1. DVDレンタルTOP
  2. すべてのジャンル
  3. 洋画のDVDレンタル
  4. アクションのDVDレンタル
  5. カニング・キラー 殺戮の沼

カニング・キラー 殺戮の沼

カニング・キラー 殺戮の沼の画像・ジャケット写真

カニング・キラー 殺戮の沼 / ドミニク・パーセル

全体の平均評価点: (5点満点)

22

カニング・キラー 殺戮の沼 /マイケル・ケイトルマン

全体の平均評価点: 

予告編を検索

DVD

旧作

お届け率:100%

ジャンル :

新規ご登録はこちら

新規登録で
「定額レンタル4」月額1,026円(税込)を

14日間無料お試し!
  • ※本キャンペーンの無料お試しの対象者は、次の@Aのいずれかに該当する方に限ります。
  • @「TSUTAYA DISCAS」の定額プラン(定額プランの種類は問いません。以下同じ)の利用開始時に「無料お試し」を利用したことがない方
  • A2022年10月2日以前に「TSUTAYA DISCAS」の定額プランの利用を終了された方であって、2022年10月3日以降、「TSUTAYA DISCAS」の定額プランを利用していない方
  • 無料お試し期間中(14日間)、新作はレンタル対象外です。
  • 無料お試し期間終了後、登録プラン料金で自動更新となります。

「カニング・キラー 殺戮の沼」 の解説・あらすじ・ストーリー

解説・ストーリー

実話を基に、人間を殺した謎の巨大爬虫類の取材でアフリカのジャングルを訪れたTV局の取材班が、その未知なる怪物の恐怖に晒されるさまを描いたパニック・ホラー。

「カニング・キラー 殺戮の沼」 の作品情報

作品情報

製作年:

2007年

製作国:

アメリカ

原題:

PRIMEVAL

「カニング・キラー 殺戮の沼」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

新規登録で
「定額レンタル4」月額1,026円(税込)を

14日間無料お試し!
  • ※本キャンペーンの無料お試しの対象者は、次の@Aのいずれかに該当する方に限ります。
  • @「TSUTAYA DISCAS」の定額プラン(定額プランの種類は問いません。以下同じ)の利用開始時に「無料お試し」を利用したことがない方
  • A2022年10月2日以前に「TSUTAYA DISCAS」の定額プランの利用を終了された方であって、2022年10月3日以降、「TSUTAYA DISCAS」の定額プランを利用していない方
  • 無料お試し期間中(14日間)、新作はレンタル対象外です。
  • 無料お試し期間終了後、登録プラン料金で自動更新となります。

TSUTAYAだから可能な圧倒的作品数!!

TSUTAYAだから可能な圧倒的作品数!!

洋画・邦画

35,500
タイトル以上

国内ドラマも一部含まれております

国内・海外ドラマ

5,400
タイトル以上

アニメ

9,200
タイトル以上

R-18

223,000
タイトル以上

CD

250,000
タイトル以上

※2022年2月 現在のタイトル数

新規登録で
「定額レンタル4」月額1,026円(税込)を

14日間無料お試し!
  • ※本キャンペーンの無料お試しの対象者は、次の@Aのいずれかに該当する方に限ります。
  • @「TSUTAYA DISCAS」の定額プラン(定額プランの種類は問いません。以下同じ)の利用開始時に「無料お試し」を利用したことがない方
  • A2022年10月2日以前に「TSUTAYA DISCAS」の定額プランの利用を終了された方であって、2022年10月3日以降、「TSUTAYA DISCAS」の定額プランを利用していない方
  • 無料お試し期間中(14日間)、新作はレンタル対象外です。
  • 無料お試し期間終了後、登録プラン料金で自動更新となります。

関連作品

関連作品

対決

HOUSE OF BLOOD ハウス・オブ・ブラッド

ザ・バッグマン 闇を運ぶ男

プリズン・ブレイク シーズン5

ZOO−暴走地区− シーズン1

ユーザーレビュー:22件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全22件

少し反れ過ぎかな。 ネタバレ

投稿日:2009/11/10 レビュアー:ナナメ歩き

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

『グスタヴ』のドキュメンタリーを観た事があったので興味があり観賞
ワニは純粋に怖い、でも人間は上回る程怖い、まさに暗黒大陸アフリカでした。w

観る前はオープニングのテロップも手伝い、フェイクメンタリー調だと思いましたが
内戦も同時に描かれるので、なかなか緊張感のある描写の連続です
蛇が主役の作品は多々有りますが、以外とワニは少ない様に感じます
まず『グスタヴ』の描写ですが、かなり拘りを感じる演出で良いですね
デスロールや骨を噛み砕く時の顎の動きなど本物を見ているようです
物語は、テレビクルーが『グスタヴ』を取材する為アフリカに飛び
内戦に巻き込まれるという単純なものですが
如何せん『グスタヴ』が主役の筈が、中盤は内戦に偏り過ぎて中途半端です
意外と人の殺害シーンが生々しくアングルが絶妙なので背筋が寒くなります
そして終盤なんですが『グスタヴ』との対決がメインではなく
ブルンジ共和国の支配者リトル・グスタヴ派との戦いがメインになっていて残念
『グスタヴ』自体はオチに使われただけで、最後まで添え物的でした。

残酷描写はホラーで生かせればかなり良いものが出来るレベルで良いですね
主役の筈の『グスタヴ』の存在感が、人間に喰われているのは残念
もしそちらをメインにしたかったにしても、深くはエグってないので中途半端
全体の雰囲気や描写は素晴らしいだけに残念な作品です
名作『アリゲーター』には届かないですが
ある一定のレベルは保っているので暇潰しには良いかもしれません。(笑)

このレビューは気に入りましたか? 12人の会員が気に入ったと投稿しています

ちゃちな「ワニもの」と思ったら、なかなかの拾いもん(^_-)-☆ ネタバレ

投稿日:2009/02/17 レビュアー:mitamita観た〜!!

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

ん〜、考えさせられた映画…

CSで途中からの鑑賞。
巨大ワニが登場のパニックものということで、ましてや実話とくりゃ、観ないわけにはということで…

民族紛争渦巻くアフリカ。
巨大爬虫類に白人女性が襲われたということで、TVクルーたちが現地に派遣されます。
あの手この手でワニをカメラに収めようとしますがこれがなかなか上手くいかない。
そんな時フツ族がシャーマン一家を惨殺するところを、偶然にもカメラに収めてしまった。
さあ、大変!
やっと登場、巨大ワニ。そして映像を取り上げようとするフツ族。
両方の殺戮から逃げる破目に!!

ワニの迫力はすごかった。
速い速い!いざとなったら陸でも速いぞ!て聞いたことはあったけど笑っちゃうくらい速かった。
殺戮シーンも凄い!グシャッ、ドバァ〜、ブルンブルン、ゴックン。
それより凄かったのが…フツ族による惨殺シーン。
これが実話…
巨大ワニが誕生したと言われる理由。
人間による人間の惨殺。その遺体を沼に捨てる。
それを食べたワニが巨大化する。そして人間の味を覚えたワニは生きた人間まで襲い始めた。これが真実とか…
怖いのはやはり人間ということか。

モンスターパニック映画なら、爆死や感電死、なんてことで終わるんだろうけど…そうはいかないのが真実。
この巨大ワニはいまだに生き延びて人間を襲っているらしい。

ワニは実話だけど、TVクルーはどうなんだろう?
カメラマンの彼、草原をワニに追われながら必死に逃げてたけど。
どうなったのか気になっていたんだけど、そうくるかの展開。
どこかで、ひょこっと笑いながら出てくる、なんて思っていたのに、残念。

他のワニものと比べると、全編ワニだらけ、ではありませんが、なかなかの作品です。
よかったらご覧ください。

このレビューは気に入りましたか? 10人の会員が気に入ったと投稿しています

カニング・キラー 殺戮の沼 ネタバレ

投稿日:2020/10/24 レビュアー:片山刑事

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

 低予算映画だとは思いますが、ワニのCGに気合が入っていて夜だけではなく昼間の映像でもしっかりと描かれているのがよかったです。最初は体の一部しか見えずにだんだんとワニの全容が見えて、そのあまりの大きさに絶望してしまう映像がよかったです。

 ただ90分ほどの内容でアフリカの内戦を描いていて、そういった社会問題がよかったですが。ちょっと詰め込みすぎで映画の半分すぎてもワニとの戦いが始まらず、ひたすら目的地に向かって歩いていくだけなので、早く始まらないかなと長さを感じてしまう構成でした。ワニの保護をしようとする探検家や逆にワニを殺そうとする案内人などのキャラクターもそれほど面白差を感じることができずにただのやられ要員っぽいけれど、この人たちの描写もちょい長くて退屈でした。

 中盤以降はワニに襲われて死者が出て大変だったり、カメラに処刑シーンを撮られたからと追いかけてくる支配者との攻防からはアクションシーンが繰り広げられて面白く見ることができました。せっかくワニの描写や内戦などの社会問題を気合入れて描いているとは思いますが、ちょっとテンポが悪く感じます。

 とはいえ、銃弾や手りゅう弾が効かないワニにマチェーテを突き刺そうとする主人公のマッチョさが楽しい映画でした。

このレビューは気に入りましたか? 7人の会員が気に入ったと投稿しています

ワニより怖い人間。 ネタバレ

投稿日:2008/02/26 レビュアー:エファ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

動物パニックものは大好物なのですが、なかなかヒットに巡り合える確率は低いですね。
これは輸入DVDで鑑賞しました。ドミニク・パーセルの名が売れてきたので日本でもレンタル開始になるのでしょうか?いつもながら原題と邦題が全く違うので、『プリミヴァル』だと気付きませんでした。

出てくるのは巨大ワニなんですが、このワニ君が出てくるまで40分近く待たされました(;^ω^)
現地ではツチ族とフツ族の紛争が盛んで、一行はそれに巻き込まれるワケです。
スタッフ達がツチ族と仲良くなって変な儀式を目の当たりにするのですが、メインを飾るツチ族の男性、ブラックマヨネーズの吉田さん以上に肌が汚いです!

この映画のメインが、ワニ君ではないと言うところがビックリポイントです。
ワニによって殺される人間の数より、フツ族によって殺されている人間の数の方がはるかに多いです。
殺戮シーンはワニ君の方が多いですけどね。

巨大ワニなので、襲ってくるシーンは結構な迫力があります。
すんごい早いんです!
一瞬ですが、2本足で立つとろこに爆笑♪

しかしですねぇ、明らかにワニ君の登場シーンが少ないんです。
フツ族に追われるTVスタッフの話の方がメインです。

ラストも、1番好感が持てた黒人スタッフの生死がうやむやのまま。
良かったのは、ただ1人出てくる女性がとってもキレイな方でした。
しかし、男ばかりの取材スタッフの中で色気ムンムンの美女が紅一点。
巨大ワニより危ないのでは・・と思いながら見てました(笑)

動物パニックものの中では、まぁまぁ面白い作品だと思います。

このレビューは気に入りましたか? 5人の会員が気に入ったと投稿しています

話が分散してる感はありましたが 迫力あったのでは? ネタバレ

投稿日:2008/05/02 レビュアー:詩乃

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

白人女性が 巨大爬虫類の餌食になってしまった事件を追うため NYのTV局報道部が取材しに アフリカの奥地に向かいます。

主人公のプロデューサー ティムは  プリズンブレイクのマイケルのお兄ちゃん ドミニク・パーセルでーす♪

巨大化したワニは現地でグスタヴという名で恐れられていました。また 内戦中の現地での一番の権力者はリトル・グスタヴといわれ これまた 人々に恐れられている存在。

アフリカの内戦での人間による虐殺と沼に住む巨大ワニによる殺戮・・・。

報道部のカメラマンが 虐殺シーンをカメラで撮っていたのがバレてしまい フツ族からも狙われてしまう・・・。

リトル・グスタヴと巨大ワニのグスタヴ 両方から 逃げまくる!そりゃもう大変さ〜!!!


私・・・モンスターパニック映画 結構好きなんです。巨大ワニ なかなか登場してこなくて最初は ちょっと退屈でしたが 待たされた甲斐あってか 物凄い迫力でした!このCGはたいしたものだと思います。しかも 実在するんだから 怖さ倍増!

でも もっと恐ろしいのは このワニは 大量に虐殺した人間を沼に捨てていたから ワニがそれを食べて人間の味を覚えてしまい 巨大化して 生きている人間を襲うようになってしまったという事実!!!なんという事でしょう!このモンスターをつくりあげた人間・・・。やはり 一番怖いのは 人間なんですね・・・。

ちょっと笑えるのは ドミニク・パーセル(私は マイケルよりもお兄ちゃんの彼の方が好き♪)・・・。プリズン・ブレイクでも追われ この映画でも 人からワニから追われ・・・プリズンでは弟や息子を守り この映画では 取材スタッフを守り・・・まぁ映画では 守りきれなかった人物も悲惨な状態で出てきますが。 やはり プリズンのイメージ強いですね〜!

この巨大ワニ・・・今現在でも 生きていて 現地の人達は襲われ続けているそうです・・・。

大量虐殺によって生み出されたモンスターパニック映画 なかなかの迫力でした!

このレビューは気に入りましたか? 4人の会員が気に入ったと投稿しています

1〜 5件 / 全22件

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:22件

少し反れ過ぎかな。

投稿日

2009/11/10

レビュアー

ナナメ歩き

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

『グスタヴ』のドキュメンタリーを観た事があったので興味があり観賞
ワニは純粋に怖い、でも人間は上回る程怖い、まさに暗黒大陸アフリカでした。w

観る前はオープニングのテロップも手伝い、フェイクメンタリー調だと思いましたが
内戦も同時に描かれるので、なかなか緊張感のある描写の連続です
蛇が主役の作品は多々有りますが、以外とワニは少ない様に感じます
まず『グスタヴ』の描写ですが、かなり拘りを感じる演出で良いですね
デスロールや骨を噛み砕く時の顎の動きなど本物を見ているようです
物語は、テレビクルーが『グスタヴ』を取材する為アフリカに飛び
内戦に巻き込まれるという単純なものですが
如何せん『グスタヴ』が主役の筈が、中盤は内戦に偏り過ぎて中途半端です
意外と人の殺害シーンが生々しくアングルが絶妙なので背筋が寒くなります
そして終盤なんですが『グスタヴ』との対決がメインではなく
ブルンジ共和国の支配者リトル・グスタヴ派との戦いがメインになっていて残念
『グスタヴ』自体はオチに使われただけで、最後まで添え物的でした。

残酷描写はホラーで生かせればかなり良いものが出来るレベルで良いですね
主役の筈の『グスタヴ』の存在感が、人間に喰われているのは残念
もしそちらをメインにしたかったにしても、深くはエグってないので中途半端
全体の雰囲気や描写は素晴らしいだけに残念な作品です
名作『アリゲーター』には届かないですが
ある一定のレベルは保っているので暇潰しには良いかもしれません。(笑)

ちゃちな「ワニもの」と思ったら、なかなかの拾いもん(^_-)-☆

投稿日

2009/02/17

レビュアー

mitamita観た〜!!

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

ん〜、考えさせられた映画…

CSで途中からの鑑賞。
巨大ワニが登場のパニックものということで、ましてや実話とくりゃ、観ないわけにはということで…

民族紛争渦巻くアフリカ。
巨大爬虫類に白人女性が襲われたということで、TVクルーたちが現地に派遣されます。
あの手この手でワニをカメラに収めようとしますがこれがなかなか上手くいかない。
そんな時フツ族がシャーマン一家を惨殺するところを、偶然にもカメラに収めてしまった。
さあ、大変!
やっと登場、巨大ワニ。そして映像を取り上げようとするフツ族。
両方の殺戮から逃げる破目に!!

ワニの迫力はすごかった。
速い速い!いざとなったら陸でも速いぞ!て聞いたことはあったけど笑っちゃうくらい速かった。
殺戮シーンも凄い!グシャッ、ドバァ〜、ブルンブルン、ゴックン。
それより凄かったのが…フツ族による惨殺シーン。
これが実話…
巨大ワニが誕生したと言われる理由。
人間による人間の惨殺。その遺体を沼に捨てる。
それを食べたワニが巨大化する。そして人間の味を覚えたワニは生きた人間まで襲い始めた。これが真実とか…
怖いのはやはり人間ということか。

モンスターパニック映画なら、爆死や感電死、なんてことで終わるんだろうけど…そうはいかないのが真実。
この巨大ワニはいまだに生き延びて人間を襲っているらしい。

ワニは実話だけど、TVクルーはどうなんだろう?
カメラマンの彼、草原をワニに追われながら必死に逃げてたけど。
どうなったのか気になっていたんだけど、そうくるかの展開。
どこかで、ひょこっと笑いながら出てくる、なんて思っていたのに、残念。

他のワニものと比べると、全編ワニだらけ、ではありませんが、なかなかの作品です。
よかったらご覧ください。

カニング・キラー 殺戮の沼

投稿日

2020/10/24

レビュアー

片山刑事

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

 低予算映画だとは思いますが、ワニのCGに気合が入っていて夜だけではなく昼間の映像でもしっかりと描かれているのがよかったです。最初は体の一部しか見えずにだんだんとワニの全容が見えて、そのあまりの大きさに絶望してしまう映像がよかったです。

 ただ90分ほどの内容でアフリカの内戦を描いていて、そういった社会問題がよかったですが。ちょっと詰め込みすぎで映画の半分すぎてもワニとの戦いが始まらず、ひたすら目的地に向かって歩いていくだけなので、早く始まらないかなと長さを感じてしまう構成でした。ワニの保護をしようとする探検家や逆にワニを殺そうとする案内人などのキャラクターもそれほど面白差を感じることができずにただのやられ要員っぽいけれど、この人たちの描写もちょい長くて退屈でした。

 中盤以降はワニに襲われて死者が出て大変だったり、カメラに処刑シーンを撮られたからと追いかけてくる支配者との攻防からはアクションシーンが繰り広げられて面白く見ることができました。せっかくワニの描写や内戦などの社会問題を気合入れて描いているとは思いますが、ちょっとテンポが悪く感じます。

 とはいえ、銃弾や手りゅう弾が効かないワニにマチェーテを突き刺そうとする主人公のマッチョさが楽しい映画でした。

ワニより怖い人間。

投稿日

2008/02/26

レビュアー

エファ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

動物パニックものは大好物なのですが、なかなかヒットに巡り合える確率は低いですね。
これは輸入DVDで鑑賞しました。ドミニク・パーセルの名が売れてきたので日本でもレンタル開始になるのでしょうか?いつもながら原題と邦題が全く違うので、『プリミヴァル』だと気付きませんでした。

出てくるのは巨大ワニなんですが、このワニ君が出てくるまで40分近く待たされました(;^ω^)
現地ではツチ族とフツ族の紛争が盛んで、一行はそれに巻き込まれるワケです。
スタッフ達がツチ族と仲良くなって変な儀式を目の当たりにするのですが、メインを飾るツチ族の男性、ブラックマヨネーズの吉田さん以上に肌が汚いです!

この映画のメインが、ワニ君ではないと言うところがビックリポイントです。
ワニによって殺される人間の数より、フツ族によって殺されている人間の数の方がはるかに多いです。
殺戮シーンはワニ君の方が多いですけどね。

巨大ワニなので、襲ってくるシーンは結構な迫力があります。
すんごい早いんです!
一瞬ですが、2本足で立つとろこに爆笑♪

しかしですねぇ、明らかにワニ君の登場シーンが少ないんです。
フツ族に追われるTVスタッフの話の方がメインです。

ラストも、1番好感が持てた黒人スタッフの生死がうやむやのまま。
良かったのは、ただ1人出てくる女性がとってもキレイな方でした。
しかし、男ばかりの取材スタッフの中で色気ムンムンの美女が紅一点。
巨大ワニより危ないのでは・・と思いながら見てました(笑)

動物パニックものの中では、まぁまぁ面白い作品だと思います。

話が分散してる感はありましたが 迫力あったのでは?

投稿日

2008/05/02

レビュアー

詩乃

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

白人女性が 巨大爬虫類の餌食になってしまった事件を追うため NYのTV局報道部が取材しに アフリカの奥地に向かいます。

主人公のプロデューサー ティムは  プリズンブレイクのマイケルのお兄ちゃん ドミニク・パーセルでーす♪

巨大化したワニは現地でグスタヴという名で恐れられていました。また 内戦中の現地での一番の権力者はリトル・グスタヴといわれ これまた 人々に恐れられている存在。

アフリカの内戦での人間による虐殺と沼に住む巨大ワニによる殺戮・・・。

報道部のカメラマンが 虐殺シーンをカメラで撮っていたのがバレてしまい フツ族からも狙われてしまう・・・。

リトル・グスタヴと巨大ワニのグスタヴ 両方から 逃げまくる!そりゃもう大変さ〜!!!


私・・・モンスターパニック映画 結構好きなんです。巨大ワニ なかなか登場してこなくて最初は ちょっと退屈でしたが 待たされた甲斐あってか 物凄い迫力でした!このCGはたいしたものだと思います。しかも 実在するんだから 怖さ倍増!

でも もっと恐ろしいのは このワニは 大量に虐殺した人間を沼に捨てていたから ワニがそれを食べて人間の味を覚えてしまい 巨大化して 生きている人間を襲うようになってしまったという事実!!!なんという事でしょう!このモンスターをつくりあげた人間・・・。やはり 一番怖いのは 人間なんですね・・・。

ちょっと笑えるのは ドミニク・パーセル(私は マイケルよりもお兄ちゃんの彼の方が好き♪)・・・。プリズン・ブレイクでも追われ この映画でも 人からワニから追われ・・・プリズンでは弟や息子を守り この映画では 取材スタッフを守り・・・まぁ映画では 守りきれなかった人物も悲惨な状態で出てきますが。 やはり プリズンのイメージ強いですね〜!

この巨大ワニ・・・今現在でも 生きていて 現地の人達は襲われ続けているそうです・・・。

大量虐殺によって生み出されたモンスターパニック映画 なかなかの迫力でした!

1〜 5件 / 全22件

新規登録で
「定額レンタル4」月額1,026円(税込)を

14日間無料お試し!
  • ※本キャンペーンの無料お試しの対象者は、次の@Aのいずれかに該当する方に限ります。
  • @「TSUTAYA DISCAS」の定額プラン(定額プランの種類は問いません。以下同じ)の利用開始時に「無料お試し」を利用したことがない方
  • A2022年10月2日以前に「TSUTAYA DISCAS」の定額プランの利用を終了された方であって、2022年10月3日以降、「TSUTAYA DISCAS」の定額プランを利用していない方
  • 無料お試し期間中(14日間)、新作はレンタル対象外です。
  • 無料お試し期間終了後、登録プラン料金で自動更新となります。

ご利用の流れ

ご利用の流れ

@ 会員登録

申し込みフォームへ記入

申し込みフォームへ記入したら登録完了!

A 作品をレンタル

作品をレンタル

借りたい作品をリストアップするだけ!
発送可能な商品を自宅にお届けします。

B ポストに返却

ポストに返却

商品をポストに投函すればOK!

よくあるご質問

よくあるご質問

もちろん無料お試し期間中に退会することも可能です。 また、その場合は料金は一切かかりません。

無料お試し中も、都度レンタルは、有料でご利用いただくことができます。
また、無料お試し中に解約され、何らかの理由でレンタル商品を期日までにご返却いただけなかった場合に、追加料金が発生する場合がございます。

定額プランは1つの封筒に2枚入り、お届けいたします。
届いた往復封筒でポストへご投函いただき、当社配送センターにてご返却を確認できましたら次の封筒を発送致します。繰り返しでご登録のプラン枚数までご利用いただけます。

各プランはこちら

各プランはこちら

  • 宅配レンタル 定額8プラン
    月額2,052円税込
    • 「新作・準新作」が定額で月8枚レンタルできる!※1借り放題付き※2
    新規登録する
  • 宅配レンタル 定額4プラン
    月額1,026円税込
    • DVD/CDが定額で月4枚レンタルできる!※1
    新規登録する
  • 都度課金 プラン
    無料会員 月額0円税込 ※都度レンタル時の費用は発生します
    • 月額無料で単品レンタルを楽しみたい方におすすめ!
    新規登録する

※1 無料お試し期間中の「新作」レンタルは対象外です。

※2 借り放題はDVD「旧作」、CD「新作・準新作・旧作」が対象です。

カニング・キラー 殺戮の沼