ヴォイス〜命なき者の声〜

ヴォイス〜命なき者の声〜の画像・ジャケット写真
ヴォイス〜命なき者の声〜 / 瑛太
全体の平均評価点:
(5点満点)

12

  • DVD
ジャンル:

「ヴォイス〜命なき者の声〜」 の解説・あらすじ・ストーリー

瑛太、生田斗真、石原さとみら人気若手俳優共演のTVドラマ第1巻。志望していた心臓外科ゼミに不合格となった医学部4年の大己。代わりに法医学ゼミの欄に名前を見付けた彼は、思い立ったように掲示板の前を立ち去り…。第1話と第2話を収録。

「ヴォイス〜命なき者の声〜」 の作品情報

製作年: 2009年
製作国: 日本

「ヴォイス〜命なき者の声〜」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

ヴォイス〜命なき者の声〜のシリーズ商品


1〜 6件 / 全6件

ヴォイス〜命なき者の声〜1

  • 旧作

瑛太、生田斗真、石原さとみら人気若手俳優共演のTVドラマ第1巻。志望していた心臓外科ゼミに不合格となった医学部4年の大己。代わりに法医学ゼミの欄に名前を見付けた彼は、思い立ったように掲示板の前を立ち去り…。第1話と第2話を収録。

収録時間: 字幕: 音声:
90分 1:ドルビーデジタル/ステレオ/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
PCBC71587 2009年07月01日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
8枚 0人 1人

ヴォイス〜命なき者の声〜2

  • 旧作

瑛太、生田斗真、石原さとみら人気若手俳優共演のTVドラマ第2巻。タクシーの中で突然死した女性の遺体と対面したゼミ生。そんな中、佳奈子は佐川が遺体の足に発見した死因を特定できそうな痣を見て動揺し、黙り込んでしまう。第3話と第4話を収録。

収録時間: 字幕: 音声:
90分 1:ドルビーデジタル/ステレオ/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
PCBC71588 2009年07月01日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
10枚 0人 0人

ヴォイス〜命なき者の声〜3

  • 旧作

瑛太、生田斗真、石原さとみら人気若手俳優共演のTVドラマ第3巻。なぜか鶏小屋の前で死亡していたゴシップ誌カメラマン・岡原。刑事によると、現場には有名人の不倫写真に混じり、麺つゆの瓶を撮った写真が混じっていて…。第5話と第6話を収録。

収録時間: 字幕: 音声:
90分 1:ドルビーデジタル/ステレオ/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
PCBC71589 2009年07月01日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
8枚 0人 0人

ヴォイス〜命なき者の声〜4

  • 旧作

瑛太、生田斗真、石原さとみら人気若手俳優共演のTVドラマ第4巻。住宅地で倒れ死亡していたという60代女性の解剖作業に参加することになった大己たち。いよいよ開始という時、「解剖を中止しろ」という声が聞こえてくる。第7話と第8話を収録。

収録時間: 字幕: 音声:
90分 1:ドルビーデジタル/ステレオ/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
PCBC71590 2009年07月01日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
8枚 0人 0人

ヴォイス〜命なき者の声〜5

  • 旧作

瑛太、生田斗真、石原さとみら人気若手俳優共演のTVドラマ第5巻。窓拭き作業中に落下し死亡したとされる佐野。だが調査の結果、命綱の不具合は確認されなかった。ベテランだった彼がなぜ落下したのかを考えていた大己は…。第9話と第10話を収録。

収録時間: 字幕: 音声:
90分 1:ドルビーデジタル/ステレオ/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
PCBC71591 2009年07月01日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
8枚 1人 0人

ヴォイス〜命なき者の声〜6

  • 旧作

瑛太、生田斗真、石原さとみら人気若手俳優共演のTVドラマ第6巻。成瀬をナイフで刺し、死亡させた潔美。成瀬の前科や潔美の証言、状況から正当防衛と判断されたが、佐川は疑問を抱き、警察に捜査をやり直すよう進言する。最終第11話を収録。

収録時間: 字幕: 音声:
60分 1:ドルビーデジタル/ステレオ/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
PCBC71592 2009年07月01日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
8枚 0人 1人

1〜 6件 / 全6件

関連作品

ユーザーレビュー:12件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全12件

ひねりの効いた脚本が秀逸

投稿日:2009/05/25 レビュアー:aiai

テレビ放映は随分前に終わりましたが、録画してた分をようやく見終えました。

結構、面白かった!

ストーリーは、1話完結もので、法医学ゼミの学生達が、運び込まれる検死体の裏側に潜む事件を暴くという話し…。そう書くと、その手がお盛んな海外ドラマを想像するかもしれない。観る前は自分もそう思ってた。ところが、意外なことに浪花節人情ものだったのだ。

仏さんがどうして死に至ったかを推理し突き止めていくのだが、犯人捜しモノでは無い。いろいろ調べながら、生前の仏さんに対しての周囲の勘違いであるとか、認識不足を正してあげて、実は仏さんはこういう人柄で、こういう思いをもっていて、今この検死台にいるんですよ。みなさんが思っているようなことで死んだのではないのですよと、どちらかというと仏さんのプロファイルを中心に据えた物語になっている。仏さんの最後の声を聞いてあげて、成仏させるという優しい物語なのだ。

そういう話しなので、ついついもらい泣きしてしまう回が多かった。頑固な靴職人の長年連れ添った妻が死ぬ話があって、目覚まし時計がキーになるのだが、あれには泣けた(詳しくはドラマみてちょ)

かといって人情一辺倒かというとそんなことはなく、推理ドラマとしても秀逸で、二重三重に話しが織り込まれていて、飽きない。どんでん返しまではいかないまでも、それに近い、推理の流れを二転三転させるような構成の脚本がよくできている。

キャストも、主役クラスの俳優が揃っていたが、変にぶつかることもなく良い布陣だった(ただし矢田亜希子は相変わらず浮いている(笑))

事件の行き詰まった展開に突破口を開けていくのが、ゼミ学生のなかでも天才的なひらめきを持っている瑛太。父親が病院経営の生田斗真、母親がサスペンスの女王(笑)の石原さとみらと、青春ドラマ風のノリで、にぎやかな会話が弾む。特に、毎回ドラマ冒頭で、瑛太が「なんで?なんで?なんで○○なことするの?」と、ありふれた日常に対する疑問を発し、それに対して周りがつっこんでいくという、シーンが面白い。その回の本題に関係するような高度な伏線もあれば、まったくナンセンスなものもあり、落語のマクラのような役割になっている。

そういう若者達のリーダーが、時任三郎。事件の解決を誘導するような優秀な検死技術をもった先生役。残念ながらそんなに活躍する立場では無かったが、ゼミ学生らに検死に対する姿勢や行動の示唆をあたえる重要な役回りだった。

曲のほうは、いまや青春ドラマでは鉄板の地位に上り詰めた感のあるGReeeeN。主題歌「刹那」は、ドラマラストにふさわしい開放感あふれる良い曲。

科学捜査ドラマというと、CSIが金字塔になるんだろうが、日本でもそれに影響を受けたドラマがでてきている。
最近だと、内野聖陽の「臨場」、キムタクの「MR.BRAIN」、岸田森の「怪奇大作戦」(これは違うな(笑)CSIより随分前だった。こっちが原点か?)いずれも犯罪を科学の手段で捜査する組織だ。このドラマのように、法医学の学生が、事件の裏側に立ち入ったりすることは基本的に無いというか越権行為で許されないだろう。その辺はおいとくとしても、ヴォイスはドラマとして完成度が高い。

このレビューは気に入りましたか? はい 8人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

48pts. 【主演】瑛太ネタバレ

投稿日:2009/08/18 レビュアー:ヴィル

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

大学の法医学教室のゼミ生たちが、
運ばれてきた遺体の声なき声を聞き、
死亡した状況や、原因を解明するストーリー。

着想は、悪くないというか、
モルグを舞台にした事件解決者というのは、
ある意味、アメリカでは、定番のドラマであって、
その日本版として、法医学教室というのは、悪くない。

ただ、、、
こいつら、なんで、捜査権持ってるの?
っていうぐらい、口出ししすぎというか、
警察は何も言わないの?
とか、てか、
警察が、こんなに法医学教室と、親しげってのも、
どうかなと思うし・・・

もちろん、実際に、法医学教室の雰囲気とか、
知らないわけだけど、
なんか、とても、こんな警察と、漫才やってるような感じとは思えないね。
もちろん、ドラマだから、おもしろ可笑しくしてるだけと言われたら、
そうなのかもしれないけど、
それは、友達との会話をおもしろ可笑しくするのは、OKだと思うけど、
警察と学生の会話まで、それをやらせるのは、
どうかなって思った。

あと、というか、
ストーリーの本筋が、瑛太が、
遺体が、亡くなったときの状況を解き明かすわけだけど、
どうも、その肝心なところに、
説得力がない。

以下、ネタばれ含みます。



ま、これが、はっきりいえば、致命的なんだけど、
たとえば、生田の父が、
犯罪と言えるまでして、昔の親友の頼みを聞いて、
尊厳死を受け入れるというか、
正直、殺人をするわけだけど、
こんなのは、使い古されたテーマで、
なんか、新しい着想が欲しいところというか、
彼の動機が欲しいところだけど、
単に、親友というだけで、この壮大な犯罪に手を染める。

これだけじゃなく、
全編にわたって、事件の動機に、
ほとんど、説得力がない。

事件と言っても、犯罪ではないものも、多いけど、
その死に至る判断の動機とか、
そういうのが、意味不明で、ついていけないのがほとんど。

一部、演技がうまくて、
ごまかせてるものもあるが、
それは、俳優・女優がうまいというだけで、
脚本だけでOKなものは、1話もなかった。

中心の俳優は、
遠藤を除いて、うまく演じているとは思うだけに、
本のできの悪さが残念だね。

あと、瑛太のコートの色、デザインが良い感じ。。。
ちょっと欲しいかも(笑)

このレビューは気に入りましたか? はい 6人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

日本的なドラマでした

投稿日:2009/07/11 レビュアー:maki

正直、お涙頂戴的な部分は好きじゃなかったのですが、法医学で死因を解明していくところがすごく面白かった。シリアスに描かれていたらはまってたかもしれません。

このレビューは気に入りましたか? はい 3人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

個性的!!私は面白かった☆4.4

投稿日:2009/09/28 レビュアー:mimimi

《評価》

話は法医学。
ステージは地味。
1話完結のストーリー。
死体などエグイシーンは無し。
話の構成はまぁまぁ。
矛盾も無し。
俳優の演技力は抜群。

 しかも

登場人物はエクセレント!!!
「よくぞここまで容姿端麗な俳優を集めたわっ♪」
と感心したくなる面々。

・瑛太
・生田斗真
・矢田亜希子
・石原さとみ

《結論》
ストーリー性に偶に無理はあるものの
つじつまが合わなくて気持ち悪いことも無く
地味な話なりに人間味が表に出ていてなかなか味がある。
私は結構好き。
多分好きな人沢山いると思う。

参考に言うと

( 時効警察 + ロイスタイム ) ÷ 2

って感じ・・・ってことは

上記ドラマが好きな人=好きなはず☆

面白いですよっ!!!!!
観てみて下さい♪

このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

個性的で面白い。

投稿日:2009/09/28 レビュアー:mimimi

《評価》

話は法医学。
ステージは地味。
1話完結のストーリー。
死体などエグイシーンは無し。
話の構成はまぁまぁ。
矛盾も無し。
俳優の演技力は抜群。

 しかも

登場人物はエクセレント!!!
「よくぞここまで容姿端麗な俳優を集めたわっ♪」
と感心したくなる面々。

・瑛太
・生田斗真
・矢田亜希子
・石原さとみ

《結論》
ストーリー性に偶に無理はあるものの
つじつまが合わなくて気持ち悪いことも無く
地味な話なりに人間味が表に出ていてなかなか味がある。
私は結構好き。
多分好きな人沢山いると思う。

参考に言うと

( 時効警察 + ロイスタイム ) ÷ 2

って感じ・・・ってことは

上記ドラマが好きな人=好きなはず☆

面白いですよっ!!!!!
観てみて下さい♪

このレビューは気に入りましたか? はい 1人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 5件 / 全12件

ヴォイス〜命なき者の声〜

月額課金で借りる

都度課金で借りる