1408号室

1408号室の画像・ジャケット写真

1408号室 / ジョン・キューザック

全体の平均評価点:(5点満点)

162

全体の平均評価点:

DVD

ジャンル :

「1408号室」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

解説・ストーリー

巨匠スティーヴン・キングの短編ホラーをジョン・キューザック主演で映画化。超常現象を疑い、呪われた部屋として知られる“1408号室”に宿泊してその謎を解明しようとした主人公に襲いかかる想像を絶する恐怖を描く。共演はサミュエル・L・ジャクソン。超常現象を一切信じないマイク・エンズリンは、幽霊や怪奇現象が噂されるスポットを訪ね歩いては、その体験を文章にまとめるオカルト作家。ある日、そんな彼のもとに“ドルフィン・ホテルの1408号室には入るな”という謎めいたメッセージのポストカードが届く。さっそく宿泊しようとしたところ、ホテル側に異常な拒絶反応を示され、ますます興味をかき立てられるエンズリンだったが…。

「1408号室」 の作品情報

作品情報

製作年: 2007年
製作国: アメリカ
原題: 1408

「1408号室」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

バートン・フィンク

ロージー 檻の中の情事

ディープ・インパクト

ケミカル51

ユーザーレビュー:162件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全162件

えー満室です。

投稿日:2009/11/06 レビュアー:AVANZSUR

キング原作にキューザック、Lジャクソン共演、おまけに舞台はホテルの呪われた部屋なんて聞いたら誰だって期待値上がりますよ。
皆さんと同様、キューザックが1408号室に入室するまでが怖かったかも(笑)

作品自体は典型的なアトラクションホラームービーですね。
目の前に次から次に凝った映像と轟音を用いてこけおどす。
怖いんじゃなくて単に驚くだけです。

大体1408号室の怪現象が悪霊の仕業なのかキューザックのトラウマに基づいた自己内幻想なのか、はたまた異世界の話なのか、ひっぱりまくって、途中で「どっちでもええわ」と観る側が放り投げてしまう状況に追い込む演出は全く駄目でしょ。

製作側も結局放り投げちゃった感じだけど。

テーマパークのアトラクションで遊ぶ感覚で観ればそれなりに面白いと思いますが、ホラーとしての怖さはございません。念のため。

このレビューは気に入りましたか? 19人の会員が気に入ったと投稿しています

最後まで見れぬ

投稿日:2010/02/01 レビュアー:ホヨマックス

ちょ〜〜つまんねえ
映画館で見なくて良かった〜

こんなもん借りて
オレ詐欺にあったような気がするが・・

幽体離脱〜〜

このレビューは気に入りましたか? 18人の会員が気に入ったと投稿しています

期待値ガタ落ち。 ネタバレ

投稿日:2009/10/04 レビュアー:ナナメ歩き

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

大雨の中ホテルに駆け込む男が一人
『アイデンティティー』ばりのオープニングに
主演『ジョン・キューザック』、、、良いのかこれで?
いきなりハードル上げて大丈夫なのか?、、、監督。

「相当でないと納得しないよ?」といきなりマイナスからの観賞(笑)
むむっ!?、ホテルでの『サミュエル・L・ジャクソン』との会話後
1408号室のドアを開けるまでは、オカルトチックで雰囲気万点です
ですが、入室してからは何て事ない『ホーンテッドマンション』でした(笑)
最初からトラウマをチラつかせていたのもマイナスで
ラストまで明確な部屋の概要が分からない為、主人公の一人遊びとしか見えず
支配人の暗示から来る妄想劇なのか、部屋の存在意義が皆無ですね
言うなら力技で癒すセラピー部屋と言った所でしょうか(笑)
何故トラウマを抱えた主人公にしたのか甚だ疑問です
私達は謎解明を見たいだけで、葛藤劇を観たいんじゃないんですがねw
でないと主人公の超常現象解明作家という設定は意味ないですし
途中から方向転換するには、かなり説得力ある展開が必要なんですが
部屋に導かれたのか、それとも忠告を無視したからなのかすら分からない始末
部屋で展開されるのはアトラクション並の描写ばかりでげんなりです
ラストまで明確な答えは無く、私達に投げっぱなしです。

もう「力量不足」って言葉しか浮かびません(笑)
オープニングからゾクゾクする緊張感なのに勿体無いですねw
ラストカットからしてあの世とこの世の狭間な部屋なんでしょうが
疑問点や現実シーンでの整合性無視は補えないので
その辺の説得力の無さが全てですかね
結局は怖くない『お化け屋敷』という感じでがっかりです。

このレビューは気に入りましたか? 16人の会員が気に入ったと投稿しています

遊園地のアトラクション、リアル版

投稿日:2009/08/18 レビュアー:JUCE

 評判に反して序盤はこの映画面白いんじゃないかと思わせるんですよね。でもなんだか仕掛けが分かってくるとほとんど怖さを感じません。これってやってることは良く遊園地にある恐怖の館とかお化け屋敷と何も変わらず、部屋に入ってきた人間をあの手この手で驚かせようということですよね。他人がお化け屋敷で怖がっている映像を観ても、そのリアクションは観ていて楽しいかも知れませんがホラーの仕掛けを楽しめるのかというとそうでないと同じ理由で映画としてはいまひとつの印象。
 まああれだけリアルなお化け屋敷があったら入ってみたいような気はします。だけど子どもネタはパスします。

 仕掛けもお話も本当にアトラクションやゲームの雰囲気が漂うのですが、キューブリックの原作ではどうなのでしょう。これは全体的に体育会的なというかカラッとした雰囲気のせいかもしれません。大きな仕掛けでドスンドスンと来られるよりはジワッジワと責められる方が個人的には怖いですね。そういう意味では前のビルの窓は結構よかったです。

 怖くは無いですが、最後までとりあえず飽きずには観ることが出来ました。でも観た満足感はあまり感じられません。

このレビューは気に入りましたか? 14人の会員が気に入ったと投稿しています

1408号室には 泊まりたくない ネタバレ

投稿日:2009/03/19 レビュアー:ミルクチョコ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

スティーブン・キングの同名小説を映画化したサスペンス・ホラーです。
オカルト作家のマイク(J・キューザック)のもとに「ドルフィンホテルの1408号室には入るな」という謎のハガキが届きます。
興味を持ったマイクはホテルに向かい、半ば強引に1408号室に宿泊するのですが、この部屋に入ってすぐに挑戦的にマイクを責め始める展開は、テンポが速くたたみかけるように次々と災難に見舞われる主人公を見ているだけで、ハラハラドキドキします。

前半は心理的にじわじわと怖がらせる手法で、日本のホラー映画に似ているような感じですが、後半一転して動きが激しくなり、びっくりさせるような大きな音で驚かせる手法はアメリカ調?あまり多用されるとちょっと残念な気もしてしまいます。
まぁ、J・キューザックが超常現象を体験する男に扮し、恐怖に雄たけびを上げ、部屋を走り回り、百面相の一人演技を展開してくれるところは、良かったといえば、良かったのですが、彼が助かった時には一緒に安堵するなど見ていてちょっと疲れます。
そして、あれだけ偉そうに豪語しておいて、おまけにお酒まで要求しておきながら、人間の過信なんて儚くもろいものだと実感してしまいました。

ラストは今一つ分かりづらいのですが、録音していたテープを聞いた時に聞こえてきた声がかなり辛かったです。

このレビューは気に入りましたか? 14人の会員が気に入ったと投稿しています

1〜 5件 / 全162件

1408号室

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:162件

えー満室です。

投稿日

2009/11/06

レビュアー

AVANZSUR

キング原作にキューザック、Lジャクソン共演、おまけに舞台はホテルの呪われた部屋なんて聞いたら誰だって期待値上がりますよ。
皆さんと同様、キューザックが1408号室に入室するまでが怖かったかも(笑)

作品自体は典型的なアトラクションホラームービーですね。
目の前に次から次に凝った映像と轟音を用いてこけおどす。
怖いんじゃなくて単に驚くだけです。

大体1408号室の怪現象が悪霊の仕業なのかキューザックのトラウマに基づいた自己内幻想なのか、はたまた異世界の話なのか、ひっぱりまくって、途中で「どっちでもええわ」と観る側が放り投げてしまう状況に追い込む演出は全く駄目でしょ。

製作側も結局放り投げちゃった感じだけど。

テーマパークのアトラクションで遊ぶ感覚で観ればそれなりに面白いと思いますが、ホラーとしての怖さはございません。念のため。

最後まで見れぬ

投稿日

2010/02/01

レビュアー

ホヨマックス

ちょ〜〜つまんねえ
映画館で見なくて良かった〜

こんなもん借りて
オレ詐欺にあったような気がするが・・

幽体離脱〜〜

期待値ガタ落ち。

投稿日

2009/10/04

レビュアー

ナナメ歩き

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

大雨の中ホテルに駆け込む男が一人
『アイデンティティー』ばりのオープニングに
主演『ジョン・キューザック』、、、良いのかこれで?
いきなりハードル上げて大丈夫なのか?、、、監督。

「相当でないと納得しないよ?」といきなりマイナスからの観賞(笑)
むむっ!?、ホテルでの『サミュエル・L・ジャクソン』との会話後
1408号室のドアを開けるまでは、オカルトチックで雰囲気万点です
ですが、入室してからは何て事ない『ホーンテッドマンション』でした(笑)
最初からトラウマをチラつかせていたのもマイナスで
ラストまで明確な部屋の概要が分からない為、主人公の一人遊びとしか見えず
支配人の暗示から来る妄想劇なのか、部屋の存在意義が皆無ですね
言うなら力技で癒すセラピー部屋と言った所でしょうか(笑)
何故トラウマを抱えた主人公にしたのか甚だ疑問です
私達は謎解明を見たいだけで、葛藤劇を観たいんじゃないんですがねw
でないと主人公の超常現象解明作家という設定は意味ないですし
途中から方向転換するには、かなり説得力ある展開が必要なんですが
部屋に導かれたのか、それとも忠告を無視したからなのかすら分からない始末
部屋で展開されるのはアトラクション並の描写ばかりでげんなりです
ラストまで明確な答えは無く、私達に投げっぱなしです。

もう「力量不足」って言葉しか浮かびません(笑)
オープニングからゾクゾクする緊張感なのに勿体無いですねw
ラストカットからしてあの世とこの世の狭間な部屋なんでしょうが
疑問点や現実シーンでの整合性無視は補えないので
その辺の説得力の無さが全てですかね
結局は怖くない『お化け屋敷』という感じでがっかりです。

遊園地のアトラクション、リアル版

投稿日

2009/08/18

レビュアー

JUCE

 評判に反して序盤はこの映画面白いんじゃないかと思わせるんですよね。でもなんだか仕掛けが分かってくるとほとんど怖さを感じません。これってやってることは良く遊園地にある恐怖の館とかお化け屋敷と何も変わらず、部屋に入ってきた人間をあの手この手で驚かせようということですよね。他人がお化け屋敷で怖がっている映像を観ても、そのリアクションは観ていて楽しいかも知れませんがホラーの仕掛けを楽しめるのかというとそうでないと同じ理由で映画としてはいまひとつの印象。
 まああれだけリアルなお化け屋敷があったら入ってみたいような気はします。だけど子どもネタはパスします。

 仕掛けもお話も本当にアトラクションやゲームの雰囲気が漂うのですが、キューブリックの原作ではどうなのでしょう。これは全体的に体育会的なというかカラッとした雰囲気のせいかもしれません。大きな仕掛けでドスンドスンと来られるよりはジワッジワと責められる方が個人的には怖いですね。そういう意味では前のビルの窓は結構よかったです。

 怖くは無いですが、最後までとりあえず飽きずには観ることが出来ました。でも観た満足感はあまり感じられません。

1408号室には 泊まりたくない

投稿日

2009/03/19

レビュアー

ミルクチョコ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

スティーブン・キングの同名小説を映画化したサスペンス・ホラーです。
オカルト作家のマイク(J・キューザック)のもとに「ドルフィンホテルの1408号室には入るな」という謎のハガキが届きます。
興味を持ったマイクはホテルに向かい、半ば強引に1408号室に宿泊するのですが、この部屋に入ってすぐに挑戦的にマイクを責め始める展開は、テンポが速くたたみかけるように次々と災難に見舞われる主人公を見ているだけで、ハラハラドキドキします。

前半は心理的にじわじわと怖がらせる手法で、日本のホラー映画に似ているような感じですが、後半一転して動きが激しくなり、びっくりさせるような大きな音で驚かせる手法はアメリカ調?あまり多用されるとちょっと残念な気もしてしまいます。
まぁ、J・キューザックが超常現象を体験する男に扮し、恐怖に雄たけびを上げ、部屋を走り回り、百面相の一人演技を展開してくれるところは、良かったといえば、良かったのですが、彼が助かった時には一緒に安堵するなど見ていてちょっと疲れます。
そして、あれだけ偉そうに豪語しておいて、おまけにお酒まで要求しておきながら、人間の過信なんて儚くもろいものだと実感してしまいました。

ラストは今一つ分かりづらいのですが、録音していたテープを聞いた時に聞こえてきた声がかなり辛かったです。

1〜 5件 / 全162件