FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?

FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?の画像・ジャケット写真

FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか? / 松田哲

全体の平均評価点:(5点満点)

2

全体の平均評価点:

DVD

「FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

解説・ストーリー

解説・あらすじ・ストーリーは、ただいま準備中です。

「FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?」 の作品情報

作品情報は、ただいま準備中です。

「FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

キャスト・スタッフ

出演: 松田哲

関連作品

関連作品

松田哲のFX相場で勝つトレンドの見方セミナー 〜トレンドラインの引き方、全部見せます〜

ユーザーレビュー:2件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 2件 / 全2件

タイトルと中身がちがいます。 ネタバレ

投稿日:2008/06/14 レビュアー:正直者

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?
タイトルがテーマの(内容の)DVDではありません。
 タイトルに惹かれてレンタルしましたが、出演者の同タイトルの著作の宣伝が最後にあるのみ。
 このDVDの内容はいつ収録された講演かわかりませんが、外国為替取引の「現状」についての話でした。
 内容は悪くありませんでしたが、リアルタイムで聞かないとあまり価値は無いかも。
 残念ながら、タイトルどおりの内容ではありません。
だまされた印象です。

このレビューは気に入りましたか? 6人の会員が気に入ったと投稿しています

2007年8月のとき内容

投稿日:2008/04/08 レビュアー:シン

収録したときが2007年の8月のときのようです。
前半はサブプライム問題のことを話して、後半では2007年8月以降の相場観を述べているものです。


作者のドル円・クロス円の数ヶ月先の相場観を述べているものです。
今見て、参考になるのかどうか疑問ですが、私は参考にならなかったです。
作者の相場観はドル円の下落と言ってます。しかしそのときのアナリストであればほとんどの人が同じようなことを言ってたと記憶してます。

クロス円については当たっているのか、当たっていないのかちょっと疑問。長期のトレンドラインを割るか、割らないかで上昇トレンド継続か下降トレンドに入ったのかを見ているので。
「上昇トレンドラインを割れば上昇継続。割れば上昇トレンド終了」と言っているだけ。

作者に助けるコメントをするなら、
その当時は相場がかなり分かりづらい局面であったということです。
収録はアメリカが金利をまだ下げていないときのものです。
景気悪化を止めるのか、インフレを重視するのかで市場は迷っている感じでもあったときです。
分かりづらいときの相場観なので、大変だったと思います。


このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

1〜 2件 / 全2件

FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:2件

タイトルと中身がちがいます。

投稿日

2008/06/14

レビュアー

正直者

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?
タイトルがテーマの(内容の)DVDではありません。
 タイトルに惹かれてレンタルしましたが、出演者の同タイトルの著作の宣伝が最後にあるのみ。
 このDVDの内容はいつ収録された講演かわかりませんが、外国為替取引の「現状」についての話でした。
 内容は悪くありませんでしたが、リアルタイムで聞かないとあまり価値は無いかも。
 残念ながら、タイトルどおりの内容ではありません。
だまされた印象です。

2007年8月のとき内容

投稿日

2008/04/08

レビュアー

シン

収録したときが2007年の8月のときのようです。
前半はサブプライム問題のことを話して、後半では2007年8月以降の相場観を述べているものです。


作者のドル円・クロス円の数ヶ月先の相場観を述べているものです。
今見て、参考になるのかどうか疑問ですが、私は参考にならなかったです。
作者の相場観はドル円の下落と言ってます。しかしそのときのアナリストであればほとんどの人が同じようなことを言ってたと記憶してます。

クロス円については当たっているのか、当たっていないのかちょっと疑問。長期のトレンドラインを割るか、割らないかで上昇トレンド継続か下降トレンドに入ったのかを見ているので。
「上昇トレンドラインを割れば上昇継続。割れば上昇トレンド終了」と言っているだけ。

作者に助けるコメントをするなら、
その当時は相場がかなり分かりづらい局面であったということです。
収録はアメリカが金利をまだ下げていないときのものです。
景気悪化を止めるのか、インフレを重視するのかで市場は迷っている感じでもあったときです。
分かりづらいときの相場観なので、大変だったと思います。


1〜 2件 / 全2件