ドラゴン・キングダム

ドラゴン・キングダムの画像・ジャケット写真
ドラゴン・キングダム / ジャッキー・チェン
全体の平均評価点:
(5点満点)

200

  • DVD
ジャンル:

「ドラゴン・キングダム」 の解説・あらすじ・ストーリー

アジアが世界へ誇る2大アクション・スター、ジャッキー・チェンとジェット・リーの競演で放つスペクタクル・アドベンチャー。現代のアメリカから古代中国へ迷い込んだ青年が悪の呪いを解く大役を担い、2人の武術の達人と共に邪悪な敵へ立ち向かう。共演はマイケル・アンガラノ。現代のボストン。カンフーオタクの気弱な青年ジェイソンはギャングに脅され、馴染みの質屋を襲撃する羽目に。そしてギャングの凶弾に倒れた老主人から、元の持ち主へ返すようにと金色の棒を託される。しかし、ジェイソンもギャングに追い詰められ、その棒を持ったままビルの屋上から転落してしまう。だがやがて目を覚ますと、時空を越えて古代の中国に行き着いていた。

「ドラゴン・キングダム」 の作品情報

製作年: 2008年
製作国: アメリカ
原題: THE FORBIDDEN KINGDOM

「ドラゴン・キングダム」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

ドラゴン・キングダムの詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
105分 日本語 吹き替え用 1:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/英語
2:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/英語
3:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
GNBR8242 2008年12月05日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
24枚 0人 3人

関連作品

ユーザーレビュー:200件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全200件

白熱の頂上バトル

投稿日:2008/12/03 レビュアー:ミルクチョコ

ジャッキー・チェンとジェット・リーのまさかの競演。
そして、JJ対決は、懐かしの酔拳や、少林拳が交差する上に、目にも止まらぬスピードで展開し、カンフー好きにはこのスピード感がたまらないのでしょうね。
「西遊記」などいくつかの中国伝記小説をモチーフに、今一つ風貌冴えぬ?オタク青年が、武術の達人たちと旅をしながら成長する姿を描く本作、この青年がカッコ良かったら、師匠たちの立場が危なくなりますから、これで良かったのでしょう。

彼らの魅了するカンフーアクションは、年齢から来る衰えなど感じさせずに、健在でした。二人共、熱心にオタク青年を教えているのかと思いきや、悪ふざけにエスカレートしていく様など、楽しませてくれます。
ストーリーは、王道で、ちょっと陳腐感漂いますが、その足りない部分を二人の競演が、補い埋める以上に彼らのアクションでお腹が満たされました。

このレビューは気に入りましたか? はい 17人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

伝説

投稿日:2009/05/14 レビュアー:ホヨマックス

やっぱり ハッピー遠藤が一番!

このレビューは気に入りましたか? はい 15人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

★★★★ 大いに満たされたミーハー魂ネタバレ

投稿日:2008/12/17 レビュアー:ガラリーナ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

長きにわたってクンフー映画を見続けたファンの方は、この映画に対して不満な点をもたれるのも重々理解できます。多分それは私にとっては、YMOがパフュームのバックバンドをさせられる、そんなシチュエーションに近いのではないかと。もし、そんな光景を目の当たりにしたら、きっと悲しくて、まともに見られないでしょう。

でも私は、まだまだクンフーはにわかファンですので、ジャッキー・チェンとジェット・リーという新旧対決をワクワクしながら、思う存分楽しんでしまいました。やっぱりワイヤー満載と言えども、体のキレやポーズの美しさが段違いに違いますもん。また、彼らに限らず1対1の対決シーンがふんだんに用意されていて、にわかファンには次から次へと繰り広げられるクンフーアクションが楽しいの、なんの。

ストーリーはもろ、RPGゲームのような子供だましのものです。そういうものに、ジャッキーとリーが出ているということも、コアなファンには納得しがたいものもあるでしょう。ただ、小学生の息子と家族で見ましたから、このわかりやすさが良かった。家族向け娯楽作と考えれば、こんなに贅沢なキャスティング、楽しまなければ損と割り切ったもん勝ちかと。

オープニングがとても良いのです。クンフーおたく少年の部屋一面に貼られたブルース・リーを始めとする香港映画のポスターが次から次へと立体加工されて、キャスティングを紹介。この映画の製作者もまた、クンフーおたくなんだな、というのが実によく伝わります。タランティーノが古い日本映画へのオマージュを臆さずに表現しているのとちょっと似ている。何だかすごく微笑ましい。その後も、酔拳を初めとする○○拳がいっぱい出てきて、製作者がジャッキーとリーにやって欲しかったんだな、というのが丸わかり。終盤には少林寺まで出てきて、もうクンフーネタのごちゃまぜ、てんこ盛り状態。

嬉しかったのは「ラッシュアワー3」で衰えを感じたジャッキー・チェンが、すごくキレていたこと。まだまだ、いけるぞ。片や心配なのは、ジェット・リー。「SPIRITS」でもう二度とハリウッド映画でクンフーはしない、と宣言していたにも関わらず本作に出演しているし、「ハムナプトラ3」でも、しけた悪役をさせられている。彼の心境は一体今どうなんろう、と思う。あれだけのアクションスターはいないわけですからね、どうか納得できる作品に出演して、まだまだ彼の技を見せて欲しいと切に願います。

このレビューは気に入りましたか? はい 10人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

すっげぇー面白かった。ネタバレ

投稿日:2008/12/11 レビュアー:MonPetit

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

「久しぶり〜っ元気してたかー」
「お久しぶりっす。もちろん元気ですよ、でも最近ちょっと欲求不満で」
「そっかー、実は俺もさ。じゃあいっちょ面白いカンフー映画でもつくるか!」
「いいっすねー」
「じゃあテーマはやっぱ孫悟空で!!」

こんな会話が聞こえてきそうな作品だった。こんなに生き生きしているジャッキー・
チェンもジェット・リーを見たのは久しぶりだ。本当に楽しそうだ。
やってる本人達も楽しくて仕方ないのなら観ていて面白くないわけがない。
ジェイド将軍に石化された孫悟空に如意棒を届ける旅だが、この設定もなかなか
いい。女一人、男三人で五行山を目指す姿自体がまさに西遊記。孫悟空の化身
である僧としてのジェット・リーとジャッキー・チェンの戦うシーンなんてもう最高。
ここはあんまりワイヤーアクションつかってなかったのが嬉しい。主人公はあくま
でもあの青年ってところがよかったしファンタジーチックでありながらカンフー映画
でもあり、蟷螂拳や酔拳を初めいろんな技も披露してくれるサービス精神もよい
なぁ。孫悟空姿のジェット・リーがいまいち似合ってなかったのが笑えた。

とにかく、すっげー面白かった。

このレビューは気に入りましたか? はい 10人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

カンフースターの夢の共演

投稿日:2010/11/09 レビュアー:Maru

ジャッキー・チェンさんとジェット・リーさんの
夢の初共演作品。

凄く楽しみに観ました。


これは、ファンタジー&アクションて感じの
作品です。

二人の対決は見ものですよ!
やっぱり、かっこいいですね
この二人は。。。


ストーリー的には斬新さがあまりないですし、
CGやワイヤーを使ったアクションなので、
アクションはやはりこういうのはNGて方には
ちょっと敬遠されてしまうかもしれませんが、
私は楽しめました。


ジェット・リーさんの正体が。。。
これもポイントになるので、
見逃さないように!


あっ、二人が共演しているからって
期待を大きくし過ぎると、
ちょっとガッカリするかも
しれませんので、そこそこで
楽しんで下さい。

このレビューは気に入りましたか? はい 8人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 5件 / 全200件

ドラゴン・キングダム

月額課金で借りる

都度課金で借りる