イルジメ 〜一枝梅〜

イルジメ 〜一枝梅〜の画像・ジャケット写真

イルジメ 〜一枝梅〜 / イ・ジュンギ

全体の平均評価点:(5点満点)

111

全体の平均評価点:

DVD

TSUTAYA TV

見放題

動画ポイント利用可

「イルジメ 〜一枝梅〜」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

TSUTAYA TV

見放題

動画ポイント利用可

解説・ストーリー

朝鮮中期を舞台に、悪政を暴く義賊・イルジメの活躍を描いたアクション時代劇第10巻。幼少時代、父が惨殺されるのを目撃し、心に傷を負ったギョム。彼は盗賊・セドルに引き取られ、チンピラ同然の生活を送っていたが…。第19話と最終第20話を収録。

「イルジメ 〜一枝梅〜」 の作品情報

作品情報

製作年: 2008年
製作国: 韓国
原題: ILJIMAE/一枝梅

「イルジメ 〜一枝梅〜」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

清潭洞<チョンダムドン>アリス

家門の栄光

ノンストップ〜tei×チョンジン&ミヌ<神話>〜

犬とオオカミの時間

ユーザーレビュー:111件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全111件

イ・ジュンギの魅力満載

投稿日:2009/04/12 レビュアー:サランヘ

最初に一言,営業方針もあるのでしょうが,あまり小出しにしないで20話程度のドラマの場合はせめて2回程度にしていただきたいと思います。
特に本作のような動きのあるドラマでは,次回を見させる仕掛けが随所にありますので,あまり待たされると悶々とする日々が続き,健康的でないと思います。
さて,盗賊でも何でも,後世まで名前が残るようなら大したもの,鼠小僧が日本代表なら,一枝梅は韓国を代表する伝説の義賊です。
義賊と言えば格好いいように聞こえますが,要するに盗人ですからね。
従ってこういう人物を題材にする場合には,相当な脚色が必要で,役者も“いい男”であることが必要です。過去にはチャン・ドンゴンssi,チェ・スジョンssiなどが演じていますが,一枝梅役は“いい男”の代名詞です。

ストーリー的には,前作の「犬とオオカミの時間」と同様に復讐劇が根底ですが,今までのイ・ジュンギ君のキャラ設定を意識することなく,独特のキャラを設定で,回を重ねる毎に,新しいイ・ジュンギの魅力にハマる方も多いと思います。
人前では徹底してダメ男として振る舞い,明るくひょうきんなヨンイが,夜には,復讐心に燃え,後には父の遺言通り剣で人を殺めない義賊となり,愛する人々の為に命からがら激しく戦い,過酷な運命に挑むというスリリングな展開は,まさにイ・ジュンギ君の真骨頂ともいえる作品だと思います。
「マイ・ガール」で見せた軽さの中の純情な男の子と「犬とオオカミの時間」で見せた信念を貫く強い男の二つが重なったような「イルジメ」のヨンイは,主役となるとやたら力みすぎる韓国男優の中にあって,役柄を「自分」に同化してしまうような見事な演技で,皆さんを魅了することだと思います。

このレビューは気に入りましたか? 41人の会員が気に入ったと投稿しています

イルジメは死んだのか?生きているのか? ネタバレ

投稿日:2009/07/04 レビュアー:チビタ&モモ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

3回に分けてのレンタルリリース。今回の最終リリースは最高に面白かった!
弟ヨン=イルジメは「殺すためでなく人を生かす」剣術を‥
兄シフは「一撃必殺」の剣術をそれぞれの師匠から学びます。
義父から学んだ盗人の技術と師匠から学んだ武術でヨンは最高にカッコ良いイルジメに‥
そしてそのイルジメを捉えようとするシフ。
色んな秘密が徐々に明かされ、特に最後の2巻は怒涛の展開で目が離せませんでした〜

そしてラスト。イルジメは死んだのか、生きているのか?と、どちらとも取れる感じでしたのでもう1回観直してみました。

《この下かなりのネタバレになりますので未見の方要注意!》
   ↓
   ↓
父親の仇を見つけ出し遂にあの梅ノ木の下で謝罪させたイルジメ。
でもその仇をイルジメは殺しませんでした。
そこに護衛兵のサチョンが現れ2人の戦いに‥
イルジメの剣ははたき落とされましたが、相手の剣を奪ったイルジメはサチョンの首に刃をあてますが殺さずに剣を遠くに放り投げました。
そして背を向け立ち去るイルジメの背に、足元にあった剣を拾い斬りつけるサチョン。倒れるイルジメ。
イルジメを斬りつけた剣はイルジメの持っていたもので、剣術を教わったお師匠さんから渡された刃のない剣だったのですネ。
そしてラストシーンで現れたイルジメ。仇に「約束を守らなかったら又盗みに行く」と言っていましたもんネ。
生きていると考えるとその後の仲間の言動にも頷けました〜

このレビューは気に入りましたか? 23人の会員が気に入ったと投稿しています

ふたりの父 ネタバレ

投稿日:2009/07/26 レビュアー:domokun

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

 「物事の道理を教えてくれた父」そして「命を捨ててまで自分を守ってくれた父」
 ふたりの父の面影を胸に、ヨンの復讐劇は、静かに幕を下ろしました。
 
 ほとんど全てのシーンを代役なしで演じきったというイ・ジュンギさんを初め、素晴らしいキャストの皆さんの熱演に見せられた数ヶ月間。
 特に、ヨンの日常を取り巻く人々の、なんともいえない優しさに心があたたまり、幸せな気分にさせていただきました。
 結末後の展開を、視聴側に考えさせるというラストも、最終回を何度も見直して、ほぼ納得がいきました。
 ただ、ヨンと同じふたりの父を持つシフとの絆だけは、はっきりと描いていただきたかったような気がいたします。
(シフには、もうひとり父親がいましたね。ピョン・シクを忘れては少しかわいそうです。悪いやつですが、なんとなく憎めない。息子のシワンと伴に味のあるキャラクターでした)
 兄弟の絆を感じるシーンを想像の世界ではなく実際の映像で見てみたかったと、少し残念に思っています。
 
 海辺で子供らを教えながら、宮中へ戻るようにとの誘いに、首を横に振ったシフ。
 王が父を陥れた証拠の品を自分の胸にしまうことで、「これこそが、大切な人々を守る、弟の望む事」
そう言って、静かに微笑んだシフのこのシーン。このおだやかな表情が、私は、パク・シフさんのベスト・シーンだと思います。
 この場面で、私は「一枝梅」は生きているのだと、そう確信をいたしました。
 きっと、梅の木の下で倒れていたヨンを見つけて介抱したのは、シフだったのだ。そして、そこでそれぞれの歩んできた道を語り合い、兄弟の絆を感じ取ったのかもしれないと。。そんな風に想像しています。
 その後、ヨンが、表にあらわれなかったのは、「一枝梅」が盗賊をする必要がなくなったから。「一枝梅」の正体はなんとなく世間にわかってしまったようだし、王が約束を違わない限りは「一枝梅」が大義を持って盗むべきものが存在しないのです。
 そして、もうひとつの理由は、なんといっても、ウンチェとポンスン、ふたりの愛する女性のため。
 ウンチェを「心そのもの」だと言い切っていたヨンも、自分の為に命を投げ出してくれたポンスンを裏切るようなことは、絶対にできなかったでしょう。
 済州島に旅たつ時、ヨンの正体に気付くことのなかったウンチェ。
 でも、その後もしかしたら、気がついていたのかもしれないというニュアンスも感じられて、もし、そうだとしたなら、ふたりの前から存在を消してしまうことこそが、ヨンの愛の形なのかもしれないと、そんな風にも思ったりしています。
 そして、「一枝梅」との約束を守ることもせず、「民の父」となる政治を一向に行う気配すらない王に制裁を加えるため、ふたたび仲間と伴に立ち上がった「一枝梅」
 その象徴を「梅」から「ツツジ」に変えたのは、もうそれが復讐のための行為ではないという証。
 過去の恨みは封印し、民のための「本当の意味の義賊」としての復活です。そして、それは、シフの言う「まわりの大切な人々を守る事」につながって行くのでしょう。

 そんな風に、結末後の展開を想像する楽しみまでいただいた本当に素敵な作品でした。
 是非、もう一度最初から、出来ればノーカットで鑑賞したいと思っております。

このレビューは気に入りましたか? 16人の会員が気に入ったと投稿しています

時代劇苦手な方にも、超〜お勧めです!!

投稿日:2009/03/31 レビュアー:ジャスミンティー

面白いです!!
イ・ジュンギが演じる一枝梅(イジルメ=ヨン)は
両斑(貴族)イ・ウォニの長男ギョンとして何不自由なく
生まれ育つのですが、ある日
父が陰謀により謀反の罪で目の前で惨殺、
反逆者の一族として家族も捕まります。

奇跡的に難を逃れ、人の良い元盗賊セドルとタン夫婦の
養子となり育つのですが
この夫婦と、ヨンには実は深い縁が…。

養母となったタンには、ウォニとの間に生まれた息子チャドル
(パク・シフ)がいて、過去に自分を捨てたウォニを誤解した
まま怨み、天敵ギョンシクの子としてチャドルを預けます。

絡んだ人間関係、この全てがほとんど1、2話で
わかるようになっています。

亡き父ウォニと約束を守りながら
必死に生きるヨン(=イルジメ)とイルジメを追うことに
なる腹違いの兄シフ(=チャドル)の宿命の対決
数々のアクションシーン、そして込み入った人間関係
復讐…

最初の回がつまらない事が多い韓国ドラマでも
たぶん、最高の盛上りではないでしょうか?!
もちろん、このドラマに釘付けですよ〜。

演じるイ・ジュンギも兄役のパク・シフも
ファンでなくとも魅力満載です!
女優陣も『黄金の新婦』ヒロインのイ・ヨンア
『春のワルツ』のハン・ヒョジュが共演ということで
韓国の若手ホープ、4人がドラマを盛り上げます。

養父セドル役には、『フライ・ダディ』で共演した
イ・ムンシクssiが演じてるので
この辺も見所でしょうか。

当然、男性にも喜んで観ていただける作品です!
どうぞ、お試しを。

盗んだ後に一輪の梅の花の絵…
義賊イルジメの大活躍、ご期待ください。

次は
以前同じイルジメを演じたチャン・ドンゴン出演の
1993年作品
『イルジメ』を観る予定です♪

★★★★★

このレビューは気に入りましたか? 13人の会員が気に入ったと投稿しています

父性愛に溢れるセドルとヨンの涙に感動のドラマ『一枝梅』 ネタバレ

投稿日:2009/07/19 レビュアー:snowstar

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

まず、イ・ジュンギさんの熱演に拍手。。。
物語も一言でなんて語れないくらい、奥が深いし、あ、そうだったんだ〜とあまりに力の入りすぎてた体と心に脱力感
しっかり観続けてとうとう最終話を観終えた〜とほっとする
ラストに向かってはいろんな事が多すぎて気持ち的にしんどかった・・・
それぞれの悲しみや憎しみが交錯する中で彼らが最後に選んだ道
復讐のために立ち上がるヨンではあったけど辛い事や悲しい事を心の底にしまい込み健気に明るく振舞うヨンの姿に涙が止まらず、たまらなかった
それに加えて、ドラマの途中で体調崩したジュンギさんが痛々しかった
声を出すのさえも苦しそうな感じがありあり分かり、その撮影の大変さを乗り越えた彼にチョンマル コセン マナッソヨ〜

『王の男』では13針も縫ったし
『マイガール』ではアクションシーンで釘が膝に刺さって二日間起きられず
『光州5.18』では銃弾がかすめて火傷
『犬とオオカミの時間』でも怪我
でも、大怪我すると成功するジンクスと明るく笑う
そして『一枝梅』でも首やそして高熱に見舞われ点滴受けながらの撮影


根底に『命の尊さ』がずっとあった。。。
父が殺され、ボンスンの家族が、姉が、そして最愛のセドルもヨンの前で、その尊い炎が消され続けてきた
その度にヨンはその悲しさとずっと向き合ってきた
肩を震わし、涙してきた
人として生きてきてこの『命』をどうやって燃やし尽くすのか
大切な命であるからこそ一枝梅が殺生できない剣を使っているのをみてもそう思う
ヨンの父イ・ウォノと師コンギルの教えとシフの師サチョンの相反する教え。二人の師も対照的でしたね

今まで一人で闘ってきた一枝梅が最終話では仲間の力を借りて、そして守られている事にホッとしたけど。
そしてセドルの遺伝子を受け継いだであろう少年の登場に少しのほっ。。。を得る事ができました

毎回涙、涙で、ジュンギさんの涙を観るたびにこちらも何度も泣かされたドラマ
登場人物、それぞれの胸のうちがわかるから切ないし辛いし、悲しい
特に一人で全部背負ってしまったヨンの切なさ。。。
私はヨンの涙にもう引き込まれて見ました
そして血は繋がらなくとも、セドルの二人の息子への深い愛情にも涙なくして観れなかった
最後まで父親だったセドルに感動させられました
心の中では分かってるのに知らない振りして語り合うその二人の姿やセドルをなくしたヨンの
『俺の腕、俺の脚、俺の胸、俺のすべてなんだ』というセリフは衝撃的な名セリフでした
まだ心に残るセリフもあって、感動のドラマ『一枝梅』でした

このレビューは気に入りましたか? 10人の会員が気に入ったと投稿しています

1〜 5件 / 全111件

イルジメ 〜一枝梅〜

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:111件

イ・ジュンギの魅力満載

投稿日

2009/04/12

レビュアー

サランヘ

最初に一言,営業方針もあるのでしょうが,あまり小出しにしないで20話程度のドラマの場合はせめて2回程度にしていただきたいと思います。
特に本作のような動きのあるドラマでは,次回を見させる仕掛けが随所にありますので,あまり待たされると悶々とする日々が続き,健康的でないと思います。
さて,盗賊でも何でも,後世まで名前が残るようなら大したもの,鼠小僧が日本代表なら,一枝梅は韓国を代表する伝説の義賊です。
義賊と言えば格好いいように聞こえますが,要するに盗人ですからね。
従ってこういう人物を題材にする場合には,相当な脚色が必要で,役者も“いい男”であることが必要です。過去にはチャン・ドンゴンssi,チェ・スジョンssiなどが演じていますが,一枝梅役は“いい男”の代名詞です。

ストーリー的には,前作の「犬とオオカミの時間」と同様に復讐劇が根底ですが,今までのイ・ジュンギ君のキャラ設定を意識することなく,独特のキャラを設定で,回を重ねる毎に,新しいイ・ジュンギの魅力にハマる方も多いと思います。
人前では徹底してダメ男として振る舞い,明るくひょうきんなヨンイが,夜には,復讐心に燃え,後には父の遺言通り剣で人を殺めない義賊となり,愛する人々の為に命からがら激しく戦い,過酷な運命に挑むというスリリングな展開は,まさにイ・ジュンギ君の真骨頂ともいえる作品だと思います。
「マイ・ガール」で見せた軽さの中の純情な男の子と「犬とオオカミの時間」で見せた信念を貫く強い男の二つが重なったような「イルジメ」のヨンイは,主役となるとやたら力みすぎる韓国男優の中にあって,役柄を「自分」に同化してしまうような見事な演技で,皆さんを魅了することだと思います。

イルジメは死んだのか?生きているのか?

投稿日

2009/07/04

レビュアー

チビタ&モモ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

3回に分けてのレンタルリリース。今回の最終リリースは最高に面白かった!
弟ヨン=イルジメは「殺すためでなく人を生かす」剣術を‥
兄シフは「一撃必殺」の剣術をそれぞれの師匠から学びます。
義父から学んだ盗人の技術と師匠から学んだ武術でヨンは最高にカッコ良いイルジメに‥
そしてそのイルジメを捉えようとするシフ。
色んな秘密が徐々に明かされ、特に最後の2巻は怒涛の展開で目が離せませんでした〜

そしてラスト。イルジメは死んだのか、生きているのか?と、どちらとも取れる感じでしたのでもう1回観直してみました。

《この下かなりのネタバレになりますので未見の方要注意!》
   ↓
   ↓
父親の仇を見つけ出し遂にあの梅ノ木の下で謝罪させたイルジメ。
でもその仇をイルジメは殺しませんでした。
そこに護衛兵のサチョンが現れ2人の戦いに‥
イルジメの剣ははたき落とされましたが、相手の剣を奪ったイルジメはサチョンの首に刃をあてますが殺さずに剣を遠くに放り投げました。
そして背を向け立ち去るイルジメの背に、足元にあった剣を拾い斬りつけるサチョン。倒れるイルジメ。
イルジメを斬りつけた剣はイルジメの持っていたもので、剣術を教わったお師匠さんから渡された刃のない剣だったのですネ。
そしてラストシーンで現れたイルジメ。仇に「約束を守らなかったら又盗みに行く」と言っていましたもんネ。
生きていると考えるとその後の仲間の言動にも頷けました〜

ふたりの父

投稿日

2009/07/26

レビュアー

domokun

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

 「物事の道理を教えてくれた父」そして「命を捨ててまで自分を守ってくれた父」
 ふたりの父の面影を胸に、ヨンの復讐劇は、静かに幕を下ろしました。
 
 ほとんど全てのシーンを代役なしで演じきったというイ・ジュンギさんを初め、素晴らしいキャストの皆さんの熱演に見せられた数ヶ月間。
 特に、ヨンの日常を取り巻く人々の、なんともいえない優しさに心があたたまり、幸せな気分にさせていただきました。
 結末後の展開を、視聴側に考えさせるというラストも、最終回を何度も見直して、ほぼ納得がいきました。
 ただ、ヨンと同じふたりの父を持つシフとの絆だけは、はっきりと描いていただきたかったような気がいたします。
(シフには、もうひとり父親がいましたね。ピョン・シクを忘れては少しかわいそうです。悪いやつですが、なんとなく憎めない。息子のシワンと伴に味のあるキャラクターでした)
 兄弟の絆を感じるシーンを想像の世界ではなく実際の映像で見てみたかったと、少し残念に思っています。
 
 海辺で子供らを教えながら、宮中へ戻るようにとの誘いに、首を横に振ったシフ。
 王が父を陥れた証拠の品を自分の胸にしまうことで、「これこそが、大切な人々を守る、弟の望む事」
そう言って、静かに微笑んだシフのこのシーン。このおだやかな表情が、私は、パク・シフさんのベスト・シーンだと思います。
 この場面で、私は「一枝梅」は生きているのだと、そう確信をいたしました。
 きっと、梅の木の下で倒れていたヨンを見つけて介抱したのは、シフだったのだ。そして、そこでそれぞれの歩んできた道を語り合い、兄弟の絆を感じ取ったのかもしれないと。。そんな風に想像しています。
 その後、ヨンが、表にあらわれなかったのは、「一枝梅」が盗賊をする必要がなくなったから。「一枝梅」の正体はなんとなく世間にわかってしまったようだし、王が約束を違わない限りは「一枝梅」が大義を持って盗むべきものが存在しないのです。
 そして、もうひとつの理由は、なんといっても、ウンチェとポンスン、ふたりの愛する女性のため。
 ウンチェを「心そのもの」だと言い切っていたヨンも、自分の為に命を投げ出してくれたポンスンを裏切るようなことは、絶対にできなかったでしょう。
 済州島に旅たつ時、ヨンの正体に気付くことのなかったウンチェ。
 でも、その後もしかしたら、気がついていたのかもしれないというニュアンスも感じられて、もし、そうだとしたなら、ふたりの前から存在を消してしまうことこそが、ヨンの愛の形なのかもしれないと、そんな風にも思ったりしています。
 そして、「一枝梅」との約束を守ることもせず、「民の父」となる政治を一向に行う気配すらない王に制裁を加えるため、ふたたび仲間と伴に立ち上がった「一枝梅」
 その象徴を「梅」から「ツツジ」に変えたのは、もうそれが復讐のための行為ではないという証。
 過去の恨みは封印し、民のための「本当の意味の義賊」としての復活です。そして、それは、シフの言う「まわりの大切な人々を守る事」につながって行くのでしょう。

 そんな風に、結末後の展開を想像する楽しみまでいただいた本当に素敵な作品でした。
 是非、もう一度最初から、出来ればノーカットで鑑賞したいと思っております。

時代劇苦手な方にも、超〜お勧めです!!

投稿日

2009/03/31

レビュアー

ジャスミンティー

面白いです!!
イ・ジュンギが演じる一枝梅(イジルメ=ヨン)は
両斑(貴族)イ・ウォニの長男ギョンとして何不自由なく
生まれ育つのですが、ある日
父が陰謀により謀反の罪で目の前で惨殺、
反逆者の一族として家族も捕まります。

奇跡的に難を逃れ、人の良い元盗賊セドルとタン夫婦の
養子となり育つのですが
この夫婦と、ヨンには実は深い縁が…。

養母となったタンには、ウォニとの間に生まれた息子チャドル
(パク・シフ)がいて、過去に自分を捨てたウォニを誤解した
まま怨み、天敵ギョンシクの子としてチャドルを預けます。

絡んだ人間関係、この全てがほとんど1、2話で
わかるようになっています。

亡き父ウォニと約束を守りながら
必死に生きるヨン(=イルジメ)とイルジメを追うことに
なる腹違いの兄シフ(=チャドル)の宿命の対決
数々のアクションシーン、そして込み入った人間関係
復讐…

最初の回がつまらない事が多い韓国ドラマでも
たぶん、最高の盛上りではないでしょうか?!
もちろん、このドラマに釘付けですよ〜。

演じるイ・ジュンギも兄役のパク・シフも
ファンでなくとも魅力満載です!
女優陣も『黄金の新婦』ヒロインのイ・ヨンア
『春のワルツ』のハン・ヒョジュが共演ということで
韓国の若手ホープ、4人がドラマを盛り上げます。

養父セドル役には、『フライ・ダディ』で共演した
イ・ムンシクssiが演じてるので
この辺も見所でしょうか。

当然、男性にも喜んで観ていただける作品です!
どうぞ、お試しを。

盗んだ後に一輪の梅の花の絵…
義賊イルジメの大活躍、ご期待ください。

次は
以前同じイルジメを演じたチャン・ドンゴン出演の
1993年作品
『イルジメ』を観る予定です♪

★★★★★

父性愛に溢れるセドルとヨンの涙に感動のドラマ『一枝梅』

投稿日

2009/07/19

レビュアー

snowstar

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

まず、イ・ジュンギさんの熱演に拍手。。。
物語も一言でなんて語れないくらい、奥が深いし、あ、そうだったんだ〜とあまりに力の入りすぎてた体と心に脱力感
しっかり観続けてとうとう最終話を観終えた〜とほっとする
ラストに向かってはいろんな事が多すぎて気持ち的にしんどかった・・・
それぞれの悲しみや憎しみが交錯する中で彼らが最後に選んだ道
復讐のために立ち上がるヨンではあったけど辛い事や悲しい事を心の底にしまい込み健気に明るく振舞うヨンの姿に涙が止まらず、たまらなかった
それに加えて、ドラマの途中で体調崩したジュンギさんが痛々しかった
声を出すのさえも苦しそうな感じがありあり分かり、その撮影の大変さを乗り越えた彼にチョンマル コセン マナッソヨ〜

『王の男』では13針も縫ったし
『マイガール』ではアクションシーンで釘が膝に刺さって二日間起きられず
『光州5.18』では銃弾がかすめて火傷
『犬とオオカミの時間』でも怪我
でも、大怪我すると成功するジンクスと明るく笑う
そして『一枝梅』でも首やそして高熱に見舞われ点滴受けながらの撮影


根底に『命の尊さ』がずっとあった。。。
父が殺され、ボンスンの家族が、姉が、そして最愛のセドルもヨンの前で、その尊い炎が消され続けてきた
その度にヨンはその悲しさとずっと向き合ってきた
肩を震わし、涙してきた
人として生きてきてこの『命』をどうやって燃やし尽くすのか
大切な命であるからこそ一枝梅が殺生できない剣を使っているのをみてもそう思う
ヨンの父イ・ウォノと師コンギルの教えとシフの師サチョンの相反する教え。二人の師も対照的でしたね

今まで一人で闘ってきた一枝梅が最終話では仲間の力を借りて、そして守られている事にホッとしたけど。
そしてセドルの遺伝子を受け継いだであろう少年の登場に少しのほっ。。。を得る事ができました

毎回涙、涙で、ジュンギさんの涙を観るたびにこちらも何度も泣かされたドラマ
登場人物、それぞれの胸のうちがわかるから切ないし辛いし、悲しい
特に一人で全部背負ってしまったヨンの切なさ。。。
私はヨンの涙にもう引き込まれて見ました
そして血は繋がらなくとも、セドルの二人の息子への深い愛情にも涙なくして観れなかった
最後まで父親だったセドルに感動させられました
心の中では分かってるのに知らない振りして語り合うその二人の姿やセドルをなくしたヨンの
『俺の腕、俺の脚、俺の胸、俺のすべてなんだ』というセリフは衝撃的な名セリフでした
まだ心に残るセリフもあって、感動のドラマ『一枝梅』でした

1〜 5件 / 全111件