1. DVDレンタルTOP
  2. すべてのジャンル
  3. 洋画のDVDレンタル
  4. アクションのDVDレンタル
  5. イースタン・プロミス

イースタン・プロミス

イースタン・プロミスの画像・ジャケット写真

イースタン・プロミス / ヴィゴ・モーテンセン

全体の平均評価点:(5点満点)

126

全体の平均評価点:

予告編を検索

DVD

旧作

ジャンル :

「イースタン・プロミス」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

旧作

解説・ストーリー

「ヒストリー・オブ・バイオレンス」のデヴィッド・クローネンバーグ監督とヴィゴ・モーテンセンが再びコンビを組んだ戦慄のバイオレンス・サスペンス。ロンドンの裏社会を舞台に、ひょんなことからロシアン・マフィアを敵に回してしまった女と、ロシアン・マフィアの一員でありながら非情さと優しさを併せ持つ謎めいた男の奇妙な心の交流を描く。共演はナオミ・ワッツ。クリスマスを控えたイギリス、ロンドン。助産婦のアンナが働く病院に、10代の幼い妊婦が運び込まれる。少女は、女の子を産んだ直後、息を引き取った。少女のバッグからロシア語で書かれた日記を見つけ出したアンナは、孤児となった赤ちゃんのためにと少女の身元を調べ始めるが…。

「イースタン・プロミス」 の作品情報

作品情報

製作年:

2007年

製作国:

イギリス/カナダ

原題:

EASTERN PROMISES

「イースタン・プロミス」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

変人村

危険なメソッド

夫以外の選択肢

ジェイソン・ボーン

ユーザーレビュー:126件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全126件

上質なバイオレンス。良いです。待ってでも借りるべき!

投稿日:2009/06/03 レビュアー:pokorou

いつも見ている映画と、ちと香りが違う。と思ったら
イギリス・カナダ映画。

人気があり、いつも三日月状態だった本作。
今は半月です。
どんなに待ってでも借りて観て欲しい!
私はJUCEさんにお勧めして頂き、数か月間待ち、やっと観れました!
待った甲斐があり、とても気に入った!
JUCEさん、お勧めどうも有難う御座いました!!!


始まってすぐ殺人シーン。
もう、この時点でスイッチオンですわ。

ナースのナオミワッツ。
心優しいアンナの母。そして皮肉屋の叔父。
ロシアンアフィアのボス。そのアホ坊ちゃん。
そして謎の運転手ヴィゴ。

このヴィゴが良いんです。最高に良いんです。

産まれたての赤ちゃん、メタクソきゃわゆいです。
クリスマスに生まれたから、クリスティーンちゃん。
クリスマースちゃんじゃなくて良かった。
この子が産まれた瞬間、ママは死んじゃいました・・・(泣)

ここから色んな点が線で繋がって行きます。




*******以下ネタバレかも・・・*******




中でも注目すべきは、ヴィゴの全裸乱闘シーン。
場所はサウナ。なので全裸。
この場所、「大衆浴場」と字幕が出たけど・・・
もうちょっと洒落た表示をして欲しかった・・・
「大衆浴場」って・・・あんな洒落た入口、内装なのに・・・

話をもどします。そう、全裸の乱闘シーンです。
ヴィゴを殺そうとナイフ片手にやってきた2人の男。
こいつら服をきたまま。ずるい。ヴィゴだけ全裸・・・
ヴィゴはムキムキマッチョでも無く、プニプニおでぶさんでも無く、
ガリガリ細男(ほそお)でも無い。
そこそこ筋肉、脚細男(あしほそお)さん。
微妙に腹たる男(はらたるお)さん。リアリズム。
股間丸出し、ぼかし、モザイク無し。
ヤシの木、ヤシの実、ジャングル丸見えの死闘です。
全裸にナイフが痛々しいのですwww
股間も気になる、戦いも気になるで忙しいのなんのってw
「あw見えた!今度は後ろから見えたw」なんて思いながら・・・
って・・・私は何処を強調して話している・・・

いや、なんせ、一人対二人、相手の手にはナイフ。
こりゃヤバイw手に汗握るシーンです。


そしてラスト(かなり飛ばしたな・・・)で少し成長した
クリスティーンちゃんを育てているナオミ一家。
この時のクリスティーンちゃんのベビードレスが超ぉぉぉおおお!
キャワユイのです!!!

ヴィゴは・・・いつもボスが座っていた、お店のソファー(真っ赤)
に、デンとヴィゴが座っている。オールバック、ビシっとスーツ。
カッコ良すぎます。
カッコ良すぎます。
カッコ良すぎます。
3回書いてもまだ書き足りないくらいカッコイイのです。

はじまって早々の印象とは大違いです。
惚れそうです。

このラストのヴィゴのショットを、ポスターにして欲しい。

長い間待った甲斐が本当に有りましたよ。

全体的に洒落ている。
赤ちゃん登場で温かみも感じる。
流血あり、殺しあり。
そして、謎と真実・・・



         お勧めです!!!是非!!!




                         pokorou!

このレビューは気に入りましたか? 27人の会員が気に入ったと投稿しています

脱いでも凄いんです。 ネタバレ

投稿日:2009/02/26 レビュアー:JUCE

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

 話としてはスッキリしたラストを提示してくれる作品ではありませんので、明快に答を提示する作品を求める方にはモヤモヤしたものが残る作品かもしれません。しかし映画を見ている間はその映画を自分のものとして自己の中で再構築する方にとってはかなり見応えのある作品ではないでしょうか。

 さらに言うとクローネンバーグとしてはかなり珍しく単純明快。サスペンス的な要素もありますが、特に捻りも無く想像通りに展開するのでサスペンスを期待してもダメです。
 前作の『ヒストリー・オブ・バイオレンス』から少し作風を変えてきたかなというクローネンバーグ監督ですが、前作はまだエド・ハリスやウィリアム・ハートが演じるキャラクターの中にそれまでのクローネンバーグ監督の“らしさ”が色濃く残っているようにも感じたのですが、本作はこれまでのクローネンバーグを封印してさらに新境地を開拓するような作品に見受けられます。

 映画は序盤から派手さは無いものの鈍くドロっとした緊迫感に包まれ目が離せません。クローネンバーグの演出も円熟してきたと言うことでしょうか。それともVFXも進化してクローネンバーグの頭の中と映像がようやくマッチングする時代になったのかもしれません。

 主人公ニコラスは静かな男で鋼鉄の意志を持つかのように普段は表情を変えることが無い。しかしその男が時折見せる苦悩の表情。何故苦悩するのかは映画をご覧頂きたいのですが、クールさとその下に押し隠したもののギャップがチラリズムで表現されているのがとても印象的で素敵です。

 ヴィゴ・モーテンセンは渋くて格好いいです。スーツ姿もビシッと決まっています。「何を着ても似合う」という言葉はよく聞きますが、この映画では「何も着ない」熱いシーンも。しかも何も着なくてもやっぱり格好いいんです。実に羨ましい。

 これは定かでは無いのですが、これまでクローネンバーグの映画でこの映画ほど真っ当に宗教色を打ち出してきたものは無かったのではないでしょうか?どちらかと言うと一般人とは違うものを崇める(のめりこむ)人々を描いているものが大半だと思います。
 しかし本作はキリスト経の香りがします。アンナやニコライ(サンタクロース)という主人公達の名前もそうですが、ニコライはイコンを娼婦に贈って「生」へ踏みとどまるように諭したりもします。キリスト経に詳しい方ならもっと多くの符丁を発見できるのかもしれません。

 あと画面の中に現れる「赤」がとても印象に残ります。特にラストそれまで無彩色のネクタイばかりを絞めていたニコライが赤いネクタイをつけています。サンタクロースになったのでしょうか。それとも権力の赤?血の赤?故郷を思う赤?
 その解釈の仕方によって、その前のシーンの解釈を含め様々な受け取り方が出来る絶妙なラストシーンだと思います。

このレビューは気に入りましたか? 22人の会員が気に入ったと投稿しています

ヨレヨレ爺 ネタバレ

投稿日:2010/02/08 レビュアー:ホヨマックス

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

まさかデカの飼い犬?
では無いがヴィゴはマフィアには見えないなあ
いつ襲われるやも知れんのになぜ大衆サウナへ行くん?
全然恐ろしさが伝わらん

見所は直美和津さんの美しい顔だけ

このレビューは気に入りましたか? 14人の会員が気に入ったと投稿しています

少女の日記がきっかけで 露呈していくロシアマフィア ネタバレ

投稿日:2008/11/02 レビュアー:ミルクチョコ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

デビット・クローネンバーグ監督&ビゴ・モーテンセンが再びマフィアものに挑んだバイオレンス。
英国を舞台に、ロシアマフィアの抗争を描いた作品ですが、サスペンスにミステリーをも加え、巧妙な作品に仕上がっていると思います。

善意にかられ、母親が出産で亡くなり、子供だけ助かった孤児の身元を捜そうと、恐ろしいマフィアの世界に踏み入れてしまったアンナ(ナオミ・ワッツ)。
そんなアンナを密かに助けるマフィアの運転手を務めるニコライ(ビゴ・モーテンセン)。どう見ても、只者ではない雰囲気が漂っています。この人はいったい何者??

アンナは、主人公ニコライへの興味と、真実を知りたいという好奇心。
そして自分に半分流れるロシアの血と、孤児となってしまった赤ちゃんに対する気持ちなど色々感じさせてくれます。

アラン・M・スタール演じるボスは、表向きは温厚なロシアンレストランの経営者、真の顔は、組織を守るためならどんな手段もいとわない冷酷さを秘めたドン。
ボスと息子の関係も面白かったです。父に認めてもらえず、屈折した思いを抱え、ニコライにもコンプレックスを抱えているキリルはちょっと可哀相。

ロシア系マフィアの壮絶な世界を生きる男の姿を、タトゥシーンでは、マフィア社会のイニシエーションとして、後戻りできない裏社会に身を投じた男に、何故か見入ってしまいました。

全編を通して、静かな男としての存在感を示していますが、刺客を相手に全裸で死闘を繰り広げるサウナのシーンは、いくら切り刻まれても、切り口がタトゥで隠されているようで、彼の本心は見えず、最後まで分からないのですが、あまりにも深く踏み込みすぎてしまったということでしょうか?

このレビューは気に入りましたか? 14人の会員が気に入ったと投稿しています

デヴィッド・クローネンバーグの心中。 ネタバレ

投稿日:2009/10/02 レビュアー:ナナメ歩き

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

オスカー候補は『ヴィゴ・モーテンセン』じゃないですよね。(笑)

まあ、何処にでもあるであろう裏社会の一旦なんですが
派手な撃ち合いや抗争劇も殆ど無いですがホントはこんなもんだろ
と思わせる演出はなかなか監督にしては珍しいものだと感じます
ロンドンが舞台ですがイギリス人は一切絡んで来ないのも面白いですね
ストーリーは裏社会の世代交代がメインに描かれます
人身売買は、1シーンを除いてある少女が残した日記のみで触れられますが
物語が進むに連れタイトルの持つ真意が明らかになります
『ヴィゴ・モーテンセン』は確かに意味有りげな役を上手く演じてますが
本作を象徴してるのは『ヴァンサン・カッセル』だと感じます
ボスである父親と肩を並べようと背伸びをする息子
周りからはバカ息子としか見られず、葛藤する姿はなかなか良いですね
同性愛者という設定も『ニコライ』に少なからず親友以上の感情と
ホントに頼りに成り、信用出来るのは彼だけだという設定でしょうね
『ナオミ・ワッツ』演じる助産師は今一リアリティーを感じません
赤子の持つ意味が余りにも排他的なので組織との繋がり役のみですね
余りにも淡々と物語が進むのでどういう結末を迎えるのかと思いましたが
まさか『ニコライ』が潜入捜査官だとは思いませんでした(笑)
ですがこのどんでん返しで彼の立場を考えると今までの行動が
全て正当化されるかと言えば疑問ですね
最初の死体処理は本部との連携すら取ってないのは実は伏線で
公衆浴場で襲われ入院後捜査官と会うシーンで真意が分かります
彼は『キリル』を守る為、本気で裏社会に身を投じようと意思を固めたんですね。

『デヴィッド・クローネンバーグ』にしては明解な物語ですが
静かな意思を見せる登場人物の描写はなかなか良かったです
何が悪なのか正義なのか自問自答するというも面白いですね。

このレビューは気に入りましたか? 12人の会員が気に入ったと投稿しています

1〜 5件 / 全126件

イースタン・プロミス

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:126件

上質なバイオレンス。良いです。待ってでも借りるべき!

投稿日

2009/06/03

レビュアー

pokorou

いつも見ている映画と、ちと香りが違う。と思ったら
イギリス・カナダ映画。

人気があり、いつも三日月状態だった本作。
今は半月です。
どんなに待ってでも借りて観て欲しい!
私はJUCEさんにお勧めして頂き、数か月間待ち、やっと観れました!
待った甲斐があり、とても気に入った!
JUCEさん、お勧めどうも有難う御座いました!!!


始まってすぐ殺人シーン。
もう、この時点でスイッチオンですわ。

ナースのナオミワッツ。
心優しいアンナの母。そして皮肉屋の叔父。
ロシアンアフィアのボス。そのアホ坊ちゃん。
そして謎の運転手ヴィゴ。

このヴィゴが良いんです。最高に良いんです。

産まれたての赤ちゃん、メタクソきゃわゆいです。
クリスマスに生まれたから、クリスティーンちゃん。
クリスマースちゃんじゃなくて良かった。
この子が産まれた瞬間、ママは死んじゃいました・・・(泣)

ここから色んな点が線で繋がって行きます。




*******以下ネタバレかも・・・*******




中でも注目すべきは、ヴィゴの全裸乱闘シーン。
場所はサウナ。なので全裸。
この場所、「大衆浴場」と字幕が出たけど・・・
もうちょっと洒落た表示をして欲しかった・・・
「大衆浴場」って・・・あんな洒落た入口、内装なのに・・・

話をもどします。そう、全裸の乱闘シーンです。
ヴィゴを殺そうとナイフ片手にやってきた2人の男。
こいつら服をきたまま。ずるい。ヴィゴだけ全裸・・・
ヴィゴはムキムキマッチョでも無く、プニプニおでぶさんでも無く、
ガリガリ細男(ほそお)でも無い。
そこそこ筋肉、脚細男(あしほそお)さん。
微妙に腹たる男(はらたるお)さん。リアリズム。
股間丸出し、ぼかし、モザイク無し。
ヤシの木、ヤシの実、ジャングル丸見えの死闘です。
全裸にナイフが痛々しいのですwww
股間も気になる、戦いも気になるで忙しいのなんのってw
「あw見えた!今度は後ろから見えたw」なんて思いながら・・・
って・・・私は何処を強調して話している・・・

いや、なんせ、一人対二人、相手の手にはナイフ。
こりゃヤバイw手に汗握るシーンです。


そしてラスト(かなり飛ばしたな・・・)で少し成長した
クリスティーンちゃんを育てているナオミ一家。
この時のクリスティーンちゃんのベビードレスが超ぉぉぉおおお!
キャワユイのです!!!

ヴィゴは・・・いつもボスが座っていた、お店のソファー(真っ赤)
に、デンとヴィゴが座っている。オールバック、ビシっとスーツ。
カッコ良すぎます。
カッコ良すぎます。
カッコ良すぎます。
3回書いてもまだ書き足りないくらいカッコイイのです。

はじまって早々の印象とは大違いです。
惚れそうです。

このラストのヴィゴのショットを、ポスターにして欲しい。

長い間待った甲斐が本当に有りましたよ。

全体的に洒落ている。
赤ちゃん登場で温かみも感じる。
流血あり、殺しあり。
そして、謎と真実・・・



         お勧めです!!!是非!!!




                         pokorou!

脱いでも凄いんです。

投稿日

2009/02/26

レビュアー

JUCE

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

 話としてはスッキリしたラストを提示してくれる作品ではありませんので、明快に答を提示する作品を求める方にはモヤモヤしたものが残る作品かもしれません。しかし映画を見ている間はその映画を自分のものとして自己の中で再構築する方にとってはかなり見応えのある作品ではないでしょうか。

 さらに言うとクローネンバーグとしてはかなり珍しく単純明快。サスペンス的な要素もありますが、特に捻りも無く想像通りに展開するのでサスペンスを期待してもダメです。
 前作の『ヒストリー・オブ・バイオレンス』から少し作風を変えてきたかなというクローネンバーグ監督ですが、前作はまだエド・ハリスやウィリアム・ハートが演じるキャラクターの中にそれまでのクローネンバーグ監督の“らしさ”が色濃く残っているようにも感じたのですが、本作はこれまでのクローネンバーグを封印してさらに新境地を開拓するような作品に見受けられます。

 映画は序盤から派手さは無いものの鈍くドロっとした緊迫感に包まれ目が離せません。クローネンバーグの演出も円熟してきたと言うことでしょうか。それともVFXも進化してクローネンバーグの頭の中と映像がようやくマッチングする時代になったのかもしれません。

 主人公ニコラスは静かな男で鋼鉄の意志を持つかのように普段は表情を変えることが無い。しかしその男が時折見せる苦悩の表情。何故苦悩するのかは映画をご覧頂きたいのですが、クールさとその下に押し隠したもののギャップがチラリズムで表現されているのがとても印象的で素敵です。

 ヴィゴ・モーテンセンは渋くて格好いいです。スーツ姿もビシッと決まっています。「何を着ても似合う」という言葉はよく聞きますが、この映画では「何も着ない」熱いシーンも。しかも何も着なくてもやっぱり格好いいんです。実に羨ましい。

 これは定かでは無いのですが、これまでクローネンバーグの映画でこの映画ほど真っ当に宗教色を打ち出してきたものは無かったのではないでしょうか?どちらかと言うと一般人とは違うものを崇める(のめりこむ)人々を描いているものが大半だと思います。
 しかし本作はキリスト経の香りがします。アンナやニコライ(サンタクロース)という主人公達の名前もそうですが、ニコライはイコンを娼婦に贈って「生」へ踏みとどまるように諭したりもします。キリスト経に詳しい方ならもっと多くの符丁を発見できるのかもしれません。

 あと画面の中に現れる「赤」がとても印象に残ります。特にラストそれまで無彩色のネクタイばかりを絞めていたニコライが赤いネクタイをつけています。サンタクロースになったのでしょうか。それとも権力の赤?血の赤?故郷を思う赤?
 その解釈の仕方によって、その前のシーンの解釈を含め様々な受け取り方が出来る絶妙なラストシーンだと思います。

ヨレヨレ爺

投稿日

2010/02/08

レビュアー

ホヨマックス

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

まさかデカの飼い犬?
では無いがヴィゴはマフィアには見えないなあ
いつ襲われるやも知れんのになぜ大衆サウナへ行くん?
全然恐ろしさが伝わらん

見所は直美和津さんの美しい顔だけ

少女の日記がきっかけで 露呈していくロシアマフィア

投稿日

2008/11/02

レビュアー

ミルクチョコ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

デビット・クローネンバーグ監督&ビゴ・モーテンセンが再びマフィアものに挑んだバイオレンス。
英国を舞台に、ロシアマフィアの抗争を描いた作品ですが、サスペンスにミステリーをも加え、巧妙な作品に仕上がっていると思います。

善意にかられ、母親が出産で亡くなり、子供だけ助かった孤児の身元を捜そうと、恐ろしいマフィアの世界に踏み入れてしまったアンナ(ナオミ・ワッツ)。
そんなアンナを密かに助けるマフィアの運転手を務めるニコライ(ビゴ・モーテンセン)。どう見ても、只者ではない雰囲気が漂っています。この人はいったい何者??

アンナは、主人公ニコライへの興味と、真実を知りたいという好奇心。
そして自分に半分流れるロシアの血と、孤児となってしまった赤ちゃんに対する気持ちなど色々感じさせてくれます。

アラン・M・スタール演じるボスは、表向きは温厚なロシアンレストランの経営者、真の顔は、組織を守るためならどんな手段もいとわない冷酷さを秘めたドン。
ボスと息子の関係も面白かったです。父に認めてもらえず、屈折した思いを抱え、ニコライにもコンプレックスを抱えているキリルはちょっと可哀相。

ロシア系マフィアの壮絶な世界を生きる男の姿を、タトゥシーンでは、マフィア社会のイニシエーションとして、後戻りできない裏社会に身を投じた男に、何故か見入ってしまいました。

全編を通して、静かな男としての存在感を示していますが、刺客を相手に全裸で死闘を繰り広げるサウナのシーンは、いくら切り刻まれても、切り口がタトゥで隠されているようで、彼の本心は見えず、最後まで分からないのですが、あまりにも深く踏み込みすぎてしまったということでしょうか?

デヴィッド・クローネンバーグの心中。

投稿日

2009/10/02

レビュアー

ナナメ歩き

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

オスカー候補は『ヴィゴ・モーテンセン』じゃないですよね。(笑)

まあ、何処にでもあるであろう裏社会の一旦なんですが
派手な撃ち合いや抗争劇も殆ど無いですがホントはこんなもんだろ
と思わせる演出はなかなか監督にしては珍しいものだと感じます
ロンドンが舞台ですがイギリス人は一切絡んで来ないのも面白いですね
ストーリーは裏社会の世代交代がメインに描かれます
人身売買は、1シーンを除いてある少女が残した日記のみで触れられますが
物語が進むに連れタイトルの持つ真意が明らかになります
『ヴィゴ・モーテンセン』は確かに意味有りげな役を上手く演じてますが
本作を象徴してるのは『ヴァンサン・カッセル』だと感じます
ボスである父親と肩を並べようと背伸びをする息子
周りからはバカ息子としか見られず、葛藤する姿はなかなか良いですね
同性愛者という設定も『ニコライ』に少なからず親友以上の感情と
ホントに頼りに成り、信用出来るのは彼だけだという設定でしょうね
『ナオミ・ワッツ』演じる助産師は今一リアリティーを感じません
赤子の持つ意味が余りにも排他的なので組織との繋がり役のみですね
余りにも淡々と物語が進むのでどういう結末を迎えるのかと思いましたが
まさか『ニコライ』が潜入捜査官だとは思いませんでした(笑)
ですがこのどんでん返しで彼の立場を考えると今までの行動が
全て正当化されるかと言えば疑問ですね
最初の死体処理は本部との連携すら取ってないのは実は伏線で
公衆浴場で襲われ入院後捜査官と会うシーンで真意が分かります
彼は『キリル』を守る為、本気で裏社会に身を投じようと意思を固めたんですね。

『デヴィッド・クローネンバーグ』にしては明解な物語ですが
静かな意思を見せる登場人物の描写はなかなか良かったです
何が悪なのか正義なのか自問自答するというも面白いですね。

1〜 5件 / 全126件