本中の電力が集められるシーンで各家庭の電気が消えていくシーンは
テレビ版の時代は説得力あったが、現代ではソーラー蓄電池の家庭は
灯りは消えないんじゃないかと思う。

続編「破」からはテレビ版とは違う展開になるらしいので
期待しておこう。

75点

このレビューは気に入りましたか? 3人の会員が気に入ったと投稿しています

1〜 5件 / 全21件

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序(EVANGELION:1.11)

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:21件

まさか1.12はないだろうけど

投稿日

2009/09/24

レビュアー

(み)

劇場版3部作の1作目。

原画(?)はTVのものを使っている部分もあるけど、画質の飛躍的な向上と、新規追加部分の多さで気にはならない。
まぁ前の映画版から間が空いてて、適度に忘れてるというのもあるのかも……。

それにしても庵野監督は、ごっついメカを描かせると異様に上手い。
上手いというか実にカッコイイ。
ヤシマ作戦の表現は、他の誰にもマネできない演出で、ちょっと鳥肌立ちましたよ、ええ。

基本はTV版と同じ流れでありつつも、今作ではわずかに流れがそこからそれつつあるのを感じさせる。
これは序破急の破、つまり次作への伏線でもあるわけですね。


少し以前に地上波で放映もされたことだし、かつての熱狂ぶり再びとはいかないまでも、以前興味を持っていた層が10年前を思い出すきっかけになったんじゃないかと思う。

あの頃、あまりにもブームになりすぎて乗り損ねた人や、まだ子供で良く覚えていない人などなどには特にオススメ。

おおむね健全なロボットアニメ

投稿日

2010/02/06

レビュアー

ぶわつ

 1995年〜1996年にかけて放映された『新世紀エヴァンゲリオン』は数年前に、当時の劇場版も含めて一通り観た。
 その時は、その筋?の人間のアニメ魂をくすぐるような序盤の展開に思わずニンマリさせられたのもつかの間、登場人物たちや物語が徐々にいろんな意味で壊れていく中盤から終盤、あるいは劇場版については本当にある種の病的なもの、(アニメーションでそれをやってはいけないのではないかという)生理的嫌悪を感じ、これは富野由悠季や宮崎駿らが辛辣に批判した気持ちも判らなくないなあと思った。少なくともオレの中では「クレヨンしんちゃん」よりも「ロンドンハーツ」よりも激しく子供に観せてはいけないと感じるアニメだ(クレしんもロンハーも普通に子供たちと一緒に観てる。ただロンハーは時々ヒヤヒヤする)。
 ただ、そのいっぽうで何ともいえない強力な吸引力を感じるのもまた事実で、そのへんが本作のややこしいところでもある。

 だから、この序破急+?の4部作として製作されるという『新劇場版』第1部『序』も、このややこしい吸引力ゆえに、スルーすることが出来ずに観てしまったのだけど、この『序』に関しては、物語的にまさに序盤であり、この段階では「おおむね健全なロボットアニメ」として非常に愉しめた。
 基本的に全て新たに描き直されたという、とにかく全体にかなりディテールに拘ったとみられる映像は相当の観応えがあるし、アニメーション的にも『序』におけるクライマックス、日本中の電力を集中し、使徒の急所への陽電子砲一点集中攻撃を仕掛ける「ヤシマ作戦」のシークエンスなど、かなりのクオリティだと思う。

 そういうわけで、否応なしに『破』を期待してしまっている自分がいる。
 『破』からはTV版ではないオリジナルストーリーに移行していくとかで、とにかくDVD化がいつになるのか、思いのほか気に掛けてしまっているのであった。

再起動 改

投稿日

2010/07/22

レビュアー

ビンス

今までになかった展開に興奮して観ていた頃からはや数年・・
シンジ君にイラっとしながらも応援していた頃からはや数年・・
テレビ版のラス2話に「こんな着地のしかたあるかい!」とそれまでの興奮と期待を裏切られたような気分だった頃からはや数年・・
それでも劇場版に期待して観たが、「やっぱダメじゃん」とそこでも満足できなかった頃からはや数年・・
もう観ることはないだろうと思っていました。
それが、新劇場版制作の知らせ。
ある雑誌で読んだエヴァの記事に「皆が希望をもてるようなラストにしたい。今までのラストに満足できかなかった人にも納得してもらえるようなものにする」
というようなことをスタッフが話していた。
これでボクのなかで眠っていた「エヴァ熱」がハジけました。
そして今回の数年ぶりに訪れた「エヴァ体験」。
それはもう一度観るというより、数年ぶりということもあり「初めて観る」感覚に近かったです。
面白かった。
ジリジリ興奮しました。
この「序」はテレビ版のダイジェストであり、再構築版であり、それでいて新しいとこもありなんだそうです。
観ていて蘇る懐かしい記憶もありながら、展開が再構築されているので新鮮でもあり、もう一度ボクを釘付けにするには充分なものでした。
今回もシンジ君にはイラっとさせられたりしますが、なんだかんだいいながらも自分の運命と向き合うシンジ君を前よりは理解でき、好きになり応援してました。
テレビ版を観いてたときボクは「アスカ派」だったので綾波レイの魅力がイマイチわからなかったけど、今回の「序」のラストでのシンジ君とレイのくだりは「感動」でした。
あの笑顔で以前はわからなかった「レイの魅力」が少しわかったような気がします。
あのシーンはとても好きです。
エヴァほど謎が謎のまま展開していき、謎のまま終わったアニメはないと思うので、それが解明していく事を願ってます。
「破」への期待はかなり高まりました。「破」からはオリジナルストーリーが展開されるようなので・・・。
もう一度テレビ版を観直してみよう・・・そう思いました。
・・・・・・・
そして「破」を観る前にこちらを鑑賞して復習。
やはり「ヤシマ作戦」シーンは胸高鳴り、ゾクゾクします。
そして何度観てもシンジ君にはイラっとします(笑)
それを含めて「エヴァの魅力」だと思うので楽しめますが。
たたみかけるように展開する物語。
興奮のバトルシーン。
観てるこちらをドキドキワクワクさせるのがとても上手いアニメです。
ロボットアニメとしてもオリジナリティーに溢れていて素晴らしく。
人間ドラマとしても秀でている。
それどれの思惑が複雑に絡み合い。
複雑すぎて観てる側は置いてきぼりだけど、それでも付いて行きたくなる魅力に溢れている。
オーラスの爽快感、「スッキリしたぁ〜」を願って。
それでは「破」に突入。

ネットサーフィンしながらチラ観したり音声だけ聴いたりしてた妻。
ものの15分ぐらい。
それでも伝わったようです。
「あのシンジ君ってなに?」
「イジイジして男らしくない」
「観ててイライラする」
「いいかげんにして」
シンジ君、君の魅力は伝わり易いぞ♪

続きもTV版と同じ?

投稿日

2010/03/28

レビュアー

テトラポット

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

こちらの序を大分前に見て、
今日、かなり以前の劇場版『まごころを君に』を観ました。

この新劇場版シリーズも、
同じような内容になっていくんでしょうか?
『まごころ』の方の内容は大体わかったのですが、
哲学的表現を多用し
視聴者を混乱させているだけで、
さほど面白いと感じませんでしたので、
破以降はどの様になってくのでしょう?

と言うか、破のレンタル開始日は
いつくらいでしょう?

良くも悪くもテレビ版と変わらない展開

投稿日

2021/04/08

レビュアー

oyoyo

今更ですが、観てみました。
本当は完結編まで揃ってから一気に観るつもりだったけど、
我慢出来なくて観てしまいました。

テレビ版の前半に沿った展開。
でもCGを多用してるし、ワイド画面になっているので
1から作成した映像なんだろうなぁ。

クライマックスは有名なヤシマ作戦。
日本中の電力が集められるシーンで各家庭の電気が消えていくシーンは
テレビ版の時代は説得力あったが、現代ではソーラー蓄電池の家庭は
灯りは消えないんじゃないかと思う。

続編「破」からはテレビ版とは違う展開になるらしいので
期待しておこう。

75点

1〜 5件 / 全21件