G.V.ポポフ ロシア軍特殊部隊戦闘格闘術

G.V.ポポフ ロシア軍特殊部隊戦闘格闘術の画像・ジャケット写真

G.V.ポポフ ロシア軍特殊部隊戦闘格闘術 / G.V.ポポフ

全体の平均評価点:(5点満点)

3

全体の平均評価点:

DVD

「G.V.ポポフ ロシア軍特殊部隊戦闘格闘術」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

解説・ストーリー

ロシア軍特殊部隊格闘術のリーダー・ポポフ氏が教えるコマンド格闘護身術。旧ソ連の空挺部隊や内務省特殊部隊で長年に渡り指導してきた彼が、あらゆる状況に応じて確実に相手の攻撃を制し、自らの身を守ることができる技術を伝授する。

「G.V.ポポフ ロシア軍特殊部隊戦闘格闘術」 の作品情報

作品情報

製作年: 2008年
製作国: 日本

「G.V.ポポフ ロシア軍特殊部隊戦闘格闘術」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

キャスト・スタッフ

出演: G.V.ポポフ

ユーザーレビュー:3件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 3件 / 全3件

実はコマンドサンボ ネタバレ

投稿日:2008/04/20 レビュアー:trygun

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

以前、クエストの「格闘大国ロシア、コマンドサンボ」というビデオをもっていましたが、作品中の劇(何かの映画のシーン?)が面白く不思議な世界が展開されました。

そしてこの作品ですが、劇中のドラマ?をポポスさん自身が演じており独自の世界が展開されます。基本動作を元にした動きには説得力ありますが、ポポスさんの暴れん坊ぶりにはびっくりです。路上で、食堂で、自宅で修羅場が展開されます。銃撃を回転受け身でよけるにあたっては「本気なの?」と思ってしまいました。

コマンドサンボをベースに古流の柔術、基本動作から体系だった技術をつくっているのは評価にあたいしますが、銃撃があったにも関わらず、警察に連絡しても、当番の警官が「明日にしてくれ」と言ったり、警察より軍隊が当てになるといったプロパガンダの要素もあるのかと思うとさすが社会主義と関心します。

格闘技ハウツーよりもポポスさんの無茶ぶりが楽しめる作品です。
リングスロシアファンは必見です。

このレビューは気に入りましたか? 3人の会員が気に入ったと投稿しています

入門編?

投稿日:2010/01/06 レビュアー:半角カナ

2008年レンタル開始ですが、映像はかなり古く、ソ連の改革開放政策からそう経っていない頃のような映像です。

そこで繰り広げられる軍隊式の格闘術や心構えを説明するビデオ。
主人公(インストラクター)とそこに絡む女性、チンピラ、麻薬ディーラー等との小芝居が1/3〜1/2ほど入ってます。
もう凄すぎて笑っちゃいますが、どうやら護身術として一般の人向けに作ったもののようですね。
技術的にはサンボやシステマとはほとんど関係ありません。

小芝居の中ではテイクダウンした敵の肩を合気道っぽく固めたりしていますが、関節技の説明はほとんどありません。
あとはステップワークと受け身くらい。
受け身の映像には力が入ってます。

護身術入門ビデオとしては今でも通用すると思いますが、格闘技ファンの求めるものは全くないので、借りてまで観る必要はないかと。

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

なんだこりゃ

投稿日:2008/09/24 レビュアー:ぽんすけ

 ロシアの特殊部隊戦闘術とありますが、コマンドサンボやシステマのようなものではなく、ありふれた護身術のビデオと小芝居といった感じです。

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

1〜 3件 / 全3件

G.V.ポポフ ロシア軍特殊部隊戦闘格闘術

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:3件

実はコマンドサンボ

投稿日

2008/04/20

レビュアー

trygun

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

以前、クエストの「格闘大国ロシア、コマンドサンボ」というビデオをもっていましたが、作品中の劇(何かの映画のシーン?)が面白く不思議な世界が展開されました。

そしてこの作品ですが、劇中のドラマ?をポポスさん自身が演じており独自の世界が展開されます。基本動作を元にした動きには説得力ありますが、ポポスさんの暴れん坊ぶりにはびっくりです。路上で、食堂で、自宅で修羅場が展開されます。銃撃を回転受け身でよけるにあたっては「本気なの?」と思ってしまいました。

コマンドサンボをベースに古流の柔術、基本動作から体系だった技術をつくっているのは評価にあたいしますが、銃撃があったにも関わらず、警察に連絡しても、当番の警官が「明日にしてくれ」と言ったり、警察より軍隊が当てになるといったプロパガンダの要素もあるのかと思うとさすが社会主義と関心します。

格闘技ハウツーよりもポポスさんの無茶ぶりが楽しめる作品です。
リングスロシアファンは必見です。

入門編?

投稿日

2010/01/06

レビュアー

半角カナ

2008年レンタル開始ですが、映像はかなり古く、ソ連の改革開放政策からそう経っていない頃のような映像です。

そこで繰り広げられる軍隊式の格闘術や心構えを説明するビデオ。
主人公(インストラクター)とそこに絡む女性、チンピラ、麻薬ディーラー等との小芝居が1/3〜1/2ほど入ってます。
もう凄すぎて笑っちゃいますが、どうやら護身術として一般の人向けに作ったもののようですね。
技術的にはサンボやシステマとはほとんど関係ありません。

小芝居の中ではテイクダウンした敵の肩を合気道っぽく固めたりしていますが、関節技の説明はほとんどありません。
あとはステップワークと受け身くらい。
受け身の映像には力が入ってます。

護身術入門ビデオとしては今でも通用すると思いますが、格闘技ファンの求めるものは全くないので、借りてまで観る必要はないかと。

なんだこりゃ

投稿日

2008/09/24

レビュアー

ぽんすけ

 ロシアの特殊部隊戦闘術とありますが、コマンドサンボやシステマのようなものではなく、ありふれた護身術のビデオと小芝居といった感じです。

1〜 3件 / 全3件