X−MEN:ファイナル ディシジョン

X−MEN:ファイナル ディシジョンの画像・ジャケット写真
X−MEN:ファイナル ディシジョン / ヒュー・ジャックマン
全体の平均評価点:
(5点満点)
累計評価件数:

238

  • DVD
  • Blu-ray
  • TSUTAYA TV
  • 動画ポイント利用可
  • シリーズ
ジャンル:

「X−MEN:ファイナル ディシジョン」 の解説・あらすじ・ストーリー

並はずれた特殊能力を有するミュータント集団“X-MEN”の活躍を描くマーヴェル・コミック原作の大ヒット・シリーズ第3弾にして最終章と銘打たれたSFアクション大作。プロフェッサーXの右腕だったジーンの死により、いまだその動揺から立ち直れずにいるX-MEN。そんな中、“ミュータントは病だ”と主張する天才科学者によって、ミュータントの能力を消去し普通の人間にすることのできる新薬“キュア”が開発される。“ミュータントのまま生きるか、それとも人間になるか”という究極の選択に、ミュータント社会は大きく揺れる…。

「X−MEN:ファイナル ディシジョン」 の作品情報

製作年: 2006年
製作国: アメリカ
原題: X−MEN: THE LAST STAND

「X−MEN:ファイナル ディシジョン」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

X-MEN:ファイナルディシジョンの詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
104分 日本語 英語 1:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/英語
2:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
FXBR29986 2007年01月06日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
117枚 1人 6人

【Blu-ray】X-MEN:ファイナル ディシジョン(ブルーレイ)の詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
104分 日本語・英語 1:DTS-HD Master Audio/6.1chサラウンド/英語/(ロスレス)
2:DTS/5.1chサラウンド/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
FXXR29986*B 2008年06月06日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
37枚 0人 3人

関連作品

ユーザーレビュー:238件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全238件

今度のX−MENは三国志だ。

投稿日:2007/04/22 レビュアー:JUCE

前作までは新キャラを如何に登場させて、能力を誇示するなどキャラを描くことががメインのような映画だったけど、本作は監督が変わったこともあってそうしたしがらみから脱却。一つのストーリーとしてまとまっていて3作品の中では一番面白かったと思います。「ウルヴァリン生い立ちの謎」などもあっさり捨てて、しかも重要キャラもどんどん抹殺。まあこれまでのファンの方やオリジナルのファンの方は肩透かしかもしれないけど、映画としては正解だと思います。すべてにおいてソツが無い娯楽作品として仕上がっていると思います。私は監督交代は吉だったと思います。アメコミの香りが薄くなったところも私としては評価したいです。

一応最終章と言うことですが、完結編とはどこにも謳われていません。なんとなくこのあたりが味噌ですね。ブレット・ラトナー実は次回作も狙っていたりして・・・。キャラクターもかなり整理したし、次回作作りやすくなりましたよね、ちゃんとフリもあるし・・・。一応シリーズとして最終のけじめをつけて置いて、ネクストステージありということでしょうか。

このレビューは気に入りましたか? はい 17人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

ファイナル・エディション

投稿日:2007/02/07 レビュアー:こんちゃん

ってことなんだけど、なんか続編がありそうだよね。1作目から3作目まで、ほとんどクオリティが変わらないのはスゴイと思います。ヒットした作品で続編を2.3と続けていくと大体は二番煎じだったり、なんか勘違いしてるんじゃない?っていうくらい別の話になったり(制作側は斬新なつもりかもしれないけど)クオリティが下がる方が多いですよね。
 だから、ここでやめた方がいいのかな?
 ミュータントの切なさというか、もの悲しさが身につまされます。ブラザーフッドが結構好きです。

このレビューは気に入りましたか? はい 16人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

モラルとキュアー

投稿日:2006/12/15 レビュアー:裸足のラヴァース

あ そうなんだブライアン・シンガーじゃないんだね まあブレッド・ラトナー充分及第点じゃないかな 渋い色調で柔らかな画面が目に優しいし 室内のポルターガイスト闘いも 大団円の闘いも100分の映画ならではの効果があり なんか「キャリー」で終わるのも迫力と意外性あり しかしなんたってこれはファムケねえさんお帰りなさいなのだ ファムケねえさんが帰ってきただけでよし でも又もラストはファムケをそれはないでしょう
ところでねえさんなんか老けたかな その老け顔はこの映画にはあってるけど<おい 今まで関心のなかったハル・ベリーがやたら可愛く感じたりして<<おっい

二元論的対決だねやっぱ そしてあからさまな9・11以降の政治を語る映画でもある なにしろ「宇宙戦争」のように人は塵(ちり)となってしまうのだから あるいは黒沢清の「回路」の影響は まあ見てないか 遠くは「鉄腕アトム」の問題圏でもあるけど その観念性が 今では異質な他者の存在権をめぐるなんとも現実的な問題として再浮上しているわけなのですね 

このレビューは気に入りましたか? はい 16人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

チェス

投稿日:2006/12/16 レビュアー:勝王

もうDVDですか。ついこの間、劇場で見たと思っていたのに、もの凄く早いです。で、前作、前々作に引き続き、これもとても面白かったです。さすがシリーズ請負人のブレット・ラトナーです。プロフェッサーよりマグニートに肩入れしていたブライアン・シンガーの方向性をそのまま引き継いで、スケール感だけアップしてきれいにまとめております。メガネの男が全然活躍しないとか、原作のファンには文句もあるでしょうけど、映画版は基本的には老人ホームで老人2人がチェスをやっている物語で、超能力者たちはそのチェスのコマですからね。ケンカばっかりしながらも仲の良いご老人2人の、第二次大戦前から始まる長い長い友情と反目の物語でしょう。よくマイノリティー(ユダヤ人)差別がテーマだといわれますが、ユダヤ人ってもう差別される方じゃなくて、どちらかというとする立場ですからね。それはともかく、CGの超能力合戦などは非常に見応えがあります。私もマグニートがかぶっている鉄兜とマントが欲しいです。あれカッコ悪くてステキです。「ファイナル」とか言わないで、もっと続いて欲しいです。スピンオフ作品をいろいろ作るみたいですけどね。スピンオフ作るならアンナ・パキンが水着で活躍するとか、そんなのがいいです(別にXーMENじゃなくてもいいか)。ファムケはちょっと好みじゃないし、ハル・ベリーなんて白目剥いてますもん。あと、何にでも姿を変えられる女の人。あの人、可哀想でした。あの人もまた出してあげて下さい。

このレビューは気に入りましたか? はい 13人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

ブライアン・シンガーに撮ってほしかったな

投稿日:2006/12/14 レビュアー:よふかし

 うーん……。悪くはないんですけど。
 前2作は昨今のアメコミ映画の中では一押しで、スパイダーマンより好きなんです。独特の悲壮感っていうのかな、みんなが世間と折り合いがつけられず自分を嫌っている世界に魅せられていました。こういう感じはやはり大好きな『スーパーマン リターンズ』にも共通するので、監督の持ち味なのかもしれません。
 ご存知の方も多いとは思いますが、前2作のブライアン・シンガーが『スーパーマン』のために降板したらしく、本作は『ハンニバル』や『ラッシュアワー』で手堅い演出を見せるブレッド・ラトナーが監督しました。
 続きが気になるのでもちろん楽しく見てしまうわけですが、スペクタクルな特撮、アクションはさておき、何か前作までと違って、軽い。好きな「眼からビーム男」とかガンダルフ=マグニートーがあまり活躍しないというのもありますが、たとえばウルヴァリンが迷いのないヒーロー然としてしまったように、登場人物がそれなりに精神的に安定して、映画から鬱屈が感じられなくなりました。
 それは逆にスッキリしてよいという人もいるとは思いますが、このシリーズの特徴がなくなってしまったようで、僕は寂しく感じました。超能力を奪うクスリというのも……話を小さくしてしまった結果に思います。
 ひょっとして大団円は撮りたくなかったのかもしれないブライアン・シンガーの前2作は見直したいと思いますけれども、これは映画館で見たきりの、45点。

このレビューは気に入りましたか? はい 11人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 5件 / 全238件

X−MEN:ファイナル ディシジョン