ロング・グッドバイの画像・ジャケット写真

ロング・グッドバイ / エリオット・グールド

全体の平均評価点: (5点満点)

24

ロング・グッドバイ /ロバート・アルトマン

全体の平均評価点: 

予告編を検索

DVD

旧作

お届け率:100%

ジャンル :

新規ご登録はこちら

新規登録で
「定額レンタル4」月額1,026円(税込)を

14日間無料お試し!
  • ※本キャンペーンの無料お試しの対象者は、次の@Aのいずれかに該当する方に限ります。
  • @「TSUTAYA DISCAS」の定額プラン(定額プランの種類は問いません。以下同じ)の利用開始時に「無料お試し」を利用したことがない方
  • A2022年10月2日以前に「TSUTAYA DISCAS」の定額プランの利用を終了された方であって、2022年10月3日以降、「TSUTAYA DISCAS」の定額プランを利用していない方
  • 無料お試し期間中(14日間)、新作はレンタル対象外です。
  • 無料お試し期間終了後、登録プラン料金で自動更新となります。

「ロング・グッドバイ」 の解説・あらすじ・ストーリー

解説・ストーリー

レイモンド・チャンドラー原作『長いお別れ』の異色映画化。探偵フィリップ・マーロウがメキシコへと送った友人が自殺した。彼には妻殺しの容疑がかけられていた。一方、別件で行方不明の作家を探し出したマーロウは、彼が死んだ友人夫妻の知り合いだという事を知る。やがて、友人が持ち逃げした金を返せとギャングが現れる……。

「ロング・グッドバイ」 の作品情報

作品情報

製作年:

1973年

製作国:

アメリカ

原題:

THE LONG GOODBYE

「ロング・グッドバイ」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

新規登録で
「定額レンタル4」月額1,026円(税込)を

14日間無料お試し!
  • ※本キャンペーンの無料お試しの対象者は、次の@Aのいずれかに該当する方に限ります。
  • @「TSUTAYA DISCAS」の定額プラン(定額プランの種類は問いません。以下同じ)の利用開始時に「無料お試し」を利用したことがない方
  • A2022年10月2日以前に「TSUTAYA DISCAS」の定額プランの利用を終了された方であって、2022年10月3日以降、「TSUTAYA DISCAS」の定額プランを利用していない方
  • 無料お試し期間中(14日間)、新作はレンタル対象外です。
  • 無料お試し期間終了後、登録プラン料金で自動更新となります。

TSUTAYAだから可能な圧倒的作品数!!

TSUTAYAだから可能な圧倒的作品数!!

洋画・邦画

35,500
タイトル以上

国内ドラマも一部含まれております

国内・海外ドラマ

5,400
タイトル以上

アニメ

9,200
タイトル以上

R-18

223,000
タイトル以上

CD

250,000
タイトル以上

※2022年2月 現在のタイトル数

新規登録で
「定額レンタル4」月額1,026円(税込)を

14日間無料お試し!
  • ※本キャンペーンの無料お試しの対象者は、次の@Aのいずれかに該当する方に限ります。
  • @「TSUTAYA DISCAS」の定額プラン(定額プランの種類は問いません。以下同じ)の利用開始時に「無料お試し」を利用したことがない方
  • A2022年10月2日以前に「TSUTAYA DISCAS」の定額プランの利用を終了された方であって、2022年10月3日以降、「TSUTAYA DISCAS」の定額プランを利用していない方
  • 無料お試し期間中(14日間)、新作はレンタル対象外です。
  • 無料お試し期間終了後、登録プラン料金で自動更新となります。

関連作品

関連作品

ロバート・アルトマン ハリウッドに最も嫌われ、そして愛された男

アメリカン・ヒストリーX

大砂塵

バグジー

ウエディング

ユーザーレビュー:24件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全24件

ニャンコのようなマーロウ。

投稿日:2011/12/06 レビュアー:ぴよさん

このレビューは気に入りましたか? 18人の会員が気に入ったと投稿しています

猫と探偵 ネタバレ

投稿日:2008/12/05 レビュアー:よふかし

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

 猫が決まった銘柄のキャットフードしか食べないので、ひとりぶつぶつ文句を言いながら買い出しに行くフィリップ・マーロウ。お目当ては売り切れ。仕方がないので、別の缶詰を買って帰る。さてどうやって食べさせよう……。冒頭のシークエンスの、ご飯をねだり、マーロウを呼ぶ猫がめっぽう可愛くて、芝居もうまい。
 押井守『イノセンス』は、このアルトマンの傑作へのオマージュでもあるという。あちらはいかつい公安刑事バトーがバセットハウンドのガブのため、特定ブランドのドッグフードを買いに行く。もっとも、犬とハードボイルドはちょっと肌合いが合わない。やはり自分のルールにしたがって気ままに生きている猫のほうが、探偵にはふさわしいような気がする。
 ボギーのイメージが根強いマーロウ像からすると、てんでチンピラのようなエリオット・グールドが当時不評だったというのも肯ける。アルトマンは、そうしたボギー的な探偵像を壊し、ハードボイルド映画を70年代的に読み替えることを目指したようだ。とてもアルトマンらしい(インタビュー本などによる)。
 ひょろりとした身体でグールドの足取りは軽い。どこかお調子者のようで、口から出る言葉も反抗心を飾る皮肉というより、ただの減らず口のように見えてしまう。しかしあたかも硬質で揺るぎのないボギーより、一見ふらふらとだらしないこの男のほうが、硬い殻に隠された、柔らかくまっすぐな心を僕に強く感じさせる。ついに探し当てた人物との場面でマーロウの取る行動、その後の軽快な音楽に乗ったラストカットに浮かぶ強靭さ――にうっとりとする。
 不満というわけではないけれど、すべてを突き放したようなアルトマンの知性が、映画から罪深い人間の生々しさを奪い、つるりとスタイリッシュに描いてしまっているような気がする。その点に限れば近くはポランスキーの『チャイナタウン』や、過去のフィルムノワールの名作群に及ばないのだか、この湿度の低さがまさにハードボイルドと言えるようにも思うのだ。
 ハードボイルド映画らしく、すべてはマーロウの一人称として描かれ、そのためマーロウが不在の場所の出来事はほぼ描かれない。そのためやや筋立ては難解に思われるかもしれないが、『三つ数えろ』に比べればはるかにすっきり分かりやすい。
 素晴らしいヴィルモス・ジグモンドのカメラが、ひたすらふらふらと、ゆらゆらと、マーロウを追いかけ続ける。アルトマンによると、一瞬たりとも止まらないようにしたカメラは、アクションに合わせているのではなく、むしろ対するような動きを心がけたという。観客が窃視者となるような狙いというのだが、僕にはむしろ、マーロウとカメラが手を取り合ってゆらゆらとダンスし続けているような気がしてならない。80点。

このレビューは気に入りましたか? 12人の会員が気に入ったと投稿しています

チャンドリアンなら怒る ネタバレ

投稿日:2009/02/28 レビュアー:港のマリー

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

 1月の半ば、19年間飼い続けた雌猫が死んだ。驚異の長寿で大往生のはずだが、数ヶ月かけて弱り最後の一ヶ月で最終コーナーを回り、10日前にはもう先に消化機能が停止して、最後の一日の数時間はまさに「死戦期」、間歇的に体を硬直させたり痙攣させたりして心臓停止に抗う、その経過を見ているのは辛かった。どんなに老いた命でも土壇場になれば死ぬことには徹底して抗う、眠るように安らかな死なんて嘘だと、実感したのだった。(だから「楢山節考」のおりんはほんとうに安らかに死ねたのか気になる、余計な話ですが)もう二度と生きものは飼わないつもり。夏場のカブトムシ以外は。

 冒頭の猫の登場は出色で、また彼女(猫は古今東西を問わず女です)の演技があまりに素晴らしかったので、つい思い出してしまった。ああ、でも映画の魅力はそこまで。どうしてここまで原作をないがしろにするのだろう。2時間ドラマではあるまいし、ストリーをはしょって無気力な私立探偵の「友人」である町のチンピラとアル中の作家と小利口なその妻の、痴情のもつれ金銭トラブル殺人事件にちんまりまとめてしまっている。最大の難点は主人公たちをめぐる「過去」にまったく触れていないこと。その過去がどんな輝きを帯びていたかはkobarouさんのレビューに詳しく記されています。原作の物語に深い陰翳を与えているのは過去からの光の照り返し、失って二度と取り戻せないことを知っているがゆえの虚無感とそれでも幻にすがろうとする哀れさが、独特のセピアトーンの階調をなしている。それが映画では日曜画家の風景画みたいに単調に処理されていてしまっていて残念。結局すべてはふわふわと浮遊する現代(70年代)の風俗でしかない。もちろんそれをよしと評価する視点もあっていい。名作をパロディとして笑いのめそうとする意気に感ずべきなのかもしれない。わたしは無理だったが。

 グールドのマーロウは松田優作を刺激しただけのことはあって、それなりにかっこいい。あれだけタバコを吸ったら肺ガンになる確立かなり高いと思うけれど。ギャングのマークのキレぶりは今見ても充分迫力があったが、アイリーンにはおおいに不満がある。あんなに陽に焼けていてはダメでしょう。陶器のような肌に冷たい瞳、「そうですのよ」なんて言葉使いの似合うノーブルで冷感症的な美女でなければ。
 期待していたのだけど、死んだ飼い猫を思い出させただけの映画だった。あとイヌが頻繁に登場し彼らにも存在感があった。メキシコの小さな町の目抜き通りで堂々と交尾するイヌたち、立派です。


 

このレビューは気に入りましたか? 8人の会員が気に入ったと投稿しています

男はタフでなくても生きていける

投稿日:2021/11/09 レビュアー:hinakksk

このレビューは気に入りましたか? 6人の会員が気に入ったと投稿しています

エリオット・グールドのマーロウもいい

投稿日:2017/12/12 レビュアー:趣味は洋画

このレビューは気に入りましたか? 5人の会員が気に入ったと投稿しています

1〜 5件 / 全24件

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:24件

ニャンコのようなマーロウ。

投稿日

2011/12/06

レビュアー

ぴよさん

猫と探偵

投稿日

2008/12/05

レビュアー

よふかし

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

 猫が決まった銘柄のキャットフードしか食べないので、ひとりぶつぶつ文句を言いながら買い出しに行くフィリップ・マーロウ。お目当ては売り切れ。仕方がないので、別の缶詰を買って帰る。さてどうやって食べさせよう……。冒頭のシークエンスの、ご飯をねだり、マーロウを呼ぶ猫がめっぽう可愛くて、芝居もうまい。
 押井守『イノセンス』は、このアルトマンの傑作へのオマージュでもあるという。あちらはいかつい公安刑事バトーがバセットハウンドのガブのため、特定ブランドのドッグフードを買いに行く。もっとも、犬とハードボイルドはちょっと肌合いが合わない。やはり自分のルールにしたがって気ままに生きている猫のほうが、探偵にはふさわしいような気がする。
 ボギーのイメージが根強いマーロウ像からすると、てんでチンピラのようなエリオット・グールドが当時不評だったというのも肯ける。アルトマンは、そうしたボギー的な探偵像を壊し、ハードボイルド映画を70年代的に読み替えることを目指したようだ。とてもアルトマンらしい(インタビュー本などによる)。
 ひょろりとした身体でグールドの足取りは軽い。どこかお調子者のようで、口から出る言葉も反抗心を飾る皮肉というより、ただの減らず口のように見えてしまう。しかしあたかも硬質で揺るぎのないボギーより、一見ふらふらとだらしないこの男のほうが、硬い殻に隠された、柔らかくまっすぐな心を僕に強く感じさせる。ついに探し当てた人物との場面でマーロウの取る行動、その後の軽快な音楽に乗ったラストカットに浮かぶ強靭さ――にうっとりとする。
 不満というわけではないけれど、すべてを突き放したようなアルトマンの知性が、映画から罪深い人間の生々しさを奪い、つるりとスタイリッシュに描いてしまっているような気がする。その点に限れば近くはポランスキーの『チャイナタウン』や、過去のフィルムノワールの名作群に及ばないのだか、この湿度の低さがまさにハードボイルドと言えるようにも思うのだ。
 ハードボイルド映画らしく、すべてはマーロウの一人称として描かれ、そのためマーロウが不在の場所の出来事はほぼ描かれない。そのためやや筋立ては難解に思われるかもしれないが、『三つ数えろ』に比べればはるかにすっきり分かりやすい。
 素晴らしいヴィルモス・ジグモンドのカメラが、ひたすらふらふらと、ゆらゆらと、マーロウを追いかけ続ける。アルトマンによると、一瞬たりとも止まらないようにしたカメラは、アクションに合わせているのではなく、むしろ対するような動きを心がけたという。観客が窃視者となるような狙いというのだが、僕にはむしろ、マーロウとカメラが手を取り合ってゆらゆらとダンスし続けているような気がしてならない。80点。

チャンドリアンなら怒る

投稿日

2009/02/28

レビュアー

港のマリー

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

 1月の半ば、19年間飼い続けた雌猫が死んだ。驚異の長寿で大往生のはずだが、数ヶ月かけて弱り最後の一ヶ月で最終コーナーを回り、10日前にはもう先に消化機能が停止して、最後の一日の数時間はまさに「死戦期」、間歇的に体を硬直させたり痙攣させたりして心臓停止に抗う、その経過を見ているのは辛かった。どんなに老いた命でも土壇場になれば死ぬことには徹底して抗う、眠るように安らかな死なんて嘘だと、実感したのだった。(だから「楢山節考」のおりんはほんとうに安らかに死ねたのか気になる、余計な話ですが)もう二度と生きものは飼わないつもり。夏場のカブトムシ以外は。

 冒頭の猫の登場は出色で、また彼女(猫は古今東西を問わず女です)の演技があまりに素晴らしかったので、つい思い出してしまった。ああ、でも映画の魅力はそこまで。どうしてここまで原作をないがしろにするのだろう。2時間ドラマではあるまいし、ストリーをはしょって無気力な私立探偵の「友人」である町のチンピラとアル中の作家と小利口なその妻の、痴情のもつれ金銭トラブル殺人事件にちんまりまとめてしまっている。最大の難点は主人公たちをめぐる「過去」にまったく触れていないこと。その過去がどんな輝きを帯びていたかはkobarouさんのレビューに詳しく記されています。原作の物語に深い陰翳を与えているのは過去からの光の照り返し、失って二度と取り戻せないことを知っているがゆえの虚無感とそれでも幻にすがろうとする哀れさが、独特のセピアトーンの階調をなしている。それが映画では日曜画家の風景画みたいに単調に処理されていてしまっていて残念。結局すべてはふわふわと浮遊する現代(70年代)の風俗でしかない。もちろんそれをよしと評価する視点もあっていい。名作をパロディとして笑いのめそうとする意気に感ずべきなのかもしれない。わたしは無理だったが。

 グールドのマーロウは松田優作を刺激しただけのことはあって、それなりにかっこいい。あれだけタバコを吸ったら肺ガンになる確立かなり高いと思うけれど。ギャングのマークのキレぶりは今見ても充分迫力があったが、アイリーンにはおおいに不満がある。あんなに陽に焼けていてはダメでしょう。陶器のような肌に冷たい瞳、「そうですのよ」なんて言葉使いの似合うノーブルで冷感症的な美女でなければ。
 期待していたのだけど、死んだ飼い猫を思い出させただけの映画だった。あとイヌが頻繁に登場し彼らにも存在感があった。メキシコの小さな町の目抜き通りで堂々と交尾するイヌたち、立派です。


 

男はタフでなくても生きていける

投稿日

2021/11/09

レビュアー

hinakksk

エリオット・グールドのマーロウもいい

投稿日

2017/12/12

レビュアー

趣味は洋画

1〜 5件 / 全24件

新規登録で
「定額レンタル4」月額1,026円(税込)を

14日間無料お試し!
  • ※本キャンペーンの無料お試しの対象者は、次の@Aのいずれかに該当する方に限ります。
  • @「TSUTAYA DISCAS」の定額プラン(定額プランの種類は問いません。以下同じ)の利用開始時に「無料お試し」を利用したことがない方
  • A2022年10月2日以前に「TSUTAYA DISCAS」の定額プランの利用を終了された方であって、2022年10月3日以降、「TSUTAYA DISCAS」の定額プランを利用していない方
  • 無料お試し期間中(14日間)、新作はレンタル対象外です。
  • 無料お試し期間終了後、登録プラン料金で自動更新となります。

ご利用の流れ

ご利用の流れ

@ 会員登録

申し込みフォームへ記入

申し込みフォームへ記入したら登録完了!

A 作品をレンタル

作品をレンタル

借りたい作品をリストアップするだけ!
発送可能な商品を自宅にお届けします。

B ポストに返却

ポストに返却

商品をポストに投函すればOK!

よくあるご質問

よくあるご質問

もちろん無料お試し期間中に退会することも可能です。 また、その場合は料金は一切かかりません。

無料お試し中も、都度レンタルは、有料でご利用いただくことができます。
また、無料お試し中に解約され、何らかの理由でレンタル商品を期日までにご返却いただけなかった場合に、追加料金が発生する場合がございます。

定額プランは1つの封筒に2枚入り、お届けいたします。
届いた往復封筒でポストへご投函いただき、当社配送センターにてご返却を確認できましたら次の封筒を発送致します。繰り返しでご登録のプラン枚数までご利用いただけます。

各プランはこちら

各プランはこちら

  • 宅配レンタル 定額8プラン
    月額2,052円税込
    • 「新作・準新作」が定額で月8枚レンタルできる!※1借り放題付き※2
    新規登録する
  • 宅配レンタル 定額4プラン
    月額1,026円税込
    • DVD/CDが定額で月4枚レンタルできる!※1
    新規登録する
  • 都度課金 プラン
    無料会員 月額0円税込 ※都度レンタル時の費用は発生します
    • 月額無料で単品レンタルを楽しみたい方におすすめ!
    新規登録する

※1 無料お試し期間中の「新作」レンタルは対象外です。

※2 借り放題はDVD「旧作」、CD「新作・準新作・旧作」が対象です。

ロング・グッドバイ