1. DVDレンタルTOP
  2. すべてのジャンル
  3. 洋画のDVDレンタル
  4. アクションのDVDレンタル
  5. ザ・シューター/極大射程

ザ・シューター/極大射程

ザ・シューター/極大射程の画像・ジャケット写真

ザ・シューター/極大射程 / マーク・ウォールバーグ

ザ・シューター/極大射程 /アントワン・フークワ

平均評価点: 

予告編を観る

  • 画質は本編映像とは異なります。

全体の平均評価点: (5点満点)

234

DVD

Blu-ray

旧作

お届け率:100%

解説・ストーリー

元アメリカ海兵隊の凄腕スナイパーがライフルを手に国家的陰謀へ立ち上がる迫力のアクション・サスペンス。スティーヴン・ハンターのベストセラー小説『極大射程』を映画化。伝説の狙撃手として知られ、現在は一線を退きワイオミングの山中で隠遁生活を送る元海兵隊員のボブ・リー・スワガー。ある日、彼の元に退役したアイザック・ジョンソン大佐とその部下たちが訪ねてくる。そして、全米各地を遊説する大統領の暗殺計画が発覚したと語り、スワガーの経験から犯人が狙撃に及ぶ都市を割り出してほしい、と要請するのだったが…。

DVD

Blu-ray

旧作

お届け率:100%

ジャンル :

新規ご登録はこちら

新規登録で
「定額レンタル4」月額1,026円(税込)を

14日間無料お試し!
  • ※本キャンペーンの無料お試しの対象者は、次の@ABのいずれかに該当する方に限ります。
  • @「TSUTAYA DISCAS」の定額プラン(定額プランの種類は問いません。以下同じ)の利用開始時に「無料お試し」を利用したことがない方
  • A2022年10月2日以前に「TSUTAYA DISCAS」の定額プランの利用を終了された方であって、2022年10月3日以降、「TSUTAYA DISCAS」の定額プランを利用していない方
  • B上記@Aのほか、当社が不定期で実施する期間限定キャンペーンにおいて、キャンペーン開始時に、当社が定める参加条件を満たした方
  • 無料お試し期間中(14日間)、新作はレンタル対象外です。(但し、上記Bの対象者に限り、新作もレンタル対象となる場合があります)
  • 無料お試し期間終了後、登録プラン料金で自動更新となります。

「ザ・シューター/極大射程」 の解説・あらすじ・ストーリー

解説・ストーリー

元アメリカ海兵隊の凄腕スナイパーがライフルを手に国家的陰謀へ立ち上がる迫力のアクション・サスペンス。スティーヴン・ハンターのベストセラー小説『極大射程』を映画化。伝説の狙撃手として知られ、現在は一線を退きワイオミングの山中で隠遁生活を送る元海兵隊員のボブ・リー・スワガー。ある日、彼の元に退役したアイザック・ジョンソン大佐とその部下たちが訪ねてくる。そして、全米各地を遊説する大統領の暗殺計画が発覚したと語り、スワガーの経験から犯人が狙撃に及ぶ都市を割り出してほしい、と要請するのだったが…。

「ザ・シューター/極大射程」 の作品情報

作品情報

製作年:

2007年

製作国:

アメリカ

原題:

SHOOTER

「ザ・シューター/極大射程」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

TSUTAYAだから可能な圧倒的作品数!!

TSUTAYAだから可能な圧倒的作品数!!

洋画・邦画

35,500
タイトル以上

国内ドラマも一部含まれております

国内・海外ドラマ

5,400
タイトル以上

アニメ

9,200
タイトル以上

R-18

210,000
タイトル以上

CD

250,000
タイトル以上

※2022年2月 現在のタイトル数

新規ご登録はこちら

新規登録で
「定額レンタル4」月額1,026円(税込)を

14日間無料お試し!
  • ※本キャンペーンの無料お試しの対象者は、次の@ABのいずれかに該当する方に限ります。
  • @「TSUTAYA DISCAS」の定額プラン(定額プランの種類は問いません。以下同じ)の利用開始時に「無料お試し」を利用したことがない方
  • A2022年10月2日以前に「TSUTAYA DISCAS」の定額プランの利用を終了された方であって、2022年10月3日以降、「TSUTAYA DISCAS」の定額プランを利用していない方
  • B上記@Aのほか、当社が不定期で実施する期間限定キャンペーンにおいて、キャンペーン開始時に、当社が定める参加条件を満たした方
  • 無料お試し期間中(14日間)、新作はレンタル対象外です。(但し、上記Bの対象者に限り、新作もレンタル対象となる場合があります)
  • 無料お試し期間終了後、登録プラン料金で自動更新となります。

関連作品

関連作品

ゲド 戦いのはじまり

glee/グリー シーズン3

L.A.ギャングストーリー

悪魔を憐れむ歌

ゴシップガール <フォース・シーズン>

ユーザーレビュー:234件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全234件

帰って来た現代風、チャック・ノリス! ネタバレ

投稿日:2007/08/27 レビュアー:masamune

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

原作のStephen Hunter著、「極大射程」はメチャクチャ面白い!。
発売されて10年近い筈だが、上下巻と長い原作も、一気に読ませる魅力に溢れたストーリーは、是非DVDが出る前に読んで欲しい。後に主人公ボブ・リー・スワガーは、4部作とシリーズ化されるが、本作はソノ第一作目に中る。
似た映画で「山猫は眠らない」シリーズも有名。日本人は集団で攻めるより「個」を意識したアクションが生来の感覚(サムライ魂)に合うのかも・・・「ゴルゴ13」の感性は不変らしい。
「山猫は眠らない」で、Tom Berengerが演じたトーマス・ベケット曹長は、伝説のスナイパー、カルロス・ハスコック軍曹がモデルらしい。小説を読む限りでは、ボブ・リー・スワガーとハスコックには共通点も多いので、本作は「山猫」ファンも注目!。
私は随分前に原作を読破してるので、一緒に見た友人の様に「ごくぶとしゃてい」とは言わない(笑)。

秀逸な原作を映画として、どう料理するかと勇んで劇場へ向ったが、結果として原作とは程遠い出来・・・しかし切り捨てられない魅力も存在する。
その理由は、本作が清く「B級」に徹した面白さを追求してるからに尽きる。ガン・マニアなら主人公が左利きのスナイパーと聞いただけで卒倒モノ(軍用銃器は右利き)。しかし、そんな事はお構いなしと突っ走る疾走感が、逆に痛快に思える面白さも有る。
映画で孤高のヒーローと言えば、ジョン・ランボーだが、本作はスタローンでも、シュワちゃんでも、セガール親爺でも、バンダムで、ラングレンでも無い、チャック・ノリスの風味を醸し出すセンスが妙に心地良い(笑)。レンタルビデオで、VHSとβが激しく争った時代のヒーローを、今風に蘇らせたAntoine Fuqua監督のセンスにも脱帽だ。
主演のMark Wahlbergは、もっと評価されて良いと常々思うが、本作で一枚看板を背負う事を任され、見事に応えたと素直に褒めたい。そして本作のシリーズ化も大いに歓迎したい。

私は原作有るモノは、それと乖離した作品は認めない主義だが、本作は別腹(笑)。
「山猫は眠らない」の凋落を見て分かる通り、寡黙で言葉少なく、それをヴィジュアルで補完する作風は現代に合わない。それは緻密な演出やカメラが展開しなければ成り立たず、作劇としてのネタも限られるからだ。
その意味で本作は、ベースが秀逸でプロットも豊富。しかし、下手に陰謀話や政権批判を謳い文句にすれば、本作は中途半端に陥る。さればハリウッド節全開のお気楽アクションに徹した方が、結果として見る側も楽しめる・・・映画なんて、意外と簡単に考えればいいのだと高らかに謳い上げた単純さを、逆に評価したい佳作だ。

このレビューは気に入りましたか? 23人の会員が気に入ったと投稿しています

社会風刺とかを、盛り込もうとしてすべった。 ネタバレ

投稿日:2008/02/11 レビュアー:こんちゃん

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

 多くの方が指摘してますけど、この香港映画みたいな邦題はいただけませんね。これのおかげで観ようと言う気が起きずに、手元に有ったにもかかわらず、今日まで観ないでいました。アルバがお得意のパターンで「シューター/無限射程」ってのを出していて、そいつが届いたので、
「よっしゃ、観比べてみるか」
と鑑賞したのですが、面白いじゃないですか。「逃亡者」であったり、「ボーン〜」であったり「山猫〜」であったりと、似通った雰囲気の作品は多々ありますが、その中でも独特の描き方で、良くできた娯楽作品でしょう。邦題だけ聞くと、B級・C級の香りがぷんぷんしていますけど、とてももったいないですね。

 マーク・ウォルバーグは「ミニミニ大作戦」(ああ、これも邦題で存してるなあ・・・)で観て、いい男だと思っていたのですが(私の若い頃に良く似てる・・・って、ウソです、すいません!)マット・デイモンに似てるなと思えたり、たまにブラピっぽかったりしますね。これはと思えるオリジナリティを出すことが出来れば、ブレイクする可能性もありそうです。キアヌ・リーブスが主役という話しもあったそうですが、ウォルバーグで良かったと思いますね。
 新米FBI捜査官のニック・メンフィスが登場した途端、かみさんと
「あ!ヒメノじゃん」
 「ワールド・トレードセンター」のイメージが強すぎますけど、なかなかの熱演です。っていうか、たまたま縁があって、スワガーの相棒のように行動しますけど、彼がこれほど使える人間だったというのが、ちょっとご都合主義に感じられてしまいますね。

 サラは、元相棒のかみさん。傷ついたビルが助けを求めたのはいいとして、それっぽい関係に発展していく2人の気持ちのバックボーンがよくわからないので、今ひとつ納得できないんですよね。死んだ相棒への裏切りとも言えなくもないのですから。

 雪山にミッチャムたちを呼び出したシーンは、小説を原作として映画化した作品のデメリット部分が出てしまっていますかね。原作は読んでませんけど、おそらく文字で表現されていれば、手に汗握る場面なのでしょうが、ああやって映像で直接的に見せられると、ある意味滑稽というか、荒唐無稽に映ってしまいます。
 そして諮問会からエンディング。せっかく前半、孤高の狙撃手としてのスワガーをうまく描写したのに、途中からは「野生味の無いランボー」に成り下がってしまうし、法では裁けない存在として放免せざるを得なかった悪党どもを、「必殺仕置き人」よろしく、闇で葬り去るなんていう展開には、カタルシスも感じられないのです。
「だったら、初めからこっそり狙撃しちゃえばいいじゃん・・・」
と思ってしまいますよね。
 現実には、こういう風に、裁くことが出来ない犯罪も多いのでしょうし、そうやって私腹を肥やす政治家や政府高官もいるのでしょうが、そこはほら娯楽映画ですから、キッチリと引導を渡してくれないとねえ・・・。

 まあ、邦題で損をしているのと、中盤まではテンポよく進むのにそこからがご都合主義に走ってしまうので、もったいないなと思います。
 しかしながら、娯楽作品としてはなかなか面白いので、「ゴルゴ13」を楽しく読めた人ならば、観て損はないでしょうね。

このレビューは気に入りましたか? 19人の会員が気に入ったと投稿しています

地球の自転も関係します

投稿日:2007/09/03 レビュアー:裸足のラヴァース

このレビューは気に入りましたか? 18人の会員が気に入ったと投稿しています

スワガーの 一人戦争

投稿日:2007/10/18 レビュアー:ミルクチョコ

このレビューは気に入りましたか? 17人の会員が気に入ったと投稿しています

サブタイトルにマーケティングセンスを感じた!! ネタバレ

投稿日:2007/10/02 レビュアー:MonPetit

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

人気作品の映画化。原作はかなり面白いですよね。
いつもいうことだけど、原作と比べてどうこういうのはある意味筋違いな意見。
小説でうけた印象と映画をみた印象で同じわけがない。
しかも文字を読んで勝手に頭の中で創造が広がる小説と眼から情報が直接
はいってくる映画では同じわけがないですから。

前置きはさておき、面白かったですよ、素直に楽しめました。
尺の長さもあんまり気にならなかったかな。
脚本的にはよくわるパターンではありません。
凄腕スナイパー→嫌なことがあり退役→仕事を依頼される→はめられる→復讐
ってパターンです。途中で女性がほひとりで出てきてっていうのも同じ。
ただこの作品で面白いのはメンフィス君の存在。
スワガー逃亡中のだれる展開の時に、彼の推理で動くところが非情に面白い。
いつの間にか二流スナイパーぐらいにはなってましたし(笑)
彼がとにかくとても効いてます。秀作とはいわないまでも、面白いという評価は
彼の存在がなければ平凡な作品だったかもしれません。

マーク・ウォールバーグと言えば「ミニミニ大作戦」が大好きですが、この孤高な
ストイックな役もなかなかよかったです。

サブタイトル。。。不評のようですが、これ狙いでしょう。
非情にださいので逆に印象に残ってしまいます。
逆にマーケティングのセンスを感じてしまったのは私だけでしょうか?
皆さんなんだこれ!って言ってますよね。その時点で勝ちです。
ザ・シューターだけでは見逃した人も「極大射程」って名前があれば脳裏に刷り
込まれそうですもん。見事です。
つまり「SHOOTER」って原題が平凡でダサいんですよ。これ。

このレビューは気に入りましたか? 16人の会員が気に入ったと投稿しています

1〜 5件 / 全234件

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:234件

帰って来た現代風、チャック・ノリス!

投稿日

2007/08/27

レビュアー

masamune

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

原作のStephen Hunter著、「極大射程」はメチャクチャ面白い!。
発売されて10年近い筈だが、上下巻と長い原作も、一気に読ませる魅力に溢れたストーリーは、是非DVDが出る前に読んで欲しい。後に主人公ボブ・リー・スワガーは、4部作とシリーズ化されるが、本作はソノ第一作目に中る。
似た映画で「山猫は眠らない」シリーズも有名。日本人は集団で攻めるより「個」を意識したアクションが生来の感覚(サムライ魂)に合うのかも・・・「ゴルゴ13」の感性は不変らしい。
「山猫は眠らない」で、Tom Berengerが演じたトーマス・ベケット曹長は、伝説のスナイパー、カルロス・ハスコック軍曹がモデルらしい。小説を読む限りでは、ボブ・リー・スワガーとハスコックには共通点も多いので、本作は「山猫」ファンも注目!。
私は随分前に原作を読破してるので、一緒に見た友人の様に「ごくぶとしゃてい」とは言わない(笑)。

秀逸な原作を映画として、どう料理するかと勇んで劇場へ向ったが、結果として原作とは程遠い出来・・・しかし切り捨てられない魅力も存在する。
その理由は、本作が清く「B級」に徹した面白さを追求してるからに尽きる。ガン・マニアなら主人公が左利きのスナイパーと聞いただけで卒倒モノ(軍用銃器は右利き)。しかし、そんな事はお構いなしと突っ走る疾走感が、逆に痛快に思える面白さも有る。
映画で孤高のヒーローと言えば、ジョン・ランボーだが、本作はスタローンでも、シュワちゃんでも、セガール親爺でも、バンダムで、ラングレンでも無い、チャック・ノリスの風味を醸し出すセンスが妙に心地良い(笑)。レンタルビデオで、VHSとβが激しく争った時代のヒーローを、今風に蘇らせたAntoine Fuqua監督のセンスにも脱帽だ。
主演のMark Wahlbergは、もっと評価されて良いと常々思うが、本作で一枚看板を背負う事を任され、見事に応えたと素直に褒めたい。そして本作のシリーズ化も大いに歓迎したい。

私は原作有るモノは、それと乖離した作品は認めない主義だが、本作は別腹(笑)。
「山猫は眠らない」の凋落を見て分かる通り、寡黙で言葉少なく、それをヴィジュアルで補完する作風は現代に合わない。それは緻密な演出やカメラが展開しなければ成り立たず、作劇としてのネタも限られるからだ。
その意味で本作は、ベースが秀逸でプロットも豊富。しかし、下手に陰謀話や政権批判を謳い文句にすれば、本作は中途半端に陥る。さればハリウッド節全開のお気楽アクションに徹した方が、結果として見る側も楽しめる・・・映画なんて、意外と簡単に考えればいいのだと高らかに謳い上げた単純さを、逆に評価したい佳作だ。

社会風刺とかを、盛り込もうとしてすべった。

投稿日

2008/02/11

レビュアー

こんちゃん

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

 多くの方が指摘してますけど、この香港映画みたいな邦題はいただけませんね。これのおかげで観ようと言う気が起きずに、手元に有ったにもかかわらず、今日まで観ないでいました。アルバがお得意のパターンで「シューター/無限射程」ってのを出していて、そいつが届いたので、
「よっしゃ、観比べてみるか」
と鑑賞したのですが、面白いじゃないですか。「逃亡者」であったり、「ボーン〜」であったり「山猫〜」であったりと、似通った雰囲気の作品は多々ありますが、その中でも独特の描き方で、良くできた娯楽作品でしょう。邦題だけ聞くと、B級・C級の香りがぷんぷんしていますけど、とてももったいないですね。

 マーク・ウォルバーグは「ミニミニ大作戦」(ああ、これも邦題で存してるなあ・・・)で観て、いい男だと思っていたのですが(私の若い頃に良く似てる・・・って、ウソです、すいません!)マット・デイモンに似てるなと思えたり、たまにブラピっぽかったりしますね。これはと思えるオリジナリティを出すことが出来れば、ブレイクする可能性もありそうです。キアヌ・リーブスが主役という話しもあったそうですが、ウォルバーグで良かったと思いますね。
 新米FBI捜査官のニック・メンフィスが登場した途端、かみさんと
「あ!ヒメノじゃん」
 「ワールド・トレードセンター」のイメージが強すぎますけど、なかなかの熱演です。っていうか、たまたま縁があって、スワガーの相棒のように行動しますけど、彼がこれほど使える人間だったというのが、ちょっとご都合主義に感じられてしまいますね。

 サラは、元相棒のかみさん。傷ついたビルが助けを求めたのはいいとして、それっぽい関係に発展していく2人の気持ちのバックボーンがよくわからないので、今ひとつ納得できないんですよね。死んだ相棒への裏切りとも言えなくもないのですから。

 雪山にミッチャムたちを呼び出したシーンは、小説を原作として映画化した作品のデメリット部分が出てしまっていますかね。原作は読んでませんけど、おそらく文字で表現されていれば、手に汗握る場面なのでしょうが、ああやって映像で直接的に見せられると、ある意味滑稽というか、荒唐無稽に映ってしまいます。
 そして諮問会からエンディング。せっかく前半、孤高の狙撃手としてのスワガーをうまく描写したのに、途中からは「野生味の無いランボー」に成り下がってしまうし、法では裁けない存在として放免せざるを得なかった悪党どもを、「必殺仕置き人」よろしく、闇で葬り去るなんていう展開には、カタルシスも感じられないのです。
「だったら、初めからこっそり狙撃しちゃえばいいじゃん・・・」
と思ってしまいますよね。
 現実には、こういう風に、裁くことが出来ない犯罪も多いのでしょうし、そうやって私腹を肥やす政治家や政府高官もいるのでしょうが、そこはほら娯楽映画ですから、キッチリと引導を渡してくれないとねえ・・・。

 まあ、邦題で損をしているのと、中盤まではテンポよく進むのにそこからがご都合主義に走ってしまうので、もったいないなと思います。
 しかしながら、娯楽作品としてはなかなか面白いので、「ゴルゴ13」を楽しく読めた人ならば、観て損はないでしょうね。

地球の自転も関係します

投稿日

2007/09/03

レビュアー

裸足のラヴァース

スワガーの 一人戦争

投稿日

2007/10/18

レビュアー

ミルクチョコ

サブタイトルにマーケティングセンスを感じた!!

投稿日

2007/10/02

レビュアー

MonPetit

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

人気作品の映画化。原作はかなり面白いですよね。
いつもいうことだけど、原作と比べてどうこういうのはある意味筋違いな意見。
小説でうけた印象と映画をみた印象で同じわけがない。
しかも文字を読んで勝手に頭の中で創造が広がる小説と眼から情報が直接
はいってくる映画では同じわけがないですから。

前置きはさておき、面白かったですよ、素直に楽しめました。
尺の長さもあんまり気にならなかったかな。
脚本的にはよくわるパターンではありません。
凄腕スナイパー→嫌なことがあり退役→仕事を依頼される→はめられる→復讐
ってパターンです。途中で女性がほひとりで出てきてっていうのも同じ。
ただこの作品で面白いのはメンフィス君の存在。
スワガー逃亡中のだれる展開の時に、彼の推理で動くところが非情に面白い。
いつの間にか二流スナイパーぐらいにはなってましたし(笑)
彼がとにかくとても効いてます。秀作とはいわないまでも、面白いという評価は
彼の存在がなければ平凡な作品だったかもしれません。

マーク・ウォールバーグと言えば「ミニミニ大作戦」が大好きですが、この孤高な
ストイックな役もなかなかよかったです。

サブタイトル。。。不評のようですが、これ狙いでしょう。
非情にださいので逆に印象に残ってしまいます。
逆にマーケティングのセンスを感じてしまったのは私だけでしょうか?
皆さんなんだこれ!って言ってますよね。その時点で勝ちです。
ザ・シューターだけでは見逃した人も「極大射程」って名前があれば脳裏に刷り
込まれそうですもん。見事です。
つまり「SHOOTER」って原題が平凡でダサいんですよ。これ。

1〜 5件 / 全234件

新規ご登録はこちら

新規登録で
「定額レンタル4」月額1,026円(税込)を

14日間無料お試し!
  • ※本キャンペーンの無料お試しの対象者は、次の@ABのいずれかに該当する方に限ります。
  • @「TSUTAYA DISCAS」の定額プラン(定額プランの種類は問いません。以下同じ)の利用開始時に「無料お試し」を利用したことがない方
  • A2022年10月2日以前に「TSUTAYA DISCAS」の定額プランの利用を終了された方であって、2022年10月3日以降、「TSUTAYA DISCAS」の定額プランを利用していない方
  • B上記@Aのほか、当社が不定期で実施する期間限定キャンペーンにおいて、キャンペーン開始時に、当社が定める参加条件を満たした方
  • 無料お試し期間中(14日間)、新作はレンタル対象外です。(但し、上記Bの対象者に限り、新作もレンタル対象となる場合があります)
  • 無料お試し期間終了後、登録プラン料金で自動更新となります。

ご利用の流れ

ご利用の流れ

@ 会員登録

申し込みフォームへ記入

申し込みフォームへ記入したら登録完了!

A 作品をレンタル

作品をレンタル

借りたい作品をリストアップするだけ!
発送可能な商品を自宅にお届けします。

B ポストに返却

ポストに返却

商品をポストに投函すればOK!

よくあるご質問

よくあるご質問

もちろん無料お試し期間中に退会することも可能です。 また、その場合は料金は一切かかりません。

無料お試し中も、都度レンタルは、有料でご利用いただくことができます。
また、無料お試し中に解約され、何らかの理由でレンタル商品を期日までにご返却いただけなかった場合に、追加料金が発生する場合がございます。

定額プランは1つの封筒に2枚入り、お届けいたします。
届いた往復封筒でポストへご投函いただき、当社配送センターにてご返却を確認できましたら次の封筒を発送致します。繰り返しでご登録のプラン枚数までご利用いただけます。

各プランはこちら

各プランはこちら

  • 宅配レンタル 定額8プラン
    月額2,052円税込
    • 「新作・準新作」が定額で月8枚レンタルできる!※1借り放題付き※2
    新規登録する
  • 宅配レンタル 定額4プラン
    月額1,026円税込
    • DVD/CDが定額で月4枚レンタルできる!※1
    新規登録する
  • 都度課金 プラン
    無料会員 月額0円税込 ※都度レンタル時の費用は発生します
    • 月額無料で単品レンタルを楽しみたい方におすすめ!
    新規登録する

※1 無料お試し期間中の「新作」レンタルは対象外です。

※2 借り放題はDVD「旧作」、CD「新作・準新作・旧作」が対象です。

ザ・シューター/極大射程