1. DVDレンタルTOP
  2. すべてのジャンル
  3. 洋画のDVDレンタル
  4. ドラマのDVDレンタル
  5. ロッキー・ザ・ファイナル

ロッキー・ザ・ファイナル

ロッキー・ザ・ファイナルの画像・ジャケット写真

ロッキー・ザ・ファイナル / シルベスター・スタローン
  • 画質は本編映像とは異なります。

全体の平均評価点:(5点満点)

177

全体の平均評価点:

予告編を観る

DVD

Blu-ray

シリーズ

旧作

お届け率:100%

ジャンル :

新規ご登録はこちら

新規登録で
「定額レンタル4」月額1,026円(税込)を

14日間無料お試し!※1
  • ※1 無料お試しは初めてアカウントを作成されるお客様が対象です。原則おひとり様一回限り有効です。
  • ※2 [新作]は無料お試しの対象外です。都度課金で単品レンタルをご利用ください。
  • ※3 本サービスは1か月ごとの自動更新サービスです。
  • ※4 無料お試し期間終了後、通常月額料金で自動更新となります。

「ロッキー・ザ・ファイナル」 の解説・あらすじ・ストーリー

解説・ストーリー

シルベスター・スタローン主演の人気シリーズ最終章。妻に先立たれ、息子ともうまくいかないロッキーは、孤独感を拭うためボクシングを再開。やがて大観衆が詰め掛けたラスベガスのリングで、ヘビー級チャンピオンに挑む。

「ロッキー・ザ・ファイナル」 の作品情報

作品情報

製作年:

2006年

製作国:

アメリカ

原題:

ROCKY BALBOA

「ロッキー・ザ・ファイナル」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

「ロッキー・ザ・ファイナル」 のシリーズ作品

新規登録で
「定額レンタル4」月額1,026円(税込)を

14日間無料お試し!※1
  • ※1 無料お試しは初めてアカウントを作成されるお客様が対象です。原則おひとり様一回限り有効です。
  • ※2 [新作]は無料お試しの対象外です。都度課金で単品レンタルをご利用ください。
  • ※3 本サービスは1か月ごとの自動更新サービスです。
  • ※4 無料お試し期間終了後、通常月額料金で自動更新となります。

TSUTAYAだから可能な圧倒的作品数!!

TSUTAYAだから可能な圧倒的作品数!!

洋画・邦画

35,500
タイトル以上

国内ドラマも一部含まれております

国内・海外ドラマ

5,400
タイトル以上

アニメ

9,200
タイトル以上

R-18

223,000
タイトル以上

CD

250,000
タイトル以上

※2022年2月 現在のタイトル数

新規登録で
「定額レンタル4」月額1,026円(税込)を

14日間無料お試し!※1
  • ※1 無料お試しは初めてアカウントを作成されるお客様が対象です。原則おひとり様一回限り有効です。
  • ※2 [新作]は無料お試しの対象外です。都度課金で単品レンタルをご利用ください。
  • ※3 本サービスは1か月ごとの自動更新サービスです。
  • ※4 無料お試し期間終了後、通常月額料金で自動更新となります。

関連作品

関連作品

バレット

D−TOX

オスカー

スペシャリスト

ワイルドカード

ユーザーレビュー:177件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全177件

美しく飾ったシリーズのフィナーレ。

投稿日:2007/11/04 レビュアー:JUCE

このレビューは気に入りましたか? 21人の会員が気に入ったと投稿しています

人生ほど重いパンチは、無い ネタバレ

投稿日:2007/08/27 レビュアー:masamune

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

予告編だけで、これだけ燃える作品なんてそうは無い。前作「ロッキー5/最後のドラマ」も巷で言う程酷いと思わない。しかし栄光の「T」との差は歴然で、誰よりもロッキーを愛するSylvester Stalloneが悶々と葛藤と戦った事は容易に想像できる。ならば還暦を迎える今が最後のチャンス!
しかし医学的に見れば、どう見ても彼の体は人為的だ。これが脂肪を筋肉へと変質させるアナボリックステロイドなのか、筋肉線維の修復を促がしアンチエイジング効果も有るヒューマングロースホルモンなのか、専門違いの私には分からない。しかしヒト成長ホルモンは、BSEともリンクするクロイツフェルト・ヤコブ病を発症して死亡する事例もアメリカ国立衛生研究所などで数多く報告されてる。
つまり投与すれば寿命が縮む確率は高い。もちろんトレーニングで鍛えられた「だけで」作られた身体と私も信じたい。彼なら世界最高のスタッフを集める事は出来るだろう。何れにしても本作は「命」を掛けて製作された、彼の遺言とも言える・・・私は涙なしで本作は語れない。

作品は「T」とリンクする愛情を強く感じる。決して「W」とか「X」の続きで無い点も強い意志の表れで、それはスタちゃんとロッキー・バルボアの人生が常にシンクロナイズしてる。
栄光〜挫折〜復活〜低迷〜凋落と人生の全てを経験したロッキーが、もう一度チャレンジ!それはスタちゃんの「ランボー」の成功、「オスカー」の挫折、「クリフハンガー」の復活、「ドリヴン」の低迷、「スパイキッズ」の凋落と重なる。
本作の秀逸さは勿論ファイト・シークエンス。このリング内のシーンは相当に計算し尽した事を伺わせる。カメラ・ワーク然り、カット割り然り極めて精錬された印象を与える。
相手役のAntonio Tarverのサポートもキラリと光る!後で知ったが彼は元ライトヘビー級の世界チャンピオンだそうで、スタちゃんの本気度も垣間見える。下手にメジャーな俳優を選ばずプロを配役する事で、このシーンはシリーズ、いや映画史上屈指の出来。これは日本の時代劇にも通じる、斬られ役が上手い程、ヒーローは際立つ。

生活観溢れるパートも秀逸で、並みの映画に留まらない魅力も感じる。律儀に説明する事で感情移入を怠らず、「T」を踏襲するシーンも過不足なく投入し、時系列も鮮明にした。これは今のスタちゃんとロッキーが一心同体で、現在の物語として表現する事で「老い」も隠さず演じる点も共感を生む。
その意思は台詞に顕著に現れ「好きな事に挑戦しないで後悔するより醜態を晒しても挑戦するほうが良い」など、どの台詞も彼の人生とオーバー・ラップする。其処には映画ではない、本物の彼の人生をダイレクトに投影してるからこそ、素直に感動できる。
Bill Contiの「Gonna Fly Now」が鳴るだけで魔法の様に感動できる本作。続編への思いをキッパリと断ち切り正真正銘本作が最後。「挑戦しようとする人間を止める権利が誰にあるんだ」と語るロッキー、そしてスタちゃんの男の花道を飾るに相応しい作品だ。

このレビューは気に入りましたか? 19人の会員が気に入ったと投稿しています

ファイナルどころか ネタバレ

投稿日:2007/09/06 レビュアー:裸足のラヴァース

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

昔 中学生や高校生の頃 女の子にろくに声もかけられなくて 当然 ガールフレンドなんて 夢の又夢だったんだけど いまじゃ 駅前に新しいお店なんかが できると 直ぐ言って 店の女の子にべらべら話しかけて お友達になったりしちゃうんで 我ながら年取るとなんて恥知らずになるんかなあと思うんだけど
この映画のまさにロッキーがそう 通りかかりだろうがなんだろうが まあべらべら一人で話していて どうにもこうにも いや気持ちがよくわかるんです 要するにこの映画 老人の繰言 じじいの寝言なんですね 半分は

大体 ハングリー精神の中で やれば出来る アメリカン・ドリーム万歳 みたいな内容ではなく今のロッキーはレストランも経営してるし 息子には当初 反感を買ってるようで すぐ和解しちゃうし 特に悪い人物が出てくるわけでもない そこでじじいのロッキーはやることがないので ボクシングでもやってみべえかって なったわけで 特にモチベーションなどないのだ だからその試合にしても ローカルな舞台を想定していて 最初から世界チャンピオンとの戦いみたいにドラマチックなものではなかったのね それは映画にモチーフをもたらすにはどうしたらいいかって 問いにもなるんだけど まあとても身の丈にあった映画の内容なのです 実はそこに好感がもてるんですね

それでもこの製作は スタローンの体作りからして 大変だったのであろうし 命かかってるとも言えるし この荒れた町を背景にして 言いたいことはひとつ「一体全体なんでこんな世の中になっちまったんだ!」てことで それは世界は崩壊してしまっているとゆう 意外にシリアスな認識によっている 「ロッキー」のあの栄光映画のオーラを求める向きには どうかと思うのだけど 現実的な老人シネマに ちゃんとなってるので 世代を越えて薦めてみたいシネマではあるんです

このレビューは気に入りましたか? 18人の会員が気に入ったと投稿しています

ロッキーの人生はスタローンのそれを反映?1作目への原点回帰はかる

投稿日:2008/08/15 レビュアー:RUSH

このレビューは気に入りましたか? 16人の会員が気に入ったと投稿しています

ロッキー・バルボアの再生ドラマ ネタバレ

投稿日:2007/10/28 レビュアー:ミルクチョコ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

あれから30年、ロッキーと共に年を重ねたスタローンは、幾度となくこのシリーズを作り、私は今作もあまり期待をしていなかったのですが、年齢を重ねた渋さというか、人生のそろそろ斜陽を迎える頃の生き様を、共に語っているように思えました。

人間ドラマとして、なかなかしっくりとできていたと思います。
エイドリアンの命日、墓前で椅子に座っているシーンや、ポーリーと共に彼女が働いていたペットショップや、取り壊されたスケート場の跡地など思い出の地を訪れ、思い出を振り返るシーンなど結構ぐっときます。

妻を亡くしたロッキーは、失意の中であえいでいて、
孤独と哀しみに打ち勝つためにリングに復帰しようと決意。
そんなロッキーを通じてスタローンは、何を伝えたかったのでしょうか?
息子に、人生の生き様を見せる映画であったように思います。
「人生とは、試練の連続であり、耐え忍び、少しずつ前に進むんだ」とありますが、そのような生き方を試合の中で、息子に示したように思えます。
偉大な父親を持つ息子ゆえの悩みを、父の姿を見て変わって行く過程もよかったです。

闘いの結果を待つことなく、リングから降りてしまう。
勝敗は関係ない。ロッキーにとってボクシングは、単にファイトではなく、愛する息子や、周りの人に対するメッセージを体現する場とした事がよく分かります。
そして、この作品の素晴らしいのは、ファイトシーン以外の、近所の人たちとの何気ない日常ドラマが秀逸です。
何気ないシーンなのに、画面から目が離せないほどスタローンの渋さが魅力的でした。

妻を失い、孤独から這い上がろうとするロッキーの姿は、栄光と挫折の俳優人生を歩んだスタローンそのものの様に思えていまいましたが・・・。

このレビューは気に入りましたか? 16人の会員が気に入ったと投稿しています

1〜 5件 / 全177件

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:177件

美しく飾ったシリーズのフィナーレ。

投稿日

2007/11/04

レビュアー

JUCE

人生ほど重いパンチは、無い

投稿日

2007/08/27

レビュアー

masamune

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

予告編だけで、これだけ燃える作品なんてそうは無い。前作「ロッキー5/最後のドラマ」も巷で言う程酷いと思わない。しかし栄光の「T」との差は歴然で、誰よりもロッキーを愛するSylvester Stalloneが悶々と葛藤と戦った事は容易に想像できる。ならば還暦を迎える今が最後のチャンス!
しかし医学的に見れば、どう見ても彼の体は人為的だ。これが脂肪を筋肉へと変質させるアナボリックステロイドなのか、筋肉線維の修復を促がしアンチエイジング効果も有るヒューマングロースホルモンなのか、専門違いの私には分からない。しかしヒト成長ホルモンは、BSEともリンクするクロイツフェルト・ヤコブ病を発症して死亡する事例もアメリカ国立衛生研究所などで数多く報告されてる。
つまり投与すれば寿命が縮む確率は高い。もちろんトレーニングで鍛えられた「だけで」作られた身体と私も信じたい。彼なら世界最高のスタッフを集める事は出来るだろう。何れにしても本作は「命」を掛けて製作された、彼の遺言とも言える・・・私は涙なしで本作は語れない。

作品は「T」とリンクする愛情を強く感じる。決して「W」とか「X」の続きで無い点も強い意志の表れで、それはスタちゃんとロッキー・バルボアの人生が常にシンクロナイズしてる。
栄光〜挫折〜復活〜低迷〜凋落と人生の全てを経験したロッキーが、もう一度チャレンジ!それはスタちゃんの「ランボー」の成功、「オスカー」の挫折、「クリフハンガー」の復活、「ドリヴン」の低迷、「スパイキッズ」の凋落と重なる。
本作の秀逸さは勿論ファイト・シークエンス。このリング内のシーンは相当に計算し尽した事を伺わせる。カメラ・ワーク然り、カット割り然り極めて精錬された印象を与える。
相手役のAntonio Tarverのサポートもキラリと光る!後で知ったが彼は元ライトヘビー級の世界チャンピオンだそうで、スタちゃんの本気度も垣間見える。下手にメジャーな俳優を選ばずプロを配役する事で、このシーンはシリーズ、いや映画史上屈指の出来。これは日本の時代劇にも通じる、斬られ役が上手い程、ヒーローは際立つ。

生活観溢れるパートも秀逸で、並みの映画に留まらない魅力も感じる。律儀に説明する事で感情移入を怠らず、「T」を踏襲するシーンも過不足なく投入し、時系列も鮮明にした。これは今のスタちゃんとロッキーが一心同体で、現在の物語として表現する事で「老い」も隠さず演じる点も共感を生む。
その意思は台詞に顕著に現れ「好きな事に挑戦しないで後悔するより醜態を晒しても挑戦するほうが良い」など、どの台詞も彼の人生とオーバー・ラップする。其処には映画ではない、本物の彼の人生をダイレクトに投影してるからこそ、素直に感動できる。
Bill Contiの「Gonna Fly Now」が鳴るだけで魔法の様に感動できる本作。続編への思いをキッパリと断ち切り正真正銘本作が最後。「挑戦しようとする人間を止める権利が誰にあるんだ」と語るロッキー、そしてスタちゃんの男の花道を飾るに相応しい作品だ。

ファイナルどころか

投稿日

2007/09/06

レビュアー

裸足のラヴァース

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

昔 中学生や高校生の頃 女の子にろくに声もかけられなくて 当然 ガールフレンドなんて 夢の又夢だったんだけど いまじゃ 駅前に新しいお店なんかが できると 直ぐ言って 店の女の子にべらべら話しかけて お友達になったりしちゃうんで 我ながら年取るとなんて恥知らずになるんかなあと思うんだけど
この映画のまさにロッキーがそう 通りかかりだろうがなんだろうが まあべらべら一人で話していて どうにもこうにも いや気持ちがよくわかるんです 要するにこの映画 老人の繰言 じじいの寝言なんですね 半分は

大体 ハングリー精神の中で やれば出来る アメリカン・ドリーム万歳 みたいな内容ではなく今のロッキーはレストランも経営してるし 息子には当初 反感を買ってるようで すぐ和解しちゃうし 特に悪い人物が出てくるわけでもない そこでじじいのロッキーはやることがないので ボクシングでもやってみべえかって なったわけで 特にモチベーションなどないのだ だからその試合にしても ローカルな舞台を想定していて 最初から世界チャンピオンとの戦いみたいにドラマチックなものではなかったのね それは映画にモチーフをもたらすにはどうしたらいいかって 問いにもなるんだけど まあとても身の丈にあった映画の内容なのです 実はそこに好感がもてるんですね

それでもこの製作は スタローンの体作りからして 大変だったのであろうし 命かかってるとも言えるし この荒れた町を背景にして 言いたいことはひとつ「一体全体なんでこんな世の中になっちまったんだ!」てことで それは世界は崩壊してしまっているとゆう 意外にシリアスな認識によっている 「ロッキー」のあの栄光映画のオーラを求める向きには どうかと思うのだけど 現実的な老人シネマに ちゃんとなってるので 世代を越えて薦めてみたいシネマではあるんです

ロッキーの人生はスタローンのそれを反映?1作目への原点回帰はかる

投稿日

2008/08/15

レビュアー

RUSH

ロッキー・バルボアの再生ドラマ

投稿日

2007/10/28

レビュアー

ミルクチョコ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

あれから30年、ロッキーと共に年を重ねたスタローンは、幾度となくこのシリーズを作り、私は今作もあまり期待をしていなかったのですが、年齢を重ねた渋さというか、人生のそろそろ斜陽を迎える頃の生き様を、共に語っているように思えました。

人間ドラマとして、なかなかしっくりとできていたと思います。
エイドリアンの命日、墓前で椅子に座っているシーンや、ポーリーと共に彼女が働いていたペットショップや、取り壊されたスケート場の跡地など思い出の地を訪れ、思い出を振り返るシーンなど結構ぐっときます。

妻を亡くしたロッキーは、失意の中であえいでいて、
孤独と哀しみに打ち勝つためにリングに復帰しようと決意。
そんなロッキーを通じてスタローンは、何を伝えたかったのでしょうか?
息子に、人生の生き様を見せる映画であったように思います。
「人生とは、試練の連続であり、耐え忍び、少しずつ前に進むんだ」とありますが、そのような生き方を試合の中で、息子に示したように思えます。
偉大な父親を持つ息子ゆえの悩みを、父の姿を見て変わって行く過程もよかったです。

闘いの結果を待つことなく、リングから降りてしまう。
勝敗は関係ない。ロッキーにとってボクシングは、単にファイトではなく、愛する息子や、周りの人に対するメッセージを体現する場とした事がよく分かります。
そして、この作品の素晴らしいのは、ファイトシーン以外の、近所の人たちとの何気ない日常ドラマが秀逸です。
何気ないシーンなのに、画面から目が離せないほどスタローンの渋さが魅力的でした。

妻を失い、孤独から這い上がろうとするロッキーの姿は、栄光と挫折の俳優人生を歩んだスタローンそのものの様に思えていまいましたが・・・。

1〜 5件 / 全177件

新規登録で
「定額レンタル4」月額1,026円(税込)を

14日間無料お試し!※1
  • ※1 無料お試しは初めてアカウントを作成されるお客様が対象です。原則おひとり様一回限り有効です。
  • ※2 [新作]は無料お試しの対象外です。都度課金で単品レンタルをご利用ください。
  • ※3 本サービスは1か月ごとの自動更新サービスです。
  • ※4 無料お試し期間終了後、通常月額料金で自動更新となります。

ご利用の流れ

ご利用の流れ

@ 会員登録

申し込みフォームへ記入

申し込みフォームへ記入したら登録完了!

A 作品をレンタル

作品をレンタル

借りたい作品をリストアップするだけ!
発送可能な商品を自宅にお届けします。

B ポストに返却

ポストに返却

商品をポストに投函すればOK!

よくあるご質問

よくあるご質問

もちろん無料お試し期間中に退会することも可能です。 また、その場合は料金は一切かかりません。

無料お試し中も、都度レンタルは、有料でご利用いただくことができます。
また、無料お試し中に解約され、何らかの理由でレンタル商品を期日までにご返却いただけなかった場合に、追加料金が発生する場合がございます。

定額プランは1つの封筒に2枚入り、お届けいたします。
届いた往復封筒でポストへご投函いただき、当社配送センターにてご返却を確認できましたら次の封筒を発送致します。繰り返しでご登録のプラン枚数までご利用いただけます。

各プランはこちら

各プランはこちら

  • 宅配レンタル 定額8プラン
    月額2,052円税込
    • 「新作・準新作」が定額で月8枚レンタルできる!※1借り放題付き※2
    新規登録する
  • 宅配レンタル 定額4プラン
    月額1,026円税込
    • DVD/CDが定額で月4枚レンタルできる!※1
    新規登録する
  • 都度課金 プラン
    無料会員 月額0円税込 ※都度レンタル時の費用は発生します
    • 月額無料で単品レンタルを楽しみたい方におすすめ!
    新規登録する

※1 無料お試し期間中の「新作」レンタルは対象外です。

※2 借り放題はDVD「旧作」、CD「新作・準新作・旧作」が対象です。

ロッキー・ザ・ファイナル