20世紀少年 第1章 終わりの始まり

20世紀少年 第1章 終わりの始まりの画像・ジャケット写真
20世紀少年 第1章 終わりの始まり / 唐沢寿明
予告編を観る
  • 画質は本編映像とは異なります。
全体の平均評価点:
(5点満点)

203

  • DVD
  • TSUTAYA TV
  • 動画ポイント利用可
  • シリーズ
ジャンル:

「20世紀少年 第1章 終わりの始まり」 の解説・あらすじ・ストーリー

浦沢直樹の大ベストセラーコミックを映画化した全3部作の第1章。ロックスターになる夢を諦め冴えない毎日を送っていたケンヂは、「ともだち」と呼ばれる謎の教祖が率いる教団の陰謀に否応なしに巻き込まれていく。※一般告知解禁日:11月7日

「20世紀少年 第1章 終わりの始まり」 の作品情報

製作年: 2008年
製作国: 日本

「20世紀少年 第1章 終わりの始まり」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

20世紀少年 第1章 終わりの始まりの詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
142分 日本語 1:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/日本語
2:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
TDV19000R 2009年01月30日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
102枚 18人 10人

関連作品

ユーザーレビュー:203件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全203件

普通の人間である ケンヂの闘いネタバレ

投稿日:2009/01/31 レビュアー:ミルクチョコ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

原作未読なので、予備知識なしで見てきました。
なんだか展開が速くって、ちょっと付いて行くのが大変でした。
漫画を読んでいる人たちも登場人物も、around 40辺りをターゲットにしているのでしょうか?
彼らが知らない間に事件に巻き込まれていって、とんでもないものと闘うハメになり、その原因が自分達にあるということでしょうか?

ヒーロー然とした人たちも出て来ないし、普通の人たちが闘うという設定は面白いし、そんな普通の登場人物の中にあって、より普通の主人公ケンヂを唐沢さんは、好演していると思いますが、ケンヂたちのテンションの高さに圧倒されっぱなしでした。

ケンヂは夢破れて日常に埋没して暮らしてはいるものの、そういう人って少なくない。若い頃の夢を諦めていた人たちが、新たに闘いを始めるという話なんですよね。
97年のノホホンとしたケンヂと、地下に潜んで闘う決意を固めたケンヂの雰囲気が違う辺りは、ちょっと引き込まれます。

冒頭の監獄シーンから、謎だらけで引き込まれるのですが、特徴のある声なので、すぐに誰だか分かってしまうのですが、何故そうなったのかは、謎のままです。
得たいの知れない新興集団「ともだち」と関連政党も何が魅力で集まってきているのか、意味不明です。何やら大きな事件が起きているらしいのに、ゲンヂたちのテンションの高さと、彼らの周りのテンションの低さには大きな開きを感じます。
結局、物語のラストが分からないという点で不満が残ったままです。なので、これは原作者ファンのための映画なのかもしれません。

このレビューは気に入りましたか? はい 17人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

2部公開の前にTVでやるのかなあ・・。ネタバレ

投稿日:2008/12/04 レビュアー:こんちゃん

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

 1997年、38歳のケンヂたちのクラス会で話題になった「よげんの書」69年、10歳だったケンヂたちが書いた物で、ふと気付くと世の中ではその通りの事件が起き始めます。自分たちの書いた「よげんの書」通りだとすると、2000年12月31日に地球は壊滅の危機を迎えてしまうのです。「よげんの書」通り、9人の戦士が集結して、それを阻止しなければ!

 と言う第一部です。キャストがすごいメンバーで、出てくる人たちを見ていると知らない役者がほとんどいません(エキストラ以外は・・)
「何なんだ、この豪華キャストは・・・」
と思ってしまいます。生瀬勝久なんかすぐ死んじゃうし、田中健に至っては遺影だけ(笑)
 これができるからTV局主導の映画(こいつは日テレ55周年記念)が増えるんだろうな・・・興業成績・利益優先ですよね。まあ、豪華キャスト自体は悪いことではないんですが・・・。その豪華キャストがしっかり演じてくれているせいもあって、2時間ちょっとの長い作品ですけど、飽きることはなかったですね。

 いや、飽きるどころかなかなか見応えがあって面白かったです。
 堤幸彦は、多分にTV的な人で、この作品もTVドラマにした方が良かったんじゃないかと思われるチープさはありますけど、時折目を奪われる描写もあります。
 特撮(どうも邦画だとVFXと言うより、特撮と言いたくなります・・・・笑)もかなりのレベルですよね。

 この人は瞬間というか画面を切り取るのがうまいんですよね。 
まあ、原作が長大なので(って、読んでませんが・・。浦沢直樹は好きで「YAWARA」「MISTERキートン」「モンスター」は昔、コミックス持ってました。「二十世紀少年」の頃は、漫画自体読まなかったので)端折られている部分もあるなと言う印象です。
 TVの連ドラの方が、細かい設定とか表現しやすかったんでしょうね。
 まあ、脚本に原作の浦沢直樹も参加しているし、
「漫画のコピーを切り張りして絵コンテを作った」
と言うほど原作に忠実にと言うことを意識しているそうですから、物語の流れに破綻はありません。
 弊害として、漫画のコマを再現しようとすると顔のアップがやたら多くなることですかね。だからなのかTVっぽいですね。
 それから、冒頭のシーンはどうかと思います。森山未来演じる漫画家が、刑務所の様なところで語るんですよね。
「ボク、1990年生まれなんですよ・・・」
 その後、本編にうつりますけど、第一部の骨子としては下記の通り、20世紀の最後の日に地球が滅んでしまうかも知れないと言うケンヂたちの思いがあるはずなんですけど、どう見ても20歳は過ぎている男が90年生まれなら、2000年に滅びてはいないんだなと思えてしまうのです。
 作中で、予知夢を見るホームレス(中村嘉津雄)が
「手を離れた瞬間の誤差は、ほんの数ミリでも、それが大きくなっていく。ストライクとガーターの違いなんてそんなもんさ」
とボーリングについてうんちくを語りますが、映画でも同じことが言えるんじゃないかと思うんですよね。

 ケンヂを演じる唐沢寿明は、ちょっとロックスターを目指していたという感じじゃないですね(昔の写真でも)
 オッチョ(トヨエツ)は1時間半くらい経たないと出てこないんですけど、存在感がスゴイというか、カッコイイです。ガラリーナさん、必見ですよ(笑)
 「ともだち」と呼ばれるキャラが、ちょい不気味で良いです。

 3部作というのはわかって観ているので、
「どこで〜続く〜になるんだろう」
と言うのが中盤以降の興味になりました。変に中途半端なところで切られたら、欲求不満になりそうですからね(笑)
 昔は3部作、5部作という映画も格好あったような気がします。
「次回作はいつなんだろう・・・」
とワクワクして待った記憶がありますから。TVドラマとは違った感覚で待ち遠しいと思わせれば、映画産業ももっと活気がでてくるかもしれませんね。これが成功したら、そんな作品が増えたりして・・・(笑)穿った見方をすれば、「デスノート」の2部作で味をしめた日テレが、
「制作費に60億使っても三部作にすれば、1800円×3で、美味しいんじゃない?」
と狙ったのか・・・?とかね。
 まあ、面白ければいいっす。

 まあ、3部作の導入としては、よくできているんじゃないかと思いました。第2部も観たいと思えましたから。

このレビューは気に入りましたか? はい 13人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

面白いけどダメな映画

投稿日:2008/12/05 レビュアー:勝王

 困った映画です。面白いことには面白いんですが、映画の面白さじゃないような気がします。面白いけどダメな映画があるとしたら、これじゃないでしょうか。羽田空港が爆破されるのに、まるで迫力がないし、ただCGで「見せましたよ」みたいな感じ。巨大なロボットもちゃんと見せる気があるんでしょうか。平気でロボットの中(下でしたっけ?)に入ることが出来ますし。反政府組織の描き方もなってない。ダメなところだらけの映画なんですけど、見ていて面白いんですよね。どこが面白いかというと、そういうダメな部分に目をつぶってストーリーの運びだけを見ていると、誰が「ともだち」なんだろう、とかちょっとワクワクして。昔の友達が大人になってからまた集まるという展開もいいですね。でもそれらって、原作マンガのストーリーの面白さであって、映画の面白さとはきっと違うんじゃないかと思います。役者はいろいろ出てきていいんですけど、演技ができない演出になってますね。堤幸彦は最初から原作マンガに負けている気がします。でも、これは3部作というより、長い一本の映画の最初の部分ですから、これだけで評価するのも難しいですね。だんだん映画的になっていくのかも知れない。それを期待したいと思います。私は堤幸彦はそんなに嫌いじゃないので。邪馬台国は見ませんけど。竹中直人が「邪馬台国」なんていうと、お笑い芸人だったころのレパートリーの一つ「日本文学全集」を思い出して笑ってしまいます。竹中直人が「僕と邪馬台国について語りませんか」と女をナンパする松本清張のモノマネをするネタでした。おんなじネタで「痴漢電車下着検札」では、電車の中で松本清張のモノマネしながら痴漢してました。全然関係ない話でスイマセン。

このレビューは気に入りましたか? はい 10人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

困ったなあ。

投稿日:2009/03/28 レビュアー:パープルローズ

何気なく予約リストにいれてたら届いてしまって、困ったな。
鑑賞してみて、またまた困ったな。おもしろいのか、おもしろくないのか、私にはよくわからない。
ケンジを始め、登場人物たちとは世代的にはぴったり同じなのに、子供時代の回想シーンに懐かしさのようなものは全く感じられない。part1は2000年が舞台なので、10年前の自分を考えればいいわけなんだけど、常盤ちゃんと同じ年の自分って、どうしても想像できない。
話が荒唐無稽なのはコミックなのだから許すとして、布で顔を覆った「ともだち」くんとか、巨大ロボットの造詣とかは、やっぱりちょっと笑ってしまう。こういうのはマンガならいいけど、そのまま実写にするとやっぱりねえ。

「ともだち」が一体誰なのか、それを知りたくて普通は続きを見るのだろうが、私は続きが見たいのかどうかもよくわからない。どうでもいいような気もするし、困ったなあ。

このレビューは気に入りましたか? はい 9人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

いやぁ、こうなるかぁ。。。こうなるよな。

投稿日:2009/02/10 レビュアー:MonPetit

「20世紀少年」。大好きな作品でずっと読んでました。浦沢作品ではMONSTERの
方が先に映画化されると思ってたんだけどこっちでしたね。原作と比べてどうこうい
いたくないんだけど、読んで感じた感動や思いは残念ながら伝わってこなかった。
「20世紀少年」ってこういう作品じゃないんだよな。肝心な部分が欠落してる。

変なところはやけに忠実。それはビジュアル。それにこだわりす過ぎたんじゃないだ
ろうか。ヤン坊、マー坊なんてそっくりさ過ぎて笑えた。ケンヂをはじめ、仲間達もビ
ジュアル重視のキャスティングなんでしょうか。

オッチョとの再会や、仲間を集めるところ、血の大晦日の描写などは原作は実によ
くできていた。でも先の2つはほとんど描かれていないし、血の大晦日は逆に描き
過ぎなぐらい。あの爆発だと全滅ですよね。。。(苦笑

しかし20世紀少年は本作で描かれたとこまでが確かに面白い。しかし、第二章で
描かれている部分もこれにも勝る面白さだ。その大きな要因がカンナ。カリスマ性
をもってケンヂの意思をつぎともだちと対するカンナをリーダーにした仲間達。本作
以上に期待したい。それに第一章部分よりは映像化にむいているはず。

私は何度も読んでいるので誰がともだちか、ケンヂやカンナがどうなるか、エンディ
ングがどうなるかも知っているが、原作を知らない人には本作はよくわからなかった
んじゃないかと思える。逆に原作を知らない人にもわかるよにうにと作った結果が
こうなのかもしれないけど。

それにしても日本の映画の悪いところだけど、有名人をカメオ的に多数出演させる
のってどうなんだろう。今回はお笑い芸人を中心にかなり出ていたが、これはいい
加減やめてほしいものだ。お笑い芸人だからというのではなく作品が軽くなってし
まし、緊張感が緩んでしまう。きっちりと、役者さんを使うべき。

このレビューは気に入りましたか? はい 9人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 5件 / 全203件

20世紀少年 第1章 終わりの始まり