マキシマム・ボルケーノ

マキシマム・ボルケーノの画像・ジャケット写真
マキシマム・ボルケーノ / オリビア・ウィリアムズ
全体の平均評価点:
(5点満点)

2

  • DVD
ジャンル:

「マキシマム・ボルケーノ」 の解説・あらすじ・ストーリー

島を襲う大災害の脅威を描いたディザスターパニック。スマトラ島で地質を研究するロジャーは、最近微震を繰り返す対岸の火山島・クラカトア島に注目していた。周囲の人々の不安が高まる中、ついにクラカトア島は大噴火を起こし、巨大津波を引き起こす。

「マキシマム・ボルケーノ」 の作品情報

製作年: 2006年
製作国: イギリス
原題: KRAKATOA: THE LAST DAYS/KRAKATOA: VOLCAN

「マキシマム・ボルケーノ」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

マキシマム・ボルケーノの詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
88分 日本語 日(大字幕) 1:ドルビーデジタル/ステレオ/日本語
2:ドルビーデジタル/ステレオ/英語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
IP090523 2009年02月06日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
8枚 0人 0人

関連作品

ユーザーレビュー:2件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 2件 / 全2件

クラカトア/最期の日

投稿日:2014/03/19 レビュアー:みなさん(退会)

BBCらしいドキュメンタリー・タッチの群像劇。生真面目なところが英国っぽい。(笑)
ヒドい邦題なので、原題の直訳をレビューのタイトルにしてみた。こっちの方がよくないか? 『ポンペイ最期の日』みたいだが、よほど内容と合致している。

19世紀後半、大勢の死傷者を出したインドネシアのクラカトア島の火山噴火を題材にしている。知らなかったが、最大規模の噴火だったらしい。残された日誌や記録をベースに綴られている。ドラマティックな演出を排したためか、地味な仕上がり。けれど、そこに描かれた一つひとつのエピソードは重い。後から、じんわりと来る作品だった。

物語は、難を逃れた地質学者のモノローグで始まる。彼は、噴火を予見しながら何も出来なかったことを悔いている。それは学者(観察者)の宿命というものだろう。映画と違って、現実の世界では学者がヒーローになることは、まずない。現代の観点からしても、警報や避難、ひいては“備え”というヤツが如何に行政の仕事であるかが分かる。

主人公は、農園管理官のオランダ人。妻と2人の子供、そして赤ん坊がいる。どうやらスパイスの輸出が思わしくないらしい。噴火の予兆を察知して「逃げましょう」と言う妻の言葉も耳に入らない。そのため、一家は惨事に巻き込まれることになる。危険に対する感度が生死を分ける。人生いろいろあるが、この感度だけはピュアに保ちたいものである。

特筆しなければならないのは、この家族に仕えるインドネシア人の存在が光っていたこと。作品に余韻を与える好演だった。彼は、自分の家族を逃がし、オランダ人家族を守ろうとする。その献身ぶりに胸が痛くなった。彼もまた、英雄的な行動はしない。ただ、主と行動を伴にするだけ。けれど、現地の住民とオランダ人との狭間で均衡を保つ役割わりを担っており、その自覚ぶりが切なかった。

また、客船の“酔いどれ”船長のエピソードも心に残った。7つの海を制した英国だからこその逸話だろう。彼は、火山周遊のために操船することを善としていない。だから、友人のために中国人労働者を密入国させる手助けをしたりする。
船での出来事が他のエピソードに較べて具体的なのは、航海日誌が残されているからだろう。幾分脚色がみられるものの、おそらくこの通りだろうと思える説得力があった。

随分昔のことだが、ダイビングをしに三宅島によく通っていた。夏場は2週に1回のベース。ホームグランドのつもりだった。魚影も濃く、大島のように他のダイバーとカチ合うことも稀で、静かに海を楽しむのに最適だった。おかげで、大勢の知己も出来た。
それだけに噴火による全島避難は衝撃的だった。海の中はどうなっただろう? 浜は残っているのだろうか? タンクを借りた海洋○発は? 思いを焦がしながら十数年……。いつの間にか若くなくなっていた。(笑)
クラカトア島にしろ三宅島にしろ、火山の噴火が大勢の人生を奪う。自然災害は、いつどこで発生するのか分からない。止めることも出来ない。地震も噴火も津波も人間の思い通りにはならない。

予知研究も盛んなようだが、仮に完成したとしても、私たちは素直に警告を信じることが出来るだろうか? もしかしたら、この信じらんない心が、これからの時代は被害を大きくする要因になるかも知れない。そんな風なことを思った。
――私自身、避難しないかも知れないな。(苦笑)

事実を元にしているため、台詞やエピソードに結末がないことも多い。物語全体は落ち着くべきところに落ち着くが、普段から過剰な演出のドラマを見慣れた目には物足りないかも知れない。けれど、その物足りなさこそが本作品の良心だと思う。

オススメ!

このレビューは気に入りましたか? はい 4人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

リアリティ

投稿日:2009/02/09 レビュアー:ヤン

1800年代と100年以上も前のインドネシアでの火山噴火について
記録を元にドラマ化しています。
火山の噴火と溶岩、火山弾、火山灰といったものの被害しか知らなかったが、
40キロ以上離れた場所でも油断できないことを初めて知りました。
ハリウッドのパニック映画と比較すると派手さはありませんが、事実を基にしただけに
リアリティはあります。

このレビューは気に入りましたか? はい 3人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 2件 / 全2件

マキシマム・ボルケーノ

月額課金で借りる

都度課金で借りる