リベンジ

リベンジの画像・ジャケット写真
リベンジ / ケビン・コスナー
全体の平均評価点:
(5点満点)

12

  • DVD
ジャンル:

「リベンジ」 の解説・あらすじ・ストーリー

海軍のパイロット、コクランは軍を退役後、自由な生活を満喫しながらメキシコに住む旧友宅を訪れた。そこで若くて魅力的な女性、ミリエラと出会いたちまち激しい恋に落ちるが、彼女は旧友の妻で、夫である友人は地元の顔役だった。二人の関係に気付いた夫はコクランを半殺しにしてミリエラを何処かへ追いやってしまう。しかし生死の境をさまよっていたコクランはとある老人に助けられ、体が完治する間もなく彼女の捜索と復讐を誓い、ミリエラの行方を追うのだった……。

「リベンジ」 の作品情報

製作年: 1990年
製作国: アメリカ
原題: REVENGE

「リベンジ」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

リベンジの詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
125分 日本語 英語 1:ドルビーデジタル/ステレオ/英語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
FXBR2485 2009年02月06日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
11枚 0人 0人

関連作品

ユーザーレビュー:12件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全12件

何をどうしても、正解では無いのですネタバレ

投稿日:2009/02/13 レビュアー:こんちゃん

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

 以前、「守護神」のレビューで、
「ケビン・コスナーは、若い頃大根だったけど、枯れてきてよくなった」
と書いたことがあります。代表作の「ボディガード」なんて、大根の最たるものだと思うのですが・・・(笑)
 だいたいラジー賞を3回も獲得するくらいですから、アメリカにおける評価もそんなもんですって。

 その時にかみさんが、
「でも、「リベンジ」のケビン・コスナーは良いのよ」
と言うので調べたら、DVD化されていなかったのですね。その後、ラヴァ様も他の作品の中で、「リベンジ」を褒めていたりして、観たいと思っていた作品がやっとDVD化なのです。

 確かになかなか見応えがある作品でしたねえ。1990年、18年も前の作品ですからケビン・コスナーが若いです(笑)
 「ダンス・ウィズ・ウルヴス」でオスカー監督になったのと同じ年(主演男優賞はノミネートだけです)で「ボディーガード」の2年前ですから、当然大根の時期です(笑)
 しかし、この作品でのケビンはなかなか良いです。ちょいとマカロニ・ウェスタンを思わせる作りとトニー・スコットの見事な映像美の中で、幾分影のある役柄が意外なほどはまってます。
 彼にはいい人オーラがあると「守護神」のレビューで書いたのですが、この作品ではそのいい人オーラを封じ込めていますねえ。これは監督のなせる技なのかもしれません。

 ストーリーはイントロダクションにある通りで、それだけ読むと(いや、映画を観ても)友人(かなりの爺い)の若いかみさんを寝取って、その爺いに半殺しにされたあげく、彼女を捜しつつリベンジするという、
「何じゃ、そりゃ?逆恨みもいいところだろ・・・」
と思ってしまうのですが、アンソニー・クイン演じるメンデスが、マフィアかなんかのボスで、そこはかとなく嫌な奴なので、それほどの不快感はありません。協力してくれるメキシコのじいさんたちが、なんでそんなことに協力してくれるのかがよくわからんのですが、まあいい人達です。
 前半はけっこうタルい展開で、冒頭のF−14トムキャットの勇姿が見どころくらいのものです(退役間近でありながらF−15イーグルよりも性能が良く、空中性能がダントツであったF−14ですから、軍事オタクのパロさんなどには垂涎物だったと思われます・・・笑)(そう言えばトニー・スコットは「トップガン」の監督でした)
 しかし、その前半の冗長さ加減が逆に後半のスピード感と緊迫感を高める伏線にもなっているのですね。

 ストーリー全般を通じてカタルシスがあるわけでもありませんし、ハッピーエンドとも言いにくい、ある意味ハリウッドっぽくない作品ですが、リベンジに燃えるコクランと対峙した際のメンデスの、
「男として、以前の友人として・・・」
と言う、veryblueさんの言うところの筋の通し方も、それに応えるコクランも、そしてやっと探し当てたミレアが、瀕死の状態でありながら、コクランに対して顔の傷を隠そうとする心根も、深く胸にしみるのです。
「背筋が凍るぜ」
とシャブ浸けにされていたとしても、確かに心は熱くなるのです(笑)
(松田龍平は、TVドラマではなかなか良かったのに、映画「誰も守ってくれない」では、あまり出番がありませんでした・・・・笑)

このレビューは気に入りましたか? はい 8人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

愛とは 残酷なもの

投稿日:2009/01/30 レビュアー:veryblue

随分 前の作品なのに 古さを感じさせないのは流石です
アンソニー・クイン の 苦悩
そして 筋の通し方
恐ろしいけど 理解できるよなぁ ・・・
胸が 熱くなりますょ
「 背筋が 凍るぜ ったく 」 by 松田龍平
( ↑ 胸は 熱くなるのに 背筋は 凍る > ちょい 風邪気味 笑 )
レヴューが 2本しかないのは 勿体無いですね
さきほどから 最近作で 見たいもの 見逃したもの を
延々と 探しているのですが
ちっとも 見つかりません !!
訳も分からない間に巻き込まれる系の
パニック や ホラー が 主流になっていて
心惹かれる作品が少ない (悲)
いえ パニックもホラーも 好きなんですよ アハハ (汗)
それでも やはり 背景に 何らかのストーリーが
伏線として 織り込まれていないと ダメなんですよね ・・・
何も考えずに見られると 一般に言われる
アクション物 ( 例 007 ) は
ワタクシの場合 アクション・シーンに入った途端
爆睡だいまじんが やって来てしまうので
こちら “ リベンジ ” みたく
アクション入りながらも 主人公たちの 心の機微など
しっかりと 追えるものは とても貴重です
オススメです

VB

このレビューは気に入りましたか? はい 6人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

隅に置けない一本

投稿日:2011/08/01 レビュアー:ぶわつ

 『アンタッチャブル』(1987)
 『さよならゲーム』(1988)
 『フィールド・オブ・ドリームス』(1989)
 『ダンス・ウィズ・ウルブス』(1990)
 『ロビン・フッド』(1991)
 『JFK』(1991)
 『ボディ・ガード』(1992)

 まさに、アメリカ(一部イギリス(汗))の良き男、ヒーローを演じ続け、オスカーも獲得し、人気、キャリアとも絶頂だったケビン・コスナーの、1990年に撮られた、これは鬼子ともいえる一作、といえばやや大袈裟かもしれませんが、本作『リベンジ』でケビン・コスナーが演じる主人公は、古い友人の美しい妻を寝取ってしまう。それだけでも、上に挙げた作品群の中のケビン・コスナーとは真逆のキャラであり、コスナー自身にとってはそれなりに野心を持った一作でもあったと推察されるのですが・・・案の定、あまり受け入れられることなく、埋もれてしまった(discasのレビューも9件・・・)。

 けれど、“それだけに!”オレの中では逆に印象が強く、ケビン・コスナー主演作の中でも隅に置けない一本であり続けていました。

 その思いは、ひさしぶりに観直してみた今でも変わることはありませんでした。
 そして、あらためて観て思ったこと。

 それは、アンソニー・クインの何ともいえない(凄みや寂寥感の混じり合った)佇まいと、マデリン・ストウの美しさが間違いなく本作に力を与えているということ。
 監督のトニー・スコットも他の作品と違って、腰を落ち着けてじっくり撮っているという印象が強い。

 あれ?ってことはこれは別に主演がケビン・コスナーでなくても十分成立してしまうやん・・・と身も蓋もないことを思ってしまったのですが、確かに本作のケビン・コスナーはどっちかと言うと自己中な男で、魅力的とも言えず・・・だからつまり本作は、ケビン・コスナー主演のというよりも、トニー・スコット監督の隅に置けない一本と言う方が正解なのかもって気がしてきました。

 まあ、いずれにしてもオレが本作を支持する気持ちは変わりません!ってことで、興味のある方、試しにどうぞ。

このレビューは気に入りましたか? はい 5人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

キング・オブ・バイオレンスネタバレ

投稿日:2008/12/31 レビュアー:裸足のラヴァース

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

って スチュワート・ゴードンの作品のレヴューに「リベンジ」のレヴューを乗っけてます ようやくこのトニースコットの愛の傑作が再発ですね うれしいです お勧めします 二月だけどねレンタル開始は

このレビューは気に入りましたか? はい 5人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

・・・・・・・

投稿日:2010/09/14 レビュアー:エロエロ大魔神

犯されて復習する女バージョンンのリベンジとコスナーがやるリベンジの男バージョンがあるに今、気がついた!むろん女バージョンは逃さず見ているが、これは・・・・14分で心停止、即、ポストに強制送還

このレビューは気に入りましたか? はい 4人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 5件 / 全12件

リベンジ

月額課金で借りる

都度課金で借りる