ロッキー・ザ・ファイナル

ロッキー・ザ・ファイナルの画像・ジャケット写真
ロッキー・ザ・ファイナル / シルベスター・スタローン
予告編を観る
  • 画質は本編映像とは異なります。
全体の平均評価点:
(5点満点)

175

  • DVD
  • Blu-ray
  • TSUTAYA TV
  • 動画ポイント利用可
  • シリーズ
ジャンル:

「ロッキー・ザ・ファイナル」 の解説・あらすじ・ストーリー

シルベスター・スタローン主演の人気シリーズ最終章。妻に先立たれ、息子ともうまくいかないロッキーは、孤独感を拭うためボクシングを再開。やがて大観衆が詰め掛けたラスベガスのリングで、ヘビー級チャンピオンに挑む。

「ロッキー・ザ・ファイナル」 の作品情報

製作年: 2006年
製作国: アメリカ
原題: ROCKY BALBOA

「ロッキー・ザ・ファイナル」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

ロッキー・ザ・ファイナルの詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
102分 日本語 英語 1:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/英語
2:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/英語
3:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
MGBR35399 2007年10月05日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
63枚 1人 2人

【Blu-ray】ロッキー・ザ・ファイナル 特別編(ブルーレイ)の詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
102分 日本語・英語 1:DTS-HD Master Audio/5.1chサラウンド/英語/(ロスレス)
2:DTS/5.1chサラウンド/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
MGXR35399*B 2008年06月06日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
23枚 1人 0人

関連作品

ユーザーレビュー:175件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全175件

美しく飾ったシリーズのフィナーレ。

投稿日:2007/11/04 レビュアー:JUCE

 誰もが思ったことでしょう。「今頃になってロッキーの続編?いくらなんでもそれは無理があるだろう」と。当然私も鼻で笑いました。「ああ、ゴメンナサイ」、素直に謝らせて頂きます。これだけ間が空いたからこそ出来た作品だったのですね。
 本作の重要なテーマ「年齢に関係なく夢を追うことのすばらしさ、チャレンジする事の大切さ」をこの映画の存在(制作)そのものがそのテーマに沿ったものになっている事に感動を覚えます。今から30年前にロッキーに触れ、同じように年齢を重ねて来た人々へ渇を入れる熱いメッセージを感じ取りました。
 『ロッキー』はスタローン自身にとっても特別な存在に違いありません。映画の主人公同様、全く低予算の映画が爆発的なヒットをするとともにスタローンをスターダムにのし上げた。それはまさに映画の中のロッキーそのもの。そして今回「いまさら」という周囲の嘲笑を受けながら見事に、カウンターパンチを放ちこれだけの作品を披露したところも映画の中のロッキーの姿と見事にダブル物があります。
 このシリーズ作品の登場で本シリーズはスタローン自身のアメリカンドリーム物語とともに長く人々の心に刻まれる作品となったと言えるでしょう。
 
 カッコ良すぎだよ、スタローン。

このレビューは気に入りましたか? はい 20人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

人生ほど重いパンチは、無いネタバレ

投稿日:2007/08/27 レビュアー:masamune

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

予告編だけで、これだけ燃える作品なんてそうは無い。前作「ロッキー5/最後のドラマ」も巷で言う程酷いと思わない。しかし栄光の「T」との差は歴然で、誰よりもロッキーを愛するSylvester Stalloneが悶々と葛藤と戦った事は容易に想像できる。ならば還暦を迎える今が最後のチャンス!
しかし医学的に見れば、どう見ても彼の体は人為的だ。これが脂肪を筋肉へと変質させるアナボリックステロイドなのか、筋肉線維の修復を促がしアンチエイジング効果も有るヒューマングロースホルモンなのか、専門違いの私には分からない。しかしヒト成長ホルモンは、BSEともリンクするクロイツフェルト・ヤコブ病を発症して死亡する事例もアメリカ国立衛生研究所などで数多く報告されてる。
つまり投与すれば寿命が縮む確率は高い。もちろんトレーニングで鍛えられた「だけで」作られた身体と私も信じたい。彼なら世界最高のスタッフを集める事は出来るだろう。何れにしても本作は「命」を掛けて製作された、彼の遺言とも言える・・・私は涙なしで本作は語れない。

作品は「T」とリンクする愛情を強く感じる。決して「W」とか「X」の続きで無い点も強い意志の表れで、それはスタちゃんとロッキー・バルボアの人生が常にシンクロナイズしてる。
栄光〜挫折〜復活〜低迷〜凋落と人生の全てを経験したロッキーが、もう一度チャレンジ!それはスタちゃんの「ランボー」の成功、「オスカー」の挫折、「クリフハンガー」の復活、「ドリヴン」の低迷、「スパイキッズ」の凋落と重なる。
本作の秀逸さは勿論ファイト・シークエンス。このリング内のシーンは相当に計算し尽した事を伺わせる。カメラ・ワーク然り、カット割り然り極めて精錬された印象を与える。
相手役のAntonio Tarverのサポートもキラリと光る!後で知ったが彼は元ライトヘビー級の世界チャンピオンだそうで、スタちゃんの本気度も垣間見える。下手にメジャーな俳優を選ばずプロを配役する事で、このシーンはシリーズ、いや映画史上屈指の出来。これは日本の時代劇にも通じる、斬られ役が上手い程、ヒーローは際立つ。

生活観溢れるパートも秀逸で、並みの映画に留まらない魅力も感じる。律儀に説明する事で感情移入を怠らず、「T」を踏襲するシーンも過不足なく投入し、時系列も鮮明にした。これは今のスタちゃんとロッキーが一心同体で、現在の物語として表現する事で「老い」も隠さず演じる点も共感を生む。
その意思は台詞に顕著に現れ「好きな事に挑戦しないで後悔するより醜態を晒しても挑戦するほうが良い」など、どの台詞も彼の人生とオーバー・ラップする。其処には映画ではない、本物の彼の人生をダイレクトに投影してるからこそ、素直に感動できる。
Bill Contiの「Gonna Fly Now」が鳴るだけで魔法の様に感動できる本作。続編への思いをキッパリと断ち切り正真正銘本作が最後。「挑戦しようとする人間を止める権利が誰にあるんだ」と語るロッキー、そしてスタちゃんの男の花道を飾るに相応しい作品だ。

このレビューは気に入りましたか? はい 19人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

ファイナルどころかネタバレ

投稿日:2007/09/06 レビュアー:裸足のラヴァース

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

昔 中学生や高校生の頃 女の子にろくに声もかけられなくて 当然 ガールフレンドなんて 夢の又夢だったんだけど いまじゃ 駅前に新しいお店なんかが できると 直ぐ言って 店の女の子にべらべら話しかけて お友達になったりしちゃうんで 我ながら年取るとなんて恥知らずになるんかなあと思うんだけど
この映画のまさにロッキーがそう 通りかかりだろうがなんだろうが まあべらべら一人で話していて どうにもこうにも いや気持ちがよくわかるんです 要するにこの映画 老人の繰言 じじいの寝言なんですね 半分は

大体 ハングリー精神の中で やれば出来る アメリカン・ドリーム万歳 みたいな内容ではなく今のロッキーはレストランも経営してるし 息子には当初 反感を買ってるようで すぐ和解しちゃうし 特に悪い人物が出てくるわけでもない そこでじじいのロッキーはやることがないので ボクシングでもやってみべえかって なったわけで 特にモチベーションなどないのだ だからその試合にしても ローカルな舞台を想定していて 最初から世界チャンピオンとの戦いみたいにドラマチックなものではなかったのね それは映画にモチーフをもたらすにはどうしたらいいかって 問いにもなるんだけど まあとても身の丈にあった映画の内容なのです 実はそこに好感がもてるんですね

それでもこの製作は スタローンの体作りからして 大変だったのであろうし 命かかってるとも言えるし この荒れた町を背景にして 言いたいことはひとつ「一体全体なんでこんな世の中になっちまったんだ!」てことで それは世界は崩壊してしまっているとゆう 意外にシリアスな認識によっている 「ロッキー」のあの栄光映画のオーラを求める向きには どうかと思うのだけど 現実的な老人シネマに ちゃんとなってるので 世代を越えて薦めてみたいシネマではあるんです

このレビューは気に入りましたか? はい 18人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

ロッキー・バルボアの再生ドラマネタバレ

投稿日:2007/10/28 レビュアー:ミルクチョコ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

あれから30年、ロッキーと共に年を重ねたスタローンは、幾度となくこのシリーズを作り、私は今作もあまり期待をしていなかったのですが、年齢を重ねた渋さというか、人生のそろそろ斜陽を迎える頃の生き様を、共に語っているように思えました。

人間ドラマとして、なかなかしっくりとできていたと思います。
エイドリアンの命日、墓前で椅子に座っているシーンや、ポーリーと共に彼女が働いていたペットショップや、取り壊されたスケート場の跡地など思い出の地を訪れ、思い出を振り返るシーンなど結構ぐっときます。

妻を亡くしたロッキーは、失意の中であえいでいて、
孤独と哀しみに打ち勝つためにリングに復帰しようと決意。
そんなロッキーを通じてスタローンは、何を伝えたかったのでしょうか?
息子に、人生の生き様を見せる映画であったように思います。
「人生とは、試練の連続であり、耐え忍び、少しずつ前に進むんだ」とありますが、そのような生き方を試合の中で、息子に示したように思えます。
偉大な父親を持つ息子ゆえの悩みを、父の姿を見て変わって行く過程もよかったです。

闘いの結果を待つことなく、リングから降りてしまう。
勝敗は関係ない。ロッキーにとってボクシングは、単にファイトではなく、愛する息子や、周りの人に対するメッセージを体現する場とした事がよく分かります。
そして、この作品の素晴らしいのは、ファイトシーン以外の、近所の人たちとの何気ない日常ドラマが秀逸です。
何気ないシーンなのに、画面から目が離せないほどスタローンの渋さが魅力的でした。

妻を失い、孤独から這い上がろうとするロッキーの姿は、栄光と挫折の俳優人生を歩んだスタローンそのものの様に思えていまいましたが・・・。

このレビューは気に入りましたか? はい 16人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

ロッキーの人生はスタローンのそれを反映?1作目への原点回帰はかる

投稿日:2008/08/15 レビュアー:RUSH


ロッキーの完結編とも言えるこの作品。僕は最初見たくありませんでした。僕の中ではロッキーは既に5作目で終わっていたからです。またその為か老いたロッキーを見たくないという気持ちがどうしてもどこかにあったのです。5作目で落ちるところまで落ちたロッキー。その後の彼の人生がどうなったのか、とても興味がありましたが、見たいような見たくないような正直、複雑な気持ちでした。でもロッキーはロッキー、見目形は衰えどもハートまでは老いていないはずと思い直し、劇場では見れなかったけどもDVDで今頃見てみようという気になりました。

まず最初に感じたのはとても静かな感じがしたこと。2作目から4作目までの様な派手さは微塵もなかった。どこか哀愁を感じさせるオープニングでした。その雰囲気はその後続き、最後まで感じられました。この雰囲気を一度どこかで味わった記憶がありました。それはシリーズの最初の作品、つまり第1作で感じていたものと同じだったのです。それがわかったときとてもうれしさがこみ上げてきました。その時、僕はスタローンが原点回帰をしようとしているのかもしれないと感じました。やっぱりシリーズ6作ある中で一番印象的で好きな作品は1作目ですが、それに続く出来映えの良さだと感じました。最初は見ることを躊躇していた僕でしたが、見てよかったと遅くながらにも喜びを感じることが出来たのです。

このシリーズの作品の良さはどこにあるのでしょう?ロッキーは色々な人たちと死闘を演じ、ボクシングでチャンスをつかみ、裕福な生活を送ることが出来ると共にそれに伴って失うものも多く、いつの間にか落ちぶれ、伝説となり、引退していきました。ロッキーの人生を見ているとどうしてもスタローン自身の人生とオーバーラップせずにはいられなくなります。ロッキーによってスターダムにのり、一躍スーパースターとなったスタローン。彼はその後もヒット作を連発し、世界一有名なアクションスターの地位を手に入れます。しかし、アクションスターの色が強すぎてアクションスターというレッテルから逃れられず、苦悩し行き詰まることもありました。でも最近はロッキーシリーズの完結編やランボーシリーズの完結編の製作など、スタローン本来の姿を取り戻しつつあります。この作品に込められた「NEVER GIVE UP 自分をあきらめるな」は彼自身に向けられた言葉なのかもしれません。

妻であるエイドリアンをガンで亡くし(エイドリアン役のタリア・シャイアは出演を希望したがスタローンに断られ、怒り心頭だったらしい)、その命日、ロッキーは彼女との思い出の地を巡りながら彼女を失った喪失感や悲しみに暮れていた。このオープニングの静けさが僕はとても好きだ。ロッキーが歩んできた人生がそのシーンに凝縮されているようで人生の哀愁を感じさせてくれます。そして過去の映像などを交えてストーリーは進んでいくのですが、その演出も派手さは微塵もなく、落ち着いた感じのものとなっているのには好感が持てました。2作目から4作目までのような過度の派手さが目立つ様な演出はこの作品には全く見られませんでした。それはラストのチャンピオン、ディクソンとの対決シーンでも同じでした。対決シーンではモノクロ映像(血の赤色以外は全てモノクロ)を交え、かつ、過去の作品の映像をも交え、とても哀愁を感じさせると共に過去の作品でも感じられた盛り上がり(過去の作品には及びませんがいい味出しています)を見せてくれます。

この作品には1作目へのオマージュが色々なところで見られますが、ロッキーが情熱を取り戻していく姿をメインストーリーにしながら、息子ロバートとの和解や昔の不良少女マリーとの出逢いと関わり合いをうまくミックスしストーリーに厚みを持たせています。やっぱりロッキーという作品は彼の人生を描いた作品でもあり、ある種、人生のバイブルでもあるところが魅力なのかもしれませんね。NEVER GIVE UP 自分をあきらめるな!人生をあきらめるな!ロッキーシリーズ全てに共通しているのは作品を見ると励まされることです。僕自身の人生も中盤を迎え、ここまで色々なことがありました。嬉しさや楽しさばかりではなく、苦しいことが多かった僕のこれまでの人生ですが、これからも厳しい人生を送ることになると思いますが、これからも強く生きていきたいと思わせてくれる作品に仕上がっていたことに感謝したいと思います。

ロッキーシリーズを愛してやまない人たちならばきっとこの作品の出来映えに満足することでしょう。ストーリーには何のひねりも加えていません。わかりやすさはそのままに派手さを押さえ、場末の哀愁を漂わせた大人のロッキーがそこにいます。この作品を見て本当によかったと思います。

このレビューは気に入りましたか? はい 15人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 5件 / 全175件

ロッキー・ザ・ファイナル