バンク・ジョブ

バンク・ジョブの画像・ジャケット写真
バンク・ジョブ / リチャード・リンターン
全体の平均評価点:
(5点満点)

163

  • DVD
  • TSUTAYA TV
  • 動画ポイント利用可
ジャンル:

「バンク・ジョブ」 の解説・あらすじ・ストーリー

イギリスで実際に起きた事件を元に、「トランスポーター」シリーズのジェイソン・ステイサム主演で描いたクライムサスペンス。中古車店経営者・テリーはある日、友人・マルティーヌからロイズ銀行の貸金庫を狙った強盗計画に誘われるが…。

「バンク・ジョブ」 の作品情報

製作年: 2008年
製作国: イギリス
原題: THE BANK JOB

「バンク・ジョブ」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

バンク・ジョブの詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
110分 日本語・英語 1:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/英語
2:ドルビーデジタル/ステレオ/日本語
3:ドルビーデジタル/ステレオ/英語/(音声解説)
レイティング: 記番: レンタル開始日:
PG-12 GNBR1720 2009年03月25日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
36枚 3人 2人

関連作品

ユーザーレビュー:163件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全163件

開けてはいけない貸金庫ネタバレ

投稿日:2009/06/13 レビュアー:ねこのしっぽ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

MI5、MI6とは何ぞやと思った方こちらをご覧ください。
 
 MI5、MI6とは、大英帝国が誇る諜報機関がSISの、大きく分かれた2つの部署である。
 その前身は軍事情報部の第五課と第六課であり、
 名称の由来MI(ミリタリー・インテリジェンス)はここからきている。
 
 MI5は英国国内で行動する外国のスパイ(冷戦時は主として共産陣営)の摘発や、
 国家機密の漏洩阻止などの防諜活動を主任務とし、
 国内で活動するIRAやアラブ系テロ組織の情報収集や取り締まりも行っている。
 MI6はMI5とは対照的で海外での情報収集と諜報活動を担当する。
 
そんなMI5に一言いいたい。
「一般市民の素人を巻き込まないでください。」
大英帝国が誇る諜報機関ならばMI5内で対応して欲しいものだ。
アメリカのCIAならばCIAエージェント役のトムクルーズあたりが
ワイヤーアクションで銀行の貸金庫なんて容易に入りそうなものなんだけどな。

それにしても、主人公達が助かったのは運が良かったとしか言いようがない。
政府高官のスキャンダル写真が貸金庫に入ってなければ、
MI5と取引はできずに、王室スキャンダル写真を見たことで抹殺されていただろう。
(実際二人殺されたし。)
ポルノ帝王の赤い手帳が金庫に入っていた件も
正直警官のロイ・ギヴンがいなければ、取引できずに逮捕されるか殺されていたかもしれない。(実際一人殺されたし。)
そこをとっさに機転を利かせて、取引に持ち込んだのは凄いなとは思うんですが。

被害者の100人以上が貸金庫の中身の申請を拒否。
まだまだ、貸金庫にはヤバイブツが沢山入っていたに違いない。
貸し金庫なんて開けるもんじゃないね。

これが実話とするなれば
王室スキャンダル、政府高官のスキャンダル、MI5の失態、
ポルノ帝王と汚職警官の悪事
などなどイギリスの赤っ恥を世界に晒すようなものではないか。

しかしながら、映画としては大変面白い出来栄えなのであった。満足。

このレビューは気に入りましたか? はい 17人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

もぐらネタバレ

投稿日:2010/02/04 レビュアー:ホヨマックス

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

延々と地下を掘って最後は殺される。

最近もこの類の事件、多いねえ、ブラジル?メキシコだっけ?
120人?も係わりゃぁ捕まるのあったりめえだろ〜貧乏人め!

このレビューは気に入りましたか? はい 13人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

良くできた犯罪ものやけど、このエピローグは好きじゃないな〜ネタバレ

投稿日:2009/07/04 レビュアー:KASPAR

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

【ネタバレします】

最後の最後まで緊張の糸が切れへんし、ありえない展開でありながらも、"もしかしたら事実なのかも!?"って思うぐらいのリアリティを創り出す事にも成功しとる♪

で、こういうクライムサスペンス映画に必要な"哀愁"というか"切なさ"ってゆーたらえんかな・・・"罪"を背負って生きて行かなあかんっつーある種の"影"のようなものを映し込むこともできとるっすね〜

そんなこんなで、映画が終わる直前までは80−85点ぐらいつけてもええかなーっっつーぐらい大満足してたんやけど・・・

ラストのエピローグが・・・

うーん、これは好きじゃないっすねー。。。

こういう映画ってラストにハッピーな後日談的な映像はつけんほうが好きやね〜・・・

バッドエンドにしろとまでは思えへんけど、影(漠然とした不安感)も残しとくべきやないかなー

クライム(犯罪)もんやし、それまで創り出してた雰囲気からするとねー

□■□■□

一応、これはほとんど実話やないです←ってそんなん言わんでもわかるって!?

個人的にキライな部分はあったんやけど、まぁ完全に個人的な好みなんでほとんどの人は全く気にならんと思います(´艸`)グフッ

クライムもんとしてなかなか面白い作品なんでオススメします♪

満足度 75点


このレビューは気に入りましたか? はい 13人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

想像してたのとは全く違った映画。でもなかなか♪ネタバレ

投稿日:2010/02/27 レビュアー:

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

フィクションでドタバタしながらも、爽快に盗みをする!!
みたいな感じの映画だと思ってましたので、かなりビックリしました(^_^;)

貸金庫に入るまでの計画もそんなに綿密でもなくw
どっちかと言うと雑(笑 その場で解決する的な( ̄∇ ̄)
貸金庫に入れるようになってからなんて「そんなんで大丈夫!?」と。。。
だって、穴開けてから寝るんだもの。強盗ってスピードが命だと思ってたので。
いよいよ盗み始めるぞーってなったのが朝で、「え?音漏れしない?」
などと、気が気でなかった(汗
で、いろんな貸金庫を開け始めてテンション上がりまくるのは分かるけど
シャンパン飲んだり、ここでするなよ!!とかトランシーバー使い過ぎ!!などツッコミまくりw
ですが、のちのち観ていくと、実話に基づく話だからか〜と納得。
そういったところがとても現実的でした。

貸金庫。とっても危険な臭いがする。私のような一般人でビンボーな人間には無縁。
でも、ちょっと覗きたくなるような危険な香り…。
政治家のスキャンダルやら皇室のスキャンダル、おまけに警察への賄賂の証拠。。。
盗んだ物がきっかけでいろんな危ない人達と繋がっていって、ハラハラドキドキ(>_<)

爽快映画ではないけれど、人間的な部分が見え隠れする緊張感のある映画でした♪
この真相が明かされる頃、私…生きてないだろな〜( ̄∇ ̄)

このレビューは気に入りましたか? はい 11人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

英国発クライムサスペンスは説得力あり。ネタバレ

投稿日:2009/04/20 レビュアー:MonPetit

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

ジェイソン・ステイサムの出る作品はどうしても印象が似てしまう。それは個性の強さ
に他ならないのだけど、私は非常に好きだ。彼の出演作がでると必ず観たくなる。
本作は、チンピラのような男が、一世一代の銀行強盗を決意するのがそれは仕掛け
られた罠だったばかりか、強奪したものがやばすぎて命も狙われるはめになって。。
という感じの話。最後まで知らなかったのだが実際に起きた事件を元にしてるらしい。

銀行強盗を成功させるまでも軽いタッチのスリル感もありそれなりに楽しめる。本当か
よみたいな偶然が重なりうまくいってしまう。が、やばいのはここから。だけど、不思議
とジェイソン・ステイサムの出る作品は逃げ場がないぐらいのスリリングさは無い。絶対
絶命のようにみえて意外とサラッと切り抜ける。どんなやつが出てきても、こちらの方が
賢くて強そうに見えてしまう。そう見せている?いや、どの作品でもそうなのだから、本
作に限ったことではない。完全なる個の力だ。この個の力はありすぎるとB級作品に名
前だけ冠うつような作品に出演することが多くなるのだが、良くも悪くも突き抜けてない。
そこが最大の魅力。いそうでいないんだな、こういう役者。主役のような脇役のような
腕っ節は強くてちょっと頭もキレる。だけど、絶対的な正義など微塵も思ってないみたい
な。小さな拘りを貫き通す男臭さとでも言えばいいのだろうか。ちょっと長くなったけど
言いたいのは、そんなジェイソンステイサムらしさが本作でも溢れていたってこと。

麻薬を密輸してくる黒人に、政府高官や王室までからめたポルノの証拠写真。汚職警
官の賄賂リスト。貸金庫は悪の巣窟なのかもしれない。彼らも現金だけ盗んでおけば
なんてことなかったわけだけど、そこは素人ってことで持ち出してしまったことがトラブル
の発端。そもそもあんなとこで手に入れた宝石なんてそうそうさばけないだろうに。

スタイリッシュさは感じないのだが、これはいかにも英国っぽいとも言える。更には不思
議な説得力を感じた。「真実は小説よりも奇なり」を地でいくような作品で、詳しくはわか
らないが、割と忠実につくられているのでしょうか。

デス・レースもそろそろレンタル開始。
そして次はいよいよトランスポーター3の公開です。

このレビューは気に入りましたか? はい 11人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 5件 / 全163件

バンク・ジョブ

月額課金で借りる

都度課金で借りる