チェ 28歳の革命の画像・ジャケット写真

チェ 28歳の革命 / ベニチオ・デル・トロ
  • 画質は本編映像とは異なります。

全体の平均評価点: (5点満点)

56

チェ 28歳の革命 /スティーヴン・ソダーバーグ

全体の平均評価点: 

予告編を観る

DVD

Blu-ray

シリーズ

旧作

お届け率:100%

ジャンル :

新規ご登録はこちら

新規登録で
「定額レンタル4」月額1,026円(税込)を

14日間無料お試し!
  • ※本キャンペーンの無料お試しの対象者は、次の@Aのいずれかに該当する方に限ります。
  • @「TSUTAYA DISCAS」の定額プラン(定額プランの種類は問いません。以下同じ)の利用開始時に「無料お試し」を利用したことがない方
  • A2022年10月2日以前に「TSUTAYA DISCAS」の定額プランの利用を終了された方であって、2022年10月3日以降、「TSUTAYA DISCAS」の定額プランを利用していない方
  • 無料お試し期間中(14日間)、新作はレンタル対象外です。
  • 無料お試し期間終了後、登録プラン料金で自動更新となります。

「チェ 28歳の革命」 の解説・あらすじ・ストーリー

解説・ストーリー

「トラフィック」のスティーヴン・ソダーバーグ監督、ベニチオ・デル・トロ主演で描くチェ・ゲバラの伝記ドラマ。全2部作の前編。本作ではゲバラがフィデル・カストロと出会い、キューバ革命闘士として躍進するまでを描く。1955年、メキシコ。アルゼンチン人の青年医師エルネスト・ゲバラ。南米大陸の旅を続ける彼は、自らも喘息を抱えながらもラテン・アメリカの貧しい人々を救いたいという志が芽生えていた。そんなゲバラはある日、独裁政権に牛耳られた祖国キューバで革命を目指す反体制派のフィデル・カストロと出会う。そして彼に感銘を受けたゲバラは、平等社会の実現へ向けゲリラ戦を展開する彼らの戦いに身を投じていくが…。

「チェ 28歳の革命」 の作品情報

作品情報

製作年:

2008年

製作国:

アメリカ/フランス/スペイン

原題:

CHE: PART ONE/THE ARGENTINE

「チェ 28歳の革命」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

「チェ 28歳の革命」 のシリーズ作品

シリーズ作品

新規登録で
「定額レンタル4」月額1,026円(税込)を

14日間無料お試し!
  • ※本キャンペーンの無料お試しの対象者は、次の@Aのいずれかに該当する方に限ります。
  • @「TSUTAYA DISCAS」の定額プラン(定額プランの種類は問いません。以下同じ)の利用開始時に「無料お試し」を利用したことがない方
  • A2022年10月2日以前に「TSUTAYA DISCAS」の定額プランの利用を終了された方であって、2022年10月3日以降、「TSUTAYA DISCAS」の定額プランを利用していない方
  • 無料お試し期間中(14日間)、新作はレンタル対象外です。
  • 無料お試し期間終了後、登録プラン料金で自動更新となります。

TSUTAYAだから可能な圧倒的作品数!!

TSUTAYAだから可能な圧倒的作品数!!

洋画・邦画

35,500
タイトル以上

国内ドラマも一部含まれております

国内・海外ドラマ

5,400
タイトル以上

アニメ

9,200
タイトル以上

R-18

210,000
タイトル以上

CD

250,000
タイトル以上

※2022年2月 現在のタイトル数

新規登録で
「定額レンタル4」月額1,026円(税込)を

14日間無料お試し!
  • ※本キャンペーンの無料お試しの対象者は、次の@Aのいずれかに該当する方に限ります。
  • @「TSUTAYA DISCAS」の定額プラン(定額プランの種類は問いません。以下同じ)の利用開始時に「無料お試し」を利用したことがない方
  • A2022年10月2日以前に「TSUTAYA DISCAS」の定額プランの利用を終了された方であって、2022年10月3日以降、「TSUTAYA DISCAS」の定額プランを利用していない方
  • 無料お試し期間中(14日間)、新作はレンタル対象外です。
  • 無料お試し期間終了後、登録プラン料金で自動更新となります。

関連作品

関連作品

マンボ・キングス わが心のマリア

チャイナ・ムーン

KIMI/サイバー・トラップ

ザ・ファン

イギリスから来た男

ユーザーレビュー:56件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全56件

農民や部下たちから慕われる優しいリーダー ネタバレ

投稿日:2009/05/31 レビュアー:ミルクチョコ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

6月12日リリースなのは、ブルーレイだったのですね。
ちょっと出遅れてしまいました。
チェ・ゲバラが訪日したのは、1959年、使節団としてやってきたそうですが、大阪に滞在中に使節団を抜け出し、広島を訪問、原爆ドームを見て、何故日本はアメリカに従順なのか?とあきれたという話を聞いたことがあります。

革命家チェ・ゲバラの生と死を描く2部作の前編です。
英雄として偶像化せず、真実のゲバラを描くことにこだわったソダーバーグ監督らしいのですが、そのせいか、格好良いヒーローとしての姿はあまりなく、喘息もちの革命家がキューバ市民に受け入れられていく姿を淡々と描いているので、少々退屈です。

物語の合間に革命後のジャーナリストとしてのインタビューや、国連での二度に渡るキューバ首席代表としての演説を織り込み、ゲリラ戦から国連の演説まで、過剰な演出を避け、リアルな描写に徹したのは分かるのですが、それがかえって冗長に感じられました。

そして、彼は、兵士たちに、農民からの収奪を戒め、部下や農民たちにも礼を尽くす魅力的な人間像に描かれています。
これを見て、本当の革命の成否は、自分達のみで革命が成功する訳ではなく、その後国民がどうやってそれを引き継いでいくか?なのだと思います。だから彼は部下の人材育成のために、読み書きを教えたり、倫理性を植え付けることを惜しまなかったのでしょう。
ちょっと残念だったのは、グランマ号によるキューバ上陸によるハバナの制圧のエピソードなど、ちょっと盛り上がりるところが欲しかったような気がします。
彼の人間的な部分にもっと迫って欲しかったし、戦争場面もあっという間に終わってしまって、えっ?これで終わり?という制圧した部分にも痛みが感じられなかったので、その辺がちょっと不満です。

このレビューは気に入りましたか? 14人の会員が気に入ったと投稿しています

統制と放恣 ネタバレ

投稿日:2009/06/29 レビュアー:裸足のラヴァース

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

この作品もまた 大林監督「その日の前に」と同じに 映画館で観ないとよくわからない映画の類だ 我々はゲバラと同じにキューバの山岳地帯・農村を行軍しなければならないのだ そうゆ映画よ 映画館で観てたら 星ひとつ増えるかもね

リチャード・フライシャーのB級の真に潔い 娯楽映画「ゲバラ」の素晴らしい面白さとは別の いかにもソダーバーグな革命運動の日常こそを追うことが主眼ですか 国連での活動などのドキュメント風はつまらん演出ですね といって戦場にも死と退屈があるのみ おっと間違えた この退屈は映画を見ている大多数の観客のほうが感じてるものだ

映画のラストは 敵の車両を強奪した革命軍兵士を叱りつける所で唐突に終わる ちぇっ!しょうがねえな って感じだ この放恣はキャピタリズムの中では許されても 革命政権では許されません しかし厳しい革命的統制は人民にはわかてもらえず 永続革命の難しさを映画は予感させて終わっているわけです こうして統制を嫌うゆるやかな民主主義が グローバリスムに姿を変えながら世界を覆っていきます 第三世界の成功した革命は 経済封鎖からグローバリズムとの戦いに変質し 永続革命の夢はどの地においても 潰えてしまっています 潰えた夢の映画化のような徒労なそれは ソダーバーグの愚直さとして悪くないですね

観客の感じる退屈さは 多分わからない情熱の問題に突き当たるのでしょう 「ラスト・エンペラー」のような歴史物と同じ関心で見ている以上 ゲバラの情熱は伝わらないわけですし ソダーバーグのモチーフもわかりずらいでしょう ボク達 戦後すぐに生まれた世代の 貧しく明るく正義を信じていた大衆からすると 左翼的情熱はいまだに普通の感覚として生きていますね いまアラフォーとかの人たちと 年代が近くても画然として違うところではないかな そんな感想などこちらでは持ったのですが さて別れのなんとかはいつ見れることやら

 

このレビューは気に入りましたか? 8人の会員が気に入ったと投稿しています

淡々としていて良い。

投稿日:2009/05/07 レビュアー:元レンタルビデオ店長

このレビューは気に入りましたか? 7人の会員が気に入ったと投稿しています

彼の目はあくまでも澄みきったまま

投稿日:2010/04/25 レビュアー:みみ

このレビューは気に入りましたか? 6人の会員が気に入ったと投稿しています

飽きはしない

投稿日:2009/11/24 レビュアー:ロンリー火真西

このレビューは気に入りましたか? 6人の会員が気に入ったと投稿しています

1〜 5件 / 全56件

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:56件

農民や部下たちから慕われる優しいリーダー

投稿日

2009/05/31

レビュアー

ミルクチョコ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

6月12日リリースなのは、ブルーレイだったのですね。
ちょっと出遅れてしまいました。
チェ・ゲバラが訪日したのは、1959年、使節団としてやってきたそうですが、大阪に滞在中に使節団を抜け出し、広島を訪問、原爆ドームを見て、何故日本はアメリカに従順なのか?とあきれたという話を聞いたことがあります。

革命家チェ・ゲバラの生と死を描く2部作の前編です。
英雄として偶像化せず、真実のゲバラを描くことにこだわったソダーバーグ監督らしいのですが、そのせいか、格好良いヒーローとしての姿はあまりなく、喘息もちの革命家がキューバ市民に受け入れられていく姿を淡々と描いているので、少々退屈です。

物語の合間に革命後のジャーナリストとしてのインタビューや、国連での二度に渡るキューバ首席代表としての演説を織り込み、ゲリラ戦から国連の演説まで、過剰な演出を避け、リアルな描写に徹したのは分かるのですが、それがかえって冗長に感じられました。

そして、彼は、兵士たちに、農民からの収奪を戒め、部下や農民たちにも礼を尽くす魅力的な人間像に描かれています。
これを見て、本当の革命の成否は、自分達のみで革命が成功する訳ではなく、その後国民がどうやってそれを引き継いでいくか?なのだと思います。だから彼は部下の人材育成のために、読み書きを教えたり、倫理性を植え付けることを惜しまなかったのでしょう。
ちょっと残念だったのは、グランマ号によるキューバ上陸によるハバナの制圧のエピソードなど、ちょっと盛り上がりるところが欲しかったような気がします。
彼の人間的な部分にもっと迫って欲しかったし、戦争場面もあっという間に終わってしまって、えっ?これで終わり?という制圧した部分にも痛みが感じられなかったので、その辺がちょっと不満です。

統制と放恣

投稿日

2009/06/29

レビュアー

裸足のラヴァース

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

この作品もまた 大林監督「その日の前に」と同じに 映画館で観ないとよくわからない映画の類だ 我々はゲバラと同じにキューバの山岳地帯・農村を行軍しなければならないのだ そうゆ映画よ 映画館で観てたら 星ひとつ増えるかもね

リチャード・フライシャーのB級の真に潔い 娯楽映画「ゲバラ」の素晴らしい面白さとは別の いかにもソダーバーグな革命運動の日常こそを追うことが主眼ですか 国連での活動などのドキュメント風はつまらん演出ですね といって戦場にも死と退屈があるのみ おっと間違えた この退屈は映画を見ている大多数の観客のほうが感じてるものだ

映画のラストは 敵の車両を強奪した革命軍兵士を叱りつける所で唐突に終わる ちぇっ!しょうがねえな って感じだ この放恣はキャピタリズムの中では許されても 革命政権では許されません しかし厳しい革命的統制は人民にはわかてもらえず 永続革命の難しさを映画は予感させて終わっているわけです こうして統制を嫌うゆるやかな民主主義が グローバリスムに姿を変えながら世界を覆っていきます 第三世界の成功した革命は 経済封鎖からグローバリズムとの戦いに変質し 永続革命の夢はどの地においても 潰えてしまっています 潰えた夢の映画化のような徒労なそれは ソダーバーグの愚直さとして悪くないですね

観客の感じる退屈さは 多分わからない情熱の問題に突き当たるのでしょう 「ラスト・エンペラー」のような歴史物と同じ関心で見ている以上 ゲバラの情熱は伝わらないわけですし ソダーバーグのモチーフもわかりずらいでしょう ボク達 戦後すぐに生まれた世代の 貧しく明るく正義を信じていた大衆からすると 左翼的情熱はいまだに普通の感覚として生きていますね いまアラフォーとかの人たちと 年代が近くても画然として違うところではないかな そんな感想などこちらでは持ったのですが さて別れのなんとかはいつ見れることやら

 

淡々としていて良い。

投稿日

2009/05/07

レビュアー

元レンタルビデオ店長

彼の目はあくまでも澄みきったまま

投稿日

2010/04/25

レビュアー

みみ

飽きはしない

投稿日

2009/11/24

レビュアー

ロンリー火真西

1〜 5件 / 全56件

新規登録で
「定額レンタル4」月額1,026円(税込)を

14日間無料お試し!
  • ※本キャンペーンの無料お試しの対象者は、次の@Aのいずれかに該当する方に限ります。
  • @「TSUTAYA DISCAS」の定額プラン(定額プランの種類は問いません。以下同じ)の利用開始時に「無料お試し」を利用したことがない方
  • A2022年10月2日以前に「TSUTAYA DISCAS」の定額プランの利用を終了された方であって、2022年10月3日以降、「TSUTAYA DISCAS」の定額プランを利用していない方
  • 無料お試し期間中(14日間)、新作はレンタル対象外です。
  • 無料お試し期間終了後、登録プラン料金で自動更新となります。

ご利用の流れ

ご利用の流れ

@ 会員登録

申し込みフォームへ記入

申し込みフォームへ記入したら登録完了!

A 作品をレンタル

作品をレンタル

借りたい作品をリストアップするだけ!
発送可能な商品を自宅にお届けします。

B ポストに返却

ポストに返却

商品をポストに投函すればOK!

よくあるご質問

よくあるご質問

もちろん無料お試し期間中に退会することも可能です。 また、その場合は料金は一切かかりません。

無料お試し中も、都度レンタルは、有料でご利用いただくことができます。
また、無料お試し中に解約され、何らかの理由でレンタル商品を期日までにご返却いただけなかった場合に、追加料金が発生する場合がございます。

定額プランは1つの封筒に2枚入り、お届けいたします。
届いた往復封筒でポストへご投函いただき、当社配送センターにてご返却を確認できましたら次の封筒を発送致します。繰り返しでご登録のプラン枚数までご利用いただけます。

各プランはこちら

各プランはこちら

  • 宅配レンタル 定額8プラン
    月額2,052円税込
    • 「新作・準新作」が定額で月8枚レンタルできる!※1借り放題付き※2
    新規登録する
  • 宅配レンタル 定額4プラン
    月額1,026円税込
    • DVD/CDが定額で月4枚レンタルできる!※1
    新規登録する
  • 都度課金 プラン
    無料会員 月額0円税込 ※都度レンタル時の費用は発生します
    • 月額無料で単品レンタルを楽しみたい方におすすめ!
    新規登録する

※1 無料お試し期間中の「新作」レンタルは対象外です。

※2 借り放題はDVD「旧作」、CD「新作・準新作・旧作」が対象です。

チェ 28歳の革命