ハウス・オブ・アッシャー 〜アッシャー家の崩壊〜

ハウス・オブ・アッシャー 〜アッシャー家の崩壊〜の画像・ジャケット写真

ハウス・オブ・アッシャー 〜アッシャー家の崩壊〜 / オースティン・ニコルズ

全体の平均評価点:(5点満点)

11

全体の平均評価点:

DVD

ジャンル :

「ハウス・オブ・アッシャー 〜アッシャー家の崩壊〜」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

解説・ストーリー

エドガー・アラン・ポーの名作を映画化したゴシックスリラー。親友であるマッディ・アッシャーの死の報せを受けたジルは、葬儀に参列するためアッシャー家を訪れる。人里離れた土地にある古い洋館の中で、ジルは何か不気味な気配を感じ始める。

「ハウス・オブ・アッシャー 〜アッシャー家の崩壊〜」 の作品情報

作品情報

製作年: 2006年
製作国: アメリカ
原題: THE HOUSE OF USHER

「ハウス・オブ・アッシャー 〜アッシャー家の崩壊〜」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

インフォーマーズ セックスと偽りの日々

デイ・アフター・トゥモロー

インパクト・ポイント 狙われたビーチの妖精

スパイ・アサシン

ユーザーレビュー:11件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全11件

スリラー?じゃないですね。でも重たい・・・ ネタバレ

投稿日:2008/10/21 レビュアー:mitamita観た〜!!

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

ジルは親友マディの突然の死の報せにより、人里離れた郊外のアッシャー家へ葬儀へ訪れる。そこにはかつての恋人、親友マディーの双子の兄リックが待っていた・・・
死因のはっきりしない親友の死に不安を抱き、またリックの誘いもあり葬儀のあとも滞在を決めるジル。
その日から何らかの気配を感じ、益々不安を募らせるジル。

とまあこんな具合に物語は始まります。

中盤以降も主人公ジルの屋敷の探求が続きます。
いつになったら確信に触れるのか少々イライラしました。

そんな中、リックとの突然の別れに疑問を抱いていたジルは、その理由がリックの病にあったことがわかりました。
未練があったせいかすんなり二人の仲は復活。はやっ!!

新感覚ゴシックスリラーとありますが正直、そんな感覚にはなりませんでした。ていうか私の苦手な字幕だったからかもです。

終盤、リックがジルに固執する理由、ジルのまわりの気配が解かるあたりからどんどん進んでいきます。
まるで階段を転げ落ちるようなスピードです。
結末は想像できましたがどうゆうけりをつけるかが気になりました。
ラスト、やっぱりねの終わり方です。そしてまた呪いはつづくですね。

ここからかなりのネタバレです。
これから観る方は読まないで下さい。
もし、目にはいったらごめんなさいね。




はるか昔ならともかく、また限られたものしかいない地域ならまだしも・・・
こんな関係があるなんて想像もつきません。
その結果の病、障害・・・
女性にとっては重い内容です。
ここからどうしても書きたいことがありますが、本当のネタバレですのでコメントに書きます。
興味のある方はお立ち寄りください。

このレビューは気に入りましたか? 12人の会員が気に入ったと投稿しています

呪われた血

投稿日:2015/04/12 レビュアー:kazupon

なんて言うと、まるでホラーのように聞こえますが・・・
これは、昔からよくあるタブーの話。
家系とか血筋とか、そういうものの所為にしてしまうのが一番簡単なのかも知れないけれど、マディのような選択をすれば断ち切ることも可能なのに。
ジルが、アッシャー家の歴代の家族写真を見つけ、それを床に並べていく。
それは、アッシャー家の家系図そのものだった。
血を絶やすということは、人間の“子孫を残す”という本能には抗えないほど難しいものなのだろうか?
ジルが、親友マディの意思に背いた道を選んだことに複雑な思い。
何だか自然に俯いてしまうような重いテーマがありました。

このレビューは気に入りましたか? 4人の会員が気に入ったと投稿しています

生まれてくる子供に罪は無い。確かにそうなのでしょうが。。。

投稿日:2015/03/10 レビュアー:伝衛門

恐ろしく悍ましい負の連鎖。。。

気分が重くなる作品でした。
と、同時に退屈に感じる作品でもありました。

印象に残る唯一のシーンが作品ラストの女性の表情。

”いつのまにこんな状況に?”というツッコミはおいておいて、
”いいのか!このままで!?”と強く感じずにいられませんでした。

こうして歴史は繰り返させるのか。。。(・・。)ゞ

”子供に罪は無い”という言葉の裏側には”悪いのは親”が隠れていることが少なくないように感じています。
その親と同じ過ちを。。。

そんな気苦労を全く感じさせない女性の表情が強く残る作品でした。

このレビューは気に入りましたか? 4人の会員が気に入ったと投稿しています

つきものの お約束

投稿日:2008/12/29 レビュアー:MAMAMI

カラダが弱い。

あんまり知識がない私は 

ただ 虚弱で喘息持ちとか!?ってお気楽に観ていたんですが

字幕では ちょっとその気分でもなくて

内容もすっごく 気分が悪かったです。

惹かれあってなら 同情も出来るんですけどねぇ・・・



深いところは mitamita観た様♪の

コメントが良いかと←丸投げ♪



でもこの作品の振り出しに戻る感じはどうなんだろう・・・



このレビューは気に入りましたか? 2人の会員が気に入ったと投稿しています

ブラック・シークレット

投稿日:2008/09/17 レビュアー:kaorun

親友の葬儀に参列するため、アッシャー家を訪れたジル。
両親は他界し、そこにはジルの元恋人でもある双子の兄がいた。

彼も怪しいけど、彼の世話をしているおばさんも更に怪しい。
アッシャー家には一体どんな秘密が隠されているのか興味津々。

途中までは、ジルが怪しみながらもアッシャー家に滞在しているシーンがほとんどです。
でも、彼女がある事実を発見したところからハラ・ドキ!
そして、そういうワケねと納得。
やっぱり忠告は聞いた方がよさそうね・・・。

でも、ラストはどうなの?
それでいいんか〜い・・・。

このレビューは気に入りましたか? 2人の会員が気に入ったと投稿しています

1〜 5件 / 全11件

ハウス・オブ・アッシャー 〜アッシャー家の崩壊〜

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:11件

スリラー?じゃないですね。でも重たい・・・

投稿日

2008/10/21

レビュアー

mitamita観た〜!!

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

ジルは親友マディの突然の死の報せにより、人里離れた郊外のアッシャー家へ葬儀へ訪れる。そこにはかつての恋人、親友マディーの双子の兄リックが待っていた・・・
死因のはっきりしない親友の死に不安を抱き、またリックの誘いもあり葬儀のあとも滞在を決めるジル。
その日から何らかの気配を感じ、益々不安を募らせるジル。

とまあこんな具合に物語は始まります。

中盤以降も主人公ジルの屋敷の探求が続きます。
いつになったら確信に触れるのか少々イライラしました。

そんな中、リックとの突然の別れに疑問を抱いていたジルは、その理由がリックの病にあったことがわかりました。
未練があったせいかすんなり二人の仲は復活。はやっ!!

新感覚ゴシックスリラーとありますが正直、そんな感覚にはなりませんでした。ていうか私の苦手な字幕だったからかもです。

終盤、リックがジルに固執する理由、ジルのまわりの気配が解かるあたりからどんどん進んでいきます。
まるで階段を転げ落ちるようなスピードです。
結末は想像できましたがどうゆうけりをつけるかが気になりました。
ラスト、やっぱりねの終わり方です。そしてまた呪いはつづくですね。

ここからかなりのネタバレです。
これから観る方は読まないで下さい。
もし、目にはいったらごめんなさいね。




はるか昔ならともかく、また限られたものしかいない地域ならまだしも・・・
こんな関係があるなんて想像もつきません。
その結果の病、障害・・・
女性にとっては重い内容です。
ここからどうしても書きたいことがありますが、本当のネタバレですのでコメントに書きます。
興味のある方はお立ち寄りください。

呪われた血

投稿日

2015/04/12

レビュアー

kazupon

なんて言うと、まるでホラーのように聞こえますが・・・
これは、昔からよくあるタブーの話。
家系とか血筋とか、そういうものの所為にしてしまうのが一番簡単なのかも知れないけれど、マディのような選択をすれば断ち切ることも可能なのに。
ジルが、アッシャー家の歴代の家族写真を見つけ、それを床に並べていく。
それは、アッシャー家の家系図そのものだった。
血を絶やすということは、人間の“子孫を残す”という本能には抗えないほど難しいものなのだろうか?
ジルが、親友マディの意思に背いた道を選んだことに複雑な思い。
何だか自然に俯いてしまうような重いテーマがありました。

生まれてくる子供に罪は無い。確かにそうなのでしょうが。。。

投稿日

2015/03/10

レビュアー

伝衛門

恐ろしく悍ましい負の連鎖。。。

気分が重くなる作品でした。
と、同時に退屈に感じる作品でもありました。

印象に残る唯一のシーンが作品ラストの女性の表情。

”いつのまにこんな状況に?”というツッコミはおいておいて、
”いいのか!このままで!?”と強く感じずにいられませんでした。

こうして歴史は繰り返させるのか。。。(・・。)ゞ

”子供に罪は無い”という言葉の裏側には”悪いのは親”が隠れていることが少なくないように感じています。
その親と同じ過ちを。。。

そんな気苦労を全く感じさせない女性の表情が強く残る作品でした。

つきものの お約束

投稿日

2008/12/29

レビュアー

MAMAMI

カラダが弱い。

あんまり知識がない私は 

ただ 虚弱で喘息持ちとか!?ってお気楽に観ていたんですが

字幕では ちょっとその気分でもなくて

内容もすっごく 気分が悪かったです。

惹かれあってなら 同情も出来るんですけどねぇ・・・



深いところは mitamita観た様♪の

コメントが良いかと←丸投げ♪



でもこの作品の振り出しに戻る感じはどうなんだろう・・・



ブラック・シークレット

投稿日

2008/09/17

レビュアー

kaorun

親友の葬儀に参列するため、アッシャー家を訪れたジル。
両親は他界し、そこにはジルの元恋人でもある双子の兄がいた。

彼も怪しいけど、彼の世話をしているおばさんも更に怪しい。
アッシャー家には一体どんな秘密が隠されているのか興味津々。

途中までは、ジルが怪しみながらもアッシャー家に滞在しているシーンがほとんどです。
でも、彼女がある事実を発見したところからハラ・ドキ!
そして、そういうワケねと納得。
やっぱり忠告は聞いた方がよさそうね・・・。

でも、ラストはどうなの?
それでいいんか〜い・・・。

1〜 5件 / 全11件