スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師

スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師の画像・ジャケット写真

スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師 / ヘレナ・ボナム・カーター
予告編を観る
  • 画質は本編映像とは異なります。

全体の平均評価点:(5点満点)

361

全体の平均評価点:

予告編を観る

DVD

Blu-ray

TSUTAYA TV

動画ポイント利用可

映画賞受賞作品

ジャンル :

「スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

Blu-ray

TSUTAYA TV

動画ポイント利用可

映画賞受賞作品

解説・ストーリー

おなじみとなったジョニー・デップとティム・バートンの名コンビが贈るホラー・ミュージカル。トニー賞受賞の同名舞台を映画化。無実の罪で愛する家族を奪われた理髪師が、名前と容姿を変え復讐に狂奔するさまを描く。19世紀のロンドン。フリート街で理髪店を営み、妻と娘と幸せに暮らしていたベンジャミンは、妻に横恋慕したターピン判事によって無実の罪で投獄させられてしまう。やがて15年後、脱獄したベンジャミンは“スウィーニー・トッド”と名を変え、街に戻ってくる。しかし、妻はターピンに追いつめられた末に自殺し、娘はずっと幽閉されたまま。愛する家族を奪われた哀しみは、やがてスウィーニーを復讐の鬼へと変えていく…。

「スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師」 の作品情報

作品情報

製作年: 2007年
製作国: アメリカ
原題: SWEENEY TODD: THE DEMON BARBER OF FLEET 
受賞記録: 2007年 アカデミー賞 美術賞
2007年 ゴールデン・グローブ 作品賞(コメディ/ミュージカル)

「スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

ターナー、光に愛を求めて

パイレーツ・オブ・カリビアン 呪われた海賊たち

ファイト・クラブ

アメリカンコミックス・スーパーヒーロー クロニクル

ユーザーレビュー:361件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全361件

帰ってきた手バサミ男

投稿日:2008/07/03 レビュアー:JUCE

 やはりジョニー・デップの出演作では『シザー・ハンズ』が存在感、演技を含めて一番に推したい作品です。そして本作『スウィーニー・トッド』では『シザー・ハンズ』の存在感そのもののジョニー・デップが帰ってきました。
 ティム・バートン監督とジョニー・デップは相当にウマが合うのでしょう。これまでも数多くの作品(確か6本)をともにしていていますが、そのふたりの集大成とでも言える作品に仕上がっていると思います。またジョニー・デップと競演するミセス・ラベットを演じる相手役、ヘレナ・ボナム=カーターは言わずと知れたバートン監督の奥さん。この作品はティム・バートン節全開なのです。

 オープニングからオールCGの19世紀ロンドンの描写が始まりますが、かなりダークなイメージで監督の作品『バットマン』に出てくるゴッサムシティを髣髴とさせます。このオールCGのオープニングで観る人を選別するかも知れません。この時点で作品はリアリティよりも雰囲気、世界観を重視するという宣言を打ち出しています。言ってみれば冒頭はほぼアニメの世界、あるいはアニメーションと実写の合成作品になっているのです。さらにリアリティーを削るためにミュージカル風な作品に。もちろんこのリアリティを削るという目的は、陰惨かつ残虐な物語をカモフラージュするために他なりません。その甲斐もあってこの作品は日本ではR-15指定でおさまっています(笑)。

 作品の内容そのものよりは、監督の映像センスと出演陣の怪演で有無を言わさず引っ張っていく作品。ですから好き嫌いははっきりと分かれるでしょう。私はティム・バートンの世界観大いに堪能しました。

このレビューは気に入りましたか? 22人の会員が気に入ったと投稿しています

暗さと陽気さが交じり合った世界 ネタバレ

投稿日:2008/05/09 レビュアー:ミルクチョコ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

ティム・バートン監督がジョニー・デップと6度目のコンビを組み、同名ブロードウェイ・ミュージカルを映画化。
19世紀のロンドンを舞台に、無実の罪を着せられ、愛する者を奪われた理髪師の復讐を描いています。

残酷描写満載の猟奇殺人劇なのに何故か?ミュージカル。
逆に凄惨な描写や、グロテスクな内容だからこそ、音楽で中和されて悲惨さが軽減されているのかな?とも思います。
哀しみに満ちた不協和音にも似た歌が歌われ、陰鬱な色調の映像が続くと思いきや、ヘレナ・ボナム・カーターが扮するパイ屋の女主人が平凡な幸せを妄想するシーンは、笑ってしまうし、娘と恋人が語らうシーンは、一転ポップで明るい画面になるなるなどさすがバートン流味付けです。

ティム・バートン監督作品は外見とは裏腹に、純真な心を持ち愛を表現できない人造人間や、どうしようもなく愛されたいのに、愛を求めるあまりに悪魔になってしまった理髪師など、ジョニー・デップ演じる主人公は孤独と不安をいつも抱え、人間誰もが愛されたい存在であることを教えてくれます。

メインテーマは判事への復讐劇なのでしょうが、実は悪魔に恋した魔女の話でもあるかなぁ〜と。
ミセス・ラベットは、15年前からトッドへの愛を秘め、話の中心は、この二人なのでしょうね。
ミセス・ラベットの夢想シーンは、一人ウキウキして可笑しくて、可愛らしいし、それに引き換え隣でいつも苦虫つぶしたような顔をしているトッドとの対比シーンがなかなか面白いのですが、
しかし、この二人が踊るラストダンスは、背筋が凍ってしまいましたよ・・・

このレビューは気に入りましたか? 18人の会員が気に入ったと投稿しています

汚いはきれいな流血ミュージカル ネタバレ

投稿日:2008/04/27 レビュアー:よふかし

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

 色彩を抑えた映像に、したたる血の赤が鮮烈。でもどこか溶けたチョコレートのように艶やかで、美味しそうなオープニングに魅せられます。前々世紀の霧にむせぶロンドンの暗く湿った町の造形はとても素晴らしいと思いました。
 町は汚らしく、埃まみれで、売れないパイ屋には巨大なゴキブリが徘徊し、それを叩きつぶしたりているのですが、そこはティム・バートンらしく、少しも本当に汚らしい感じがしないように作りこんでいます。だからこの映画を観たからと言って、面白い殺人ホラーを観たあとのような、自分の中のダークな興奮をかきたてられてしまったことへの居心地の悪さを感じることはなく、ライド式のお化け屋敷に入ったほどの怖さを安心して楽しめるような気がします。
 ラストは大流血合戦ですが、これも結構きれいですし、主要な登場人物は皆、それなりに感情移入して好きになれるようにつくられています。トッドの美容室も客一人専用で、なんか隠れ家美容室めいておしゃれにみえました。
 ミュージカルは大好きなジャンルなのですが、この映画の場合、心踊るダンスはほとんどなく、登場人物の心情を語る歌だけです。ジョニー・デップのしかめ面でおずおずとした感じの歌声も、線は細いけど悪くありませんが、囚われた娘と彼女に恋をする船乗りの青年の歌がうまいと思いました。また、散髪椅子に座ったアラン・リックマンとデップの掛け合いというかデュエットは印象的でした。この映画いつものバートン作に比べ楽曲は正直なところあまりいいとは思わないのですが、こうした掛け合い式のデュエットを通じて、登場人物の心の声をうまく表現していたように思います。
 でも、歌にだんだんダレを感じてしまうのも確かです。途中でパイつくりなどの歌(ヘレナ・ボナム・カーター)で少しのダンスと笑いが指向されるのですが、ここが不発になって、平板になってしまったことも原因のひとつでしょうか。そのせいで似たような歌が続くのでだんだん飽きてしまうのです。
『ファントム・オブ・パラダイス』『ロッキー・ホラー・ショー』そしてバートン自身の『コープス・ブライド』といった、ホラーと音楽を見事に融合した諸作品からすると、ちょっと見劣りがするように感じました。55点。

このレビューは気に入りましたか? 13人の会員が気に入ったと投稿しています

ジョニーデップの白熱した演技力に圧巻

投稿日:2008/08/31 レビュアー:pokorou

元々ミュージカルは好きではない。

しかし、ジョニーデップ主演、ティムバートン監督、TVのCM
で観て決めた。観に行きたい!

上映期間内に見に行けず、DVDを購入。


美しい妻と生まれたばかりの愛娘、そしてまだ若く美しい顔立ちのジョニーデップ。お似合いの夫婦。

しかし、悪い役人達の策略にはまり、家族は離散してしまった。

15年後街に戻ってき、妻と娘のその後を一人の女から伝えられた。

女は15年前から彼を知っていた。彼の理髪店の1階でパイ屋を経営している未亡人。

未亡人は以前から彼に憧れていた。

恨みはこれ以上無い所まで達し、もう誰もスウィーニートッドを止められない。復讐の鬼と化した。

娘と妻の仇を討つまで理髪店でストレス発散の様にも思えたが…
殺しの練習…をする。その死体は地下へと投げ落とされ、なんと1階のパイ屋のミートパイの具に…

二人にとっては一石二鳥。。。


ラスト、夫が妻を抱きしめ息絶えるシーン。


復讐も終わり、これで良かったのではないか…と思ってしまった。


確かに残虐な殺人シーン、大量の流血、人肉をひき肉にし、ミートパイへ…恐ろしい映画でした。


ジョニーデップであるとかろうじてわかる恐ろしいメイク。
全体的にダークな画面。

あの作品を映画化(リバイバル)しよう、主演はジョニーデップ、
さすが、ティムバートン♪

今まで色んなジョニーデップの作品を観て来たけど、あんなに白熱した演技、表情は初めて観た。お歌もお上手。


娘達の逃避行はどうなったのかが明確にならないままだったのが気になるが・・・

出演者の演技力、舞台、セリフ、歌、ストーリー、衣装、どれも完璧でした!

ま、ちょっとジョニーデップの水着は吹き出しましたが・・・

ジョニーデップの新しい分野での演技力、素晴らしかったです!

眉を寄せ、なんとも言えないあの表情…カッコイイ…


またまた惚れ直しました〜〜〜〜〜♪ 

レンタルにはメイキングも付いているのでしょうか?

是非ご覧いただきたいです!

さ〜〜〜い〜〜〜こ〜〜〜♪  ξ*u_u)ポッ…

このレビューは気に入りましたか? 12人の会員が気に入ったと投稿しています

何をどう観たらいいんでしょう? ネタバレ

投稿日:2008/06/14 レビュアー:sheriff

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

この作品は、どこをどのように観たらいいのか謎だらけの映画でした。

ジョニー・デップとティム・バートンのコンビを楽しむ作品なのか、ジョニー・デップを観るためのものなのか、彼の歌を聴く作品なのか、ストーリーを楽しむものなのか、映像を鑑賞するためのものか、色彩を観るものなのか、ミュージカルとして楽しむものなのか…。考え込んでいるうちに、映画が終わってしまいました。そういう意味では、摩訶不思議な作品ですよ。

でも、正直、観終わった感想は…。
気持ち悪かったですよ。 生々しいという言い方は出来ませんが、同じパターンで死んでいく人を連続して観ると胃がムカムカして来て体の奥底から何かが込み上げて来るようで、うわっ、これは私には限界かもしれないと初めて思いましたもの。

そういう意味では記憶に残る作品でしたね。これが、ティム・バートンのマジックなのでしょうか…。なんでしょう、ホラーとは違うし、人間のどろどろした感情の膿を、血液に変えて、流れ出ていく様子を映像で観る感覚。(この表現をわかっていただけますか?)もし、私の持っているこの感覚がティム・バートンの狙いだとしたら、彼は凄いし、ユニークだなぁ。

私はこの映画はジョニー・デップの芸達者の印象はもちろんのこと、人間の感情から生まれ、沢山のものが、言葉ではなく、血液に変わって流れ出た。それは、純粋な美しい色彩では表現できず、決して気持ちのいい色にも、ものにも、生まれ変わる事はない。と解釈して、記憶に止めておくと思います。

人間の復讐心を色彩で表現するのは、正直、驚いた。人間の復讐心ってこんな色なんだ…。

ですが、法の番人が腐っているならば、ベンジャミンのように、自分の手でどうにかしたくなる気持ちは凄くわかるなぁ。それにあの子供の気持ちも…。



このレビューは気に入りましたか? 11人の会員が気に入ったと投稿しています

1〜 5件 / 全361件

スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:361件

帰ってきた手バサミ男

投稿日

2008/07/03

レビュアー

JUCE

 やはりジョニー・デップの出演作では『シザー・ハンズ』が存在感、演技を含めて一番に推したい作品です。そして本作『スウィーニー・トッド』では『シザー・ハンズ』の存在感そのもののジョニー・デップが帰ってきました。
 ティム・バートン監督とジョニー・デップは相当にウマが合うのでしょう。これまでも数多くの作品(確か6本)をともにしていていますが、そのふたりの集大成とでも言える作品に仕上がっていると思います。またジョニー・デップと競演するミセス・ラベットを演じる相手役、ヘレナ・ボナム=カーターは言わずと知れたバートン監督の奥さん。この作品はティム・バートン節全開なのです。

 オープニングからオールCGの19世紀ロンドンの描写が始まりますが、かなりダークなイメージで監督の作品『バットマン』に出てくるゴッサムシティを髣髴とさせます。このオールCGのオープニングで観る人を選別するかも知れません。この時点で作品はリアリティよりも雰囲気、世界観を重視するという宣言を打ち出しています。言ってみれば冒頭はほぼアニメの世界、あるいはアニメーションと実写の合成作品になっているのです。さらにリアリティーを削るためにミュージカル風な作品に。もちろんこのリアリティを削るという目的は、陰惨かつ残虐な物語をカモフラージュするために他なりません。その甲斐もあってこの作品は日本ではR-15指定でおさまっています(笑)。

 作品の内容そのものよりは、監督の映像センスと出演陣の怪演で有無を言わさず引っ張っていく作品。ですから好き嫌いははっきりと分かれるでしょう。私はティム・バートンの世界観大いに堪能しました。

暗さと陽気さが交じり合った世界

投稿日

2008/05/09

レビュアー

ミルクチョコ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

ティム・バートン監督がジョニー・デップと6度目のコンビを組み、同名ブロードウェイ・ミュージカルを映画化。
19世紀のロンドンを舞台に、無実の罪を着せられ、愛する者を奪われた理髪師の復讐を描いています。

残酷描写満載の猟奇殺人劇なのに何故か?ミュージカル。
逆に凄惨な描写や、グロテスクな内容だからこそ、音楽で中和されて悲惨さが軽減されているのかな?とも思います。
哀しみに満ちた不協和音にも似た歌が歌われ、陰鬱な色調の映像が続くと思いきや、ヘレナ・ボナム・カーターが扮するパイ屋の女主人が平凡な幸せを妄想するシーンは、笑ってしまうし、娘と恋人が語らうシーンは、一転ポップで明るい画面になるなるなどさすがバートン流味付けです。

ティム・バートン監督作品は外見とは裏腹に、純真な心を持ち愛を表現できない人造人間や、どうしようもなく愛されたいのに、愛を求めるあまりに悪魔になってしまった理髪師など、ジョニー・デップ演じる主人公は孤独と不安をいつも抱え、人間誰もが愛されたい存在であることを教えてくれます。

メインテーマは判事への復讐劇なのでしょうが、実は悪魔に恋した魔女の話でもあるかなぁ〜と。
ミセス・ラベットは、15年前からトッドへの愛を秘め、話の中心は、この二人なのでしょうね。
ミセス・ラベットの夢想シーンは、一人ウキウキして可笑しくて、可愛らしいし、それに引き換え隣でいつも苦虫つぶしたような顔をしているトッドとの対比シーンがなかなか面白いのですが、
しかし、この二人が踊るラストダンスは、背筋が凍ってしまいましたよ・・・

汚いはきれいな流血ミュージカル

投稿日

2008/04/27

レビュアー

よふかし

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

 色彩を抑えた映像に、したたる血の赤が鮮烈。でもどこか溶けたチョコレートのように艶やかで、美味しそうなオープニングに魅せられます。前々世紀の霧にむせぶロンドンの暗く湿った町の造形はとても素晴らしいと思いました。
 町は汚らしく、埃まみれで、売れないパイ屋には巨大なゴキブリが徘徊し、それを叩きつぶしたりているのですが、そこはティム・バートンらしく、少しも本当に汚らしい感じがしないように作りこんでいます。だからこの映画を観たからと言って、面白い殺人ホラーを観たあとのような、自分の中のダークな興奮をかきたてられてしまったことへの居心地の悪さを感じることはなく、ライド式のお化け屋敷に入ったほどの怖さを安心して楽しめるような気がします。
 ラストは大流血合戦ですが、これも結構きれいですし、主要な登場人物は皆、それなりに感情移入して好きになれるようにつくられています。トッドの美容室も客一人専用で、なんか隠れ家美容室めいておしゃれにみえました。
 ミュージカルは大好きなジャンルなのですが、この映画の場合、心踊るダンスはほとんどなく、登場人物の心情を語る歌だけです。ジョニー・デップのしかめ面でおずおずとした感じの歌声も、線は細いけど悪くありませんが、囚われた娘と彼女に恋をする船乗りの青年の歌がうまいと思いました。また、散髪椅子に座ったアラン・リックマンとデップの掛け合いというかデュエットは印象的でした。この映画いつものバートン作に比べ楽曲は正直なところあまりいいとは思わないのですが、こうした掛け合い式のデュエットを通じて、登場人物の心の声をうまく表現していたように思います。
 でも、歌にだんだんダレを感じてしまうのも確かです。途中でパイつくりなどの歌(ヘレナ・ボナム・カーター)で少しのダンスと笑いが指向されるのですが、ここが不発になって、平板になってしまったことも原因のひとつでしょうか。そのせいで似たような歌が続くのでだんだん飽きてしまうのです。
『ファントム・オブ・パラダイス』『ロッキー・ホラー・ショー』そしてバートン自身の『コープス・ブライド』といった、ホラーと音楽を見事に融合した諸作品からすると、ちょっと見劣りがするように感じました。55点。

ジョニーデップの白熱した演技力に圧巻

投稿日

2008/08/31

レビュアー

pokorou

元々ミュージカルは好きではない。

しかし、ジョニーデップ主演、ティムバートン監督、TVのCM
で観て決めた。観に行きたい!

上映期間内に見に行けず、DVDを購入。


美しい妻と生まれたばかりの愛娘、そしてまだ若く美しい顔立ちのジョニーデップ。お似合いの夫婦。

しかし、悪い役人達の策略にはまり、家族は離散してしまった。

15年後街に戻ってき、妻と娘のその後を一人の女から伝えられた。

女は15年前から彼を知っていた。彼の理髪店の1階でパイ屋を経営している未亡人。

未亡人は以前から彼に憧れていた。

恨みはこれ以上無い所まで達し、もう誰もスウィーニートッドを止められない。復讐の鬼と化した。

娘と妻の仇を討つまで理髪店でストレス発散の様にも思えたが…
殺しの練習…をする。その死体は地下へと投げ落とされ、なんと1階のパイ屋のミートパイの具に…

二人にとっては一石二鳥。。。


ラスト、夫が妻を抱きしめ息絶えるシーン。


復讐も終わり、これで良かったのではないか…と思ってしまった。


確かに残虐な殺人シーン、大量の流血、人肉をひき肉にし、ミートパイへ…恐ろしい映画でした。


ジョニーデップであるとかろうじてわかる恐ろしいメイク。
全体的にダークな画面。

あの作品を映画化(リバイバル)しよう、主演はジョニーデップ、
さすが、ティムバートン♪

今まで色んなジョニーデップの作品を観て来たけど、あんなに白熱した演技、表情は初めて観た。お歌もお上手。


娘達の逃避行はどうなったのかが明確にならないままだったのが気になるが・・・

出演者の演技力、舞台、セリフ、歌、ストーリー、衣装、どれも完璧でした!

ま、ちょっとジョニーデップの水着は吹き出しましたが・・・

ジョニーデップの新しい分野での演技力、素晴らしかったです!

眉を寄せ、なんとも言えないあの表情…カッコイイ…


またまた惚れ直しました〜〜〜〜〜♪ 

レンタルにはメイキングも付いているのでしょうか?

是非ご覧いただきたいです!

さ〜〜〜い〜〜〜こ〜〜〜♪  ξ*u_u)ポッ…

何をどう観たらいいんでしょう?

投稿日

2008/06/14

レビュアー

sheriff

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

この作品は、どこをどのように観たらいいのか謎だらけの映画でした。

ジョニー・デップとティム・バートンのコンビを楽しむ作品なのか、ジョニー・デップを観るためのものなのか、彼の歌を聴く作品なのか、ストーリーを楽しむものなのか、映像を鑑賞するためのものか、色彩を観るものなのか、ミュージカルとして楽しむものなのか…。考え込んでいるうちに、映画が終わってしまいました。そういう意味では、摩訶不思議な作品ですよ。

でも、正直、観終わった感想は…。
気持ち悪かったですよ。 生々しいという言い方は出来ませんが、同じパターンで死んでいく人を連続して観ると胃がムカムカして来て体の奥底から何かが込み上げて来るようで、うわっ、これは私には限界かもしれないと初めて思いましたもの。

そういう意味では記憶に残る作品でしたね。これが、ティム・バートンのマジックなのでしょうか…。なんでしょう、ホラーとは違うし、人間のどろどろした感情の膿を、血液に変えて、流れ出ていく様子を映像で観る感覚。(この表現をわかっていただけますか?)もし、私の持っているこの感覚がティム・バートンの狙いだとしたら、彼は凄いし、ユニークだなぁ。

私はこの映画はジョニー・デップの芸達者の印象はもちろんのこと、人間の感情から生まれ、沢山のものが、言葉ではなく、血液に変わって流れ出た。それは、純粋な美しい色彩では表現できず、決して気持ちのいい色にも、ものにも、生まれ変わる事はない。と解釈して、記憶に止めておくと思います。

人間の復讐心を色彩で表現するのは、正直、驚いた。人間の復讐心ってこんな色なんだ…。

ですが、法の番人が腐っているならば、ベンジャミンのように、自分の手でどうにかしたくなる気持ちは凄くわかるなぁ。それにあの子供の気持ちも…。



1〜 5件 / 全361件