映画 クロサギ

映画 クロサギの画像・ジャケット写真
映画 クロサギ / 山下智久
全体の平均評価点:
(5点満点)

78

  • DVD
ジャンル:

「映画 クロサギ」 の解説・あらすじ・ストーリー

山下智久主演の同名テレビドラマの映画版。詐欺師を騙す詐欺師“クロサギ”として生きる青年が、危険を顧みず巨大な陰謀に立ち向かう。監督はTBSのドラマ演出を手掛けてきた石井康晴。本作が映画初監督。かつて詐欺の被害に遭い、家族を失った青年・黒崎。復讐のために詐欺師を狙う詐欺師“クロサギ”となった彼は、詐欺師業界の大物・桂木の情報でレイコという女性からの依頼を受ける。新たなターゲットとなった詐欺師・石垣に関する調べを進めると、知能犯係の刑事・神志名や大企業のみを標的にする詐欺師・白石もまた、石垣を追っていることが分かってくる。そこへ、石垣の過去を知るというさくらが現われ、黒崎に衝撃の事実を告げる。

「映画 クロサギ」 の作品情報

製作年: 2007年
製作国: 日本

「映画 クロサギ」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

クロサギの詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
127分 日本語 1:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
SDV18287R 2008年09月12日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
52枚 6人 3人

関連作品

ユーザーレビュー:78件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全78件

シーザーとして生きるのならブルータスはすぐ傍にいるのかも?ネタバレ

投稿日:2008/08/20 レビュアー:ミルクチョコ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

というシェークスピアごっこのシーンから始まります。
詐欺の被害で家族を失った青年が、詐欺師となり、プロの詐欺師を欺く復讐劇。

詐欺師業界の桂木(山崎務)の仲介で、幼い娘の心臓手術費を必要とするレイコ(飯島)の依頼を受けて、石垣(竹中)の詐欺によって大金を騙し取られ、さらに立ち上げた会社もまた倒産させられていたので、黒崎(山下)が、レイコのお金を取り戻すため、そして彼女の娘を救うためにITベンチャー社長に変装し、石垣に近づくという話。

詐欺の手口が、あまりにも単純で、こんなことで騙されるものだろうか?と感じてしまいました。しかも、プロの詐欺師を騙すのですよ〜。もっと手口を巧妙にするか、または、単純だとしても心理的なものを描きコロッと騙されてしまうというような手を使わないと、チープな感じは否めません。
折角の山崎務ほどの役者を使っていながら、それほど生かしきれていないのは、ちょっともったいない気がしました。

このレビューは気に入りましたか? はい 14人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

なんてこった〜

投稿日:2008/08/14 レビュアー:エロエロ大魔神

俺は今まで詐欺にあったことがあります!
特に多いのは恋愛詐欺です!ある日突然携帯がなり話をしている間に、お茶でもいこうと喫茶店に連れ込まれ、相談事を聞くうちに泣き落としされ、とどめの色仕掛けで、150万円の金のネックレスをローンで買わされました!もちろんその彼女は購入した日から音信不通「おかけになった電話番号は、お客様の都合によりおつなぎできません」なんじゃ〜そりゃ〜!これって騙されたときずいたのは、この時点だった!だから詐欺師を騙すクロ詐欺は最高ですね!

このレビューは気に入りましたか? はい 14人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

う〜ん・・こんな物を金を取って上映しちゃいかんでしょ

投稿日:2009/01/27 レビュアー:こんちゃん

 原作の漫画はよく読んでるんですよね。ヤングサンデーに連載されていたんですが、同誌の廃刊に伴って、今はビッグコミック・スピリッツに掲載されていて、ほぼ毎回立ち読みしてます(って、買えよって話ですね・・・笑)
 で、そこで展開される詐欺の手口は、それなりに緻密な物があって感心するのです。おそらくTVドラマは、それをベースにしているはずなので、そこそこ面白いのではないかと想像できます。まあ、やまぴーの演技に期待する物は無いので見てませんけど(あ・・また敵が増えるような発言を・・)いや、彼はとても存在感はあるのですが、黒崎役をやるには影の部分が不足ではないかと・・・そうだなあ・・・成宮寛貴あたりが合うんじゃないかと思いますがねえ・・・・。
 だいたい、神志名が哀川翔って・・・あんなやくざもどきな人じゃないですよねえ。
 竹中直人は、確かに悪党演技は上手いと思いますけど、日本の経済界を揺るがした大物とは思えませんしね。

 まあ、ジャニーズドラマを貶めても仕方ないので(いや、昔に比べると格段にレベルは上がってますしね)やまぴーのファンが楽しめれば良いとしましょう。ただ、それを劇場版で上映して、一見さんも大歓迎と言う作りでやると言うのなら、この脚本は無いでしょう。
 世間知らずの非常識な人間が書いた脚本だとしか思えませんねえ。

 冒頭の自動車ドロ。ナンバーと車検証を偽造しただけで、それを転売できるなんて思う大馬鹿者はいないでしょ。車検証には固有の車体番号が記載されてますよね。商品引き渡し時に、車検証と車体番号を確認しないブローカーなんていませんって(笑)

 取り込みサギの手口もみな稚拙としか言いようがありません。贈答サギに関しては、原作にもありましたけど、その騙しのテクニックが描写不足です。いくら高価な印鑑をプレゼントされても、いきなりそれを実印に登録はしませんよ。そこを巧みに導く手口が原作では描かれてました。
 OA機器のサギにしても同様です。デジタルカラーコピーを10台発注って、一体何をしてる会社でしょうねえ?PC100台はわかるにしても金額的にはデジタル複合機10台の方が大きいでしょ。
 
 黒崎の手口も然り。電子マネーのチャージって、PC上でやる場合は、口座に金が入っていることが前提です。そこから資金を移動しますから。でも、マネー・ロンダリングが必要な金を抱えてる人間は、それを銀行口座なんかに入れてません。だって、表に出せない汚い金なんですから(笑)だいたい貸金庫か自宅に隠し持ってますよね。以前は、宝くじの当たり券を当選金額の110%で買い取るなんて手口はありましたね。1億の当選券を1億1千万で買うんです。で、それを換金すると、税金のかからない1億の綺麗なお金が出来上がるんですねえ。普通に取り引きした金でも、4千万くらい税金で持ってかれちゃいますし、不法な取引で得た金だと根こそぎ持ってかれちゃいますから、1千万くらいは安いもんだそうです。
 100歩譲って個人口座にお金が入っていたとして、電子マネーにチャージしますね。黒崎の言うように入金記録が削除されても、元の口座の出金記録は削除されませんよねえ(笑)
 手形詐欺にしても、あんな幼稚な手口に引っかかるお馬鹿な業者はいません。しかも、
「手形を買った」
とか言ってるし・・・(笑)金融業者は割り引くんです。そこで利息分を引いた金額を渡して(振り出し元の信用度で、年利3〜20%とか、割引率は決まりますから、サギを目的に作って実体のない会社の手形なんて、基本的に割り引いてもくれません)利益を得るのです。
 勉強不足、リサーチ不足にも程がありますよ。

 その他、銀座のクラブのママが、お客様の煙草に火をつけるのに、片手でライターを差し出すとか、オセロで、角を取られて逆転されたのを、
「え〜、全然気が付かなかった〜」
だとか(ちょっとでもオセロをやったことがある人はみんな知ってますって)倒産サギの首謀者が、連鎖倒産した会社の債権者会議に大口債権者として出席したりとか、リアリティの欠片も無いですねえ。

 この「クロサギ」と言う物語の、「詐欺師を専門に騙す詐欺師・クロサギ」と言う世界観は、非常に興味深いと思うので、きちんとしたリサーチをして、ちゃんとした脚本家が本を書けば、TVドラマより予算も沢山あるだろうし、いくらでも面白い物ができると思うんですけど、こんなものを「劇場版」として上映しているようじゃ、お里が知れるというものです。
 シェークスピアの引用も失笑を誘うだけで(シェークスピアに失礼だろ!)テンポよく作れば1時間以内で終わってしまうような内容をだらだらと2時間以上引っ張るなんて、映画をなめんなよと言いたくなります。


このレビューは気に入りましたか? はい 11人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

66pts/100ptsネタバレ

投稿日:2008/12/08 レビュアー:ヴィル

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

惜しいね。
脚本だけなら、80点、行けそうな映画だと思った。

でも・・・
OA機器レンタル屋と、IT会社経営者・・・
見分けつかないって、
竹中直人、すぐに、目医者行くべきだな。。。(笑)

電話も、声、似てなさ過ぎ・・・
耳鼻科にも行くべきだな。。。(笑)

これって、コントなんだよね?
ってレベル・・・

せっかくのいいストーリーを、彼一人で、
台無しにしかねない状況だった。。。

ま、ストーリーがしっかりしてるのと、
脇の役者がまともなので、
まだ見れたけど・・・
そうじゃなかったら、せっかくの題材が、
50点ぐらいの映画に成り下がるところだったと思う。

あと、これは、テレビドラマを、映画化したときに、
よくあるパターンではあるけど、
必要のない登場人物、シーンが多いよね。。。
私は、ドラマは見てなかったから、
よけいにそう思うんだろうけど、、、
ストーリーに関係のない登場人物、
それから、関係はあるけど、間延びしすぎのシーンが多すぎる。
このあたり、整理すると、
もっといい映画になるはずだね。

山崎努が言う、
”人は騙すために、信用させる”
うん。ある意味、そうなのかもしれないね。
そういう、ある意味、人間の真実というか、
嫌な姿を映し出す、詐欺。

映画の題材としては、非常に興味深いものなので、
点数的には悪くないけど、
でも、残念な作品。

このレビューは気に入りましたか? はい 8人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

本作自体が詐欺だ!とは言いませんけど・・・

投稿日:2008/09/15 レビュアー:ぶわつ

 この春、小学校を卒業した娘が、友達と一緒に本作を観にいきたいというので、近くのシネコンまで連れて行ってやったんです。で、オレ自身はまったく観る気はなかった(だいたいTVドラマも観てなかったし)んですが、ちょうどタイミングよく観られる映画が他になくて、“まあええかぁ”と一緒に観たわけです。
 “詐欺師を狙う詐欺師”というプロットは面白いなとは思います。本編そのものも別段退屈するわけでもなく普通には観られました。けど、残念ながら、所詮はTVドラマの域を超えていないなあと思ってしまうわけです。内容的にはなんだかんだ言いながら、結局『ミナミの帝王』やん・・・と思ってしまうわけです。で、TV放映でしか観たことのない一連の『ミナミの帝王』の方が、数段映画らしいわけです。
 最初にTVドラマとして放映して、人気が出たらそれじゃあ映画で・・・。本作だけじゃないし、今に始まったことでもないですけど、本当に安易だし最近は特に乱発傾向になっていてうんざりです。
 いい映画を作って、それを観た人に“映画っていいもんなんだ”と思ってもらいたい。そして“映画”を好きになってもらいたい。なんて気概ゼロ。TVドラマ繋がりのいちげんさんだけ相手の商売でしかない。もちろん、そんな映画ばっかりではないんですけど、よりによって『ROOKIES』まで映画化されてしまうみたいだし(同じTBSや!)、何だかなあ・・・と思う今日この頃なのでした。

このレビューは気に入りましたか? はい 8人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 5件 / 全78件

映画 クロサギ

月額課金で借りる

都度課金で借りる