真救世主伝説 北斗の拳 トキ伝

真救世主伝説 北斗の拳 トキ伝の画像・ジャケット写真
真救世主伝説 北斗の拳 トキ伝 / 阿部寛
全体の平均評価点:
(5点満点)

11

  • DVD
  • シリーズ
ジャンル:

「真救世主伝説 北斗の拳 トキ伝」 の解説・あらすじ・ストーリー

「真救世主伝説 北斗の拳」シリーズの第4弾OVA。世界が核の炎に包まれた世紀末。ケンシロウとユリアを庇って死の灰を浴び、北斗神拳伝承者の道を閉ざされた北斗の次兄・トキは、北斗神拳を医学として役立てようと女医のサラと共に旅に出る。

「真救世主伝説 北斗の拳 トキ伝」 の作品情報

製作年: 2008年
製作国: 日本

「真救世主伝説 北斗の拳 トキ伝」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

監督: 静野孔文
製作総指揮: 堀江信彦
出演: 阿部寛宇梶剛士石田ゆり子堀内賢雄平野綾

真救世主伝説 北斗の拳 トキ伝の詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
60分 日本語 1:ドルビーデジタル/ステレオ/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
PG-12 ASBX4013 2008年03月26日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
23枚 0人 0人

関連作品

ユーザーレビュー:11件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全11件

悲しき運命のトキのエピソードをまとめて描く!

投稿日:2008/06/01 レビュアー:RUSH


真救世主伝説シリーズ第4弾。今回の主人公は次兄トキである。トキは長兄であるラオウとは血が繋がっている本当の兄弟である。そのトキの悲しい宿命とその生き様に関するエピソードを新しいキャラクター女医のサラを追加して描いていく。いずれも原作に忠実でうまくまとめられている。声優も劇場版やそれまでのOVAと同じ配役でされているので、このシリーズを見ている方には違和感はないはずである。

作画に関してはOVAだからか、それともキャラクターデザインの担当者が変わったのか今までと少し違う感じがした。それぞれの作品の監督が違うことを考えるとやっぱりキャラクターデザイン担当もかわるのかもしれないが、若干の違和感を覚えた。また作画レベルもそれほど高くなく、OVAだから劇場版と比較するのは不公平かもしれないが不満の残るレベルだった。作品の脚本がよく出来ているだけに残念でしようがなかった。ラオウとの死闘も背景が暗くてわかりにくかったのは非常に大きなマイナス点だろう。「一番の見所なのに何やってんだ!」と怒りがこみ上げてきた(^^ゞ。

僕が北斗の拳シリーズのキャラクターの中で一番好きなのはこのトキである。なぜなら一番強く知的で優しく物事を広く深く配慮し理解出来る性格だからである。つまり人間として自分もこんな器の大きな人間になりたいという僕の願望が具現化されたようなキャラクターだからである。だからこそこのトキというキャラクターに引き込まれ、その生涯に幕が下りたときは本当に悲しかったものだ。この作品でもやはり涙なしには見れなかった(ちょっと大袈裟かも(^^ゞ)。

このシリーズも残すところ最終章、つまり第5弾を残すだけとなった。第5弾は確か劇場版のはずだが、主人公はもちろんケンシロウだろう。どういった展開を見せるのか、また原作の何処を劇場版に採用するのか興味が尽きないところである。何となく予想は出来るものの脚本も作画レベルも視聴者の期待通りに作って欲しいと願ってやまない。

このレビューは気に入りましたか? はい 8人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

10点満点の3点

投稿日:2008/05/02 レビュアー:sunday 777 silence

かなり中途半端な作品でした。
本来ならば、点数をつけるようなレベルにもなっていないような作品ではあったけど、個人的に大好きなトキがメインになってるのでこの点数にさせていただきました。

ある意味、この作品だけを鑑賞しても、ストーリーそのものがよくわからない。
オリジナルの北斗の拳を知っている方のみ、理解できるってな具合です。

外伝的な真救世主伝説シリーズをすべて鑑賞させていただきましたが、どの作品もかなりいただけない仕上がりになっているのが残念でした。少年ジャンプに掲載されているころからのファンでもあった自分てきには、やっぱり納得できませんでした。
他のシリーズのレビューにも書かせてもらいましたが、とにかく声優に人選を間違ったことが第1の問題点だと思います。
オリジナルの作品の方々が、もう過去の人になっているのならしょうがないかもしれないけど、そんなことは聞いたことがないし、あまりにも顔と声が違いすぎているし、とにかく気持ちというか、視聴者に訴えるものがなさすぎる。
もちろん俳優さんがやってることだからとは思いつつも、寂しいかぎりです。

それにしても、この作品に登場してきたサラなる人って何なのってな感じでした。
やっぱオリジナルが最高!

このレビューは気に入りましたか? はい 4人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

素晴らしい!ネタバレ

投稿日:2008/11/16 レビュアー:"

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

重厚感こそ劇場版には及ばないものの、
作画のレベルは本当に高いです。

トキを演じた堀内賢雄さんの熱演も素晴らしいし、
オリジナルキャラとして登場した女医のサラ、
彼女も「ラオウ伝」のレイナより
ずっと存在意義のあるものとして、納得できました。

そして特におすすめしたいのが、主題歌「花守の丘」。
まさにストーリーにぴったりの、それは美しい歌で、
この歌がトキとサラの旅の情景にかぶるシーンは
何度見ても見飽きません。
ぜひみなさんに聞いて頂きたい!

まさに期待以上の作品でした。
美しいエピローグも涙ものですよ。
おすすめです!!

このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

約束ネタバレ

投稿日:2008/08/26 レビュアー:野良パンダ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

「真救世主伝説 北斗の拳」シリーズの第4弾OVA。なんですが私は、この作品から見てしまいました・・・どれから見ようがそれほど重大ではないでしょう。と、言うのは「北斗の拳」の内容はある程度原作やTVアニメなどで見たりしてますんで、これと言って理解出来ないことはなかったです。

エラそうに言ってみたものの、トキを私は北斗兄弟の長兄だと思ってたのですが・・・次兄でした。過去の記憶って怪しいもんです。

原作やTVアニメと違って絵のタッチがまるで違うのですが、何故かそんなには違和感無かったです。3Dの北斗(パチスロ等)を見てたせいでしょうか!?ただ声優にはカナリ違和感を感じました、特にラオウです。やっぱラオウはもっと荒々しくないといけませんね。

話の内容ですが、ラオウの剛拳に対し、その美しさ故“死神の舞”とも言われるトキ。動と静の関係の2人。
時は世紀末、北斗の後継者を決めるのだが病に侵されてるトキ。
そんな中、地球を核の炎が襲う。シェルターに駆け寄る、トキ・ユリア・ケンシロウ。しかし定員オーバーになるのを恐れ、心優しきトキは生い先短いのを知ってかケンシロウ達にゆずりシェルターを閉めるトキ。
その後、彼は北斗神拳を女医サラと共に医療に役立てようとする。一方、覇者を目指すラオウにとって彼は邪魔者に過ぎず幽閉する事に・・・ケンシロウによって助けだされた彼はサラの元に一度戻るのだが『生き様を見届けて欲しい』と懇願する。この生き様を見届けて欲しいと言うセリフは私は好きだ。男にとって生き様とは自分がこの世にいた証だからだ。サラに対する彼の気持ちを伺える。
そしてラオウの元へ・・・

彼との死闘は彼との“約束”であった。

自ら秘孔を突き剛の力を得たトキ、その力の前にラオウの頭上にすら“死兆星”が輝く!
だが、覇王に勝てても病には勝てない・・・

『病さえなければ、この俺を倒すことが出来たものを』
『効かぬ!効かぬのだよトキ!』
『北斗の漢が病ごときに、全てを』
『なぜ泣くのだラオウ、涙を捨てたのでは無かったか?』
『さらば我最強の敵、さらば我最愛の弟』

そして・・・・・


いやぁ涙です。感動です。ラオウ最高です!カッコ良いです!
是非ラストはご自身で見て下さい!
内容的には短い作品ですがトキの一生を上手くまとめてあります。
北斗の次男坊を理解するぶんにはいいかもです!
ラオウが好きな人には良いと思います。逆にトキ好きには物足りないかもしれません。
北斗マニアには物足りないでしょうが、北斗ってどんなん!?って人にはシリーズ4作見れば、ある程度は理解出来る代物だと思います。


このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

ラオウとトキとの死闘が見所です。

投稿日:2008/06/21 レビュアー:一視同仁

劇場版の作品とはいえ、テレビシリーズで描かれた幼き日のラオウとトキとのシーンは健在しています。本来なら北斗神拳伝承者となるべきはずだったトキが、死の灰を浴びたために病に侵され伝承者の道を閉ざされてしまってからのトキの生き様が描かれています。さすがに映像や音楽には圧倒的な迫力があり、格闘シーンにおいては目を見張るほどの映像技術が使われており、見て損のない作品に仕上がっています。

このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 5件 / 全11件

真救世主伝説 北斗の拳 トキ伝