男はつらいよ 寅次郎の告白 【第44作】

男はつらいよ 寅次郎の告白 【第44作】の画像・ジャケット写真
男はつらいよ 寅次郎の告白 【第44作】 / 渥美清
予告編を観る
  • 画質は本編映像とは異なります。
全体の平均評価点:
(5点満点)

9

  • DVD
  • TSUTAYA TV
  • 見放題
  • 動画ポイント利用可
  • シリーズ
ジャンル:

「男はつらいよ 寅次郎の告白 【第44作】」 の解説・あらすじ・ストーリー

国民的人気シリーズ「男はつらいよ」の第44弾がデジタルリマスター版で復活。寅次郎は旅先の鳥取で、泉と偶然に再会。彼女は母親の再婚に寂しさを感じ、気持ちを紛わすためにひとり旅を続けていた。そんな泉の心情を手紙で知った満男も鳥取へ向うが…。

「男はつらいよ 寅次郎の告白 【第44作】」 の作品情報

製作年: 1991年
製作国: 日本

「男はつらいよ 寅次郎の告白 【第44作】」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

男はつらいよ 寅次郎の告白 【第44作】のシリーズ商品


1〜 2件 / 全2件

男はつらいよ 寅次郎の告白

  • 旧作

「男はつらいよ」シリーズの第44作目。鳥取を旅している寅次郎は、そこで偶然泉と再会。母親の再婚を素直に喜べず、その寂しさを紛わすために鳥取に来たと吐露する泉。一方、それを泉からの絵ハガキで知った満男も鳥取へ向う。

収録時間: 字幕: 音声:
104分 日本語 1:ドルビーデジタル/モノラル/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
DA9544 2004年12月23日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
11枚 0人 0人

男はつらいよ 寅次郎の告白 HDリマスター版 【第44作】

  • 旧作

国民的人気シリーズ「男はつらいよ」の第44弾がデジタルリマスター版で復活。寅次郎は旅先の鳥取で、泉と偶然に再会。彼女は母親の再婚に寂しさを感じ、気持ちを紛わすためにひとり旅を続けていた。そんな泉の心情を手紙で知った満男も鳥取へ向うが…。

収録時間: 字幕: 音声:
108分 日本語 英語 1:ドルビーデジタル/モノラル/日本語
2:ドルビーデジタル/モノラル/日(音声ガイド)
レイティング: 記番: レンタル開始日:
DB8544 2008年11月27日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
3枚 1人 2人

1〜 2件 / 全2件

関連作品

ユーザーレビュー:9件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全9件

第44作ネタバレ

投稿日:2007/12/14 レビュアー:ケチケチ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

泉(後藤久美子)シリーズになって以来、シリーズとしての兼ね合いが濃厚です。本作は特に「それぞれの人にとっての幸せ」を描いた前作を見ていないと、彫りの浅い青春ドラマに見えるのではないかと思いますね。本作は泉の成長を軸として満男や寅を絡めて、前作が表現していた"幸せ"を、特に"結婚"という一面に絞って描きます。

人の情という物は時に暖かい安らぎをもたらしますが、前作で描かれたように"幸せ"は人それぞれによって違った物でもあり、幸せを追い求めることが周囲を不幸せに追い込んでしまうことさえあります。冷たいようでもそれが個々の人間が独立した現実の世界でしょうし、だからそこ人を心の底から愛して思いやる事が美しく感じられる現実じゃないでしょうか。そのことは時には何気ない会話の中にも表面化します。
泉の就職についての、たわいもない妄想を含んだとらやの人々の会話で満男は鋭敏になり、泉は何を気にすることなく聞き流していますが、満男以外のとらやの人々が泉にとっては彼女の苦しみを心の底から理解することのない他人であることが表面化したシーンじゃないかと思います。続く泉の就職にまつわるシークエンスで表現されるように、泉は就職に対して普通の高校生以上の問題を抱えています。さくらの台詞で表現される「泉は2年前は1年生だった」という事と、満男が浪人していること、二人が同時期に高校に在学していたことを考え合わせると、泉は少なくとも1年で留年しています。(現実には満男は2浪していますから、泉は1年で2浪しています)
就職が上手くいかない世間の厳しさや何気ない面での人の素っ気なさがあればこそ、旅先での老婆の情の温かさを泉が感じるシーンが生きてきますし、彼女が寅の恋愛の姿を理解し、満男の感情も理解して成長する下敷きにもなっていると思います。

表現的にも面白いのは、前作に引き続いて"手芝居"を本作でも意識していますね。さも昨夜二人に性的な関係があったように寅に言葉を掛ける聖子(吉田日出子)ですが、寅は「覚えていない」という素振りをします。聖子にとっては「関係を結びたかったのに」という寅に対するヤキモチと、分かっていてすり抜けてしまう寅への憎らしさ、またそんな寅であることが十分に分かっている自分に対する悔しさも込めた"手を抓る"という行動であったんじゃないですかね。
そんなシーンと対比するように、車内の満男と泉も描写されます。そっと泉の手を握る満男の行動に、泉も長い瞬きの後自分も手を添えます。その後は車窓が長めに描写されますが、前作で二人を描いた新幹線のシーンと密接に結びつく表現です。また、寅と聖子の関係に対して酷く純粋で、真っ直ぐ伸びる可能性を含んだ若さが羨ましくも映るシーンだと思います。泉が満男の呼称を『先輩』から『満男さん』へと変化させるのもこのシーン以降です。またそれ以前に布団が敷かれた二人だけの部屋で、泉が『先輩』と『満男さん』を混入させているのも、彼女の心理を表した細かな表現じゃないでしょうかね。ワインが熟成するように、ゆっくりと形を成していく二人の恋愛じゃないかと思います。

前回にも増して満男は成長し、父・博との関係も男同士の関係というニュアンスが強くなってきている本作です。満男の寅の恋愛に対する理解度もますます上昇し、寅が結ばれない訳も朧気には見えてきていますが、まだ寅が身を引く気持ちを確実に理解するまでには至っていません。泉との会話の後石を投げ、男(笹野高史)とのコミカルなシーンが展開されますが、満男が理解できないでいる理由を表すシーンじゃないかと思いますね。

クライマックスも前作に引き続いて、寅・さくら・満男による細かな"幸せ"に対する認識の違いで表現されます。満男からは失恋の話は「聞いていない」と言うさくらと、それによって満男の成長を感じてしまう寅。またさくらにとって寅の"幸せ"だと信じている結婚が、寅にとっては"幸せ"では無い擦れ違いが凝縮されたクライマックスだと思います。前述したとらやでの泉の就職にまつわる会話と同じように、どこまでも個は独立ですし、幸せというものも個人にとっての価値観で、兄妹であってもなかなか理解することが出来ない一幕じゃないかと思います。
結婚もまた人生の中の一つの節目だけであって、幸せの到達点などではないことを表す本作じゃないでしょうか。オープニングでの描写のように、バスに乗り遅れれば船を追い、それにも乗り遅れれば近くにいた見知らぬ人が船を出して助けてくれる、それが寅の生き方です。寂れた駅でポンシュウ(関敬六)と電車を待つ寅も、彼の幸せを彼なりに追い求める一人じゃないかと思います。

前作に引き続いてドラマ性が上昇した本作で、これ単体で評価すると難しいです。クライマックス以降の説明が多すぎるのが気になるという点を減点して。
60点。

このレビューは気に入りましたか? はい 4人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

吉田日出子さんも不思議な魅力。

投稿日:2013/08/27 レビュアー:涼風マヨネーズ

吉田日出子さんは、どこにでもいるようなおばちゃんのイメージだったり、フッと色気むんむんのいい女だったりとプロ中のプロだわ〜!

いまだ若々しい印象ですが70手前なんだ〜。

終焉に近づいてきた作品は満男の張切りぶりがクローズアップされて、寅さんの方が引立て役?にまわる作品が多いが、

結局泉ちゃんに振り廻されいろんな土地へと出向く姿は二代目寅さんなんだろうか?

このさい満男で男はつらいよ復活!てのは?

物語じゃ〜泉ちゃんと所帯持ったのかな?

このレビューは気に入りましたか? はい 3人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

どこまでつづく、寅さんの恋ネタバレ

投稿日:2006/02/14 レビュアー:KUBOCHIN

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

泉ちゃんの進路と親子関係の悩みを軸に、生い立ち複雑で旅暮らしの寅さんと、大人未満で暖かい家族に囲まれた満男の人生が絡んでゆくドラマでした。吉田日出子さん演じるマドンナおせいちゃんに「寅さんかあの人(亡き夫)か迷った挙句あの人を選んだのは間違いだった、寅さんを選んでおけばよかった」なんて、寅さんが珍しく女性から迫られる稀少パターンの作品であります。
「伯父さんの無様な恋を笑えない」と最後は成長する満男のとってもとっても不器用な恋の風景と、鳥取砂丘、倉吉市の風景や、映画冒頭のナレーション流れる中の岐阜県中津川、奥恵那峡、落合川駅周辺の景色の美しさもいいですよ。

このレビューは気に入りましたか? はい 3人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

第44作

投稿日:2005/09/02 レビュアー:

笑いと涙、出逢いと失恋。
ご存知、“フーテンの寅さん”の映画シリーズです。

マドンナ 吉田日出子
ロケ地   鳥取県
      岐阜県
  

このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

二代目寅さんになれなかった満男くんのM的傾向―たぶん 39.6km地点

投稿日:2013/05/08 レビュアー:みなさん

寅さん映画シリーズ第43作品目。フルマラソンに換算すると、おおむね39.6km地点。ゴールまで、あと少しである。満男くんが作品の中心になって 3作目になる。

就職の面接で泉が東京にやって来る。またもや、有頂天の満男。しかし、現実の社会は甘くはなく、高校を卒業したら働きたい泉の願いは、体よく門前払いされてしまう。失意のうちに名古屋に戻った泉を待っていたのは、母親の再婚話しだった。泉は、母親の再婚を頭では解っていても心が許さないことに落ち込み、思いあまって一人旅に出てしまう。
……というお話し。
この後、満男は泉を捜しに鳥取へと出発し、泉は旅先で寅さんと再会する。またまた泉ちゃんに振り回される満男くん。彼は、よくよく追いかけるのが好きらしい。ほとんど“M男くん”だな。「池に飛び込んで」と言われたら、きっと飛び込むに違いない。こういうキャラクタになってしまったが故に、彼は寅さんの跡を継げなかったんじゃないかなぁ。(笑)

本作品のマドンナは、吉田日出子さん。昔、寅さんとは“いい関係”だった料亭の女将を演じている。夫に先立たれた女将が、ピンクの照明の部屋で寅さんと二人きり、枝垂れ柳のようにもたれて酒を酌み交わす。いい場面だ。……でも、何であの部屋の照明はピンクだったんだろ? 気になる。(笑)
一夜明け、寅さん一行を見送った女将の表情と後ろ姿は、見事だった。さすが舞台女優さんだ、そんじょそこらのぽっと出の女優まがいには出来ない芸当だ。それを見逃さずにカメラにおさめた高羽さんと山田監督にも脱帽である。寅さん映画では数多の名演技を観ることが出来るが、本作品もなかなかである。
吉田さんの出番は少ないながら、後半のおいしいところをさらってしまった。彼女の舞台は何本か観たことあるが、映画で観る方が艶っぽい。あの笑顔で、あの声で「電気消してもええ?」と誘われたら、迷わず消してしまうな。(笑)

本作品は、前作から1年後に公開されている。この頃、渥美清さんの体調を考慮して、年1本の製作になっている。そのため、物語の中で経過する時間が長くなっている。12月封切りバージョンは、正月までの2ヶ月くらいを描くのが常だった。本作品は、まだ暑さの残る秋口から始まっている。
また、製作が奥山和由さんにバトンタッチされている。そのせいか、映像のスケール感がUPしたようだ。悪口ではないが、ここ数作品の製作を担当した内藤誠さんの采配が悪かったのか、出来映えもイマイチだった。本作品は、満男くんを物語の中心に据えつつ、寅さんの恋愛話しをキチンと盛り込むことで、オールドファンの期待に応えている。

久しぶりに寅さんとマドンナの心がニアミスする様子にドキドキした一本だった。オススメ!(駄菓子屋の杉山とく子さんも、いい雰囲気でした)

このレビューは気に入りましたか? はい 1人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 5件 / 全9件

男はつらいよ 寅次郎の告白 【第44作】

月額課金で借りる

都度課金で借りる

同シリーズ作品を借りる