1. DVDレンタルTOP
  2. すべてのジャンル
  3. アニメのDVDレンタル
  4. オリジナルアニメのDVDレンタル
  5. pieces of love Vol.1「つみきのいえ」

pieces of love Vol.1「つみきのいえ」

pieces of love Vol.1「つみきのいえ」の画像・ジャケット写真

pieces of love Vol.1「つみきのいえ」 / 長澤まさみ

全体の平均評価点: (5点満点)

81

pieces of love Vol.1「つみきのいえ」 /加藤久仁生

全体の平均評価点: 

予告編を検索

DVD

映画賞受賞作品

旧作

お届け率:100%

新規ご登録はこちら

新規登録で
「定額レンタル4」月額1,026円(税込)を

14日間無料お試し!
  • ※本キャンペーンの無料お試しの対象者は、次の@Aのいずれかに該当する方に限ります。
  • @「TSUTAYA DISCAS」の定額プラン(定額プランの種類は問いません。以下同じ)の利用開始時に「無料お試し」を利用したことがない方
  • A2022年10月2日以前に「TSUTAYA DISCAS」の定額プランの利用を終了された方であって、2022年10月3日以降、「TSUTAYA DISCAS」の定額プランを利用していない方
  • 無料お試し期間中(14日間)、新作はレンタル対象外です。
  • 無料お試し期間終了後、登録プラン料金で自動更新となります。

「pieces of love Vol.1「つみきのいえ」」 の解説・あらすじ・ストーリー

解説・ストーリー

繊細かつ独創的な世界観で注目を集めるアニメ作家・加藤久仁生のハートウォーミングアニメ。上へ上へと建て増しを続けてきた“積み木”のような家に住むおじいさんの家族との思い出の物語。長澤まさみがナレーションを担当。

「pieces of love Vol.1「つみきのいえ」」 の作品情報

作品情報

製作年:

2008年

製作国:

日本

原題:

LA MAISON EN PETITS CUBES

受賞記録:

2008年 アカデミー賞 短編アニメ賞

「pieces of love Vol.1「つみきのいえ」」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

キャスト・スタッフ

監督:

加藤久仁生加藤久仁生

製作:

ROBOT

出演:

長澤まさみ

新規登録で
「定額レンタル4」月額1,026円(税込)を

14日間無料お試し!
  • ※本キャンペーンの無料お試しの対象者は、次の@Aのいずれかに該当する方に限ります。
  • @「TSUTAYA DISCAS」の定額プラン(定額プランの種類は問いません。以下同じ)の利用開始時に「無料お試し」を利用したことがない方
  • A2022年10月2日以前に「TSUTAYA DISCAS」の定額プランの利用を終了された方であって、2022年10月3日以降、「TSUTAYA DISCAS」の定額プランを利用していない方
  • 無料お試し期間中(14日間)、新作はレンタル対象外です。
  • 無料お試し期間終了後、登録プラン料金で自動更新となります。

TSUTAYAだから可能な圧倒的作品数!!

TSUTAYAだから可能な圧倒的作品数!!

洋画・邦画

35,500
タイトル以上

国内ドラマも一部含まれております

国内・海外ドラマ

5,400
タイトル以上

アニメ

9,200
タイトル以上

R-18

223,000
タイトル以上

CD

250,000
タイトル以上

※2022年2月 現在のタイトル数

新規登録で
「定額レンタル4」月額1,026円(税込)を

14日間無料お試し!
  • ※本キャンペーンの無料お試しの対象者は、次の@Aのいずれかに該当する方に限ります。
  • @「TSUTAYA DISCAS」の定額プラン(定額プランの種類は問いません。以下同じ)の利用開始時に「無料お試し」を利用したことがない方
  • A2022年10月2日以前に「TSUTAYA DISCAS」の定額プランの利用を終了された方であって、2022年10月3日以降、「TSUTAYA DISCAS」の定額プランを利用していない方
  • 無料お試し期間中(14日間)、新作はレンタル対象外です。
  • 無料お試し期間終了後、登録プラン料金で自動更新となります。

関連作品

関連作品

クロスファイア

高校入試 シナリオコンプリート版

Pure Soul〜君が僕を忘れても

マスカレード・ナイト

プロポーズ大作戦 スペシャル

ユーザーレビュー:81件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全81件

ふと見つめ直した幸せは 孤独以上の愛情 ネタバレ

投稿日:2009/05/06 レビュアー:ミルクチョコ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

12分という短編ですが、製作にかかったのは、9ヶ月だそうです。加藤監督の受賞スピーチで、自分の鉛筆に感謝を述べていますが、鉛筆の優しいタッチと色使いが素敵な作品です。

どうしてなのかは、説明されていないのですが、地球温暖化のために?海面がどんどん上昇する町で、家を上へ上へと建て増し、引越し続けたおじいさんが、ある日、大切なパイプを階下へ落としてしまいます。
見つけたパイプを拾い上げた時、不意に目の前に現われたのは、亡き妻の面影。懐かしさと切なさが入り混じった物語が、深い水に沈んだ世界と、積み重ねて来たおじいさんの人生と重なって胸が痛みます。

卑屈になることもなく、もの哀しくなることもなく、孤独と上手く付き合い、むしろ温かに感じる名シーンともいえるラストシーン。グラスを重ねたその音色は、どんなに積み木を積み重ねても、決してそれを越えることができない愛情。
ほのぼのとしたエンデングでまとめてくれました。
環境破壊の問題も投げかけつつ、それでいてじんわりと心温まる作品ですね。

このレビューは気に入りましたか? 15人の会員が気に入ったと投稿しています

おじいさんのいえ ネタバレ

投稿日:2010/11/07 レビュアー:まみもぉ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

悲しい物語。

なぜ、おじいさんはひとり?
おじいさんなのに。
家族はどこに?
ここでは狭くていっしょに住めないから、他のどこかでつみきのいえ?
ひとりでも大丈夫。たくさんの思い出といっしょだから、
おじいさんは孤独じゃない…から?
でもレンガ配達のおじさんみたいに、船に乗って時々遊びに来るのでしょう?
来ても狭くて入れないから…来ない?

切ない悲しい物語です。 、
楽しかった思い出にひたりながら孤独に暮らすおじいさん。
ダイビングできるほどの健強なおじいさんだから、
まだまだ新しい思い出をたくさん積めるはず。
その思いでもレンガといっしょに積み上げて、
生きなさい?
毎日、思い出の水の中で泳ぐ魚を食べながら、
…乾杯!

”おじいさん”が主人公でなければ成り立たなかっただろうこの物語の、
その淡い、蝋燭のゆらめきのような美しい動画が痛々しく、
それに寄り添うように流れる音楽は、こちらの手をとりそのまま水の中へ。
息苦しさをこらえながら見上げると、
揺らめく水面に映るおじいさん…

痛々しいあたたかさに包まれた、
”おじいさんのいえ”の物語でした。

このレビューは気に入りましたか? 12人の会員が気に入ったと投稿しています

申し訳ないが。。。 ネタバレ

投稿日:2009/06/26 レビュアー:MonPetit

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

全く何も感じなかった。作品が悪いというわけではなく私がそういう感性をもちあわせ
ていないのだろう。ナレーション付きのバージョンがある意味もよくわからない。元々
ナレーションのない作品であるのなら解説など不要のはずだし、どう感じるかが全て
だと思うのだが。

水没していくつみきのいえという状況に対しての悲壮感や嘆きなど全くないところは
妙だと思う。が、なにせこの世界感に馴染めないのだから私には無理なのだと無理
やりにでも納得するしかない。

もちろんアカデミー賞をとっていなければ観ることもなかったので、そういう意味では
触れることのない世界に触れられたことは悪くないのだけど。

このレビューは気に入りましたか? 10人の会員が気に入ったと投稿しています

短編・セリフなしだがメッセージがしっかり伝わってくる作品 ネタバレ

投稿日:2009/08/14 レビュアー:RUSH

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する


この作品はミルクチョコさまから薦められてギリギリまでレンタルしようかやめようか迷った作品だった。作品が短編アニメということで12分というとても短い作品だということが僕の手を止めていた。12分で何が伝えられるのだろう?この疑問があったのでレンタルに躊躇していたのだ。それだけではない。短編というあやふやなカテゴリー自体に僕は疑問を持っているのだ。一体、短編映画や短編アニメのような短編作品というのは時間にしておよそどれぐらいの長さのものをいうのだろうか?この作品のように12分であれば間違いなく短編だとわかるが30分とか40分であれば短編になるのだろうか?全く持って僕にはハッキリとしない。そんなあやふやなカテゴリー自体に僕にはどうしても魅力を感じられないのだ。しかし、この作品と出会えてその考えも改められるのかもしれない。そしてもう一つ。レンタル料金だ。たかだか12分の作品に数百円のレンタル料金を出してそれに見合うだけの価値があるのかどうかその判断が出来ずにいたのだ。我ながらなんと肝っ玉の小さい事よ。

この作品はたった12分の間にいろいろなことが詰められているように思う。メインとなるのはおじいさんの人生そのもの。おじいさんの人生が潜れば潜るほどオーバーラップされていく。おじいさんに関係する人々、おばあさんであり娘さんであり、おじいさんの人生に直接関係のあった出来事が潜れば潜るほどそれぞれの階によって蘇ってくる。何故かわからないが住んでいるところがだんだんと水であふれてくる。それに対抗するのには家を高く高く、水位より高くしていくことしかない。最初は水などなかったので地面に家が建っていた。それがいつの間にやら水があふれ出し、家を越えるぐらいにまで達し、そこに住んでいるものは家を上へ上へと積み上げるしか生き残る方法、生活する方法がなかったのだ。まるで積み木のように・・・。何故水が増えるのか?何故家を上に積み上げるのか?そんな簡単に家を上に積み上げることなんて出来ないだろう?なんて考えてはいけない。そういう世界なのだ。それをそのまま受け入れるしかない。答えなどないのだから。この辺は今の地球温暖化へのメッセージなのかもしれない。

おじいさんは何故に高く積み上げられた家の水に浸った部分を潜らねばならなかったのか。答えは簡単、愛用のパイプを落っことしたからだ。一時はあきらめたおじいさんだったが雑貨商のお店にダイビングスーツがあるのを発見し潜ることを決めたのだ。実はここにおいらは若干の無理があるのではないだろうかと思っている。このおじいさんがこの年でダイビングはあり得ないそんな気がしたのだ。でもそこはファンタジーなのであえて無視すべきなのだろう。階を降りる、いや、潜るたびに思い出が蘇る。「おばあさんがパイプを拾ってくれた」「おばさんを介護する」「娘家族らと一緒に記念撮影」「娘の結婚」「娘が学校へ行く様子」「娘の幼い頃」「水があふれる前、おばあさんと小さな頃から幼なじみでプロポーズした様子」「初めての2人だけの家を建てる」そしておじいさんは思い出をかみしめながら夕食をとる。なんともノスタルジーだ。切なく寂しい感じがするが人生の縮小図が家の全てにこもっている。家はおじいさんの人生そのものなのだ。

この作品は西洋のアニメーションのテイストにあふれている。西洋の絵本なんかに多い画風なのだ。僕は実はこの画風が苦手なのだ。鉛筆で書いたようなクレヨンで描いたような手書き感あふれる作品は嫌いではないが、どうしてもリアリティに欠けているような気がして苦手なのだ。だが手書き感の素晴らしい作品であることに違いない。宮崎監督作品の「崖の上のポニョ」とまた違った手書き感がとてもよく出ていた。この作品のことを知らずに見たならば日本人が作ったアニメだとは絶対に思わなかっただろう。だからだろうかアカデミー賞をとったのは・・・西洋人にもわかりやすかったのかもしれない。誰が見ても理解できる、作り手の思うところが見るものにちゃんと伝わってくる作品だと思う。たった12分の短い作品であるにも関わらずしっかりとした作品だ。

レンタルDVDの中にはナレーションありとなしの2作品があったが、個人的にはナレーションのない方が好みだった。別にナレーションを担当した長澤まさみが下手というわけではない。彼女のナレーションはとてもこの作品にあっていたと思う。でもこの作品にナレーションなどいらないのだ。逆に邪魔になる。ただ、年齢の率い人が見るのにはナレーション付きがいいかもしれない。僕にはナレーションは邪魔だった。ナレーションで想像が邪魔をされる、つまり想像が限定されるような気がしたからだ。

数百円払った価値があって良かった。僕の中での短編作品のイメージが変わった。

このレビューは気に入りましたか? 9人の会員が気に入ったと投稿しています

余韻を楽しむアニメ ネタバレ

投稿日:2009/04/06 レビュアー:こんちゃん

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

 地球温暖化を防ぐ為、白熱電球がだんだん無くなっていくらしいです。
 まあ、最近の蛍光灯の光は、昔みたいにとんがってはいませんけど、なんかちょっと寂しいです。
 そういう、実用一点張りではない、ぼんやりとした明かりのような雰囲気を漂わせているアニメですよね。
 私としては、山村浩二の作品の方が好みですが、なんだか暖かい気持ちにさせてくれるノスタルジックがあります。

 長澤まさみのナレーション付と、ノン・ナレーションのバージョンが収録されていて、両方見ても20分少々と言う、レンタル作品としてはコスト・バリューの悪い作品ですが(笑)この独特な世界観は、見る価値はありますよね。
 長澤まさみがへたっぴだとか、そういうのを別にして(笑)ノン・ナレーションの世界の方が好きですねえ。
 特に説明されなくても、十分理解できるストーリーですしね。

 場所がどこなのか、時代がいつなのかも明らかにされておらず、水没の理由を、地球温暖化による極地の氷が溶けたこととかにしておらず、環境破壊への警鐘なんてことを曖昧にしている点が良いです。ある意味、物語の普遍性がそこで確立しています。
 世界中の誰もが共感できる「家族への想い」が、表現されます。
 おじいさんは、その場所を離れたくないのですが、「場所」そのものではなく、そこに染み込んだものと離れたくないのでしょう。どこに住むかと言うことよりも、「誰と」暮らすか、あるいは暮らしたかと言うことが大切なのです。

 オスカー受賞作ですけど、この作品の受賞は「おくりびと」とはまた違った意味で画期的なんでしょうね。「おくりびと」は日本人の死生観を前面に出し、神秘的なものを素晴らしい様式美で表して、非常に外国人受けしそうな作りだったのですが、これは無国籍、ノー・ボーダーと言うような印象です。ジャパニメーションとも違う、独特な世界観は
「日本人が作ったから」
と言うエクスキューズとはかけ離れています。
 今後、どういう作品を作っていくのかが楽しみであるとともに、それをもって、加藤久仁生の本当の評価が決まるのでしょうね。


このレビューは気に入りましたか? 9人の会員が気に入ったと投稿しています

1〜 5件 / 全81件

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:81件

ふと見つめ直した幸せは 孤独以上の愛情

投稿日

2009/05/06

レビュアー

ミルクチョコ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

12分という短編ですが、製作にかかったのは、9ヶ月だそうです。加藤監督の受賞スピーチで、自分の鉛筆に感謝を述べていますが、鉛筆の優しいタッチと色使いが素敵な作品です。

どうしてなのかは、説明されていないのですが、地球温暖化のために?海面がどんどん上昇する町で、家を上へ上へと建て増し、引越し続けたおじいさんが、ある日、大切なパイプを階下へ落としてしまいます。
見つけたパイプを拾い上げた時、不意に目の前に現われたのは、亡き妻の面影。懐かしさと切なさが入り混じった物語が、深い水に沈んだ世界と、積み重ねて来たおじいさんの人生と重なって胸が痛みます。

卑屈になることもなく、もの哀しくなることもなく、孤独と上手く付き合い、むしろ温かに感じる名シーンともいえるラストシーン。グラスを重ねたその音色は、どんなに積み木を積み重ねても、決してそれを越えることができない愛情。
ほのぼのとしたエンデングでまとめてくれました。
環境破壊の問題も投げかけつつ、それでいてじんわりと心温まる作品ですね。

おじいさんのいえ

投稿日

2010/11/07

レビュアー

まみもぉ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

悲しい物語。

なぜ、おじいさんはひとり?
おじいさんなのに。
家族はどこに?
ここでは狭くていっしょに住めないから、他のどこかでつみきのいえ?
ひとりでも大丈夫。たくさんの思い出といっしょだから、
おじいさんは孤独じゃない…から?
でもレンガ配達のおじさんみたいに、船に乗って時々遊びに来るのでしょう?
来ても狭くて入れないから…来ない?

切ない悲しい物語です。 、
楽しかった思い出にひたりながら孤独に暮らすおじいさん。
ダイビングできるほどの健強なおじいさんだから、
まだまだ新しい思い出をたくさん積めるはず。
その思いでもレンガといっしょに積み上げて、
生きなさい?
毎日、思い出の水の中で泳ぐ魚を食べながら、
…乾杯!

”おじいさん”が主人公でなければ成り立たなかっただろうこの物語の、
その淡い、蝋燭のゆらめきのような美しい動画が痛々しく、
それに寄り添うように流れる音楽は、こちらの手をとりそのまま水の中へ。
息苦しさをこらえながら見上げると、
揺らめく水面に映るおじいさん…

痛々しいあたたかさに包まれた、
”おじいさんのいえ”の物語でした。

申し訳ないが。。。

投稿日

2009/06/26

レビュアー

MonPetit

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

全く何も感じなかった。作品が悪いというわけではなく私がそういう感性をもちあわせ
ていないのだろう。ナレーション付きのバージョンがある意味もよくわからない。元々
ナレーションのない作品であるのなら解説など不要のはずだし、どう感じるかが全て
だと思うのだが。

水没していくつみきのいえという状況に対しての悲壮感や嘆きなど全くないところは
妙だと思う。が、なにせこの世界感に馴染めないのだから私には無理なのだと無理
やりにでも納得するしかない。

もちろんアカデミー賞をとっていなければ観ることもなかったので、そういう意味では
触れることのない世界に触れられたことは悪くないのだけど。

短編・セリフなしだがメッセージがしっかり伝わってくる作品

投稿日

2009/08/14

レビュアー

RUSH

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する


この作品はミルクチョコさまから薦められてギリギリまでレンタルしようかやめようか迷った作品だった。作品が短編アニメということで12分というとても短い作品だということが僕の手を止めていた。12分で何が伝えられるのだろう?この疑問があったのでレンタルに躊躇していたのだ。それだけではない。短編というあやふやなカテゴリー自体に僕は疑問を持っているのだ。一体、短編映画や短編アニメのような短編作品というのは時間にしておよそどれぐらいの長さのものをいうのだろうか?この作品のように12分であれば間違いなく短編だとわかるが30分とか40分であれば短編になるのだろうか?全く持って僕にはハッキリとしない。そんなあやふやなカテゴリー自体に僕にはどうしても魅力を感じられないのだ。しかし、この作品と出会えてその考えも改められるのかもしれない。そしてもう一つ。レンタル料金だ。たかだか12分の作品に数百円のレンタル料金を出してそれに見合うだけの価値があるのかどうかその判断が出来ずにいたのだ。我ながらなんと肝っ玉の小さい事よ。

この作品はたった12分の間にいろいろなことが詰められているように思う。メインとなるのはおじいさんの人生そのもの。おじいさんの人生が潜れば潜るほどオーバーラップされていく。おじいさんに関係する人々、おばあさんであり娘さんであり、おじいさんの人生に直接関係のあった出来事が潜れば潜るほどそれぞれの階によって蘇ってくる。何故かわからないが住んでいるところがだんだんと水であふれてくる。それに対抗するのには家を高く高く、水位より高くしていくことしかない。最初は水などなかったので地面に家が建っていた。それがいつの間にやら水があふれ出し、家を越えるぐらいにまで達し、そこに住んでいるものは家を上へ上へと積み上げるしか生き残る方法、生活する方法がなかったのだ。まるで積み木のように・・・。何故水が増えるのか?何故家を上に積み上げるのか?そんな簡単に家を上に積み上げることなんて出来ないだろう?なんて考えてはいけない。そういう世界なのだ。それをそのまま受け入れるしかない。答えなどないのだから。この辺は今の地球温暖化へのメッセージなのかもしれない。

おじいさんは何故に高く積み上げられた家の水に浸った部分を潜らねばならなかったのか。答えは簡単、愛用のパイプを落っことしたからだ。一時はあきらめたおじいさんだったが雑貨商のお店にダイビングスーツがあるのを発見し潜ることを決めたのだ。実はここにおいらは若干の無理があるのではないだろうかと思っている。このおじいさんがこの年でダイビングはあり得ないそんな気がしたのだ。でもそこはファンタジーなのであえて無視すべきなのだろう。階を降りる、いや、潜るたびに思い出が蘇る。「おばあさんがパイプを拾ってくれた」「おばさんを介護する」「娘家族らと一緒に記念撮影」「娘の結婚」「娘が学校へ行く様子」「娘の幼い頃」「水があふれる前、おばあさんと小さな頃から幼なじみでプロポーズした様子」「初めての2人だけの家を建てる」そしておじいさんは思い出をかみしめながら夕食をとる。なんともノスタルジーだ。切なく寂しい感じがするが人生の縮小図が家の全てにこもっている。家はおじいさんの人生そのものなのだ。

この作品は西洋のアニメーションのテイストにあふれている。西洋の絵本なんかに多い画風なのだ。僕は実はこの画風が苦手なのだ。鉛筆で書いたようなクレヨンで描いたような手書き感あふれる作品は嫌いではないが、どうしてもリアリティに欠けているような気がして苦手なのだ。だが手書き感の素晴らしい作品であることに違いない。宮崎監督作品の「崖の上のポニョ」とまた違った手書き感がとてもよく出ていた。この作品のことを知らずに見たならば日本人が作ったアニメだとは絶対に思わなかっただろう。だからだろうかアカデミー賞をとったのは・・・西洋人にもわかりやすかったのかもしれない。誰が見ても理解できる、作り手の思うところが見るものにちゃんと伝わってくる作品だと思う。たった12分の短い作品であるにも関わらずしっかりとした作品だ。

レンタルDVDの中にはナレーションありとなしの2作品があったが、個人的にはナレーションのない方が好みだった。別にナレーションを担当した長澤まさみが下手というわけではない。彼女のナレーションはとてもこの作品にあっていたと思う。でもこの作品にナレーションなどいらないのだ。逆に邪魔になる。ただ、年齢の率い人が見るのにはナレーション付きがいいかもしれない。僕にはナレーションは邪魔だった。ナレーションで想像が邪魔をされる、つまり想像が限定されるような気がしたからだ。

数百円払った価値があって良かった。僕の中での短編作品のイメージが変わった。

余韻を楽しむアニメ

投稿日

2009/04/06

レビュアー

こんちゃん

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

 地球温暖化を防ぐ為、白熱電球がだんだん無くなっていくらしいです。
 まあ、最近の蛍光灯の光は、昔みたいにとんがってはいませんけど、なんかちょっと寂しいです。
 そういう、実用一点張りではない、ぼんやりとした明かりのような雰囲気を漂わせているアニメですよね。
 私としては、山村浩二の作品の方が好みですが、なんだか暖かい気持ちにさせてくれるノスタルジックがあります。

 長澤まさみのナレーション付と、ノン・ナレーションのバージョンが収録されていて、両方見ても20分少々と言う、レンタル作品としてはコスト・バリューの悪い作品ですが(笑)この独特な世界観は、見る価値はありますよね。
 長澤まさみがへたっぴだとか、そういうのを別にして(笑)ノン・ナレーションの世界の方が好きですねえ。
 特に説明されなくても、十分理解できるストーリーですしね。

 場所がどこなのか、時代がいつなのかも明らかにされておらず、水没の理由を、地球温暖化による極地の氷が溶けたこととかにしておらず、環境破壊への警鐘なんてことを曖昧にしている点が良いです。ある意味、物語の普遍性がそこで確立しています。
 世界中の誰もが共感できる「家族への想い」が、表現されます。
 おじいさんは、その場所を離れたくないのですが、「場所」そのものではなく、そこに染み込んだものと離れたくないのでしょう。どこに住むかと言うことよりも、「誰と」暮らすか、あるいは暮らしたかと言うことが大切なのです。

 オスカー受賞作ですけど、この作品の受賞は「おくりびと」とはまた違った意味で画期的なんでしょうね。「おくりびと」は日本人の死生観を前面に出し、神秘的なものを素晴らしい様式美で表して、非常に外国人受けしそうな作りだったのですが、これは無国籍、ノー・ボーダーと言うような印象です。ジャパニメーションとも違う、独特な世界観は
「日本人が作ったから」
と言うエクスキューズとはかけ離れています。
 今後、どういう作品を作っていくのかが楽しみであるとともに、それをもって、加藤久仁生の本当の評価が決まるのでしょうね。


1〜 5件 / 全81件

新規登録で
「定額レンタル4」月額1,026円(税込)を

14日間無料お試し!
  • ※本キャンペーンの無料お試しの対象者は、次の@Aのいずれかに該当する方に限ります。
  • @「TSUTAYA DISCAS」の定額プラン(定額プランの種類は問いません。以下同じ)の利用開始時に「無料お試し」を利用したことがない方
  • A2022年10月2日以前に「TSUTAYA DISCAS」の定額プランの利用を終了された方であって、2022年10月3日以降、「TSUTAYA DISCAS」の定額プランを利用していない方
  • 無料お試し期間中(14日間)、新作はレンタル対象外です。
  • 無料お試し期間終了後、登録プラン料金で自動更新となります。

ご利用の流れ

ご利用の流れ

@ 会員登録

申し込みフォームへ記入

申し込みフォームへ記入したら登録完了!

A 作品をレンタル

作品をレンタル

借りたい作品をリストアップするだけ!
発送可能な商品を自宅にお届けします。

B ポストに返却

ポストに返却

商品をポストに投函すればOK!

よくあるご質問

よくあるご質問

もちろん無料お試し期間中に退会することも可能です。 また、その場合は料金は一切かかりません。

無料お試し中も、都度レンタルは、有料でご利用いただくことができます。
また、無料お試し中に解約され、何らかの理由でレンタル商品を期日までにご返却いただけなかった場合に、追加料金が発生する場合がございます。

定額プランは1つの封筒に2枚入り、お届けいたします。
届いた往復封筒でポストへご投函いただき、当社配送センターにてご返却を確認できましたら次の封筒を発送致します。繰り返しでご登録のプラン枚数までご利用いただけます。

各プランはこちら

各プランはこちら

  • 宅配レンタル 定額8プラン
    月額2,052円税込
    • 「新作・準新作」が定額で月8枚レンタルできる!※1借り放題付き※2
    新規登録する
  • 宅配レンタル 定額4プラン
    月額1,026円税込
    • DVD/CDが定額で月4枚レンタルできる!※1
    新規登録する
  • 都度課金 プラン
    無料会員 月額0円税込 ※都度レンタル時の費用は発生します
    • 月額無料で単品レンタルを楽しみたい方におすすめ!
    新規登録する

※1 無料お試し期間中の「新作」レンタルは対象外です。

※2 借り放題はDVD「旧作」、CD「新作・準新作・旧作」が対象です。

pieces of love Vol.1「つみきのいえ」