THE ROOM 閉ざされた森

THE ROOM 閉ざされた森の画像・ジャケット写真

THE ROOM 閉ざされた森 / レオ・ビル

全体の平均評価点:(5点満点)

6

全体の平均評価点:

DVD

ジャンル :

「THE ROOM 閉ざされた森」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

解説・ストーリー

閉ざされた屋敷を舞台に、精神に異常をきたした少年が徐々に崩壊していく姿を描いたシチュエーションスリラー。ある日ドナルド卿は自らが所有する屋敷を明け渡すことを決めた。しかしその後、精神を患っていた息子が突然奇怪な行動を起こす。

「THE ROOM 閉ざされた森」 の作品情報

作品情報

製作年: 2006年
製作国: イギリス
原題: THE LIVING AND THE DEAD

「THE ROOM 閉ざされた森」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

ザ・フォール/落下の王国

アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅

28日後...

ヒッチャー08

ユーザーレビュー:6件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全6件

Proud of Me    何がジェームスに起こったか ネタバレ

投稿日:2007/11/27 レビュアー:tomio

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

来るもの拒まずで観るとこういうのあるから怖い。
精神脅迫症(なのか?)の息子と寝たきりの妻を残して
主は出張に出掛けてしまった。残された息子のジェームスは
僕が母を看病する!お父さんが帰ってくるころには母さんは
治ってるんだから!と胸をたたく。見るからに危ない。
どんなことになるかは大体予想がつくだろうに。悲惨。
この作品のタチが悪いのは最後まで観られてしまうことだ。
編集や映像に下品さはないのだ。飽きそうになると、それを察したかのように勝手に早送りになる。しかしそれでも気分が悪い。
暗すぎる。閉ざされてい過ぎる。こんな広いお屋敷なのに
瀬間苦しい!間違っても私は“面白い”なんて思わない。
最後にクレジットが出ましたが、ベースオントゥルーストーリーですか?それならなおさらにジーザス、救われない。
9点

このレビューは気に入りましたか? 6人の会員が気に入ったと投稿しています

今いる現実は本当か?

投稿日:2008/01/06 レビュアー:銀蔵

冒頭、ボサボサの白髪の男が広い静かな屋敷で独り、
車椅子に乗ったり引いたりして彷徨っている。
かなり無気味。

場面が変わり、かつてこの郊外の広い屋敷に妻と息子の3人で暮らしていた事がわかる。
イントロダクションにあるように、徐々に息子が不快になるような、異常な行動を起こしていくのだ。
しかし自分が思うに大事なのは始めのシーン。

ひどいスプラッタシーンが無いだけで「ハイテンション」と似たものを感じる。

自分の知っている現実は本物なのか?
疑うべきは、何か。

このレビューは気に入りましたか? 3人の会員が気に入ったと投稿しています

淡々と。

投稿日:2016/05/25 レビュアー:kaorun

これはキツイ・・・。
行動が読めないということは、常に構え怯えていなければならない。
でも、愛する息子でもある。

広すぎる家が余計に絶望を感じます。

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

このB級に耐えれるか

投稿日:2008/04/30 レビュアー:skywalker

B級を見たいと思いこれを見ました。
だいたい最後まで耐えながら見るのですが、
8割早送りしてしまいました。
しかし、別な時間に一人で見た妻がなかなか面白いかったよ。と言うので
再度見ました。
シャイニングのようなサイコのような不気味なのが好きな方は見れるかも。

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

ぞわぞわー

投稿日:2008/04/16 レビュアー:わはは

家族内で異常な事態が起きても、家族の絆がある限り逃げられない怖さを感じました。見た目の怖さはないけれど、家庭の絆の恐怖を感じたい人におすすめです。

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

1〜 5件 / 全6件

THE ROOM 閉ざされた森

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:6件

Proud of Me    何がジェームスに起こったか

投稿日

2007/11/27

レビュアー

tomio

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

来るもの拒まずで観るとこういうのあるから怖い。
精神脅迫症(なのか?)の息子と寝たきりの妻を残して
主は出張に出掛けてしまった。残された息子のジェームスは
僕が母を看病する!お父さんが帰ってくるころには母さんは
治ってるんだから!と胸をたたく。見るからに危ない。
どんなことになるかは大体予想がつくだろうに。悲惨。
この作品のタチが悪いのは最後まで観られてしまうことだ。
編集や映像に下品さはないのだ。飽きそうになると、それを察したかのように勝手に早送りになる。しかしそれでも気分が悪い。
暗すぎる。閉ざされてい過ぎる。こんな広いお屋敷なのに
瀬間苦しい!間違っても私は“面白い”なんて思わない。
最後にクレジットが出ましたが、ベースオントゥルーストーリーですか?それならなおさらにジーザス、救われない。
9点

今いる現実は本当か?

投稿日

2008/01/06

レビュアー

銀蔵

冒頭、ボサボサの白髪の男が広い静かな屋敷で独り、
車椅子に乗ったり引いたりして彷徨っている。
かなり無気味。

場面が変わり、かつてこの郊外の広い屋敷に妻と息子の3人で暮らしていた事がわかる。
イントロダクションにあるように、徐々に息子が不快になるような、異常な行動を起こしていくのだ。
しかし自分が思うに大事なのは始めのシーン。

ひどいスプラッタシーンが無いだけで「ハイテンション」と似たものを感じる。

自分の知っている現実は本物なのか?
疑うべきは、何か。

淡々と。

投稿日

2016/05/25

レビュアー

kaorun

これはキツイ・・・。
行動が読めないということは、常に構え怯えていなければならない。
でも、愛する息子でもある。

広すぎる家が余計に絶望を感じます。

このB級に耐えれるか

投稿日

2008/04/30

レビュアー

skywalker

B級を見たいと思いこれを見ました。
だいたい最後まで耐えながら見るのですが、
8割早送りしてしまいました。
しかし、別な時間に一人で見た妻がなかなか面白いかったよ。と言うので
再度見ました。
シャイニングのようなサイコのような不気味なのが好きな方は見れるかも。

ぞわぞわー

投稿日

2008/04/16

レビュアー

わはは

家族内で異常な事態が起きても、家族の絆がある限り逃げられない怖さを感じました。見た目の怖さはないけれど、家庭の絆の恐怖を感じたい人におすすめです。

1〜 5件 / 全6件