24−TWENTY FOUR− シーズンVI

24−TWENTY FOUR− シーズンVIの画像・ジャケット写真

24−TWENTY FOUR− シーズンVI / キーファー・サザーランド

全体の平均評価点:(5点満点)

545

全体の平均評価点:

DVD

TSUTAYA TV

動画ポイント利用可

「24−TWENTY FOUR− シーズンVI」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

TSUTAYA TV

動画ポイント利用可

解説・ストーリー

キング・オブ・TVシリーズとして不動の人気を獲得したシリーズの第6シーズン第12巻。前シーズンのラストで中国政府に拉致されてから2年後、政府の極秘の働きかけで帰国したジャックが新たな24時間を迎える。第23話「4:00」と最終第24話「5:00」を収録。

「24−TWENTY FOUR− シーズンVI」 の作品情報

作品情報

製作年: 2007年
製作国: アメリカ
原題: 24

「24−TWENTY FOUR− シーズンVI」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

Hawaii Five−0 シーズン4

ビッグママ・ハウス2

ツイン・ピークス/ローラ・パーマー 最期の7日間

名探偵モンク シーズン1

ユーザーレビュー:545件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全545件

解決したと思いきや・・・ ネタバレ

投稿日:2007/10/06 レビュアー:こんちゃん

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

 ちょっと、今までのシーズンより展開が早いんじゃないの?って思ったら、やっぱりね・・・そうだよね、そんな簡単に解決しちゃうわけもないよね。まだ、水戸黄門の印籠が出て来るには早い時間帯だもんね。(水戸黄門を見てると、事件の経緯よりも、時間帯で印籠が出てくるのがわかるんだよね)

 あいも変わらずネタバレでござる。

 第17話 22:00

 ウェインがイランへの攻撃を命じた。せっかくダニエルス副大統領に引導を渡したと言うのに、これじゃ意味ないじゃん? トムもカレンもウェインの乱心に戸惑うよ〜.。

 ファイエドを捕らえて尋問するが、口を割りそうにない。んじゃあ、CTUで拷問すべえってんで移送する途中、襲われ、ファイエドを奪回されてしまったジャックとドイル。な〜んだ、そういうことかい。
 このドイルっていうのもよくわからんヤツだよな〜。冷酷そうだけど、良いヤツに思えるときもあるし・・・
 このドラマに出てくるヤツは、信用できるのか出来ないのかわからん!
 アジトに向かうファイエドを追跡し(ここでも紆余曲折があるのよ)ジャックたちは、ついに残りの核爆弾を確保する。
 事件は解決したと安心したその瞬間、ジャックに意外な人物から電話がかかる...。
 え?ええ〜〜?

第18話 21:00

 オードリー?。しかし、中国によって拘束されていた。この2年、ジャックを苦しめてきたあの憎きチェンが、またしても暗躍。チェンの目的はロシア製核爆弾に使われている起爆回路のチップだ。
「口を割らない男には用はない」

 しかし、爆弾はすでに軍によって保管されている。クロエにだけ事情を話し、行動するジャック。だが、それがブキャナンに知られ(モリスの裏切り者〜)、あと一歩のところでジャックは捕まっちゃう。ジャックはブキャナンに、大統領と話をさせてくれと頼む。

 せっかくテロリストから奪還した爆弾を中国に渡したと知られれば、今度はロシアとアメリカの間で戦争じゃ〜。
 残念ながら許可できないと答えるウェイン。まあ、当然だわな。でも、ジャックはチップは絶対に中国には渡さないと言う。オードリーが解放されたら、チップもろともチェンも巻き込んで自爆して死ぬ覚悟だと。最初っからダミーを持ってけば?

 トムのデータでウェインに辞職を迫られ、
「もう、これまでだ」
と辞表を書いて出そうとしていたダニエルス。だが、記者会見中のウェインが突然倒れる。げげっ、今度こそついに最高権力の座を得たダニエルスは、辞表をそっと懐にしまう(嫌な顔だよな〜)
 手始めにウェインが許可したオードリー救出作戦の中止を命令する。(ジャックが素直に言うこと聞く訳ゃないよな)

このレビューは気に入りましたか? 24人の会員が気に入ったと投稿しています

中国領事館の二の舞か! ネタバレ

投稿日:2007/10/04 レビュアー:こんちゃん

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

 今夜は、また寝られないぞ!
 とりあえず観た7巻の分をUp!

 ネタバレ爆発だぁ!

第13話 18:00

 ジャックがロシア領事館で捕まった。中国の時の二の舞にならないように、ブキャナンはロシア領事館を襲撃し、ジャックを奪還しようとする。いけいけ!戦争だぁ!

 ローガンは、ロシア大統領スワロフを説得し、穏便にジャックを解放してもらえばいいとブキャナンに提案。スバロフの妻アーニャと親しい、自分の元妻マーサの力を借りようと、アーロンと暮らすマーサの元を訪ねる...。げげっ

 やりたい放題の副大統領。ホワイトハウスにイラン大使を呼びつけた。アサドが自爆テロを起こしたとトムに偽証させ、ファイエドを差し出さなければ、イランに総攻撃をかけると、脅迫!


第14話 19:00

 グレデンコとファイエドは、核爆弾を積んだドローン (小型無人飛行機) を発進させ逃げちまった。

CTUに戻って来たジャック。その身を案じ、待っていたマリリンの口からオードリーについての衝撃の事実が! 

 ドローンを追っていたモーリスだったが、CTUのシステムを誰かが妨害し、突然レーダーからその機影が消えてしまった。またCTU内部にスパイがいる?

もしドローンが爆発した時は、報復としてイランに核を落とすとダニエルス副大統領。誰も暴走するダニエルスを止められないのか?


 って、毎度毎度CTUに裏切り者が・・・。あれだけのハイテクを駆使する組織なのに、ガード甘すぎるんじゃないの?

 続きは数時間後に・・・




このレビューは気に入りましたか? 19人の会員が気に入ったと投稿しています

またまた来ましたね! ネタバレ

投稿日:2007/09/06 レビュアー:こんちゃん

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

 やってきました。「24シーズンY」!
 9月7日レンタル開始と言っても、リアル店舗ではだいたい前日に出しています。以前、済んでいたマンションの近くのレンタル屋では、前日の昼前に15枚ずつくらい並ぶのですが、みんな待ちかまえているので昼に行っても、もう1枚も無いことがほとんどでした。 ところが、引っ越した先の近所のレンタル店は、やはり前日昼くらいには出しているようなのですが、3時くらいに行ってもほとんど残っているのです。
 このご近所は、海外ドラマにはあまり興味がないのかな?
 そういえば、グレイズ・アナトミーもレンタルしているのはウチだけみたいです。今日、行ったときはシーズン1からシーズン2のVol.5まで全部揃ってました・・・。

 完全ネタバレなので、事前情報無しに見たい人は読んじゃダメだってばよ。

6:00
 これは、「センチネル」のDVDに収録されていた話なので、おさらい程度ですね。
 中国に監禁されていたジャッックが帰国させられます。その目的は、テロを未然に防ぐために死ぬこと・・・。
 ジャックがブキャナンに言います。
「犬死にと、意味のある死の違いがわかるか?中国で、俺が耐え抜いてきたのは、ここで死んだら犬死にだからだ。今日、死ぬのは何かのために死ぬんだ。しかも、自分の意志で」 おいおい、ジャック。かっこいいぞ。「アルマゲドン」のブルース・ウィリスに負けてないよ〜。

7:00
 せっかくのジャックの忠告も、大統領はじめ皆に信じてもらえません。長い拘留生活で判断力が低下しているのだと・・・。
 そこで、ジャックは自ら、テロリストの首謀者を助けます。(首謀者は、話し合いによる解決を望み、譲歩しようとしていた)
 その結果、軍の爆撃では首謀者アサドの遺体は見つからず、複数の場所でテロ行為が実行されます。そのうちの1カ所では、ジャックの活躍で被害が無かったことを知り、ウェイン大統領は、自分の判断の過ちを知ります。
 ウェインの妹が登場しますけど、なんか嫌なタイプ。どうもうさんくさいような気がします。

このレビューは気に入りましたか? 18人の会員が気に入ったと投稿しています

トーマス・レノックス、見直したぜ! ネタバレ

投稿日:2007/10/06 レビュアー:こんちゃん

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

 今回は、けっこうじっくりとした展開かな?
 ところで、どうでもいいのですが、再生するとそのまま吹き替えで再生されるのってどうよ?私は、英語は完璧に理解できないけれども、やはり臨場感というか緊迫感のために字幕版で見るので、いちいち設定しなきゃならない。
 日本語でしゃべられると、軽い気がしてしまうし、下手するとジャックとの会話にaiaiさんが絡んできそうで不安です。

第15話 20:00

 ドローンは不発に終わった。にもかかわらず、ダニエルスは核攻撃を強行しようとする。もう1時間もな〜い!どーすんの?どーすんの、俺?

 命令を撤回できるのはウェインしかいないと、カレンはいまだ意識不明のウェインを覚醒させようと考える。でも、無理に覚醒させることは可能だが、脳に障害が残る可能性が・・・。しかし、このままでは第3次世界大戦になっちゃうよ。カレンは、ウェインの妹サンドラに、同意書にサインして欲しいと頼む。

 グレデンコに情報を売っていた男の自宅に突入したジャック。男は情報を売るだけで、実際に情報を引き出しているのはハッカーの弟。しかし、彼は天才ハッカーではあるが、知的障害者で自分が悪事に加担していることを理解していなかった。弟を囮に仕立て、グレデンコとの取引現場に向かわせるが・・・

第16話

 危険な賭けに勝ったぞ!意識を取り戻し、核攻撃を中止させたウェイン・パーマー大統領。しかしダニエルス副大統領は最後の悪あがきを!、その健康状態を理由にウェインの罷免を要求。すぐさま閣僚たちによって投票が行われ、賛成・反対がちょうど同数に。この場合、罷免要求は通らないとの司法長官の一言で安心したトーマスたちだったが、ダニエルスはカレンには投票権が無いと言い出す。確かに数時間前、カレンは一旦は辞表を出したのだが・・・・

 お〜っと、トム、グッジョブ!

 グレデンコは、ファイエドを差し出すと取引をする。グレデンコの腕に発信機を埋め込み、ファイエドの元に向かわせるが、グレデンコは再度、裏切る。グレデンコ、お前はT−カップですか〜?

 デイビッドに比べると、今ひとつ貫禄がなかったウェインですが、なかなか骨のあるところを見せてくれた。と思ったら、え〜〜〜?どうした、ウェインご乱心〜〜〜!




このレビューは気に入りましたか? 17人の会員が気に入ったと投稿しています

 あんた、懲りないお人やなあ・・・・・ ネタバレ

投稿日:2007/09/26 レビュアー:こんちゃん

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

 もう、開き直りのネタバレでい!

第11話16:00〜17:00

 電話の声の主は、自宅軟禁状態のローガン元大統領。
 かつての人脈で、グレデンコの手がかりを聞き出し協力したいと言います。にわかには、信じがたいのですが他に手がかりはないので、ジャックは大統領と交渉し、ロシア領事館に同行します。

 リード達の、大統領暗殺計画は着々と進んでいきます。アラブ系が使用する爆弾をセット、その罪をアサドに着せようと言うわけです。
 起爆コードを押すリード・・・。

第12話17:00〜18:00

 爆発の結果、アサドはウェインをかばって死亡。ウェインも命は助かったものの重傷を負って、執務不能に。ダニエルズ副大統領が代理で指揮を執ることになります。
 トムが協力を約束したので、リードはトムを解放。しかし、性根からの悪党ではなかったトムはリードを大統領暗殺の首謀者として告発し、アサドは無実だと主張します。

 ところが、ダニエルズは国益のためには、アサドが暗殺の計画を立てたことにしろといいます。さあ、困ったぞ・・・。

 ローガンはマルコフを脅しつつグレデンコの居所を探りますが、知らないと言い張られます。
 業を煮やしたジャックは、領事館に忍び込みマルコフを痛めつけてグレデンコ・ファイエドの情報を吐かせたのですが、捕まってしまいます。ジャック!またかよ。中国で懲りてないんかい・・・・?

このレビューは気に入りましたか? 16人の会員が気に入ったと投稿しています

1〜 5件 / 全545件

24−TWENTY FOUR− シーズンVI

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:545件

解決したと思いきや・・・

投稿日

2007/10/06

レビュアー

こんちゃん

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

 ちょっと、今までのシーズンより展開が早いんじゃないの?って思ったら、やっぱりね・・・そうだよね、そんな簡単に解決しちゃうわけもないよね。まだ、水戸黄門の印籠が出て来るには早い時間帯だもんね。(水戸黄門を見てると、事件の経緯よりも、時間帯で印籠が出てくるのがわかるんだよね)

 あいも変わらずネタバレでござる。

 第17話 22:00

 ウェインがイランへの攻撃を命じた。せっかくダニエルス副大統領に引導を渡したと言うのに、これじゃ意味ないじゃん? トムもカレンもウェインの乱心に戸惑うよ〜.。

 ファイエドを捕らえて尋問するが、口を割りそうにない。んじゃあ、CTUで拷問すべえってんで移送する途中、襲われ、ファイエドを奪回されてしまったジャックとドイル。な〜んだ、そういうことかい。
 このドイルっていうのもよくわからんヤツだよな〜。冷酷そうだけど、良いヤツに思えるときもあるし・・・
 このドラマに出てくるヤツは、信用できるのか出来ないのかわからん!
 アジトに向かうファイエドを追跡し(ここでも紆余曲折があるのよ)ジャックたちは、ついに残りの核爆弾を確保する。
 事件は解決したと安心したその瞬間、ジャックに意外な人物から電話がかかる...。
 え?ええ〜〜?

第18話 21:00

 オードリー?。しかし、中国によって拘束されていた。この2年、ジャックを苦しめてきたあの憎きチェンが、またしても暗躍。チェンの目的はロシア製核爆弾に使われている起爆回路のチップだ。
「口を割らない男には用はない」

 しかし、爆弾はすでに軍によって保管されている。クロエにだけ事情を話し、行動するジャック。だが、それがブキャナンに知られ(モリスの裏切り者〜)、あと一歩のところでジャックは捕まっちゃう。ジャックはブキャナンに、大統領と話をさせてくれと頼む。

 せっかくテロリストから奪還した爆弾を中国に渡したと知られれば、今度はロシアとアメリカの間で戦争じゃ〜。
 残念ながら許可できないと答えるウェイン。まあ、当然だわな。でも、ジャックはチップは絶対に中国には渡さないと言う。オードリーが解放されたら、チップもろともチェンも巻き込んで自爆して死ぬ覚悟だと。最初っからダミーを持ってけば?

 トムのデータでウェインに辞職を迫られ、
「もう、これまでだ」
と辞表を書いて出そうとしていたダニエルス。だが、記者会見中のウェインが突然倒れる。げげっ、今度こそついに最高権力の座を得たダニエルスは、辞表をそっと懐にしまう(嫌な顔だよな〜)
 手始めにウェインが許可したオードリー救出作戦の中止を命令する。(ジャックが素直に言うこと聞く訳ゃないよな)

中国領事館の二の舞か!

投稿日

2007/10/04

レビュアー

こんちゃん

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

 今夜は、また寝られないぞ!
 とりあえず観た7巻の分をUp!

 ネタバレ爆発だぁ!

第13話 18:00

 ジャックがロシア領事館で捕まった。中国の時の二の舞にならないように、ブキャナンはロシア領事館を襲撃し、ジャックを奪還しようとする。いけいけ!戦争だぁ!

 ローガンは、ロシア大統領スワロフを説得し、穏便にジャックを解放してもらえばいいとブキャナンに提案。スバロフの妻アーニャと親しい、自分の元妻マーサの力を借りようと、アーロンと暮らすマーサの元を訪ねる...。げげっ

 やりたい放題の副大統領。ホワイトハウスにイラン大使を呼びつけた。アサドが自爆テロを起こしたとトムに偽証させ、ファイエドを差し出さなければ、イランに総攻撃をかけると、脅迫!


第14話 19:00

 グレデンコとファイエドは、核爆弾を積んだドローン (小型無人飛行機) を発進させ逃げちまった。

CTUに戻って来たジャック。その身を案じ、待っていたマリリンの口からオードリーについての衝撃の事実が! 

 ドローンを追っていたモーリスだったが、CTUのシステムを誰かが妨害し、突然レーダーからその機影が消えてしまった。またCTU内部にスパイがいる?

もしドローンが爆発した時は、報復としてイランに核を落とすとダニエルス副大統領。誰も暴走するダニエルスを止められないのか?


 って、毎度毎度CTUに裏切り者が・・・。あれだけのハイテクを駆使する組織なのに、ガード甘すぎるんじゃないの?

 続きは数時間後に・・・




またまた来ましたね!

投稿日

2007/09/06

レビュアー

こんちゃん

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

 やってきました。「24シーズンY」!
 9月7日レンタル開始と言っても、リアル店舗ではだいたい前日に出しています。以前、済んでいたマンションの近くのレンタル屋では、前日の昼前に15枚ずつくらい並ぶのですが、みんな待ちかまえているので昼に行っても、もう1枚も無いことがほとんどでした。 ところが、引っ越した先の近所のレンタル店は、やはり前日昼くらいには出しているようなのですが、3時くらいに行ってもほとんど残っているのです。
 このご近所は、海外ドラマにはあまり興味がないのかな?
 そういえば、グレイズ・アナトミーもレンタルしているのはウチだけみたいです。今日、行ったときはシーズン1からシーズン2のVol.5まで全部揃ってました・・・。

 完全ネタバレなので、事前情報無しに見たい人は読んじゃダメだってばよ。

6:00
 これは、「センチネル」のDVDに収録されていた話なので、おさらい程度ですね。
 中国に監禁されていたジャッックが帰国させられます。その目的は、テロを未然に防ぐために死ぬこと・・・。
 ジャックがブキャナンに言います。
「犬死にと、意味のある死の違いがわかるか?中国で、俺が耐え抜いてきたのは、ここで死んだら犬死にだからだ。今日、死ぬのは何かのために死ぬんだ。しかも、自分の意志で」 おいおい、ジャック。かっこいいぞ。「アルマゲドン」のブルース・ウィリスに負けてないよ〜。

7:00
 せっかくのジャックの忠告も、大統領はじめ皆に信じてもらえません。長い拘留生活で判断力が低下しているのだと・・・。
 そこで、ジャックは自ら、テロリストの首謀者を助けます。(首謀者は、話し合いによる解決を望み、譲歩しようとしていた)
 その結果、軍の爆撃では首謀者アサドの遺体は見つからず、複数の場所でテロ行為が実行されます。そのうちの1カ所では、ジャックの活躍で被害が無かったことを知り、ウェイン大統領は、自分の判断の過ちを知ります。
 ウェインの妹が登場しますけど、なんか嫌なタイプ。どうもうさんくさいような気がします。

トーマス・レノックス、見直したぜ!

投稿日

2007/10/06

レビュアー

こんちゃん

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

 今回は、けっこうじっくりとした展開かな?
 ところで、どうでもいいのですが、再生するとそのまま吹き替えで再生されるのってどうよ?私は、英語は完璧に理解できないけれども、やはり臨場感というか緊迫感のために字幕版で見るので、いちいち設定しなきゃならない。
 日本語でしゃべられると、軽い気がしてしまうし、下手するとジャックとの会話にaiaiさんが絡んできそうで不安です。

第15話 20:00

 ドローンは不発に終わった。にもかかわらず、ダニエルスは核攻撃を強行しようとする。もう1時間もな〜い!どーすんの?どーすんの、俺?

 命令を撤回できるのはウェインしかいないと、カレンはいまだ意識不明のウェインを覚醒させようと考える。でも、無理に覚醒させることは可能だが、脳に障害が残る可能性が・・・。しかし、このままでは第3次世界大戦になっちゃうよ。カレンは、ウェインの妹サンドラに、同意書にサインして欲しいと頼む。

 グレデンコに情報を売っていた男の自宅に突入したジャック。男は情報を売るだけで、実際に情報を引き出しているのはハッカーの弟。しかし、彼は天才ハッカーではあるが、知的障害者で自分が悪事に加担していることを理解していなかった。弟を囮に仕立て、グレデンコとの取引現場に向かわせるが・・・

第16話

 危険な賭けに勝ったぞ!意識を取り戻し、核攻撃を中止させたウェイン・パーマー大統領。しかしダニエルス副大統領は最後の悪あがきを!、その健康状態を理由にウェインの罷免を要求。すぐさま閣僚たちによって投票が行われ、賛成・反対がちょうど同数に。この場合、罷免要求は通らないとの司法長官の一言で安心したトーマスたちだったが、ダニエルスはカレンには投票権が無いと言い出す。確かに数時間前、カレンは一旦は辞表を出したのだが・・・・

 お〜っと、トム、グッジョブ!

 グレデンコは、ファイエドを差し出すと取引をする。グレデンコの腕に発信機を埋め込み、ファイエドの元に向かわせるが、グレデンコは再度、裏切る。グレデンコ、お前はT−カップですか〜?

 デイビッドに比べると、今ひとつ貫禄がなかったウェインですが、なかなか骨のあるところを見せてくれた。と思ったら、え〜〜〜?どうした、ウェインご乱心〜〜〜!




 あんた、懲りないお人やなあ・・・・・

投稿日

2007/09/26

レビュアー

こんちゃん

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

 もう、開き直りのネタバレでい!

第11話16:00〜17:00

 電話の声の主は、自宅軟禁状態のローガン元大統領。
 かつての人脈で、グレデンコの手がかりを聞き出し協力したいと言います。にわかには、信じがたいのですが他に手がかりはないので、ジャックは大統領と交渉し、ロシア領事館に同行します。

 リード達の、大統領暗殺計画は着々と進んでいきます。アラブ系が使用する爆弾をセット、その罪をアサドに着せようと言うわけです。
 起爆コードを押すリード・・・。

第12話17:00〜18:00

 爆発の結果、アサドはウェインをかばって死亡。ウェインも命は助かったものの重傷を負って、執務不能に。ダニエルズ副大統領が代理で指揮を執ることになります。
 トムが協力を約束したので、リードはトムを解放。しかし、性根からの悪党ではなかったトムはリードを大統領暗殺の首謀者として告発し、アサドは無実だと主張します。

 ところが、ダニエルズは国益のためには、アサドが暗殺の計画を立てたことにしろといいます。さあ、困ったぞ・・・。

 ローガンはマルコフを脅しつつグレデンコの居所を探りますが、知らないと言い張られます。
 業を煮やしたジャックは、領事館に忍び込みマルコフを痛めつけてグレデンコ・ファイエドの情報を吐かせたのですが、捕まってしまいます。ジャック!またかよ。中国で懲りてないんかい・・・・?

1〜 5件 / 全545件