インクレディブル・ハルク

インクレディブル・ハルクの画像・ジャケット写真
インクレディブル・ハルク / エドワード・ノートン
予告編を観る
  • 画質は本編映像とは異なります。
全体の平均評価点:
(5点満点)

126

  • DVD
  • Blu-ray
  • TSUTAYA TV
  • 見放題
  • 動画ポイント利用可
ジャンル:

「インクレディブル・ハルク」 の解説・あらすじ・ストーリー

米マーベル・コミックから生まれた人気キャラクターを、演技派エドワード・ノートンを主演に迎え装いも新たに再映画化したヒーロー・アクション。怒りの感情によって緑色の巨人“ハルク”に変身してしまう主人公ブルース・バナーが、葛藤を乗り越え自らの運命に立ち向かう姿を、迫力のアクション・シーン満載で描き出す。監督は「トランスポーター」シリーズのルイ・レテリエ。実験中の事故で緑色の巨人“ハルク”に変身する体質となってしまった科学者ブルース。以来、軍の追跡を逃れ、また愛する恋人ベティとも別れてブラジルで隠遁生活を送っていた。だが、ある出来事がきっかけで、ついに彼の居場所が軍に知れてしまい…。

「インクレディブル・ハルク」 の作品情報

製作年: 2008年
製作国: アメリカ
原題: THE INCREDIBLE HULK

「インクレディブル・ハルク」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

インクレディブル・ハルクの詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
112分 日 英 英:ドルビーデジタル5.1ch、日:ドルビーデジタル5.1ch
レイティング: 記番: レンタル開始日:
RDD48133 2009年02月25日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
87枚 9人 13人

【Blu-ray】インクレディブル・ハルク(ブルーレイ)の詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
112分 日本語・英語 1:DOLBY True HD/5.1chサラウンド/英語
2:DOLBY True HD/5.1chサラウンド/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
BRR48133*B 2009年02月25日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
47枚 9人 3人

関連作品

ユーザーレビュー:126件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全126件

殿堂入り!ネタバレ

投稿日:2010/06/29 レビュアー:ホヨマックス

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

こ、これぇ・・最高・・
こんなにオモロいとは夢にも思わなんだぁ・・
見方によっちゃぁキングコングやスパイダーマン等々を思い出させるが
私の目には北斗の拳として映りました!

この天空に緑に輝く星をインクレディブルと呼ぶ。
その守護神エドワードハルクノートンに
戦乱を浴す神は悲しい宿命を負わせ更なる試練を与えた。
寝ても覚めてもガンマ線波漬け。
さあ「怒り」を武器に敵に立ち向かうのだ!

待ち続ける事が運命のユリアァァ(リヴタイラー)
強靭な筋肉の持ち主ケンシロォォ(ノートン)
襲い来るは野獣化した最強の暴君ラオォォ(ロス)
そして運命に導かれし者が戦うは練気闘座(屋上^^)
怒りの緑の炎の闘気に包まれた時、ハルクは「無想転生」を放つ事であろう!その究極奥義は数々の悲しみを耐え抜いた者にのみ神が与えた力!果たしてガンマ消滅の祈りは次作に叶うのかぁ!

20〜30分毎に進化する新たな展開。
この戦いは北斗の拳そのもの。
地面を殴れば地球が裂け(ハルクスマッシュ)、体を壁に叩きつければクレーター発生。
未だ観ぬ者は奇跡のレンタル村へ急げ!確率変動が待っておるぞぉ!

ふぅ〜、ところでリヴタイラー少し太った?全然よろしい!程々ポッチャリ大歓迎!^^

このレビューは気に入りましたか? はい 22人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

怒りで変身したい

投稿日:2011/09/24 レビュアー:まみもぉ

<ネタバレあります>



遠い昔、
深夜再放送していたTV版ハルクに感動。
怒りで変身する…してしまう、そこのところがツボでした。
その時を待つ快感。
ご隠居様の印籠、金さんの桜吹雪のあのどや!感。
抗えない力に抵抗できず止むを得ず変身してしまうというところもよかった。

…で、変身の仕方がまたいい。
狼男の直立猿人バージョン。
装着型でなく内盛型。
おのれの肉体を変化させる…少々デビルマン的。
変身のたび、服が破れて…もりあがる肉体、それが緑!
怒り極まった顔。だのに赤でなくて緑!
まさに『大魔神』の復活でした。

その肝心な”怒りの元”が、このハルクには希薄でした。
心拍数でごまかされた感じ。
キングコングと同じ、本能に直に響く愛の力、
これが起点でもよいのですが、
それをきっかけにした変身への”怒り”、
これがうやむやっとしていて、
エドワード・ノートン
ティム・ロス
並々ならぬ演技派のおふたりなだけに、
もったいなかったように感じしました。

でも、武器を持たない激化した肉体同士の闘いは、
見ごたえありました。
筋肉の動き、しなり…傷つけばこちらのハルクは血も緑。
その形相にも互いの面影がちゃんと残っていて、
ベティに整えてもらったハルクの髪形、頬のかたち、
見事な歯並び…
アボミネーションは、申し訳ないくらい本人にそっくりでした。

吹き消さずに、ヘリコプターの火を平手打ち風で消すところ
”ハルクスマッシュ!”なんて叫ぶながら技をくりだすところ、
アメコミのふきだしが飛び出してきたようで、
喜ばせてもらいました。

リヴ・タイラー、髪型が研究者のそれではありませんでしたが、
芯の強さは声や体の線の太さにしっかりと現れていて、
ハルクと向き合うシーンは五分と五分。
私を守って…なお姫様感なくて、よかったです。

当然、続編…な終わり方ですが、
続くならこのまま、助けるハルクでなく闘うハルク、
今回よりもっともっと、その肉体を駆使してちょっと悩みながら怒り悶々で闘うハルクを見てみたいです。

このレビューは気に入りましたか? はい 13人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

新たなハルクですが。

投稿日:2009/12/21 レビュアー:ナナメ歩き

もう監督がルイ・レテリエと言われれば観るしかないよね♪
でも突き抜けた感がないのは、それ程イメージ先行は難しいってことですかね。w

ハルクを描くならどうしてもアクションは欠かせないんでしょうが
ハルクに成った経緯が原作と違うのはドラマ性を持たせたかったんでしょうね
仕方なくではなく自ら罪を背負い込むことで深い葛藤を描きたかったのかな
でも比重はアクションに偏り、ドラマ部分がサラっと流れてしまってますね
ですがそこはレテリエ監督、アクションに関しては楽しませてくれます
でもそれだけで、どうしても葛藤劇がヒーロー然としてるので薄っぺらいですねw
どうせならブルースの葛藤と軍に追われる逃走劇メインでラストまで持たせ
最後にベティー巻き添えでハルクキレて大暴れで良かったかな、どうせなら。(笑)

どうしてもヒーローものはイメージ先行なので描き辛いんでしょうが
思い切った方向転換も大事だと感じますね、他作品と同じに見えてしまうのでw
楽しませようというサービス精神は感じますね、小ネタが散りばめられてて
初代ハルクのカメオや他作品との連携などの遊びもあって(笑)
続編は複数の化物部隊と戦いそうなので
突き抜けた描写のみに拘ってもらいたいかな
中途半端が私達には一番堪えるので。(笑)

それと、、、、リヴ・タイラーはもう少し痩せようねw
        どちらが強いのか分からないので。(笑)

このレビューは気に入りましたか? はい 13人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

アイアンマンの序章!?ネタバレ

投稿日:2009/03/18 レビュアー:MonPetit

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

エンディングのあれを見せられるとまるでハルク自体がアイアンマンの序章のようだ。
マーベルコミックのアイアンマンへの思い入れはかなり強いらしくこんなところにもそ
れが現れている。今日からレンタル開始のアイアンマンにはかなりの期待。

さて、ハルクだがエドワードノートンがキャスティングされている時点で単なるヒーロー
ものとして作りたくはなかったと言っているようなもので、確かにそういうつくりになって
いた。リブ・タイラーがキャラ的にちょっと弱い気がしなくもない。エドワードノートンの役
者としての凄さは残念ながらハルクでは発揮されておらず(無理な注文というもの)、
やはりミスキャストなのではないだろうか。ワイルドさにかなり欠けているのだが、これ
はアメコミでは非常に重要な要素だ。例えば、ヒュージャックマンのような人がベスト
なんだけどなぁ。

CGはそれなりに迫力もありハルクらしさは炸裂していたけど、ビルなんかを飛び移って
行くシーンはどうなんだろうね。マーベルコミックの作品って意外とどれも似たような話
なんだけどハルクはスパイダーマンにかなり似てるんですね、どっちが先かよくわかん
ないけど、キャラが違うだけでかなり似てる。他のもそうなんだけど(笑)だからといって
つまらないわけじゃないんだから凄いって言えば凄いんだな。

とにかくエンディングのわずかな時間で持っていかれちゃった気がします。

このレビューは気に入りましたか? はい 11人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

他のアメコミもんが良過ぎるんで、イマイチ感がハンパ無いっす!

投稿日:2010/08/25 レビュアー:KASPAR

最近(?)公開されたアメコミもんでは一番地味な印象やけど、まぁそこそこはオモロイんちゃうかなーってことで『インクレディブル・ハルク』を観てみました(°∀°)b

うーん・・・

やっぱそこそこでしたш(`∇´*)ш悪くは無いんやけどね〜

□■□■□■□■□

これは、公開当時に観てたら面白かったかも知れんけど、今観ると結構しんどいなぁ〜(´・ω・`)

この後に日本で公開された『アイアンマン』『ダークナイト』『ヘルボーイ2』あたりがあまりにも素晴らしい作品やったんで、どーしても見比べて見劣りしてしまうんよね〜・・・(´・ω・`)

しかも、出演者陣が、エドワート・ノートン×ティム・ロス×リヴ・タイラーっつー『ダークナイト』なみの豪華な布陣なんで、むっちゃハードルが高くなってもーてるしね〜・・・

で、豪華な出演者たちでなければならない感じは全く無いし・・・(´д`lll)

□■□■□■□■□

まぁ、もうそんなに覚えて無くてあんまり書くことも無いんで(←え?)、オススメはあんまりしません(σω-)。o ○

でも、みんなで"おまえミドリすぎるやろー!"とか突っ込みいれながら観るのにはイイ映画やと思うんで、そんな感じでどーぞ(((((((ノ・д・)ノどんなやねん!

個人的満足度 65点! オススメ度 65点!

このレビューは気に入りましたか? はい 10人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 5件 / 全126件

インクレディブル・ハルク