DNA

DNAの画像・ジャケット写真

DNA / リー・ワネル

全体の平均評価点:(5点満点)

16

全体の平均評価点:

DVD

ジャンル :

「DNA」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

解説・ストーリー

「ソウ」シリーズのリー・ワネル主演によるサバイバルスリラー。タスマニア・タイガーの調査中、不慮の事故で死んでしまった姉に代わり、友人と共に再調査に乗り出した妹のニーナ。しかし、向かった先の島にはある呪われた歴史が隠されていて…。

「DNA」 の作品情報

作品情報

製作年: 2008年
製作国: オーストラリア
原題: DYING BREED

「DNA」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

ゾンビスクール!

レッドライン

インシディアス[序章]

ウォリアーズ 異空の戦士

ユーザーレビュー:16件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全16件

B級ホラーとしては十分

投稿日:2009/10/29 レビュアー:AVANZSUR

悪くは無いけど良くも無いと言う典型的なB級ホラー。
全編通して数あるホラー作品の使い回しを感じる。
つまり定石通りの地味〜〜な展開で終始。

本作は食人系だが目新しいハッとするようなスプラッターシーンも無く、グロ度も低いのでホラー系苦手な方でも大丈夫。
一応どんでんも用意されてるが、ホラーファンの方なら展開が先読み出来てしまう。

何かつらつら書いたのを読み返すと面白くさなさげだが、途中で飽きることなく一気に観れたのと映像にホラー独特の湿り感が醸しだされていてB級ホラー作品としては十分及第点だと思う。

このレビューは気に入りましたか? 16人の会員が気に入ったと投稿しています

60点(凡作) ネタバレ

投稿日:2011/07/18 レビュアー:ホヨマックス

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

微妙・・ホラーのようで実はミステリーサスペンススリラー?

まだ生息していると信じる?タスマニアタイガーを探しに男女4人が森へ。
だが、森の村は忌まわしかった〜

うん、緊迫感が無い。喰人族だけあってホラー要素はあるけれど、大した事はなく肩透かし。
男女4人も何か愚かで腹立たしい連中。自分から死にに行ってるようだ。
思いっきりホラーに走っちゃえば良かったのに何やってんだろ・・盛り上がりに欠ける。

もうちょいパンチが欲しい。結局雰囲気だけだね。ムチャクチャ惜しい。。。

このレビューは気に入りましたか? 11人の会員が気に入ったと投稿しています

おかんは、豚に変身するのか?

投稿日:2010/12/20 レビュアー:mitamita観た〜!!

なんでこんな作品借りちゃったのか・・・
ホラーなら必ず目にするレビュアーのかたがいませんものね。

「DNA」なんて題名がそそるじゃないですか。

タスマニアの人たち、怒りませんか。
食人鬼なんて。
なんでこうなったかそんなことで「DNA」が変化する?
じゃあ、私はどうよ!
3日に1度は牛や豚を食ってるぞ。
変身してへんやん。
誰や「豚になっとるやん」て、ゆうの。

ほんまやぁ〜〜!!

このレビューは気に入りましたか? 7人の会員が気に入ったと投稿しています

原題は「DYING BREED」 ネタバレ

投稿日:2009/09/11 レビュアー:夜子

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

かつてイギリスの過酷な流刑地だったタスマニア奥地。脱獄囚”パイ売り”ピアーズはタスマニアタイガーと共存し人肉を喰い唯一生き延びたと言う。

現代。8年前タスマニアタイガーの調査中に行方不明となり無残な溺死体で発見された姉と同じ経路をたどる調査のため、ニーナ(ミラ・フォルクス)は、恋人マット(リー・ワネル)と彼の友人ジャック(ネイサン・フィリップス)、その恋人レベッカ(メラニー・ヴァレジョ)と共に姉が発見された”パイマン・リバー”の岸辺の村へと向かった。

ニーナは今なお姉の無残な死の悪夢に苛まされていたが、マットはそんな彼女を気遣う気弱だが優しい恋人だ。けれどジャックはデリカシーの無い乱暴者で若いレベッカも気楽な小旅行気分でニーナはますますナーバスになっていく。

血の色の河”パイマン・リバー”の渡し守リアムと孫と思しき少女ケイティも不気味で頑なだし、村に一軒の何でも屋では余所者を威嚇するかのような視線で出迎えられるが、宿の主人ハーヴェイ老一人が歓迎の意思を示した途端異常なほど盛り上がるなど奇妙な空気の中、4人は調査のため奥地へと向かうが・・・。

陰惨な過去のあるど田舎、原生林、血の色の巨大な河、異常な村人、不潔で残酷な田舎暮らしときて、一人また一人と都会からの旅行者が犠牲になっていくシナリオはありがちだけど、特殊メイクのセンスもいいし、トラバサミ、原生林に点在する廃坑などなどアイテム使いもいいし、役者も充実、キャラも脚本もよく練られてて、何よりリー・ワネル好きなら要チェックの佳作。

思ったことをイマイチ口に出せない、ソウでも見せた究極まで追い詰められたリー・ワネルっていいなぁ。ニーナのミラ・フォルクスの”腰が抜ける”シーンもよかった。スプラッター好きの諸兄には物足りないかもだけど、このところスプラッター跨ぎがちな私にとってはかなりな満足度です。
ちなみに動物好きさんにはかなりキビシイのでは跨いだ方がよろしいかと。

このレビューは気に入りましたか? 3人の会員が気に入ったと投稿しています

やっぱ森に入ると、、、

投稿日:2010/05/26 レビュアー:テピ

暗くて何が起きてるのかわからん!!
真っ暗な画面の中、叫び声だの、聞こえても怖くないし。。

タスマニアのどの辺りだろう?オーストラリアが舞台って
ちょっと珍しい。。

このレビューは気に入りましたか? 2人の会員が気に入ったと投稿しています

1〜 5件 / 全16件

DNA

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:16件

B級ホラーとしては十分

投稿日

2009/10/29

レビュアー

AVANZSUR

悪くは無いけど良くも無いと言う典型的なB級ホラー。
全編通して数あるホラー作品の使い回しを感じる。
つまり定石通りの地味〜〜な展開で終始。

本作は食人系だが目新しいハッとするようなスプラッターシーンも無く、グロ度も低いのでホラー系苦手な方でも大丈夫。
一応どんでんも用意されてるが、ホラーファンの方なら展開が先読み出来てしまう。

何かつらつら書いたのを読み返すと面白くさなさげだが、途中で飽きることなく一気に観れたのと映像にホラー独特の湿り感が醸しだされていてB級ホラー作品としては十分及第点だと思う。

60点(凡作)

投稿日

2011/07/18

レビュアー

ホヨマックス

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

微妙・・ホラーのようで実はミステリーサスペンススリラー?

まだ生息していると信じる?タスマニアタイガーを探しに男女4人が森へ。
だが、森の村は忌まわしかった〜

うん、緊迫感が無い。喰人族だけあってホラー要素はあるけれど、大した事はなく肩透かし。
男女4人も何か愚かで腹立たしい連中。自分から死にに行ってるようだ。
思いっきりホラーに走っちゃえば良かったのに何やってんだろ・・盛り上がりに欠ける。

もうちょいパンチが欲しい。結局雰囲気だけだね。ムチャクチャ惜しい。。。

おかんは、豚に変身するのか?

投稿日

2010/12/20

レビュアー

mitamita観た〜!!

なんでこんな作品借りちゃったのか・・・
ホラーなら必ず目にするレビュアーのかたがいませんものね。

「DNA」なんて題名がそそるじゃないですか。

タスマニアの人たち、怒りませんか。
食人鬼なんて。
なんでこうなったかそんなことで「DNA」が変化する?
じゃあ、私はどうよ!
3日に1度は牛や豚を食ってるぞ。
変身してへんやん。
誰や「豚になっとるやん」て、ゆうの。

ほんまやぁ〜〜!!

原題は「DYING BREED」

投稿日

2009/09/11

レビュアー

夜子

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

かつてイギリスの過酷な流刑地だったタスマニア奥地。脱獄囚”パイ売り”ピアーズはタスマニアタイガーと共存し人肉を喰い唯一生き延びたと言う。

現代。8年前タスマニアタイガーの調査中に行方不明となり無残な溺死体で発見された姉と同じ経路をたどる調査のため、ニーナ(ミラ・フォルクス)は、恋人マット(リー・ワネル)と彼の友人ジャック(ネイサン・フィリップス)、その恋人レベッカ(メラニー・ヴァレジョ)と共に姉が発見された”パイマン・リバー”の岸辺の村へと向かった。

ニーナは今なお姉の無残な死の悪夢に苛まされていたが、マットはそんな彼女を気遣う気弱だが優しい恋人だ。けれどジャックはデリカシーの無い乱暴者で若いレベッカも気楽な小旅行気分でニーナはますますナーバスになっていく。

血の色の河”パイマン・リバー”の渡し守リアムと孫と思しき少女ケイティも不気味で頑なだし、村に一軒の何でも屋では余所者を威嚇するかのような視線で出迎えられるが、宿の主人ハーヴェイ老一人が歓迎の意思を示した途端異常なほど盛り上がるなど奇妙な空気の中、4人は調査のため奥地へと向かうが・・・。

陰惨な過去のあるど田舎、原生林、血の色の巨大な河、異常な村人、不潔で残酷な田舎暮らしときて、一人また一人と都会からの旅行者が犠牲になっていくシナリオはありがちだけど、特殊メイクのセンスもいいし、トラバサミ、原生林に点在する廃坑などなどアイテム使いもいいし、役者も充実、キャラも脚本もよく練られてて、何よりリー・ワネル好きなら要チェックの佳作。

思ったことをイマイチ口に出せない、ソウでも見せた究極まで追い詰められたリー・ワネルっていいなぁ。ニーナのミラ・フォルクスの”腰が抜ける”シーンもよかった。スプラッター好きの諸兄には物足りないかもだけど、このところスプラッター跨ぎがちな私にとってはかなりな満足度です。
ちなみに動物好きさんにはかなりキビシイのでは跨いだ方がよろしいかと。

やっぱ森に入ると、、、

投稿日

2010/05/26

レビュアー

テピ

暗くて何が起きてるのかわからん!!
真っ暗な画面の中、叫び声だの、聞こえても怖くないし。。

タスマニアのどの辺りだろう?オーストラリアが舞台って
ちょっと珍しい。。

1〜 5件 / 全16件