プリズン・ブレイク ファイナル・シーズン

プリズン・ブレイク ファイナル・シーズンの画像・ジャケット写真

プリズン・ブレイク ファイナル・シーズン / ウェントワース・ミラー

全体の平均評価点:(5点満点)

353

全体の平均評価点:

DVD

TSUTAYA TV

動画ポイント利用可

「プリズン・ブレイク ファイナル・シーズン」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

TSUTAYA TV

動画ポイント利用可

解説・ストーリー

『24 −TWENTY FOUR−』と並ぶ人気サスペンスシリーズの第4シーズン第12巻。追われる立場から一転し、自分を卑劣な罠にはめた謎の“組織”を追い詰めるマイケルと仲間たちの最後の戦いを、スリリングなタッチで描く。最終第22話を収録。

「プリズン・ブレイク ファイナル・シーズン」 の作品情報

作品情報

製作年: 2009年
製作国: アメリカ
原題: PRISON BREAK

「プリズン・ブレイク ファイナル・シーズン」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

ラム・ダイアリー

Mr.3000

バイオハザードIV アフターライフ

ゴースト 〜天国からのささやき シーズン1

ユーザーレビュー:353件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全353件

broken ネタバレ

投稿日:2009/03/27 レビュアー:のぶなが

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

ストライキ等の事情で中途半端に終わってしまった前作seasonVに続くseasonW。当初はシリーズ最高の脚本などとも囁かれ、主な出演者たちとはseasonZまでの契約を結んだとか・・・しかし、米国での著しい視聴率低迷などを理由に、打ち切りが決定。

個人的には、seasonVがいまいちであったので、このseasonWでの挽回を期待していたのですが・・・

あらすじは上記にも描かれていますが、一言でいえばスコフィールドによるカンパニーに対する復讐劇。カンパニーを潰すために、カンパニーのメンバーとその活動が記録されているスキュラというデータカードを盗み、彼らの悪事を暴こうとスコフィールドたちは挑むのですが、実はこのカードが6枚あるとわかり、さらに困難を伴うことに。それでも、諦めず6人のカートホルダーを一人一人追って、10フィート以内の電子データを吸い取る機器(この機器には正直驚きました)を駆使して、スキュラのデータを集めて行きます。この悪戦苦闘するデータ集めも終盤を迎えたところで、仲間の裏切りにより・・・

鑑賞して感じたことは、seasonV以降からそうなのですが、新たに登場する人物たちのキャラが薄く、あまり印象に残りませんseasonTで言えば、ティーバッグをはじめ強烈な印象を与えた人物がいました。seasonUでは、あの異様なまでに執拗にスコフィールド達を追いかけるマホーン。彼らと比べてしまうと、新たに登場する人物の個性が弱くなってしまうのもしょうがないのかもしれませんけどね。

また、seasonTから登場しているベリックなど、明らかにキャラが変わってしまっている人物がいます。ベリックといえば、seasonTでいかにも悪い刑務官だったはずが、seasonVではヘタレのようになり、seasonWではすごく良い人になっていて、スコフィールド達ととても仲良く、まるで別人でした。そのためか、当初からこのシリーズを観ている自分にとっては、どうしても違和感がありました。

捕まりそうになっても、隠れて逃げて逃げて逃げまくる、そういったものの方が緊迫感もあり、このシリーズの一番の醍醐味だと思うのですが、seasonWは逃げるというよりは、こちらから戦いを挑んでいます。そして、何より話がややこしい・・・脱獄&逃亡という単純な構成の方が良かったです。「プリズン・ブレイク」という題名の通り、seasonT・Uのように緻密な計画で脱獄したり、捜査網から巧みに逃げるスコフィールドたちが一番印象に残っています。

とにかく本作で最終章。seasonTから観てこられた方には、観ない訳にはいかない作品のはずです。当初と比べると違和感を感じたりもあると思いますが、スコフィールドたちの運命はどうなるのか、その目で確かめてください。鑑賞後は、seasonTをまた観たくなりました。

このレビューは気に入りましたか? 18人の会員が気に入ったと投稿しています

馬鹿にするのもいい加減にしろ

投稿日:2009/07/12 レビュアー:サブロー

レンタル会社よ詐欺行為はやめてください
1話しか入っていない、他の作品の予告編はジャンプ出来ない
他の下らない作品が1話入っている
20世紀フォックス 死ね

このレビューは気に入りましたか? 15人の会員が気に入ったと投稿しています

イントロダクションとしては完璧。 ネタバレ

投稿日:2009/05/26 レビュアー:MonPetit

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

他のドラマも割りとそうだが、シリーズの最初の2話というのは非常に面白い。遂にフ
ァイナルシーズンに突入したプリズンブレイクもまさにそれ。完璧といっていいほどの
滑り出し。スクレは一体どうなるんだ!?みたいなちっちゃな問題は一瞬で解決(笑)
サラさえも何事もなかったかのように復活するのだから強引といえば強引。商業的な
理由もからんでいるのだから多少の強引さには目をつむるしかない。もちろんサラは
いた方が断然面白いので悪くはない。イントロということで場面設定や問題の提起に
終始しているのだが、バランスが絶。LOSTなどはいつもやりすぎる感があるが、プリ
ズンブレイクはその辺がうまい。

ストーリーの展開上、プリズンをブレイクは到底できないが、今度は侵入という捻りで
コンセプトを同じに保っているのもマルだ。ティーパックの使い方はプリズンブレイクで
は非常に重要になるがここの脚本もなかなか練れているようだ。ウィスラーについて
はちょっと意外だったが、興味を増加させるのには一役も二役もかっている。

組織の暗殺者と、マイケルたちのボスが役どころに比べてビジュアルがどうもついて
いってない気がするのだけがマイナス要素かな。マイケルたちのボスなんかどうみて
もその辺の頭の悪そうなやつに見えてしかたがない。

滑り出し順調のプリズンブレイク、有終の美を飾るまで突っ走っていこーーーーーーっ

このレビューは気に入りましたか? 13人の会員が気に入ったと投稿しています

ミッション・インポッシブ〜〜ル ネタバレ

投稿日:2009/05/22 レビュアー:こんちゃん

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

 さて、Scylla(スキュラって、誰も言ってないのに、そういう約になってる・・・)まで、あとわずか・・・。
 なんだか、ミッション・インポッシブルのようなシークエンス。手に汗握る展開で、ビンスさんがおっしゃるように、息を凝らして見てしまいます。
 まあ、わかっていても、ドキがムネムネですなあ(笑)
 2ポンド(900g)以上の重さに反応するセンサー、35度以上になると反応する温度センサーって、ちょっと都合よすぎるよね(笑)
 誰も入ってはいけない部屋なら(もちろん、ねずみなんか入ることもありえない)もっと厳しい条件に設定してあってもおかしくないでしょ。
 関係者が入る時はセンサーを切ればいいことですから。

 ところでグレッチェン。いくらクランツ将軍の趣味だとしても、あんたがコスプレしても怖いだけです。露出捜査官(ビンスさんから拝借)おっぱいゲートならまだしも・・・(笑)でも、この二人、どことなく似ているんですよね。

 マイケルの体は待ったなしなのに、このミッションを終了させるまではとこらえます。それを知っている仲間たちの気持ちがヒシヒシと伝わってきて、ちょっと涙が・・・(今シーズンは多いなあ・・・)
 6枚目のカードが手に入らなかったのに、マイケルは突入を強行します。たぶん、何か目算があるんだろうとは思いますが、気になります。

「そのジャケットを脱いでくれたら2000ドル出す」
 う〜ん、ティーバッグが言うと、違う目的に聞こえるぞ(<お前もな・・・笑)
 ご褒美のクルーズを断る時の表情が、本当に残念そうです。まあ、2500万ドルのためならしょうがねえか・・・。

 ついにガラス壁も突破したマイケル。
「ちょっと簡単過ぎないかい?」
と思ったら、センサーが働きその様子をクランツがモニターで見ています。
 異常を察知したクランツ将軍が、Scyllaの元へ急行します。
 危うし!マイケル!

 全22話なので、Disc6は、ここまでのようです(ビンスさん情報)
 飛べない魔女さんのレビューにあるように12話では、解決したように見せて、あっと言う展開があるんですけどねえ。
 言いたい!
 でも言えない(笑)
 
 そんな簡単に、ことが終わると思ったら大間違いさ!はっはっはっ・・・

 アメリカでは16話でいったん中断し、その次が始まるまで4ヶ月かかったそうです。
 もう完結しているので、日本での発売はそんなに間あかないでしょうね(あいたらいやだぞ・・と)

 

 と・・・気がついたら、これが999本目のレビュー。次が1000本目だ。
 何のレビューにしよう・・・。「グラン・トリノ」がいいんだけど、まだまだDVDにはなりそうも無いしなあ・・・。

このレビューは気に入りましたか? 11人の会員が気に入ったと投稿しています

昼ドラ ネタバレ

投稿日:2009/09/26 レビュアー:ビンス

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

こんなに混乱混沌としてるのに・・・・
こんなに具だくさんで味濃すぎなのに・・・
さらに!さらに!の精神で爆弾2つ投下。
もう制作サイドは怖いんでしょうか。
これじゃ足りない・・・コレじゃ足りない・・・視聴率のためにはあと何が必要だ?・・・って気持ちなのか?
引き算する気はないようです。
「サラ妊娠」
爆弾ひとつ投下。
これいる?
この設定必要?
あんまり意味ないし、行き当たりばったりっぽいし・・・
昼ドラかい・・・・・
「リンクとマイケルは実の兄弟ではない」
爆弾ふたつ投下。
これいる?
この設定必要?
昼ドラかい・・・・
これはキャスティング段階から「案」としてはあったのかもしれませんね。
だからあんなに似てない兄弟にしたんだ。
で、どう転がっても、キリ札として使えるようにこのカードは隠し持っていたんでしょう。
・・・・隠してれば良かったのに・・・
もう今となってはどうでもいいし、ただただ混乱グダグダでうけつけません。
結局家族会議で解決できるようなお話になってきました。
そしてここ数エピソードでは御馴染みの捕まったり、逃げたり、立場逆転〜の裏切り〜のの応酬大盤振る舞い。
ティーバッグはイイ感じに元の自分を取り戻しつつあります。
裏切り〜の、姑息〜の、ニタリ〜の、ボコられ〜の。

このレビューは気に入りましたか? 10人の会員が気に入ったと投稿しています

1〜 5件 / 全353件

プリズン・ブレイク ファイナル・シーズン

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:353件

broken

投稿日

2009/03/27

レビュアー

のぶなが

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

ストライキ等の事情で中途半端に終わってしまった前作seasonVに続くseasonW。当初はシリーズ最高の脚本などとも囁かれ、主な出演者たちとはseasonZまでの契約を結んだとか・・・しかし、米国での著しい視聴率低迷などを理由に、打ち切りが決定。

個人的には、seasonVがいまいちであったので、このseasonWでの挽回を期待していたのですが・・・

あらすじは上記にも描かれていますが、一言でいえばスコフィールドによるカンパニーに対する復讐劇。カンパニーを潰すために、カンパニーのメンバーとその活動が記録されているスキュラというデータカードを盗み、彼らの悪事を暴こうとスコフィールドたちは挑むのですが、実はこのカードが6枚あるとわかり、さらに困難を伴うことに。それでも、諦めず6人のカートホルダーを一人一人追って、10フィート以内の電子データを吸い取る機器(この機器には正直驚きました)を駆使して、スキュラのデータを集めて行きます。この悪戦苦闘するデータ集めも終盤を迎えたところで、仲間の裏切りにより・・・

鑑賞して感じたことは、seasonV以降からそうなのですが、新たに登場する人物たちのキャラが薄く、あまり印象に残りませんseasonTで言えば、ティーバッグをはじめ強烈な印象を与えた人物がいました。seasonUでは、あの異様なまでに執拗にスコフィールド達を追いかけるマホーン。彼らと比べてしまうと、新たに登場する人物の個性が弱くなってしまうのもしょうがないのかもしれませんけどね。

また、seasonTから登場しているベリックなど、明らかにキャラが変わってしまっている人物がいます。ベリックといえば、seasonTでいかにも悪い刑務官だったはずが、seasonVではヘタレのようになり、seasonWではすごく良い人になっていて、スコフィールド達ととても仲良く、まるで別人でした。そのためか、当初からこのシリーズを観ている自分にとっては、どうしても違和感がありました。

捕まりそうになっても、隠れて逃げて逃げて逃げまくる、そういったものの方が緊迫感もあり、このシリーズの一番の醍醐味だと思うのですが、seasonWは逃げるというよりは、こちらから戦いを挑んでいます。そして、何より話がややこしい・・・脱獄&逃亡という単純な構成の方が良かったです。「プリズン・ブレイク」という題名の通り、seasonT・Uのように緻密な計画で脱獄したり、捜査網から巧みに逃げるスコフィールドたちが一番印象に残っています。

とにかく本作で最終章。seasonTから観てこられた方には、観ない訳にはいかない作品のはずです。当初と比べると違和感を感じたりもあると思いますが、スコフィールドたちの運命はどうなるのか、その目で確かめてください。鑑賞後は、seasonTをまた観たくなりました。

馬鹿にするのもいい加減にしろ

投稿日

2009/07/12

レビュアー

サブロー

レンタル会社よ詐欺行為はやめてください
1話しか入っていない、他の作品の予告編はジャンプ出来ない
他の下らない作品が1話入っている
20世紀フォックス 死ね

イントロダクションとしては完璧。

投稿日

2009/05/26

レビュアー

MonPetit

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

他のドラマも割りとそうだが、シリーズの最初の2話というのは非常に面白い。遂にフ
ァイナルシーズンに突入したプリズンブレイクもまさにそれ。完璧といっていいほどの
滑り出し。スクレは一体どうなるんだ!?みたいなちっちゃな問題は一瞬で解決(笑)
サラさえも何事もなかったかのように復活するのだから強引といえば強引。商業的な
理由もからんでいるのだから多少の強引さには目をつむるしかない。もちろんサラは
いた方が断然面白いので悪くはない。イントロということで場面設定や問題の提起に
終始しているのだが、バランスが絶。LOSTなどはいつもやりすぎる感があるが、プリ
ズンブレイクはその辺がうまい。

ストーリーの展開上、プリズンをブレイクは到底できないが、今度は侵入という捻りで
コンセプトを同じに保っているのもマルだ。ティーパックの使い方はプリズンブレイクで
は非常に重要になるがここの脚本もなかなか練れているようだ。ウィスラーについて
はちょっと意外だったが、興味を増加させるのには一役も二役もかっている。

組織の暗殺者と、マイケルたちのボスが役どころに比べてビジュアルがどうもついて
いってない気がするのだけがマイナス要素かな。マイケルたちのボスなんかどうみて
もその辺の頭の悪そうなやつに見えてしかたがない。

滑り出し順調のプリズンブレイク、有終の美を飾るまで突っ走っていこーーーーーーっ

ミッション・インポッシブ〜〜ル

投稿日

2009/05/22

レビュアー

こんちゃん

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

 さて、Scylla(スキュラって、誰も言ってないのに、そういう約になってる・・・)まで、あとわずか・・・。
 なんだか、ミッション・インポッシブルのようなシークエンス。手に汗握る展開で、ビンスさんがおっしゃるように、息を凝らして見てしまいます。
 まあ、わかっていても、ドキがムネムネですなあ(笑)
 2ポンド(900g)以上の重さに反応するセンサー、35度以上になると反応する温度センサーって、ちょっと都合よすぎるよね(笑)
 誰も入ってはいけない部屋なら(もちろん、ねずみなんか入ることもありえない)もっと厳しい条件に設定してあってもおかしくないでしょ。
 関係者が入る時はセンサーを切ればいいことですから。

 ところでグレッチェン。いくらクランツ将軍の趣味だとしても、あんたがコスプレしても怖いだけです。露出捜査官(ビンスさんから拝借)おっぱいゲートならまだしも・・・(笑)でも、この二人、どことなく似ているんですよね。

 マイケルの体は待ったなしなのに、このミッションを終了させるまではとこらえます。それを知っている仲間たちの気持ちがヒシヒシと伝わってきて、ちょっと涙が・・・(今シーズンは多いなあ・・・)
 6枚目のカードが手に入らなかったのに、マイケルは突入を強行します。たぶん、何か目算があるんだろうとは思いますが、気になります。

「そのジャケットを脱いでくれたら2000ドル出す」
 う〜ん、ティーバッグが言うと、違う目的に聞こえるぞ(<お前もな・・・笑)
 ご褒美のクルーズを断る時の表情が、本当に残念そうです。まあ、2500万ドルのためならしょうがねえか・・・。

 ついにガラス壁も突破したマイケル。
「ちょっと簡単過ぎないかい?」
と思ったら、センサーが働きその様子をクランツがモニターで見ています。
 異常を察知したクランツ将軍が、Scyllaの元へ急行します。
 危うし!マイケル!

 全22話なので、Disc6は、ここまでのようです(ビンスさん情報)
 飛べない魔女さんのレビューにあるように12話では、解決したように見せて、あっと言う展開があるんですけどねえ。
 言いたい!
 でも言えない(笑)
 
 そんな簡単に、ことが終わると思ったら大間違いさ!はっはっはっ・・・

 アメリカでは16話でいったん中断し、その次が始まるまで4ヶ月かかったそうです。
 もう完結しているので、日本での発売はそんなに間あかないでしょうね(あいたらいやだぞ・・と)

 

 と・・・気がついたら、これが999本目のレビュー。次が1000本目だ。
 何のレビューにしよう・・・。「グラン・トリノ」がいいんだけど、まだまだDVDにはなりそうも無いしなあ・・・。

昼ドラ

投稿日

2009/09/26

レビュアー

ビンス

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

こんなに混乱混沌としてるのに・・・・
こんなに具だくさんで味濃すぎなのに・・・
さらに!さらに!の精神で爆弾2つ投下。
もう制作サイドは怖いんでしょうか。
これじゃ足りない・・・コレじゃ足りない・・・視聴率のためにはあと何が必要だ?・・・って気持ちなのか?
引き算する気はないようです。
「サラ妊娠」
爆弾ひとつ投下。
これいる?
この設定必要?
あんまり意味ないし、行き当たりばったりっぽいし・・・
昼ドラかい・・・・・
「リンクとマイケルは実の兄弟ではない」
爆弾ふたつ投下。
これいる?
この設定必要?
昼ドラかい・・・・
これはキャスティング段階から「案」としてはあったのかもしれませんね。
だからあんなに似てない兄弟にしたんだ。
で、どう転がっても、キリ札として使えるようにこのカードは隠し持っていたんでしょう。
・・・・隠してれば良かったのに・・・
もう今となってはどうでもいいし、ただただ混乱グダグダでうけつけません。
結局家族会議で解決できるようなお話になってきました。
そしてここ数エピソードでは御馴染みの捕まったり、逃げたり、立場逆転〜の裏切り〜のの応酬大盤振る舞い。
ティーバッグはイイ感じに元の自分を取り戻しつつあります。
裏切り〜の、姑息〜の、ニタリ〜の、ボコられ〜の。

1〜 5件 / 全353件