素粒子の画像・ジャケット写真

素粒子 / モーリッツ・ブライプトロイ

全体の平均評価点: (5点満点)

32

素粒子 /オスカー・レーラー

全体の平均評価点: 

予告編を検索

DVD

映画賞受賞作品

旧作

お届け率:100%

ジャンル :

新規ご登録はこちら

新規登録で
「定額レンタル4」月額1,026円(税込)を

14日間無料お試し!
  • ※本キャンペーンの無料お試しの対象者は、次の@Aのいずれかに該当する方に限ります。
  • @「TSUTAYA DISCAS」の定額プラン(定額プランの種類は問いません。以下同じ)の利用開始時に「無料お試し」を利用したことがない方
  • A2022年10月2日以前に「TSUTAYA DISCAS」の定額プランの利用を終了された方であって、2022年10月3日以降、「TSUTAYA DISCAS」の定額プランを利用していない方
  • 無料お試し期間中(14日間)、新作はレンタル対象外です。
  • 無料お試し期間終了後、登録プラン料金で自動更新となります。

「素粒子」 の解説・あらすじ・ストーリー

解説・ストーリー

 ヨーロッパ中でセンセーションを巻き起こしたミシェル・ウエルベックの同名ベストセラーを映画化した問題作。親の愛を知らずに育ち、正反対な人生を歩んできた異父兄弟が辿る皮肉な運命を、過激な性描写を盛り込み痛烈に描き出す。20世紀末のドイツ。異父兄弟のブルーノとミヒャエルは、性に奔放な母に養育を放棄され、正反対の人間に成長していく。国語教師となった兄ブルーノは、妻子がありながら性的衝動を抑えられず女性を求めて彷徨い続ける。一方、弟ミヒャエルは女性に関心を持てぬまま学究に没頭する。やがてそんな2人に転機が訪れ、それぞれに本当の愛に巡りあうのだが…。

「素粒子」 の作品情報

作品情報

製作年:

2006年

製作国:

ドイツ

原題:

ELEMENTARTEILCHEN/ATOMISED

受賞記録:

2006年 ベルリン国際映画祭 銀熊賞(男優賞)

「素粒子」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

新規登録で
「定額レンタル4」月額1,026円(税込)を

14日間無料お試し!
  • ※本キャンペーンの無料お試しの対象者は、次の@Aのいずれかに該当する方に限ります。
  • @「TSUTAYA DISCAS」の定額プラン(定額プランの種類は問いません。以下同じ)の利用開始時に「無料お試し」を利用したことがない方
  • A2022年10月2日以前に「TSUTAYA DISCAS」の定額プランの利用を終了された方であって、2022年10月3日以降、「TSUTAYA DISCAS」の定額プランを利用していない方
  • 無料お試し期間中(14日間)、新作はレンタル対象外です。
  • 無料お試し期間終了後、登録プラン料金で自動更新となります。

TSUTAYAだから可能な圧倒的作品数!!

TSUTAYAだから可能な圧倒的作品数!!

洋画・邦画

35,500
タイトル以上

国内ドラマも一部含まれております

国内・海外ドラマ

5,400
タイトル以上

アニメ

9,200
タイトル以上

R-18

223,000
タイトル以上

CD

250,000
タイトル以上

※2022年2月 現在のタイトル数

新規登録で
「定額レンタル4」月額1,026円(税込)を

14日間無料お試し!
  • ※本キャンペーンの無料お試しの対象者は、次の@Aのいずれかに該当する方に限ります。
  • @「TSUTAYA DISCAS」の定額プラン(定額プランの種類は問いません。以下同じ)の利用開始時に「無料お試し」を利用したことがない方
  • A2022年10月2日以前に「TSUTAYA DISCAS」の定額プランの利用を終了された方であって、2022年10月3日以降、「TSUTAYA DISCAS」の定額プランを利用していない方
  • 無料お試し期間中(14日間)、新作はレンタル対象外です。
  • 無料お試し期間終了後、登録プラン料金で自動更新となります。

関連作品

関連作品

恋するリストランテ

マーサの幸せレシピ

2人の勇者と奇蹟のダイヤモンド

ボーン・スプレマシー

エリザベート〜愛と哀しみの皇妃

ユーザーレビュー:32件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全32件

不安定粒子、素粒子の共鳴状態。

投稿日:2007/12/03 レビュアー:JUCE

このレビューは気に入りましたか? 20人の会員が気に入ったと投稿しています

重層な愛の形 ネタバレ

投稿日:2007/11/12 レビュアー:masamune

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

原作は同名小説(筑摩書房)Michel Houellebecq著の最高傑作!フランスの文壇を揺るがした、大ベストセラー&問題小説を、なぜか(笑)ドイツが映画化。しかしドイツ映画界最高のスタッフが集結した本作は、映画好きなら一見の価値は有ると早々に太鼓判を押したい。
原作はIntelligence溢れる作風とMagnificenceなテーマが素晴らしいが、映画は単に中身を凝縮せずに丁寧に作品のエッセンスを抽出した、と言える。

フランス文学故に示唆に富んだエスプリが光るが、ヨーロッパ圏でも異質な感性(テーマがセックスなら尚更)を持つドイツが映画化して大丈夫?と偏見混じりで観賞したが、確かにドイツらしいテイストは感じるものの、総じて作品は好感触な出来で安心した。
例えば原作をHollywoodが映画化すれば「モテない奴はダメ人間」と単一的発想で描くだろうが其処はドイツ(笑)、しっかり考えさせてくれるが、難解な作劇では無い。
私も30うん年の人生でモテた憶えは無いが、異性にモテないと負け組?などと強迫観念を迫る今の資本主義への警鐘を、本作は静かに諭す。確かに人間にとってセックスは無くてはならないが、それがプレッシャーに為る事で猜疑心が生まれ、引いてはコミュニケーション障害を引き起こすのは、如何なものかと問い掛ける。

原題が示す通り「素粒子=個人主義」と言えるが、それを突き詰めて無性生殖へ物語が展開するのは流石はドイツだ。「彼女が居ないのは負け組み」ではなく、「生物として遺伝子を残せない者は敗者」と言う視点は興味深い。
確かに無性生殖が発展すれば、家族なんてフォーマットは存在価値が無い訳で、人間社会の崩壊へ繋がるテーマへとリンクする。物語は個人主義を世代の対比と重ね合わせ、原作のテーマを上手く語ってる。

「ボーン・スプレマシー」のFranka Potente、「善き人のためのソナタ」のMartina Gedeck、es[エス]のMoritz Bleibtreuらの好演も見所で、迷走し易いテーマを上手に演じてる。若干ストーリーのバランスが悪く、作劇がMoritz Bleibtreuに偏るが大きな瑕疵とは言えない。彼は本作の演技で、ベルリン国際映画祭の銀熊賞(男優賞)を受賞した。

ドイツ映画らしく終幕しても、テーマに対する回答は与えず、アンサーを観客に委ねるのは私は悪いとは思わない。現実感の有る社会性と、それに反する個人主義の理想との静かな対立をセックスと言う観点から描く秀逸な人間ドラマ。
Hollywood製では決して味わえない奥深さと思慮深さを、是非堪能して頂きたい。

このレビューは気に入りましたか? 17人の会員が気に入ったと投稿しています

素晴らしい作品、良作。 ネタバレ

投稿日:2009/04/03 レビュアー:MonPetit

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

非常にいい映画でした。重厚な作品でありながらラスト5分をああいう風に締めくくる
のは私は大好きです。映画の大事なポイントのひとつに後味というのがありますが
重厚な作品をよりインパクトよく心に残すためにはこれがベストだと思う。重厚なまま
で終わってしまうと意外と人間は心の奥に押し込めてしまうものです。

異父兄弟で親対してのトラウマがあり、双方が「欲」というものに異常な執着している
んだけど、最終的には二人ともバランスをとることができたという話。兄の欲は性欲
でセックス描写も多数でてきますが、これに変に囚われるとこの作品の良さを見逃し
てしまいます。愛⇒セックスという自然な形を壊してしまわないとブルーノは表現でき
ないのは紛れもない事実。異常という観点でみるのならむしろ弟。完全にどこかが欠
落していました。一見、兄弟は間逆のように見えますが、私には酷似しているように
思えてなりません。表面だけがちょっと違う。向きが違うだけ。

冒頭から重厚なつくりになっていて、それでいて核心にはなかなか迫らない。思わず
息を止めたくなるような展開が続く。男性と女性の本質的な違いも理解していて完全
に男性向けにつくられたとさえ思えてしまう。私の勝手な想像ではあるが、この作品
女性には理解しずらいのではないだろうか。しかし、これこそこの作品が狙い通りに
作られた証明でもあるような気がする。では、女性が見ると本当に面白くない映画な
のかというと実はこれまた180度違う。素粒子レベルにある欲というものを素直に見
れればかなりの面白さに気づくはずです。

間違いなくハリウッドには絶対作れない作品。必見。

このレビューは気に入りましたか? 10人の会員が気に入ったと投稿しています

圧倒的な個 ネタバレ

投稿日:2007/12/26 レビュアー:ポッシュ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

 「真実は素粒子と同じでそれ以上小さくはできない」というモノローグが出てくる。目には見えないけれど確実に存在し世界を構成しているもの。この作品は、2人の異父兄弟がそれぞれの「真実」を見つけ出す物語だと思った。

 2人とも母の愛を受けずに育ち、そのことが人格形成に影響を及ぼしているという設定。兄のブルーノは情緒不安定でプライドが高く、他人(特に女性)とのコミュニケーションの取り方に問題あり。ちょっと「イイな」と思った女性には即「結婚して!」となるall or nothingの分裂思考、性的逸脱傾向など、なんとなくボーダーライン(境界性人格障害)の臭いがする。感情の起伏が激しく情動が過剰な兄に対して弟ミヒャエルは真逆の人格を有する。ペットのインコが死ぬとゴミ箱にポイッと捨ててしまうような、人間らしい情緒が欠けた人物なのだ。

 この対照的な2人が前半はセックスレスの状態にある。兄はセックスしたくてたまらないのに出来ない、弟はセックスを望まないからしない、というこれまた真逆の状況で。この時の2人はお互いにセックスを動物的な衝動や肉体的な欲求のはけ口程度にしか捉えていないきらいがある。そこに介在するべき「愛」の存在に気づいていないか、忘れてしまっているのか。ところが、後半は2人ともセックスのある生活になり、そこには、ほんのりと感じられる程度ではあるが「愛」がある。目には見えないが、確実に存在し2人の新しい世界を構成するもの、それを見つけました、というお話。

 2人の母親は美しく自由で奔放な女性で非常に存在感はあるのだが、2人との関係性という点では希薄な印象を受ける。養育放棄をして物理的に近くにいなかったというのもあるが、いわゆる「グレートマザー」のイメージ、生み出す、飲みこむ、覆い尽くす、過剰な力で破壊するといったものがない。愛が欠落している親子関係とはかように淡白なのだ。映像の方も、回想だからということもあるだろうが、母親のエピソードはどこかファンタジーの世界のような現実味のない鮮やかな色彩で描かれている。トラウマの源泉がそうだから、ブルーノの苦悩も人間関係が複雑に絡み合ったドロドロした怨念ではなく、ひたすら一人相撲の孤独な懊悩だ。ミヒャエルに至っては苦悩する心そのものが無い、という感じ。なるほど、この圧倒的な「個」の感覚、他者との関係性・結びつきが完全に疎外されていることが「素粒子」というタイトルに例えられている訳か。

 それにしても全編を通して共感を呼ぶようなエピソードがあまりなく、ちょっととっつきにくい作品という印象を持った。原作も未読なのでどの辺が「ウリ」かも分からないし。あんまり手応えが感じられなかった、というが正直な感想です。

このレビューは気に入りましたか? 8人の会員が気に入ったと投稿しています

ちょっとかわった映画がお好きな方向け。 ネタバレ

投稿日:2007/11/29 レビュアー:パープルローズ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

成長するまでお互いの存在すら知らずにいた、異父兄弟のミヒャエルとブルーノ。
性に晩生なミヒャエルは、セックスによらない生殖を研究する科学者に。ブルーノは性に対する妄想を抑えることができない駄目な教師に。全く正反対のふたりが選んだ愛の形は・・・。

テーマはずばりセックスなので、過激な描写もあり、家族で見るには不向きです。
だけど中身はなかなか真面目でおもしろいです。ちょっと変わった映画が好きな方にはおすすめです。

[es]のモーリッツ・ブライプトロイがお腹のたるんだ駄目教師ブルーノを演じています。
自分の子供とも上手く関係が築けず、妻に愛想をつかされてしまったブルーノが、やっとみつけた愛の結末があまりにも悲しくて、じ〜んと来てしまいました。

このレビューは気に入りましたか? 8人の会員が気に入ったと投稿しています

1〜 5件 / 全32件

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:32件

不安定粒子、素粒子の共鳴状態。

投稿日

2007/12/03

レビュアー

JUCE

重層な愛の形

投稿日

2007/11/12

レビュアー

masamune

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

原作は同名小説(筑摩書房)Michel Houellebecq著の最高傑作!フランスの文壇を揺るがした、大ベストセラー&問題小説を、なぜか(笑)ドイツが映画化。しかしドイツ映画界最高のスタッフが集結した本作は、映画好きなら一見の価値は有ると早々に太鼓判を押したい。
原作はIntelligence溢れる作風とMagnificenceなテーマが素晴らしいが、映画は単に中身を凝縮せずに丁寧に作品のエッセンスを抽出した、と言える。

フランス文学故に示唆に富んだエスプリが光るが、ヨーロッパ圏でも異質な感性(テーマがセックスなら尚更)を持つドイツが映画化して大丈夫?と偏見混じりで観賞したが、確かにドイツらしいテイストは感じるものの、総じて作品は好感触な出来で安心した。
例えば原作をHollywoodが映画化すれば「モテない奴はダメ人間」と単一的発想で描くだろうが其処はドイツ(笑)、しっかり考えさせてくれるが、難解な作劇では無い。
私も30うん年の人生でモテた憶えは無いが、異性にモテないと負け組?などと強迫観念を迫る今の資本主義への警鐘を、本作は静かに諭す。確かに人間にとってセックスは無くてはならないが、それがプレッシャーに為る事で猜疑心が生まれ、引いてはコミュニケーション障害を引き起こすのは、如何なものかと問い掛ける。

原題が示す通り「素粒子=個人主義」と言えるが、それを突き詰めて無性生殖へ物語が展開するのは流石はドイツだ。「彼女が居ないのは負け組み」ではなく、「生物として遺伝子を残せない者は敗者」と言う視点は興味深い。
確かに無性生殖が発展すれば、家族なんてフォーマットは存在価値が無い訳で、人間社会の崩壊へ繋がるテーマへとリンクする。物語は個人主義を世代の対比と重ね合わせ、原作のテーマを上手く語ってる。

「ボーン・スプレマシー」のFranka Potente、「善き人のためのソナタ」のMartina Gedeck、es[エス]のMoritz Bleibtreuらの好演も見所で、迷走し易いテーマを上手に演じてる。若干ストーリーのバランスが悪く、作劇がMoritz Bleibtreuに偏るが大きな瑕疵とは言えない。彼は本作の演技で、ベルリン国際映画祭の銀熊賞(男優賞)を受賞した。

ドイツ映画らしく終幕しても、テーマに対する回答は与えず、アンサーを観客に委ねるのは私は悪いとは思わない。現実感の有る社会性と、それに反する個人主義の理想との静かな対立をセックスと言う観点から描く秀逸な人間ドラマ。
Hollywood製では決して味わえない奥深さと思慮深さを、是非堪能して頂きたい。

素晴らしい作品、良作。

投稿日

2009/04/03

レビュアー

MonPetit

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

非常にいい映画でした。重厚な作品でありながらラスト5分をああいう風に締めくくる
のは私は大好きです。映画の大事なポイントのひとつに後味というのがありますが
重厚な作品をよりインパクトよく心に残すためにはこれがベストだと思う。重厚なまま
で終わってしまうと意外と人間は心の奥に押し込めてしまうものです。

異父兄弟で親対してのトラウマがあり、双方が「欲」というものに異常な執着している
んだけど、最終的には二人ともバランスをとることができたという話。兄の欲は性欲
でセックス描写も多数でてきますが、これに変に囚われるとこの作品の良さを見逃し
てしまいます。愛⇒セックスという自然な形を壊してしまわないとブルーノは表現でき
ないのは紛れもない事実。異常という観点でみるのならむしろ弟。完全にどこかが欠
落していました。一見、兄弟は間逆のように見えますが、私には酷似しているように
思えてなりません。表面だけがちょっと違う。向きが違うだけ。

冒頭から重厚なつくりになっていて、それでいて核心にはなかなか迫らない。思わず
息を止めたくなるような展開が続く。男性と女性の本質的な違いも理解していて完全
に男性向けにつくられたとさえ思えてしまう。私の勝手な想像ではあるが、この作品
女性には理解しずらいのではないだろうか。しかし、これこそこの作品が狙い通りに
作られた証明でもあるような気がする。では、女性が見ると本当に面白くない映画な
のかというと実はこれまた180度違う。素粒子レベルにある欲というものを素直に見
れればかなりの面白さに気づくはずです。

間違いなくハリウッドには絶対作れない作品。必見。

圧倒的な個

投稿日

2007/12/26

レビュアー

ポッシュ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

 「真実は素粒子と同じでそれ以上小さくはできない」というモノローグが出てくる。目には見えないけれど確実に存在し世界を構成しているもの。この作品は、2人の異父兄弟がそれぞれの「真実」を見つけ出す物語だと思った。

 2人とも母の愛を受けずに育ち、そのことが人格形成に影響を及ぼしているという設定。兄のブルーノは情緒不安定でプライドが高く、他人(特に女性)とのコミュニケーションの取り方に問題あり。ちょっと「イイな」と思った女性には即「結婚して!」となるall or nothingの分裂思考、性的逸脱傾向など、なんとなくボーダーライン(境界性人格障害)の臭いがする。感情の起伏が激しく情動が過剰な兄に対して弟ミヒャエルは真逆の人格を有する。ペットのインコが死ぬとゴミ箱にポイッと捨ててしまうような、人間らしい情緒が欠けた人物なのだ。

 この対照的な2人が前半はセックスレスの状態にある。兄はセックスしたくてたまらないのに出来ない、弟はセックスを望まないからしない、というこれまた真逆の状況で。この時の2人はお互いにセックスを動物的な衝動や肉体的な欲求のはけ口程度にしか捉えていないきらいがある。そこに介在するべき「愛」の存在に気づいていないか、忘れてしまっているのか。ところが、後半は2人ともセックスのある生活になり、そこには、ほんのりと感じられる程度ではあるが「愛」がある。目には見えないが、確実に存在し2人の新しい世界を構成するもの、それを見つけました、というお話。

 2人の母親は美しく自由で奔放な女性で非常に存在感はあるのだが、2人との関係性という点では希薄な印象を受ける。養育放棄をして物理的に近くにいなかったというのもあるが、いわゆる「グレートマザー」のイメージ、生み出す、飲みこむ、覆い尽くす、過剰な力で破壊するといったものがない。愛が欠落している親子関係とはかように淡白なのだ。映像の方も、回想だからということもあるだろうが、母親のエピソードはどこかファンタジーの世界のような現実味のない鮮やかな色彩で描かれている。トラウマの源泉がそうだから、ブルーノの苦悩も人間関係が複雑に絡み合ったドロドロした怨念ではなく、ひたすら一人相撲の孤独な懊悩だ。ミヒャエルに至っては苦悩する心そのものが無い、という感じ。なるほど、この圧倒的な「個」の感覚、他者との関係性・結びつきが完全に疎外されていることが「素粒子」というタイトルに例えられている訳か。

 それにしても全編を通して共感を呼ぶようなエピソードがあまりなく、ちょっととっつきにくい作品という印象を持った。原作も未読なのでどの辺が「ウリ」かも分からないし。あんまり手応えが感じられなかった、というが正直な感想です。

ちょっとかわった映画がお好きな方向け。

投稿日

2007/11/29

レビュアー

パープルローズ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

成長するまでお互いの存在すら知らずにいた、異父兄弟のミヒャエルとブルーノ。
性に晩生なミヒャエルは、セックスによらない生殖を研究する科学者に。ブルーノは性に対する妄想を抑えることができない駄目な教師に。全く正反対のふたりが選んだ愛の形は・・・。

テーマはずばりセックスなので、過激な描写もあり、家族で見るには不向きです。
だけど中身はなかなか真面目でおもしろいです。ちょっと変わった映画が好きな方にはおすすめです。

[es]のモーリッツ・ブライプトロイがお腹のたるんだ駄目教師ブルーノを演じています。
自分の子供とも上手く関係が築けず、妻に愛想をつかされてしまったブルーノが、やっとみつけた愛の結末があまりにも悲しくて、じ〜んと来てしまいました。

1〜 5件 / 全32件

新規登録で
「定額レンタル4」月額1,026円(税込)を

14日間無料お試し!
  • ※本キャンペーンの無料お試しの対象者は、次の@Aのいずれかに該当する方に限ります。
  • @「TSUTAYA DISCAS」の定額プラン(定額プランの種類は問いません。以下同じ)の利用開始時に「無料お試し」を利用したことがない方
  • A2022年10月2日以前に「TSUTAYA DISCAS」の定額プランの利用を終了された方であって、2022年10月3日以降、「TSUTAYA DISCAS」の定額プランを利用していない方
  • 無料お試し期間中(14日間)、新作はレンタル対象外です。
  • 無料お試し期間終了後、登録プラン料金で自動更新となります。

ご利用の流れ

ご利用の流れ

@ 会員登録

申し込みフォームへ記入

申し込みフォームへ記入したら登録完了!

A 作品をレンタル

作品をレンタル

借りたい作品をリストアップするだけ!
発送可能な商品を自宅にお届けします。

B ポストに返却

ポストに返却

商品をポストに投函すればOK!

よくあるご質問

よくあるご質問

もちろん無料お試し期間中に退会することも可能です。 また、その場合は料金は一切かかりません。

無料お試し中も、都度レンタルは、有料でご利用いただくことができます。
また、無料お試し中に解約され、何らかの理由でレンタル商品を期日までにご返却いただけなかった場合に、追加料金が発生する場合がございます。

定額プランは1つの封筒に2枚入り、お届けいたします。
届いた往復封筒でポストへご投函いただき、当社配送センターにてご返却を確認できましたら次の封筒を発送致します。繰り返しでご登録のプラン枚数までご利用いただけます。

各プランはこちら

各プランはこちら

  • 宅配レンタル 定額8プラン
    月額2,052円税込
    • 「新作・準新作」が定額で月8枚レンタルできる!※1借り放題付き※2
    新規登録する
  • 宅配レンタル 定額4プラン
    月額1,026円税込
    • DVD/CDが定額で月4枚レンタルできる!※1
    新規登録する
  • 都度課金 プラン
    無料会員 月額0円税込 ※都度レンタル時の費用は発生します
    • 月額無料で単品レンタルを楽しみたい方におすすめ!
    新規登録する

※1 無料お試し期間中の「新作」レンタルは対象外です。

※2 借り放題はDVD「旧作」、CD「新作・準新作・旧作」が対象です。

素粒子