ヒーリング・ハート

ヒーリング・ハートの画像・ジャケット写真

ヒーリング・ハート / トニー・レオン

全体の平均評価点:(5点満点)

6

全体の平均評価点:

DVD

ジャンル :

「ヒーリング・ハート」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

解説・ストーリー

『インファナル・アフェア』のトニー・レオン、『チャイニーズ・ゴースト・ストーリー』のミッシェル・リー共演の医療ラブロマンス。外科医のローレンスは、恋人のジャッキーが脳腫瘍に冒されていることを知り、自ら執刀することを決意するが…。

「ヒーリング・ハート」 の作品情報

作品情報

製作年: 2000年
製作国: 香港
原題: 侠骨仁心/HEALING HEARTS

「ヒーリング・ハート」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

頭文字D THE MOVIE

ジェネックス・ゾンビ

サウンド・オブ・カラー 地下鉄の恋

月夜の願い 新難兄難弟

ユーザーレビュー:6件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全6件

何でトニー・レオン????

投稿日:2009/11/28 レビュアー:まりこ

個人的には、感情移入出来ないラブストーリーでした。
傍観者としても、共感する部分が無いラブストーリーでした。
私にしては珍しく、レンタル中に2回しか観ませんでした。
(いつもは3・4回、多ければ5・6回はカタキの様に観ます。)

何故?

彼の眼が、全くモノを言っていないのです。
眼の力で演技する俳優さんなのに、その眼が単調で焦点が合っていない。
彼女の容姿が整い過ぎて、サイボーグの様です。
笑っても泣いても表情に乏しくて、何かウソっぽい。リアリティに欠けます。
二人が並ぶと美男美女でとても美しいのですが、それ以上のものが何も感じられません。
ストーリーも焦点が散漫で、エピソードが全て中途半端。
彼と彼女の感情の変化に絞り込んで、もっと掘り下げる事は出来なかったのでしょうか。
その昔の安物のトレンディドラマを観ている様です。

彼の作品で、只の一カ所も心に響くシーンが無かったのは非常に珍しい事です。
大抵の作品では何度でもリプレイして観てしまう、脳にビビッと来る表情やシーンが複数あるのですが……。

この主人公をトニー・レオンが演る必然性があるのでしょうか?
????満載の一本でした。

このレビューは気に入りましたか? 3人の会員が気に入ったと投稿しています

2人のやりとりがかわいい☆

投稿日:2009/10/30 レビュアー:クローバー

劇場未公開作品です。
『レッドクリフ』で、トニー・レオンが気になったんですが、イマイチだったなぁ。。。
ミッシェル・リーは美人すぎて目が釘付けです。
鼻がちょっと怪しいけど。。。(笑)

ぶっきらぼうでマジメな外科医ローレンスの家に居候することになったジャッキー。
部屋も汚いし食事も簡単にすますローレンス、仕事にしか興味がなかったのに彼女が家に来てから生活が一変します。
部屋が汚いと、自分が使いやすいように掃除をして変えちゃったり、一緒に食べ物を買いに行けば、「買い物はこうするものよ。」とザザ〜ッと商品をあるだけカートに入れちゃうジャッキー。
ちょっと破天荒な行動も美人だから許せます。
彼女と出会って少しずつ変わっていくローレンスは、だんだん表情も豊かに。

正直、ストーリーはたいしたことないです;
2人のやりとりと、BGMに癒される映画でした。

この映画、医療系ラブロマンスらしいですが、病院でのシーンはなんともチープ。
2000年制作っていうのもあるかとは思いますが、手術着に白い長靴って、魚屋さんにしか見えません(笑)
手術シーンもかなりごまかされているし。。。
『救命病棟』とかのシーンってすごいんだなぁと改めて感じました。


このレビューは気に入りましたか? 2人の会員が気に入ったと投稿しています

トニー・レオン、定番のはまり役

投稿日:2008/05/11 レビュアー:踏人

トニー・レオン定番のはまり役。
まじめでぶっきらぼうな(でもジョーク好き)外科医と、
間逆で快活、ユニークなミシェル・リー演ずるジャッキーのラブストーリー。
ここにピンとくれば間違いなくハマるだろう。

ジャッキーの破天荒ぶりに振り回されながも、心ひかれていくぶっきらぼうなローレンスとのやりとりには、ところどころでにやけてしまう。
それだけにもの悲しいが、悲劇的な結末というわけでもないのが余韻が残る。

ありふれたモチーフで殊勝とは言い難いが、健気で純粋な心洗われるラブストーリーだ。

元の恋人や暴走車、弁護士(?)の周辺ももう少し描いてくれてもよかったかな(あるいはいらなかった)。

このレビューは気に入りましたか? 2人の会員が気に入ったと投稿しています

やや中途半端なメロドラマ。 ネタバレ

投稿日:2008/02/26 レビュアー:豆大福

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

トニー・レオンが好きなので、借りてみました。
香港映画は「インファナル・アフェア」でかなり評価が上がったんですが、この映画はイマイチでした。

まず、イントロダクションがネタバレでは。。と思います。

お医者さんのトニー・レオンが患者のジャッキーと偶然にも出会い、恋に落ちてくさまを描きながらの。お話でした。
ラブストーリーにしてはかなり昔のよくある話。
韓流の波にも乗り切れない香港映画です。

トニー・レオン好きの人にはオススメの1本。
そうじゃなければみなくていいかも。



このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

トニー・レオンファンなら必見かも? ネタバレ

投稿日:2012/11/26 レビュアー:keroyon88

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

評価があまり高くないので期待せずにみたら、なかなかどうして!

香港映画のドタバタ加減に食傷気味だったので、
思いのほか落ち着いた演出で好感が持てたのと
目新しくないストーリー(誉めてます)で、さらっと見られます
どのエピソードも説明不足だし、つっこみどころ満載だったりもします

まじめで正義感もあるけれど、患者にそれほど親身でもなく
疲れて帰って、無気力にパラパラと雑誌をめくる
告白ひとつできず、愛する人の命も救うことができない
決してヒーローではないけれど、優しいトニー・レオンが魅力的でした

振られたあげく親友にミッシェルを取られたケニーも
2度目の奇跡を願うミッシェルも
再び恋人を失いかけているトニーも
誰も胸の内を爆発させずに、ひっそりと相手を想います

死にゆくヒロインを泣きながら抱きしめて「愛してる」と叫ぶとか
自暴自棄になって「オレはなんて不幸なんだ」と殴りあうとか
メロドラマ的な要素を抑えたことで
悲しみをぐっとこらえる、切なくも静かなラストが心に残ります

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

1〜 5件 / 全6件

ヒーリング・ハート

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:6件

何でトニー・レオン????

投稿日

2009/11/28

レビュアー

まりこ

個人的には、感情移入出来ないラブストーリーでした。
傍観者としても、共感する部分が無いラブストーリーでした。
私にしては珍しく、レンタル中に2回しか観ませんでした。
(いつもは3・4回、多ければ5・6回はカタキの様に観ます。)

何故?

彼の眼が、全くモノを言っていないのです。
眼の力で演技する俳優さんなのに、その眼が単調で焦点が合っていない。
彼女の容姿が整い過ぎて、サイボーグの様です。
笑っても泣いても表情に乏しくて、何かウソっぽい。リアリティに欠けます。
二人が並ぶと美男美女でとても美しいのですが、それ以上のものが何も感じられません。
ストーリーも焦点が散漫で、エピソードが全て中途半端。
彼と彼女の感情の変化に絞り込んで、もっと掘り下げる事は出来なかったのでしょうか。
その昔の安物のトレンディドラマを観ている様です。

彼の作品で、只の一カ所も心に響くシーンが無かったのは非常に珍しい事です。
大抵の作品では何度でもリプレイして観てしまう、脳にビビッと来る表情やシーンが複数あるのですが……。

この主人公をトニー・レオンが演る必然性があるのでしょうか?
????満載の一本でした。

2人のやりとりがかわいい☆

投稿日

2009/10/30

レビュアー

クローバー

劇場未公開作品です。
『レッドクリフ』で、トニー・レオンが気になったんですが、イマイチだったなぁ。。。
ミッシェル・リーは美人すぎて目が釘付けです。
鼻がちょっと怪しいけど。。。(笑)

ぶっきらぼうでマジメな外科医ローレンスの家に居候することになったジャッキー。
部屋も汚いし食事も簡単にすますローレンス、仕事にしか興味がなかったのに彼女が家に来てから生活が一変します。
部屋が汚いと、自分が使いやすいように掃除をして変えちゃったり、一緒に食べ物を買いに行けば、「買い物はこうするものよ。」とザザ〜ッと商品をあるだけカートに入れちゃうジャッキー。
ちょっと破天荒な行動も美人だから許せます。
彼女と出会って少しずつ変わっていくローレンスは、だんだん表情も豊かに。

正直、ストーリーはたいしたことないです;
2人のやりとりと、BGMに癒される映画でした。

この映画、医療系ラブロマンスらしいですが、病院でのシーンはなんともチープ。
2000年制作っていうのもあるかとは思いますが、手術着に白い長靴って、魚屋さんにしか見えません(笑)
手術シーンもかなりごまかされているし。。。
『救命病棟』とかのシーンってすごいんだなぁと改めて感じました。


トニー・レオン、定番のはまり役

投稿日

2008/05/11

レビュアー

踏人

トニー・レオン定番のはまり役。
まじめでぶっきらぼうな(でもジョーク好き)外科医と、
間逆で快活、ユニークなミシェル・リー演ずるジャッキーのラブストーリー。
ここにピンとくれば間違いなくハマるだろう。

ジャッキーの破天荒ぶりに振り回されながも、心ひかれていくぶっきらぼうなローレンスとのやりとりには、ところどころでにやけてしまう。
それだけにもの悲しいが、悲劇的な結末というわけでもないのが余韻が残る。

ありふれたモチーフで殊勝とは言い難いが、健気で純粋な心洗われるラブストーリーだ。

元の恋人や暴走車、弁護士(?)の周辺ももう少し描いてくれてもよかったかな(あるいはいらなかった)。

やや中途半端なメロドラマ。

投稿日

2008/02/26

レビュアー

豆大福

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

トニー・レオンが好きなので、借りてみました。
香港映画は「インファナル・アフェア」でかなり評価が上がったんですが、この映画はイマイチでした。

まず、イントロダクションがネタバレでは。。と思います。

お医者さんのトニー・レオンが患者のジャッキーと偶然にも出会い、恋に落ちてくさまを描きながらの。お話でした。
ラブストーリーにしてはかなり昔のよくある話。
韓流の波にも乗り切れない香港映画です。

トニー・レオン好きの人にはオススメの1本。
そうじゃなければみなくていいかも。



トニー・レオンファンなら必見かも?

投稿日

2012/11/26

レビュアー

keroyon88

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

評価があまり高くないので期待せずにみたら、なかなかどうして!

香港映画のドタバタ加減に食傷気味だったので、
思いのほか落ち着いた演出で好感が持てたのと
目新しくないストーリー(誉めてます)で、さらっと見られます
どのエピソードも説明不足だし、つっこみどころ満載だったりもします

まじめで正義感もあるけれど、患者にそれほど親身でもなく
疲れて帰って、無気力にパラパラと雑誌をめくる
告白ひとつできず、愛する人の命も救うことができない
決してヒーローではないけれど、優しいトニー・レオンが魅力的でした

振られたあげく親友にミッシェルを取られたケニーも
2度目の奇跡を願うミッシェルも
再び恋人を失いかけているトニーも
誰も胸の内を爆発させずに、ひっそりと相手を想います

死にゆくヒロインを泣きながら抱きしめて「愛してる」と叫ぶとか
自暴自棄になって「オレはなんて不幸なんだ」と殴りあうとか
メロドラマ的な要素を抑えたことで
悲しみをぐっとこらえる、切なくも静かなラストが心に残ります

1〜 5件 / 全6件