LIAR GAME

LIAR GAMEの画像・ジャケット写真

LIAR GAME / 戸田恵梨香

全体の平均評価点:(5点満点)

67

全体の平均評価点:

DVD

TSUTAYA TV

動画ポイント利用可

ジャンル :

「LIAR GAME」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

TSUTAYA TV

動画ポイント利用可

解説・ストーリー

甲斐谷忍原作「LIAR GAME」をドラマ化。“ライアーゲーム”とは、勝てば大金が手に入り、負ければ巨額の負債を負うというゲーム。戸田恵梨香×松田翔太が繰り広げる、トリックと嘘が散りばめられたスタイリッシュ作品。 JAN:4988632129657

「LIAR GAME」 の作品情報

作品情報

製作年: 2007年
製作国: 日本

「LIAR GAME」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

Happy!完全版

富江 BEGINNING

ケータイ刑事 銭形命

望み

ユーザーレビュー:67件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全67件

緻密なゲームに引き込まれますよ ネタバレ

投稿日:2007/11/27 レビュアー:こんちゃん

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

 原作の漫画を毎週楽しみに読んでいたので(しかも、途中で休載になってしまって、どうしたのかと思ったら、しばらくしてまた連載されたといういわくつき)TVドラマになるというので、期待もせずに観てみたら、あにはからんや、面白い!
 主人公のアキヤマを演じる松田翔太が、原作の印象とはだいぶ違うので(原作では、アキヤマはもっとクールなのですが、松田翔太はけっこうアツイ)最初こそ違和感がありましたが、観ているうちに違和感も無くなり、引き込まれていきました。

 放映当時、mixiの日記に書いたレビューです(私が、リアルタイムでTVドラマを観るのは珍しいのです。まあ、録画して観てたんですけど)

 「ライアー・ゲーム」
 これはヤングジャンプという雑誌に連載されている漫画が原作ですが、その中で展開されるゲームの緻密さがすばらしい。
 雑誌で連載が始まったとき、
「これはおもしろい」
と思ったのですが、二回戦が終わった時点で、いきなり休載。どうしたのだろうと思っていたら、二ヶ月くらい経ってから再開されました。ゲームの設定等に緻密さが必要なためにプロットを練っていたのでしょうか。不可解なゲーム方法に対し、驚くような発想で必勝法を見つけだす天才詐欺師・秋山。
 TVドラマも原作漫画とほぼ同じ設定で進んでいきます。(微細な違いはあります。Xと言われる人物が原作では若い男と思われたのが、ドラマでは女と思われるとか、事務局の人間が漫画では皆仮面をつけているとか)

 原作もまだ連載中で、このゲームの主催者であるライアーゲーム事務局が、何のためにこんなゲームを仕組んでいるのか明らかになってはいません。
 秋山が、自分の母の自殺の原因となったマルチ集団に復讐をし、壊滅させたのですが、それとのつながりはにおわせますが、全貌はまだまだ・・。

 主人公の「究極のお人好し・神崎直」を演じる戸田恵里香ですが、デスノートでの弥海砂役でなかなかの熱演を見せていましたが(監禁・拘束の恐怖感を出すために、休憩時間も目隠し状態で過ごしたそうです)この作品では全く違う面を出しています。ヤングジャンプの制服コレクションという企画で15歳でデビュー。その当時から、アイドルでは無く女優を志していたという筋金入りですから、今後の成長が楽しみです。
(「デスノート」からのスピンオフ作「L」の監督は中田秀夫がやるそうですね)ま、原作のカンザキナオとはちょっと違いますが・・・。

 その神崎直が助けを求める天才詐欺師・秋山深一は、亡き松田優作の次男、松田翔太。兄の松田龍平に比べるとまだまだ、というかどうしても父親と比較されてしまうので二人とも気の毒ではあるのですが、結構感性はいいものを持っていると思われ、先が楽しみです。この作品の秋山役に関して言えば、原作とはだいぶ違うので違和感があります。原作の秋山は、母の自殺というトラウマから、極度に感情を抑えたクールな人物像なのですが、彼が演じる秋山は、感情が表面に現れるし、幾分人間くささが見受けられます。(藤原竜也とか松山ケンイチにやらせてみたい気もします)

 まあ、その配役よりもゲームの面白さです。「少数決」なんていうゲームは、単純でありながら深い設定ですし、虚々実々の駆け引き、巧みに仕掛けられるトリックと心理戦。(秋山は大学で心理学を専攻したという設定です)そこらへんをMasamuneさんに分析してもらいたいモノですが、TVドラマなぞご覧にならないのでしょうかね。

 結構、展開に引き込まれ楽しみにしています。土曜日の23時からと言う準深夜枠にも関わらす、平均10%以上の視聴率と言うことですから、注目されているのではないでしょうか?

このレビューは気に入りましたか? 14人の会員が気に入ったと投稿しています

ややこしいゲーム

投稿日:2010/02/12 レビュアー:ホヨマックス

シーズン1・2全てテレビで鑑賞済み。
何がオモロいかは分からぬが何故か全作欠かさずに見ている。

来月3月、ついに映画館で上映!そこが最終章らしい!
って本当にぃ?また続きとか出すんしょー?

まあ、テレビで放送するのを待ちましょう。

このレビューは気に入りましたか? 13人の会員が気に入ったと投稿しています

イレギュラーですが・・・・

投稿日:2007/10/11 レビュアー:べっち

  次の第六巻。およそ半分が「これまでのお話」です。しかも少しだけ新しいシーン、視点が入っているので、完全に飛ばすわけにも行かない。
  一応覚悟だけしといてください。

  六巻のレビューはネタバレなので、イレギュラーですがこちらで告知。

このレビューは気に入りましたか? 9人の会員が気に入ったと投稿しています

これでいいんですかぁ? ネタバレ

投稿日:2007/10/11 レビュアー:べっち

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

  まあしかしなにが一番意外だったかって、半分以上がこれまでのダイジェスト。なんとも工夫がないというか、それともオンエア当時、最終回だけ何週間もたってからだったのだろうか。
  まぁいいや、でもこちとら、おかげでテンションが下がりまくったことは確か。

  さて、少なくとも前回までの作品としての勝因は、数々のトリックが比較的単純で、すぐにわからないまでも説明されれば理解しやすかったことにある。だから見ている側も謎解きに頭を絞らなくてよいし、作り手としてもトリックをどう見せるか、その仕掛けにあまり気を使わなくてすむ。
  その分登場人物たちの反応が楽しみ。もちろん演技ともいえないエリカちゃんとかいるけども、筋やトリックではなくシチュエーションで見せてくれた。

(以下ネタバレしてます)

  だが最終回、長い長いダイジェストで作る側の緊張も途切れたんじゃないだろうけど、なんとも雰囲気がだらけている。しかも展開がまったく意表をつかないというのが意表をついているという皮肉。

  大体悪の大権現様が、あんな程度のことで心がわりしていいのかね。
  なんともすっきりしないぞお!

  唯一の「救い」はラスト、ゲーム自体は無知な輩を巻き込みながら再び始まっている、ってことくらい。それにしても、あのシーンもインパクト弱いぞお。

  そんなことじゃ悪は滅びちゃうぞお!

このレビューは気に入りましたか? 7人の会員が気に入ったと投稿しています

これはおすすめ、楽しいゲーム理論

投稿日:2007/10/04 レビュアー:aiai

面白かったぁ!漫画の原作は未読ですが、今度読みたい。何が面白いかというと、まさにライアーゲームということで、いかにして相手を騙して金をとるかという、その1点だけにテーマをしぼっているのがいい。恋愛とかそういうちゃちなサブストーリは一切無く、ただひたすら、相手に勝つためだけに頭を働かせるという、頭の体操。
1話こそ、割とありがちなスジではあるが、2話目以降のゲーム大会はすべておもしろい!の一言。「多数決」ならぬ、「少数決」という勝負があって、あるお題をだして、それを全員がYESかNOかでわかれるわけだが、普通は多い方が勝つという多数決。ところが、このゲームでは少ない方が勝つという少数決なのだ。しかし、この少数決には実は、必勝法が隠されていた!!その秘策とは…てな感じなのです。それぞれのゲームの策を説明するときに、いきなり、説明せねばなるまいモードに入るところがおちゃめ。

配役は、あの松田勇作の息子、松田翔太が天才詐欺師を演じる。彼いいよ。最近、女帝などでもいい味出してたし。注目の若手男優で一押し!

とにかく、このドラマは面白かったです。

このレビューは気に入りましたか? 7人の会員が気に入ったと投稿しています

1〜 5件 / 全67件

LIAR GAME

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:67件

緻密なゲームに引き込まれますよ

投稿日

2007/11/27

レビュアー

こんちゃん

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

 原作の漫画を毎週楽しみに読んでいたので(しかも、途中で休載になってしまって、どうしたのかと思ったら、しばらくしてまた連載されたといういわくつき)TVドラマになるというので、期待もせずに観てみたら、あにはからんや、面白い!
 主人公のアキヤマを演じる松田翔太が、原作の印象とはだいぶ違うので(原作では、アキヤマはもっとクールなのですが、松田翔太はけっこうアツイ)最初こそ違和感がありましたが、観ているうちに違和感も無くなり、引き込まれていきました。

 放映当時、mixiの日記に書いたレビューです(私が、リアルタイムでTVドラマを観るのは珍しいのです。まあ、録画して観てたんですけど)

 「ライアー・ゲーム」
 これはヤングジャンプという雑誌に連載されている漫画が原作ですが、その中で展開されるゲームの緻密さがすばらしい。
 雑誌で連載が始まったとき、
「これはおもしろい」
と思ったのですが、二回戦が終わった時点で、いきなり休載。どうしたのだろうと思っていたら、二ヶ月くらい経ってから再開されました。ゲームの設定等に緻密さが必要なためにプロットを練っていたのでしょうか。不可解なゲーム方法に対し、驚くような発想で必勝法を見つけだす天才詐欺師・秋山。
 TVドラマも原作漫画とほぼ同じ設定で進んでいきます。(微細な違いはあります。Xと言われる人物が原作では若い男と思われたのが、ドラマでは女と思われるとか、事務局の人間が漫画では皆仮面をつけているとか)

 原作もまだ連載中で、このゲームの主催者であるライアーゲーム事務局が、何のためにこんなゲームを仕組んでいるのか明らかになってはいません。
 秋山が、自分の母の自殺の原因となったマルチ集団に復讐をし、壊滅させたのですが、それとのつながりはにおわせますが、全貌はまだまだ・・。

 主人公の「究極のお人好し・神崎直」を演じる戸田恵里香ですが、デスノートでの弥海砂役でなかなかの熱演を見せていましたが(監禁・拘束の恐怖感を出すために、休憩時間も目隠し状態で過ごしたそうです)この作品では全く違う面を出しています。ヤングジャンプの制服コレクションという企画で15歳でデビュー。その当時から、アイドルでは無く女優を志していたという筋金入りですから、今後の成長が楽しみです。
(「デスノート」からのスピンオフ作「L」の監督は中田秀夫がやるそうですね)ま、原作のカンザキナオとはちょっと違いますが・・・。

 その神崎直が助けを求める天才詐欺師・秋山深一は、亡き松田優作の次男、松田翔太。兄の松田龍平に比べるとまだまだ、というかどうしても父親と比較されてしまうので二人とも気の毒ではあるのですが、結構感性はいいものを持っていると思われ、先が楽しみです。この作品の秋山役に関して言えば、原作とはだいぶ違うので違和感があります。原作の秋山は、母の自殺というトラウマから、極度に感情を抑えたクールな人物像なのですが、彼が演じる秋山は、感情が表面に現れるし、幾分人間くささが見受けられます。(藤原竜也とか松山ケンイチにやらせてみたい気もします)

 まあ、その配役よりもゲームの面白さです。「少数決」なんていうゲームは、単純でありながら深い設定ですし、虚々実々の駆け引き、巧みに仕掛けられるトリックと心理戦。(秋山は大学で心理学を専攻したという設定です)そこらへんをMasamuneさんに分析してもらいたいモノですが、TVドラマなぞご覧にならないのでしょうかね。

 結構、展開に引き込まれ楽しみにしています。土曜日の23時からと言う準深夜枠にも関わらす、平均10%以上の視聴率と言うことですから、注目されているのではないでしょうか?

ややこしいゲーム

投稿日

2010/02/12

レビュアー

ホヨマックス

シーズン1・2全てテレビで鑑賞済み。
何がオモロいかは分からぬが何故か全作欠かさずに見ている。

来月3月、ついに映画館で上映!そこが最終章らしい!
って本当にぃ?また続きとか出すんしょー?

まあ、テレビで放送するのを待ちましょう。

イレギュラーですが・・・・

投稿日

2007/10/11

レビュアー

べっち

  次の第六巻。およそ半分が「これまでのお話」です。しかも少しだけ新しいシーン、視点が入っているので、完全に飛ばすわけにも行かない。
  一応覚悟だけしといてください。

  六巻のレビューはネタバレなので、イレギュラーですがこちらで告知。

これでいいんですかぁ?

投稿日

2007/10/11

レビュアー

べっち

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

  まあしかしなにが一番意外だったかって、半分以上がこれまでのダイジェスト。なんとも工夫がないというか、それともオンエア当時、最終回だけ何週間もたってからだったのだろうか。
  まぁいいや、でもこちとら、おかげでテンションが下がりまくったことは確か。

  さて、少なくとも前回までの作品としての勝因は、数々のトリックが比較的単純で、すぐにわからないまでも説明されれば理解しやすかったことにある。だから見ている側も謎解きに頭を絞らなくてよいし、作り手としてもトリックをどう見せるか、その仕掛けにあまり気を使わなくてすむ。
  その分登場人物たちの反応が楽しみ。もちろん演技ともいえないエリカちゃんとかいるけども、筋やトリックではなくシチュエーションで見せてくれた。

(以下ネタバレしてます)

  だが最終回、長い長いダイジェストで作る側の緊張も途切れたんじゃないだろうけど、なんとも雰囲気がだらけている。しかも展開がまったく意表をつかないというのが意表をついているという皮肉。

  大体悪の大権現様が、あんな程度のことで心がわりしていいのかね。
  なんともすっきりしないぞお!

  唯一の「救い」はラスト、ゲーム自体は無知な輩を巻き込みながら再び始まっている、ってことくらい。それにしても、あのシーンもインパクト弱いぞお。

  そんなことじゃ悪は滅びちゃうぞお!

これはおすすめ、楽しいゲーム理論

投稿日

2007/10/04

レビュアー

aiai

面白かったぁ!漫画の原作は未読ですが、今度読みたい。何が面白いかというと、まさにライアーゲームということで、いかにして相手を騙して金をとるかという、その1点だけにテーマをしぼっているのがいい。恋愛とかそういうちゃちなサブストーリは一切無く、ただひたすら、相手に勝つためだけに頭を働かせるという、頭の体操。
1話こそ、割とありがちなスジではあるが、2話目以降のゲーム大会はすべておもしろい!の一言。「多数決」ならぬ、「少数決」という勝負があって、あるお題をだして、それを全員がYESかNOかでわかれるわけだが、普通は多い方が勝つという多数決。ところが、このゲームでは少ない方が勝つという少数決なのだ。しかし、この少数決には実は、必勝法が隠されていた!!その秘策とは…てな感じなのです。それぞれのゲームの策を説明するときに、いきなり、説明せねばなるまいモードに入るところがおちゃめ。

配役は、あの松田勇作の息子、松田翔太が天才詐欺師を演じる。彼いいよ。最近、女帝などでもいい味出してたし。注目の若手男優で一押し!

とにかく、このドラマは面白かったです。

1〜 5件 / 全67件