ドラキュラ

ドラキュラの画像・ジャケット写真
ドラキュラ / ゲイリー・オールドマン
全体の平均評価点:
(5点満点)

68

  • DVD
  • Blu-ray
  • TSUTAYA TV
  • 見放題
  • 動画ポイント利用可
  • 映画賞受賞作品
ジャンル:

「ドラキュラ」 の解説・あらすじ・ストーリー

亡き妻の面影を求めて彷徨うドラキュラと、妻に生き写しの女性との儚い恋の顛末を描く、ブラム・ストーカーの「吸血鬼ドラキュラ」を映画化したホラー・ファンタジー。

「ドラキュラ」 の作品情報

製作年: 1992年
製作国: アメリカ
原題: BRAM STOKER’S DRACULA/DRACULA
受賞記録: 1992年 アカデミー賞 衣装デザイン賞

「ドラキュラ」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

ドラキュラの詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
126分 日本語 英:ドルビーデジタル5.1ch/ドルビーサラウンド、日:ドルビーステレオ
レイティング: 記番: レンタル開始日:
RDD14590 2003年05月26日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
8枚 0人 1人

【Blu-ray】ドラキュラ(ブルーレイ)の詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
126分 日本語・英語 1:DOLBY True HD/5.1chサラウンド/英語
2:DOLBY True HD/5.1chサラウンド/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
BRR14590*B 2009年04月28日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
11枚 1人 0人

関連作品

ユーザーレビュー:68件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全68件

「愛は死より強い…」ネタバレ

投稿日:2010/12/06 レビュアー:まみもぉ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

とても有名な古典。
だいたいどんなお話しか分かっていたので、
アンソニー・ホプキンスとトム・ウェイツ目当てで気楽に観始めました。が、
…次から次へと予想外な展開、そして面白さ。
切々と瑞々しい悲しい愛の物語でした。

キャストも期待以上。
ドラキュラ伯爵にゲイリー・オールドマン。(『レオン』のノーマン麻薬捜査官!)
そのドラキュラと恋人との間で揺れ動く乙女ミナに、ウィノナ・ライダー。
(福与かなバストに細すぎるウエスト…あふれる初々しさ)
そのミナの恋人ジョナサン・ハーカーにキアヌ・リーヴス。
(なんとウィノナ・ライダー以上の初々しさ…)
そんなキャストをさらに更に豪華に引き立てる衣装とセット。
でも、けばけばしくはなく、品があります。
ゴシックロマンの薫り漂う格調高い美しさ、そして、エロテッィク…
コッポラ監督ならではの威厳ムンムンな壮麗な映像美、全開。

お目当てのおふたりは、その個性をぐっと抑えて
控え目な立ち位置。だからこその存在感はありました。
主役はそのままドラキュラ、ゲイリー・オールドマン。そして可憐なノニー。

ドラクル伯爵の朱色と橙色の混じったような重々しい赤色の、
蟹の甲羅のような鎧。
ドラキュラ伯のハート型の髪型に長く引きずる裾の赤いロープ。
ロンドンの街中でミナとで会った時のシルバーのスーツに青いレンズの眼鏡。
女性の肢体を際立たせるひらめくドレス…漆黒赤色や純白やグリーントーン。
どれもこれも息を呑み、ため息をつくものばかりです。

”この世で至上の幸福は出遭うことだ。真実の愛に。”

彷徨ったままの愛する妻の魂をミナの内に見つけたドラキュラ伯爵。
400年もの間、待ち続けていた時を越えた彼の愛様に、胸打たれます。
ミナの婚約者ジョナサンを城に監禁。ロンドンへ。
その城の中、
三人の妖艶な女吸血鬼の血を吸われ、弄ばれるジョナサン。
男女どちらの別腹も満たしてくれる、ご馳走様なエロティックなシーンです。
ベッドに横たわるジョナサンの股間からせりあがってくる、
ハリツヤ満々のモニカ・ベルッチは、瞬きを忘れるほどの艶かしさです。

ミナに自分と同じ永遠の命を与えようとし、でも思いとどまるドラキュラ伯爵。
愛する人を呪われた身にできないと…。
ドラキュラが人間的な苦悩も併せ持った「人」として、切なく描かれています。
愛する人の正体、親友を死に至らしめたこと、
知ってなお抑える事のできない胸の内を絞り出すように告白するミナ。
瑞々しく光り輝くウィノナ・ライダー。
 ”あなたのようになって、同じものを見て同じものを愛したい。
 You’re my love. いつまでも永遠に”
そして、美しいラスト。
そのラストのドラキュラの衣装、あのクリムトの「接吻」に似ています。
男女結合の象徴の渦巻きと垂直線の文様。
ドラキュラの血に染まっていくその煌びやかな文様は、
彼と愛する妻エリザベータそのもののようでした。
ドラキュラの願いを聞き入れ、胸に刺さった剣を突き通し、最後のキス。
そして、ミナは彼の首を切り落とします。おみごと……。
貞節な乙女だからこそなしえただろう最期のとどめ。
残虐なシーンであるのですが、その美しさに見蕩れてしまいました。
 
ミナの見上げた教会天井には、ドラクル伯爵とエリザベータ天昇の姿。
エンド・クレジットで流れる歌が引く、切ない余韻。

全身でうっとり感満喫の、ゴシックロマンホラーでした。

このレビューは気に入りましたか? はい 19人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

亡き妻の面影を求め彷徨うドラキュラ・・・切ないな〜

投稿日:2010/11/14 レビュアー:みむさん

コッポラ監督がマジメに映画化した「ドラキュラ」という感じ。

ゲイリーオールドマン、アンソニーホプキンス、
キアヌリーブス、ウィノナライダーetc・・・・
とキャストも豪華。

王ヴラド・ドラキュラ(ゲイリーオールドマン)が
絶対不利といわれた戦いに勝ち、帰還したところ、
敵の策略による「ウラド死去」の誤報を聞いた
王妃エリザベート(ウィノナライダー)が自殺。

それを見たドラキュラは怒り狂い
神へ復讐すべく悪のドラキュラとなる。

その後若返ったドラキュラが訪れたロンドンで
亡き妻ウリ2つのミナと出会い、お互いに惹かれあう。

人間とヴァンパイアの純愛物語です。

最近のトワイライトシリーズのように、
カジュアルな感じではなく
非常にマジメに、ゴシックな雰囲気もかもし出し、
とても文学的というか、上品な感じがします。
(ただ、キアヌが女吸血鬼2人に襲われる場面はちとエロい)

年老いたドラキュラはちょっと大げさすぎるほどの
メイクと衣装で私はあまり好きではないけど、
若返ってリナと恋に落ちるドラキュラ、
むちゃくちゃセクシーです。
血を吸うとき狂気の表情を見せたりしますが。

ゲイリーの悪役の代表的なものらしいけど、
悪役というより、切ない主人公のような気がするなあ。

自分と同じく永遠の命を乞うミナに
好きな人に自分と同じ苦しみを味わってほしくないと
葛藤して涙するところはとても切ないし、
ミナが流した涙をダイヤに変える場面なんて、
ロマンチックすぎる・・・・。

アンソニーホプキンスも相変わらずイイが、
本来はお助けマンのヴァンヘルシングですが、
ドラキュラとリナを邪魔するモノに見えちゃいました(笑

そして、ウィノナライダー、美しいです。
彼女の美しさがこの映画にいっそう品のよさを感じるのかも。

これは見てよかったです♪
ホプキンス、キアヌ目当てでしたが、ゲイリーに釘付けでした。

このレビューは気に入りましたか? はい 16人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

ワオー!かなり芸術的なドラキュラ!こりゃめっけもんや!ネタバレ

投稿日:2008/10/30 レビュアー:pokorou

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

凄い芸術的な「ドラキュラ」よ、これは!
想像を見事に素敵に裏切られた!

ふっつ〜の「ドラキュラ」と思ったらあかんよ!
のっけから「いい感じやな〜」とは思ったものの、ストーリーが進むにつれ、芸術的過ぎてどこを観たらいいのかわからなくなり、何度戻して観た事かw

まさか、似てるな〜とおもたら、本物だった、キアヌリーブスとアンソニーホプキンス!しかし、キアヌのショボさには参ったわ…
そりゃただの似てる人と思っても仕方無い程のオーラの無さw
アンソニーホプキンスにはもっとはじけてもらいたかったな〜。

やっぱり主役のドラキュラが迫力あったから、周りの存在感が薄く感じるのも仕方無いと言えばそれまでかw

物凄い内容が濃い上に、お話の進むスピードが速い!

あらゆる高級食材とスパイスを贅沢に調理したお料理を、キバを持つ美女と怪しげな紳士がテーブルに次から次へと運んでくるフルコースの様な…って…わかりにくいか…w

とにかく全ジャンル込み!って感じか!ちゃうか!


まあ、とにかく観て損はしません。

芸術的な「ドラキュラ」って事は間違い無い!

このレビューは気に入りましたか? はい 12人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

ドラキュラの髪型がかわいい!

投稿日:2003/08/17 レビュアー:しゃれこうべ

まず衣裳の美しさに圧倒されたこの映画。アカデミー賞を石岡瑛子さんが獲得されたのも納得です。
その衣裳に合わせたのか、ドラキュラの髪型が面白いしかわいい!
ちょっと真似してぇ…(って、実際に真似したら、生半可な度胸じゃあ外は歩けません)。

あと、私がその当時、この映画で初めて存在を知ったゲイリー・オールドマン。ドラキュラ、ほんまにハマリ役でした。
レオンの悪徳デカよりもハマってましたぜ!

コホン、そんなことより、とにかく内容といたしましては、ドラキュラが絶対的な悪として描かれているのではないので、彼を救ってあげたい…というような衝動に駆られる、とても切ないものでした。

音楽もよかったです。なんと私はサントラを購入してしまいました(笑)。でも、ほんまにエンディングのアニー・レノックスの歌とかこの映画にぴったりでした(アニー・レノックス自体、すんごいドラキュラのイメージにぴったり…。失礼かもしれませんが)。

うぁ〜、ひさしぶりにまたこれ、観たくなってきました!

このレビューは気に入りましたか? はい 10人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

これは名作

投稿日:2010/11/23 レビュアー:ロンリー火真西

ブラム・ストーカー原作
フランシス・フォード・コッポラ監督

冒頭のシーンを見ただけで名作の匂いがしました
演出、カメラワーク、ストーリー、役者、全てにおいて文句なしの名作です

ヴァンパイアの原点です
なぜニンニクが嫌いなのかわかりませんが、十字架が嫌いな理由はわかりました

ヴァン・ヘルシング博士役にアンソニー・ホプキンス、まだ60くらいなので演技に力強さがあります
まだ若く美青年のキアヌ・リーブスとこれまた若いウィノナ・ライダーは婚約者なんですが、ミナ役のウィノナ・ライダーがなぜドラキュラを愛したのかがわかりません

ドラキュラ伯爵の苦しみもありますが、伯爵に同情はできませんでした

まみさん、ありがとうございました
久しぶりに映画らしい映画を見ました

このレビューは気に入りましたか? はい 9人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 5件 / 全68件

ドラキュラ