セックス・アンド・ザ・シティ シーズン 1

セックス・アンド・ザ・シティ シーズン 1の画像・ジャケット写真

セックス・アンド・ザ・シティ シーズン 1 / サラ・ジェシカ・パーカー

全体の平均評価点:(5点満点)

143

全体の平均評価点:

DVD

ジャンル :

「セックス・アンド・ザ・シティ シーズン 1」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

解説・ストーリー

大都会・ニューヨークを舞台に、30代の独身キャリアウーマン4人のセックスや結婚、恋愛についてをユーモラスに描いた全米で人気を博したTVシリーズのフゼストシーズン第1弾。ファーストシーズンの全12話のうち、前半の6話を収録している。●ご注意下さい●<BR>記番:PDSV1000と記番:PDSV1000RR及び記番:PDTA108887の収録内容は同じです。

「セックス・アンド・ザ・シティ シーズン 1」 の作品情報

作品情報

製作年: 1998年
製作国: アメリカ
原題: SEX AND THE CITY

「セックス・アンド・ザ・シティ シーズン 1」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

ローマ発、しあわせ行き

ホーカスポーカス

ポリスアカデミー

セックス・アンド・ザ・シティ シーズン 3

ユーザーレビュー:143件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全143件

★★★★ 切り口は大胆だが、テーマは実に古典的

投稿日:2008/05/01 レビュアー:ガラリーナ

これはハマりそうです。1話30分程度というコンパクトさがとてもいいですね。主演のサラ・ジェシカ・パーカー は、どう見てもベット・ミドラーだろ!と思ってたんですが、だんだんキュートに見えてきたから不思議です。

セックスが切り口ですけど、毎回取り上げていることは、むしろ古典的とも言えるようなテーマじゃないでしょうか。独身女性と既婚女性の対立、女を武器にすることへのためらい…。1998年スタートということですが、10年経っても何も変わってないなあと思います。NYで自立したオンナですから、仕事もバリバリする、自分の言いたいことも言う、セックスの話もあけっぴろげにする。見た目はイケイケドンドン。だけど、みんな「けなげ」ですよ。この「けなげさ」が多くの女性の共感を呼ぶ所じゃないでしょうか。

何とかしていい男を見つけたい、何とかしていいセックスをしたい。結局、その姿を通して見えるのは「いいオンナとして認められる」といういかにも受け身な状況で、キャリアウーマンとしての彼女たちのスタンスとは、大きなひずみを生んでいます。そのひずみが時に滑稽で、時に悲しい。しかし、カッコつけたり、スカしたりせずに、まともにぶつかっていく姿が実に爽快です。コラムニスト、弁護士、会社社長、アートディーラー。4人ともキャリアにおいては、何の申し分もない。しかし、ひとたびセックスという視点で見れば、それらのキャリアも帳消しになるようなおバカっぷりの数々。デキるオンナもセックスでは悩んでいる。その気取りのなさが私はとても面白いと思いました。

このレビューは気に入りましたか? 18人の会員が気に入ったと投稿しています

私のバイブル

投稿日:2004/09/20 レビュアー:パープルローズ

基本的に続き物はみないのですが、これだけはず〜っとはまっていて、全部みています。SATCを理解したいがために、英語を勉強しているようなものです。
確かに出だしはちょっと下品なところもあり、「私にはあわない」と思う方もいらっしゃるでしょう。でも、回がすすむごとにおもしろくなりますので、この1枚目で「いけるかも」と思った方は、ぜひ最後までみてください!4人の性格がよくわかってくると、断然おもしろくなりますよ。ちなみに、私はシャーロッタのファンです。そして、シーズン6では、何度も泣いてしまいました・・・・

このレビューは気に入りましたか? 11人の会員が気に入ったと投稿しています

★★★★ 私たちとあまり変わらない

投稿日:2008/05/06 レビュアー:ガラリーナ

ますますセックスライフは奔放な描写が続くけど、根底に流れているのは「独身女性の生き難さ」。NYのキャリアウーマンなんて、さぞかし独身生活をエンジョイしているんだろうと、日本人の私なんぞ思うのだけど、正直こんなにプレッシャー感じてるんだ、と意外なほど。

少し話は反れるかも知れないけど、アメリカ人男性の長所として「レディ・ファースト」って言うのがあるでしょ?あれはね、私は本当に女性を敬っているからしている行為じゃないのでは?と個人的に思ってるんです。つまり、俺はこんなに女性を大切にしているんだという男の度量をみんなにアピールしたいと言うのが本当の動機で、引いては「こんなに大切に扱っているんだから、俺の言うことは聞け」というパートナーへの一種の脅迫行為ではないのか、とすら感じてるんですよね。このドラマを見ていても、結局男の気を止めるために女たちは一生懸命で、男の方から歩み寄ろうと言う気配は微塵もないのね。それって、「レディ・ファースト」の精神とはずいぶんかけ離れてるよなあ、なんて。

例えば「3Pはアリか?」という衝撃的な話題にしたって、日本人女性からしたら、セックスに他者を介入させるなんてとんでもない!と思うかも知れないけど、逆に私たちが「彼に逃げられるのは嫌だから浮気を知っても問い詰めない」というのと根っこの部分は変わらないように思う。とどのつまり、彼との関係を何とかキープしたいとしがみついているわけ。3Pを受け入れようというのも、浮気を見て見ぬフリしようというのも、その時点でもう関係は壊れているのに。男たちは自分のしたいように振る舞い、その周りで右往左往している彼女たち。特に主人公のキャリーは振り回されっぱなし。あんまり私たちと変わらないなあと思うのです。そんな中、ミランダは比較的、自分のやり方を通そうと悪戦苦闘してるキャラクター。今のところ、私はミランダが一番好きかな。そして、このドラマの面白いところは、共感できるキャラクターに加え、彼女たちが送るニューヨークライフが生き生きと描かれていること。夜毎のクラビングにおしゃれなパーティ、大富豪との思わぬ邂逅。「共感」と「憧れ」がとてもうまくミックスされてる。なんでビッグなんて男に言いくるめられてるんだよ、キャリー。あんな奴、とっとと忘れちまえばいいのにねえ。続きがだんだん楽しくなってきましたよ。

このレビューは気に入りましたか? 8人の会員が気に入ったと投稿しています

★★ 下品すぎ ストーリーの100%がSEXがらみ

投稿日:2004/06/03 レビュアー:Sarah

アリー・マイラブは仕事とか人間関係の描写があって、そこに恋愛やちょっとH話が絡むので楽しめるが、これは男と女がいたらすぐSEXって話の繰り返しなのでさすがに飽きてくる。
仕事してるシーンも少ないし、深い恋愛感情もないし、Hな話しかしてないので人間性がいまいち見えてこない。
こういう女を目指すと、結局幸せにたどりつけなそうだし、なんかげんなりする話でした。

このレビューは気に入りましたか? 8人の会員が気に入ったと投稿しています

NY在住30代女性のリアルとは?

投稿日:2003/03/20 レビュアー:Shibako

30代キャリア女性の現実を描いていると話頭の作品。だが、彼女たちの頭の中は、セックスと結婚とお洒落のことでいっぱい。年中サカリ状態で仕事ができる女たちとは到底思えない 。女性陣のファッションも話題らしいが、個人的には「アリー」に比べ露出度が高すぎて品がなく思える。悪態ばかりついたが、面白くないかといえば、実はその下世話なところが面白いし後を引く。テーマは「アリー」に似ているが、「アリー」じゃ物足りないというちょっと過激なオネエサマたちにはおすすめかも。

このレビューは気に入りましたか? 8人の会員が気に入ったと投稿しています

1〜 5件 / 全143件

セックス・アンド・ザ・シティ シーズン 1

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:143件

★★★★ 切り口は大胆だが、テーマは実に古典的

投稿日

2008/05/01

レビュアー

ガラリーナ

これはハマりそうです。1話30分程度というコンパクトさがとてもいいですね。主演のサラ・ジェシカ・パーカー は、どう見てもベット・ミドラーだろ!と思ってたんですが、だんだんキュートに見えてきたから不思議です。

セックスが切り口ですけど、毎回取り上げていることは、むしろ古典的とも言えるようなテーマじゃないでしょうか。独身女性と既婚女性の対立、女を武器にすることへのためらい…。1998年スタートということですが、10年経っても何も変わってないなあと思います。NYで自立したオンナですから、仕事もバリバリする、自分の言いたいことも言う、セックスの話もあけっぴろげにする。見た目はイケイケドンドン。だけど、みんな「けなげ」ですよ。この「けなげさ」が多くの女性の共感を呼ぶ所じゃないでしょうか。

何とかしていい男を見つけたい、何とかしていいセックスをしたい。結局、その姿を通して見えるのは「いいオンナとして認められる」といういかにも受け身な状況で、キャリアウーマンとしての彼女たちのスタンスとは、大きなひずみを生んでいます。そのひずみが時に滑稽で、時に悲しい。しかし、カッコつけたり、スカしたりせずに、まともにぶつかっていく姿が実に爽快です。コラムニスト、弁護士、会社社長、アートディーラー。4人ともキャリアにおいては、何の申し分もない。しかし、ひとたびセックスという視点で見れば、それらのキャリアも帳消しになるようなおバカっぷりの数々。デキるオンナもセックスでは悩んでいる。その気取りのなさが私はとても面白いと思いました。

私のバイブル

投稿日

2004/09/20

レビュアー

パープルローズ

基本的に続き物はみないのですが、これだけはず〜っとはまっていて、全部みています。SATCを理解したいがために、英語を勉強しているようなものです。
確かに出だしはちょっと下品なところもあり、「私にはあわない」と思う方もいらっしゃるでしょう。でも、回がすすむごとにおもしろくなりますので、この1枚目で「いけるかも」と思った方は、ぜひ最後までみてください!4人の性格がよくわかってくると、断然おもしろくなりますよ。ちなみに、私はシャーロッタのファンです。そして、シーズン6では、何度も泣いてしまいました・・・・

★★★★ 私たちとあまり変わらない

投稿日

2008/05/06

レビュアー

ガラリーナ

ますますセックスライフは奔放な描写が続くけど、根底に流れているのは「独身女性の生き難さ」。NYのキャリアウーマンなんて、さぞかし独身生活をエンジョイしているんだろうと、日本人の私なんぞ思うのだけど、正直こんなにプレッシャー感じてるんだ、と意外なほど。

少し話は反れるかも知れないけど、アメリカ人男性の長所として「レディ・ファースト」って言うのがあるでしょ?あれはね、私は本当に女性を敬っているからしている行為じゃないのでは?と個人的に思ってるんです。つまり、俺はこんなに女性を大切にしているんだという男の度量をみんなにアピールしたいと言うのが本当の動機で、引いては「こんなに大切に扱っているんだから、俺の言うことは聞け」というパートナーへの一種の脅迫行為ではないのか、とすら感じてるんですよね。このドラマを見ていても、結局男の気を止めるために女たちは一生懸命で、男の方から歩み寄ろうと言う気配は微塵もないのね。それって、「レディ・ファースト」の精神とはずいぶんかけ離れてるよなあ、なんて。

例えば「3Pはアリか?」という衝撃的な話題にしたって、日本人女性からしたら、セックスに他者を介入させるなんてとんでもない!と思うかも知れないけど、逆に私たちが「彼に逃げられるのは嫌だから浮気を知っても問い詰めない」というのと根っこの部分は変わらないように思う。とどのつまり、彼との関係を何とかキープしたいとしがみついているわけ。3Pを受け入れようというのも、浮気を見て見ぬフリしようというのも、その時点でもう関係は壊れているのに。男たちは自分のしたいように振る舞い、その周りで右往左往している彼女たち。特に主人公のキャリーは振り回されっぱなし。あんまり私たちと変わらないなあと思うのです。そんな中、ミランダは比較的、自分のやり方を通そうと悪戦苦闘してるキャラクター。今のところ、私はミランダが一番好きかな。そして、このドラマの面白いところは、共感できるキャラクターに加え、彼女たちが送るニューヨークライフが生き生きと描かれていること。夜毎のクラビングにおしゃれなパーティ、大富豪との思わぬ邂逅。「共感」と「憧れ」がとてもうまくミックスされてる。なんでビッグなんて男に言いくるめられてるんだよ、キャリー。あんな奴、とっとと忘れちまえばいいのにねえ。続きがだんだん楽しくなってきましたよ。

★★ 下品すぎ ストーリーの100%がSEXがらみ

投稿日

2004/06/03

レビュアー

Sarah

アリー・マイラブは仕事とか人間関係の描写があって、そこに恋愛やちょっとH話が絡むので楽しめるが、これは男と女がいたらすぐSEXって話の繰り返しなのでさすがに飽きてくる。
仕事してるシーンも少ないし、深い恋愛感情もないし、Hな話しかしてないので人間性がいまいち見えてこない。
こういう女を目指すと、結局幸せにたどりつけなそうだし、なんかげんなりする話でした。

NY在住30代女性のリアルとは?

投稿日

2003/03/20

レビュアー

Shibako

30代キャリア女性の現実を描いていると話頭の作品。だが、彼女たちの頭の中は、セックスと結婚とお洒落のことでいっぱい。年中サカリ状態で仕事ができる女たちとは到底思えない 。女性陣のファッションも話題らしいが、個人的には「アリー」に比べ露出度が高すぎて品がなく思える。悪態ばかりついたが、面白くないかといえば、実はその下世話なところが面白いし後を引く。テーマは「アリー」に似ているが、「アリー」じゃ物足りないというちょっと過激なオネエサマたちにはおすすめかも。

1〜 5件 / 全143件