ビッグ・フィッシュ

ビッグ・フィッシュの画像・ジャケット写真
ビッグ・フィッシュ / ユアン・マクレガー
全体の平均評価点:
(5点満点)
累計評価件数:

224

  • DVD
  • Blu-ray
  • TSUTAYA TV
  • 見放題
  • 動画ポイント利用可
ジャンル:

「ビッグ・フィッシュ」 の解説・あらすじ・ストーリー

出産間近の妻とパリで幸せに暮らすジャーナリストのウィル・ブルーム。彼の父エドワードは自分の人生を幻想的でマジカルな話として語り、聞く人を魅了し楽しい気分にさせる名人だった。ウィルも子どもの頃はそんな父の話を聞くのが大好きだった。しかし3年前の自分の結婚式で喧嘩して以来、父とは不和が続いていた。そんなある日、母から父の病状が悪化したとの報せを受け、ウィルは妻を連れて実家へと向かう。しかし、病床でも相変わらずホラ話を繰り返す父と、父の本当の姿を知りたいと願う息子の溝はなかなか埋まらなかった…。

「ビッグ・フィッシュ」 の作品情報

製作年: 2003年
製作国: アメリカ
原題: BIG FISH

「ビッグ・フィッシュ」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

ビッグ・フィッシュ コレクターズ・エディションの詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
125分 日本語・英語 1:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/英語
2:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
RDD34933 2004年10月27日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
85枚 3人 3人

【Blu-ray】ビッグ・フィッシュ(ブルーレイ)の詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
125分 日本語・英語 1:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/英語
2:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
BRR34933*B 2008年08月20日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
32枚 1人 5人

関連作品

ユーザーレビュー:224件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全224件

ルアーに映ったしゃれこうべ。

投稿日:2007/06/05 レビュアー:JUCE

冒頭のCGの水中の“BIG FISH”の主観移動のシーン。銀色ルアーに“しゃれこうべ”が映っています。(レビュアさんのHNでは無いですよ)もうその時点から私の頭の中ではこの“しゃれこうべ”がこの映画にとってどんな意味があるのだろうかと気になって、最近まれに見る集中力で映画に見入りました。角度的には少し不自然な感はあるものの、ルアーに映りこむ可能性のあるものはやはり主観移動している主“BIG FISH”だろうと思いますので、タイトルにもなっている“BIG FISH”は“死”への暗示、すなわちこの映画は“死”を扱ったものだということを冒頭のシーンで述べているのでしょう。ティム・バートン流の死への執着が感じられるところです。らしいと言えば、父親の回想の中で登場する人物も巨人、獣人、結合双生児など異形のキャラクターがこの映画でも登場します。ただいつものようにブラックなファンタジーかと言うとそうでは無く、表面上はかなり明るめのファンタジーに仕上がっています。

最近無意味な“狂言まわし”の登場で鼻白む映画が多かったのですが、この映画は実に巧みに現在の会話と父の回想物語をシームレスに繋いでいます。父親のモノローグとして語り始められる回想と言うファンタジーの世界と現実の世界が、父親という“狂言まわし”のもとで一連の流れとして移り変わり、しかも決して観客に時系列での混乱を招くことがありません。その手法は見事です。

以前からティム・バートンはCGをはじめとするVFXなどの使い方に難があるのかなと思っていたのですが、逆にその下手さがこの映画では強みになっていた様に思います。ファンタジーな回想シーンでは必然的にCGなどを多用せざる得ない訳ですが、リアルでないVFXがファンタジー感をうまく醸し出していました。

ティム・バートンらしからぬ(失礼)誰が見ても愉しめるファンタジー映画。特に会話の無くなった父と息子で見るといいかもしれませんよ。

このレビューは気に入りましたか? はい 24人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

ティム・バートンの、久々にハートウォーミングな映画

投稿日:2005/04/30 レビュアー:しゃれこうべ

『シザーハンズ』のテイストを思い出させてくれる映画でした。
私はティム・バートンの映画の中では『シザーハンズ』がいちばん好きなのですが、そのテイストがよみがえってきて、なんだか嬉しくなりました。

『シザーハンズ』の、ファンタジックだけれども、人間のつらさや悲しさという、リアルな部分もあるというところが、
この映画にも踏襲されている感じでしたね。
『シザーハンズ』の場合は、その中心となる人物が男女。
で、今回は父と息子。
親子の絆をこのようなカタチで描いた映画は、少なくとも私にとって初めてで、心があったかくなって、すごく感動しました。

この作品の中で父親が語るおとぎ話は、実際の話に誇張をプラスしたもの。
嘘八百はダメだけれど、こういうふうに面白い話を子どもに聞かせることって大切なんだなあって教えられた気がします。
子どもの心を豊かにするためのファンタジー、それを自分のエピソードと交えて話してくれるお父さんの存在って、ほんとにうらやましい!
ラストは、私も涙がポロリ。
あんなお父さんみたいにはなれないと思うけれど、遊び心や空想を忘れない母親として、私も子どもに接していこうと思いました。

このレビューは気に入りましたか? はい 21人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

ティム・バートンの世界をご堪能ください

投稿日:2004/10/31 レビュアー:パープルローズ

父親のほら話が信じられず、父親と疎遠になってしまった息子。でも、そのほら話の素敵なことといったら。巨人、魔女(ヘレナ・ボナム・カーターがみごとに変身しています。)、サーカス、一面の水仙畑でのプロポーズなどなど。どうぞ、ティム・バートンの世界をご堪能ください。
そして、息子といっしょにほら話を信じられるようになったとき、熱い涙が流れます。

映画館で観たときには、ファンタジックな部分にばかり気をとられていましたが、結局これはどんなふうに死んでいきたいかという話なのかもしれないと今回思いました。これの前にみたのが「みなさん、さようなら」だったせいかもしれませんが、「みなさん・・・・」の方はけっこう現実的な死の話。私はこちらのファンタジックな死のほうが好きですね。

ユアン・マクレガーは久々のはまり役だと思います。前にスマステで稲垣吾郎が「ジョニー・デップならよかったのに」なんていってたけど、ばかだね。ジョニーだったらぶちこわしだ。

このレビューは気に入りましたか? はい 15人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

”ティム・バートン”を…

投稿日:2011/09/15 レビュアー:まみもぉ

…食べに行って、いつもの味を堪能。満足してお会計…な作品でした。
夫婦役のアルバート・フイニーとジェシカ・ラングの着衣のままの入浴シーンが、美しかったです。衣が鰭のようでした。

このレビューは気に入りましたか? はい 13人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

ティムバートンの作品ナンバーワンかも!絶対お勧め!ネタバレ

投稿日:2009/02/17 レビュアー:pokorou

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

これまでの、ティムバートンの作品の良い所を、全部取り入れた
様な素晴らしい作品です!

はっきり言って、今までのティムバートンの作品って、
大抵、その映画のカラーってもんがあったでしょう?
それが、この作品では、もう、何でも来い的な面白さ大爆発!

基本のドラマも素敵なストーリーです。
そして、ティムバートンお得意の不思議ワールド有り。
ちょこっとダークなムードも有り。

私はティムバートンの作品でいつも思うのは、キャラに合った
俳優を選ぶ点、個性的な衣装やメイク(これはダントツお洒落!)
誰が想像出来るもんか、この世界観!ってとこが本当に大好きです!

で、今回何が嬉しいかって、脇役さんがこれ又一癖も二癖も有る
方ばかり!個性的な方の大量豊作です!
「チョコレート」に出ていた「ウンパルンパ」さんが出てらしたのは
なんとも私にとってはサプライズゲスト!!!
やっぱり小さくて可愛い。そして大きな大きな人。
スティーブ・ブシェミは、最近ちょっと意識して拝見させて頂いております!この方、名脇役ですね!「アルマゲドン」でお名前をやっと覚えました!良い味を出す俳優さんだと今頃気付きました!
で、ヘレナ・ボナム・カーター 、彼女は「スウィーニー」で観た時は、「良くも愛しのジョニーとイチャイチャしやがって!」と思いましたが、「ファイトクラブ」でちょっと見方が変わり、今回でファンになってしまいました!
そして、なんと、ティムバートンとの間にお子様がいるそうな!!!
未婚らしいですが・・・w個性的な二人なので不思議に思いませんがw

と、まあ、脇役だけでもこれだけの個性派メンバーが揃う中、
主役も(って誰が主役なんだかわかんなくなる様な映画ですが)
同じ人物(物語の中)の現在と昔とが行ったり来たりで、
本当に沢山の俳優さんが登場します!

が、不思議と混乱しない!分かりやすい!


いつも作り話ばかりで本当の父を知りたい息子。
でも、父はただのほら吹きでは無かった。
罪は無く、周りの人達をいつも愉快な気持ちにさせていた。
そして、真実も沢山あった。ただ・・・若干付けたしが有ったけど。
それも、誰も傷等付く様な事の無い、楽しいお話。

父は単なるほら吹きでは無かった事に気付き、父に、自分の死はどんな風だ?話してくれ。と、言われ、息子は父に最高の話を語って聞かせる。最後まで聞き、父は息絶えた。

息子の作ったお話は父にとって最高のお話でした。
最後にとっても素敵な贈り物。感涙です。。。  ;−;


そして、大袈裟で作り話が得意なお父さんの話は、その後、
神話の様に語り継がれていく・・・凄く心が温まりました。


本当にティムバートンの良さが全て表れているような作品でした。
これは観ないと損します。

私は鑑賞後、即購入です!何度でも観たくなる作品です。

主役が控え目に見えるのは脇役さん方が個性的過ぎるからですねw

目でも耳でも楽しめ、笑ったり、関心したり、驚いたり、興奮したり、
感動したり、涙したり・・・色んな宝物がぎっしり詰まった宝箱の
様な映画です。本当に、音楽も素敵、色彩も素敵、衣装もお洒落、
ティムバートンのセンスの良さがうかがえ知れます。
髪の毛はいつも爆発してるみたいですが・・・w

この映画はティムバートンからの素敵な贈り物です。

どうか、皆さんも受け取って下さい。
とても気持ちの良い贈り物ですよ。

     私はこの作品、大好きです!皆さんも是非!


               pokorou (*∩∩*)ニコッ♪

このレビューは気に入りましたか? はい 13人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 5件 / 全224件

ビッグ・フィッシュ