フロストバイトの画像・ジャケット写真

フロストバイト / ペートラ・ニールセン

全体の平均評価点:(5点満点)

10

全体の平均評価点:

予告編を検索

DVD

旧作

ジャンル :

「フロストバイト」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

旧作

解説・ストーリー

 北欧のスウェーデンで製作された異色のヴァンパイア・ホラー。昼間でも薄暗い極夜の季節に、小さな田舎町でヴァンパイアが大増殖していくさまを軽妙なテンポで綴る。日本人にも「ロッタちゃん」シリーズでお馴染みのグレーテ・ハヴネショルドが女子高校生役で登場。女医のアニカと17歳の娘サガが越してきたラップランド地方の小さな田舎町。ある時、町の病院から謎の赤い錠剤が流出、これを境に静かな町は異様な事態に陥り、その恐怖はアニカとサガにも容赦なく迫ってくるのだった。

「フロストバイト」 の作品情報

作品情報

製作年:

2006年

製作国:

スウェーデン

原題:

FROSTBITEN

「フロストバイト」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

ニュースメーカーズ

ロッタちゃん はじめてのおつかい

ロッタちゃんと赤いじてんしゃ

シークレット・ウォー ナチス極秘計画

ユーザーレビュー:10件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全10件

白夜は続く、空回り ネタバレ

投稿日:2007/12/25 レビュアー:masamune

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

「スウェーデン初のヴァンパイアホラー」との謳い文句だが、舞台のラップランドと言えば、日中でも太陽が沈んだ状態が1ヶ月間も続く、極夜の地。
情報誌に拠れば「世界中の映画祭が震撼」と有るが、例えばファンタスポルト映画祭最優秀映画賞など、素人の私に初耳のプライズに、どれ程の信憑性と首を傾げるが、その予感は別な意味で的中した。

映像的に「ハッ!」とする場面が無いでもないが、映画としての質は低い。むしろ本作は「ホラー」でなく「コメディ」と見るなら、評価できる。其れ位に演出も脚本もクダクダなまま、終わってしまう。
物語は意味有り気な伏線も結構有るが、殆どが放置プレイで、これがHollywoodなら責任問題に発展しかねない位に、脚本の辻褄が合わない、いや合わなさ過ぎ(笑)。
展開もヴァンパイアで始まった筈なのに、何時の間にかゾンビに変わる節操の無さ・・・ラストは、苦笑しかない。

初めから「おバカ映画」の心積もりなら、その筋のファンが受け入れる要素は有る。大真面目に作ってるので、シュールさも尋常で無い。
ノーベル賞を揶揄する辺りに、スウェーデンを垣間見る事が出来るなど、変な所で感心。見所は、ヒロインのサガを演じるGrete Havneskold?。日本では「ロッタちゃんと赤い自転車」で有名らしい(私は知らない)。とは言え美人かと言えば?かも。

最もスウェーデン語故に、翻訳を咀嚼したかと言えば微妙。それでも何が言いたいのか分からない、ダメ映画に変わり無い。
1980年代に盛んに作られたコメディ・ホラーを、こんな形で見れた事は貴重な体験。でも、それだけ(苦笑)。

このレビューは気に入りましたか? 13人の会員が気に入ったと投稿しています

バイトーッ、イッパアァーッツ!! ネタバレ

投稿日:2010/06/27 レビュアー:奇怪伯爵

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

ヴァンパイアメイクが良さそうだったので観賞ですわ。

冒頭の戦時中シーンでハード感を感じたの。
少しジョン・カーペンターの「ヴァンパイア 最期の聖戦」に似ていたから。

それが現代に移行した途端、ガラッと様変わり。
しかもヴァンパイアの本格的出現までに50分ほど待たされる始末。
人がヴァンパイア化すると、犬の言葉が理解できる設定にもビックリ。犬が「この間抜けめ!!」なんて話して、何コレ状態。

そして舞台はパーチーへ。カタコンベよりはマシかしら。
アメリカと違って、男女も少しは健全みたい。
とりあえず、チュッチュシーンがないのが好感。
そこでヴァンパイアが大暴れならぬ小暴れ。
ここは見せ場のはずなのにね。

肝心のクライマックスは、親父が変身。
何故か全裸で、その上に白衣を着用。
変身後、再び全裸へ。
全裸ヴァンパイアって、とってもシュール。

ヒロインの娘は、いかにも北欧的顔立ちの可愛い子。
とっても気が強いらしく、あまり悲鳴もあげなかったわ。
ヴァンパイア化した友人に、渾身の左ストレート。
ベッキー・クルーエルといい、北欧は脅威よ。

多分、本作はシリアスでなく、コメディを取り入れたかったのね。
それが曖昧なレベルなので、方向性が失われてしまったような気がする。
正直、アメリカン・ジョークにも匹敵しないわ。
北欧だけに、笑いまでお寒い!

えっ、寒いのは私!?

このレビューは気に入りましたか? 4人の会員が気に入ったと投稿しています

イマイチですね

投稿日:2008/06/08 レビュアー:みなみ

スウェーデン映画、ほとんど見たことがないので、偉そうなことは言えませんが、技術が随分遅れてる感じがしました。
いかにも「釣ってます」というアクション。何十年前の映画かと思ったら、2006年なんですね。
1つ1つのエピソードは面白いのですが、どれも中途半端で、いきなり終わってしまう…ちょっと雑なつくりでしたね。

このレビューは気に入りましたか? 4人の会員が気に入ったと投稿しています

チィ〜マァ〜ツゥ〜リゥイ〜!!の第何弾だろう? ネタバレ

投稿日:2008/10/14 レビュアー:アルディ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

モットも見て「損した」と思った事はトレーラーでは美少女に見えた不良少女のベガが「オバサン」だった事。
取敢えず「血祭りシリーズ」は全部見ようと思ったが、これは完全にハズレ。
お国柄なかも知れないが色々な意味で粗い。
もう少し考えてから映像化しても良いのではないか?。
まあ、ティーン向けのオバカホラーなど「どこの国が製作」しても同じと言う向きも有るのかも知れないが…。
エンドは日本の有名なホラーを意識したモノ。
彼の地でも日本ホラーの知名度と影響力が有った事が分かっただけでも儲けモノなのかも知れない。
内容が内容なので「特典」は見ない人が多いと思うが、折角このZ級作品を借りたのなら、これは絶対に見る事をお薦めする。
SFXの地域差が国によってどれ位有るかが理解出来て楽しい。
爆笑のツボはココに隠れています。

このレビューは気に入りましたか? 2人の会員が気に入ったと投稿しています

夏にはいいんじゃないですか

投稿日:2008/07/23 レビュアー:mahiro_papa

スウェーデン製ホラーというのが物珍しくて借りてみました。
中途半端なパロディっぽさが、若干鼻につきますが、第二次世界大戦から始まるところなど、なかなか雰囲気が出ててよいですね。
デキそのものは良くできたB級。特撮も特に感心するほどではないですが、まあまあ。逆に構成はなかなかしっかりしていて、何人かの人物からの視点でパラレルに進みますが、分かりにくいということもなく最後まで楽しめます。
全体的には及第点。期待して観ちゃうと、「ん?」という感じでしょうが、先入観なしで観ればOKでしょう。
それより、この季節、涼しくなれることうけあい。
「怖いから?」いえいえ、全編雪のシーンだからです。観てるだけで涼しいー!

このレビューは気に入りましたか? 2人の会員が気に入ったと投稿しています

1〜 5件 / 全10件

フロストバイト

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:10件

白夜は続く、空回り

投稿日

2007/12/25

レビュアー

masamune

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

「スウェーデン初のヴァンパイアホラー」との謳い文句だが、舞台のラップランドと言えば、日中でも太陽が沈んだ状態が1ヶ月間も続く、極夜の地。
情報誌に拠れば「世界中の映画祭が震撼」と有るが、例えばファンタスポルト映画祭最優秀映画賞など、素人の私に初耳のプライズに、どれ程の信憑性と首を傾げるが、その予感は別な意味で的中した。

映像的に「ハッ!」とする場面が無いでもないが、映画としての質は低い。むしろ本作は「ホラー」でなく「コメディ」と見るなら、評価できる。其れ位に演出も脚本もクダクダなまま、終わってしまう。
物語は意味有り気な伏線も結構有るが、殆どが放置プレイで、これがHollywoodなら責任問題に発展しかねない位に、脚本の辻褄が合わない、いや合わなさ過ぎ(笑)。
展開もヴァンパイアで始まった筈なのに、何時の間にかゾンビに変わる節操の無さ・・・ラストは、苦笑しかない。

初めから「おバカ映画」の心積もりなら、その筋のファンが受け入れる要素は有る。大真面目に作ってるので、シュールさも尋常で無い。
ノーベル賞を揶揄する辺りに、スウェーデンを垣間見る事が出来るなど、変な所で感心。見所は、ヒロインのサガを演じるGrete Havneskold?。日本では「ロッタちゃんと赤い自転車」で有名らしい(私は知らない)。とは言え美人かと言えば?かも。

最もスウェーデン語故に、翻訳を咀嚼したかと言えば微妙。それでも何が言いたいのか分からない、ダメ映画に変わり無い。
1980年代に盛んに作られたコメディ・ホラーを、こんな形で見れた事は貴重な体験。でも、それだけ(苦笑)。

バイトーッ、イッパアァーッツ!!

投稿日

2010/06/27

レビュアー

奇怪伯爵

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

ヴァンパイアメイクが良さそうだったので観賞ですわ。

冒頭の戦時中シーンでハード感を感じたの。
少しジョン・カーペンターの「ヴァンパイア 最期の聖戦」に似ていたから。

それが現代に移行した途端、ガラッと様変わり。
しかもヴァンパイアの本格的出現までに50分ほど待たされる始末。
人がヴァンパイア化すると、犬の言葉が理解できる設定にもビックリ。犬が「この間抜けめ!!」なんて話して、何コレ状態。

そして舞台はパーチーへ。カタコンベよりはマシかしら。
アメリカと違って、男女も少しは健全みたい。
とりあえず、チュッチュシーンがないのが好感。
そこでヴァンパイアが大暴れならぬ小暴れ。
ここは見せ場のはずなのにね。

肝心のクライマックスは、親父が変身。
何故か全裸で、その上に白衣を着用。
変身後、再び全裸へ。
全裸ヴァンパイアって、とってもシュール。

ヒロインの娘は、いかにも北欧的顔立ちの可愛い子。
とっても気が強いらしく、あまり悲鳴もあげなかったわ。
ヴァンパイア化した友人に、渾身の左ストレート。
ベッキー・クルーエルといい、北欧は脅威よ。

多分、本作はシリアスでなく、コメディを取り入れたかったのね。
それが曖昧なレベルなので、方向性が失われてしまったような気がする。
正直、アメリカン・ジョークにも匹敵しないわ。
北欧だけに、笑いまでお寒い!

えっ、寒いのは私!?

イマイチですね

投稿日

2008/06/08

レビュアー

みなみ

スウェーデン映画、ほとんど見たことがないので、偉そうなことは言えませんが、技術が随分遅れてる感じがしました。
いかにも「釣ってます」というアクション。何十年前の映画かと思ったら、2006年なんですね。
1つ1つのエピソードは面白いのですが、どれも中途半端で、いきなり終わってしまう…ちょっと雑なつくりでしたね。

チィ〜マァ〜ツゥ〜リゥイ〜!!の第何弾だろう?

投稿日

2008/10/14

レビュアー

アルディ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

モットも見て「損した」と思った事はトレーラーでは美少女に見えた不良少女のベガが「オバサン」だった事。
取敢えず「血祭りシリーズ」は全部見ようと思ったが、これは完全にハズレ。
お国柄なかも知れないが色々な意味で粗い。
もう少し考えてから映像化しても良いのではないか?。
まあ、ティーン向けのオバカホラーなど「どこの国が製作」しても同じと言う向きも有るのかも知れないが…。
エンドは日本の有名なホラーを意識したモノ。
彼の地でも日本ホラーの知名度と影響力が有った事が分かっただけでも儲けモノなのかも知れない。
内容が内容なので「特典」は見ない人が多いと思うが、折角このZ級作品を借りたのなら、これは絶対に見る事をお薦めする。
SFXの地域差が国によってどれ位有るかが理解出来て楽しい。
爆笑のツボはココに隠れています。

夏にはいいんじゃないですか

投稿日

2008/07/23

レビュアー

mahiro_papa

スウェーデン製ホラーというのが物珍しくて借りてみました。
中途半端なパロディっぽさが、若干鼻につきますが、第二次世界大戦から始まるところなど、なかなか雰囲気が出ててよいですね。
デキそのものは良くできたB級。特撮も特に感心するほどではないですが、まあまあ。逆に構成はなかなかしっかりしていて、何人かの人物からの視点でパラレルに進みますが、分かりにくいということもなく最後まで楽しめます。
全体的には及第点。期待して観ちゃうと、「ん?」という感じでしょうが、先入観なしで観ればOKでしょう。
それより、この季節、涼しくなれることうけあい。
「怖いから?」いえいえ、全編雪のシーンだからです。観てるだけで涼しいー!

1〜 5件 / 全10件