墨攻

墨攻の画像・ジャケット写真
墨攻 / アンディ・ラウ
全体の平均評価点:
(5点満点)

163

  • DVD
ジャンル:

「墨攻」 の解説・あらすじ・ストーリー

 戦乱の中国を舞台に、“墨守”という故事で知られる戦闘集団“墨家”の天才戦術家・革離(かくり)の活躍を描いた森秀樹の同名コミックを、中国・日本・香港・韓国の合作で映画化した歴史アクション超大作。主演は「インファナル・アフェア」のアンディ・ラウ。監督は「流星」のジェィコブ・チャン。紀元前370年頃の戦国時代、攻撃をせずに守り抜く“非攻”を信念とする集団“墨家”がいた。その頃、大国・趙が送り込んだ10万の大軍を前に、全住民わずか4千人の梁城は落城寸前の危機に瀕していた。梁王は墨家に援軍を求めるが、やって来たのは粗末な身なりの革離ただ1人だった…。

「墨攻」 の作品情報

製作年: 2006年
製作国: 中国/日本/香港/韓国
原題: A BATTLE OF WITS

「墨攻」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

墨攻の詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
133分 日本語 吹き替え用 1:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/北京語
2:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/北京語
3:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
ASBX3866 2007年07月27日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
27枚 1人 0人

関連作品

ユーザーレビュー:163件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全163件

後半は 人間の本質が描かれ考えさせられるネタバレ

投稿日:2007/07/29 レビュアー:ミルクチョコ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

敵に囲まれた小さな梁の国の助けの要求に応じて、戦闘集団「墨家」の男革離が現れ、たった一人で10万の攻撃を撃退する物語。
アンディ・ラウも勿論素晴らしい演技でしたが、周りを固める役者さんたちも素晴らしい。
主人公の革離を、単なるヒーローに描かれていなかったのが、良かったというか私にとっては驚きでした。
梁王が、救いを求めた墨家の革離を戦いの終わった後に、疎んじるようになり、手のひらを返すあたり・・・
革離の人気を疎んだ梁王と側近によって殺されそうになる。
そんな中で、革離の味方は、梁王の王子と、美しい女性。
最初は、革離をよく思っていなかった梁王の王子が、革離と行動を共にして、次第に信頼していくあたりや、革離と逸悦の純愛もさらりと描いてあったりで、この辺は楽しめました。
この作品は、人間の悲しい本質について描かれているのでしょうか?
墨家の思想に殉ずる革離。墨家の革離に心酔いし、追随しようとする梁王の王子、城と命を助けられたにもかかわらず、己の保身のために革離を裏切る梁王。革離の愛に生きた女性。
それぞれが、己の思うところに生きている・・・
しかし、誰も幸せにならない映画。
最後に、女性の声が奪われ、そのために革離に見つけてもらえないまま死んでいく・・・とても象徴的です。
私には、ちょっと哀しすぎたでしょうか?


このレビューは気に入りましたか? はい 16人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

「準備段階:8、戦闘シーン:2」だったら。。。。惜しい!ネタバレ

投稿日:2007/08/15 レビュアー:MonPetit

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

コミックは大好きでした。
本当に面白い、革離繰り出す言葉、戦法に毎回びっくりしたし、感心し、感動さえ
してました。歴史上存在していたとされる戦闘集団であること。華やかに歴史に
名前がでてはこないが、こういう人達がいてこその戦争の勝利だったり、天下統一
だったのでしょう。日本でいえば、武将の側近には必ず存在する、いわゆる軍師
や、忍などがそうなのでしょうね。

さて、本作品ですが、シルミドでも書いたように最近の韓国映画にような悪い癖が
でてます。製作国、中国/日本/香港/韓国のうち香港と韓国が中心でやっていると
思うんだけど、その韓国部分が。。。 シルミドでは「あぁ〜やっぱりか」って感じで
淡々とみてましたが、「墨攻」は残念で仕方ありません。
準備段階がつまらないという投稿もありましたが、私は革離の凄さは正に準備の
段階にあるので、ワクワクしてみてました。
逆にもっとこのシーンを長く、細かく掘り下げてほしかった。
実際の戦闘になればもう革離の思うようになるだけですから。
作品的には準備段階が大事だということに気づいていると思います。でも、戦闘
シーンも捨てがたい。。。。結果、非常に中途半端なバランスになっていた。

革離という強烈な個性をもった人間がいつのまにか普通のヒーローのように表現
されていたいたのが残念だし、準備段階:8、戦闘シーン:2ぐらいの割合だったら
傑作になっていたかもしれない。

それとアンディ・ラウだと格好よすぎない?(笑)

このレビューは気に入りましたか? はい 10人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

いろんなところがわかりにくい。

投稿日:2008/01/18 レビュアー:ぶわつ

 『墨攻』という漫画はタイトルだけは知っていましたが読んだことありません。そんなだから、この漫画自体も酒見賢一という作家の書いた同名小説を原作としている、というのももちろん知らなかった。そんなだから、漫画版を原作とした本作に対しての興味は薄く、これがもしアンディ・ラウ主演でなければ、きっと観ていなかったんじゃないかと思います。

 いまや自分の中で1、2を争う好きな俳優となったアンディ・ラウですが、彼の力をもってしても、本作はイマイチ感の漂う作品でした。
 観ていて、とにかく分かりにくかったのが、舞台となる小国、梁城の地形や広さ、位置関係。本作のように一面、戦術部分を描こうとするのであれば、そこが観る側にある程度伝わるように配慮してくれないと、ぜんぜんピンとこないんですよね。おまけに場面がぽんぽん飛んでこれも辛かった。たとえば、夜に敵陣へ偵察に出て、見つかってしまって「逃げろ!」となるわけなんですが、次の場面ではいきなり夜が明けて・・・どころか昼くらいになってるんです。“何時間走りまわっとんねん!”って突っ込まざるえなくなります。こんな場面がけっこう多いのですが、本作はいったん出来上がったものを上映時間の都合でかなりカットしたんじゃないでしょうか。そうでも考えないと合点がいきません。それから、紅一点のファン・ビンビン。確かにべっぴんさんなのですが、本作においてはかなり中途半端な存在で、正直、彼女とラウの恋愛部分はあえて必要でなかったように思います。
 そういうわけで、どうしようもなくつまらないとは思わないのですが、腑に落ちない点が多すぎる残念な一作となってしまいました。

このレビューは気に入りましたか? はい 9人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

切ないエンディングにより政治や戦争は誰のためなどと考えさせられた

投稿日:2007/09/04 レビュアー:RUSH


この作品は日本の劇画を原作としている。その劇画は酒見賢一氏の歴史小説を原作としている。当然、原作の小説と劇画の内容は時代設定など細かいところで違いを見せるし、映画としてのこの作品も違うところがあるが、原作を忠実に再現しようとすれば2時間と少しという時間は短すぎる。だが、個人的にはうまくまとめられていると思った。

正直この手の歴史的な話はいくらでもある。中国といわず日本でも戦国時代ならいくらでも存在する。小国が大国からの侵略に知略で臨むという話は昔からいくらでもあるが原作を読んだとき、墨家というのを初めて聞いた。非攻、兼愛を掲げる墨子が築いた思想家集団であり、実在した集団。日本的に言えば軍師集団のようなものか?少なくとも賢く平和を愛するものたちの集団であることは違いないだろう。この作品は一人の墨家、革離(アンディ・ラウ)が救いを求めた国、梁へ単身乗り込み、大国、趙からの大軍に対してその知略を使い、民の力を使って10万の軍勢に対抗していく話である。とてもわかりやすいシナリオとなっている。この作品には国の頭領となるものの資質や政治の大切さ、人間の醜さ、守るだけではなく時には闘うことも必要なことなど、色々かんがえさせられることが多かった。一人の墨家が10万の大軍に対して民衆の心をつかみながら、対抗し勝利を収めていく。しかし、勝利すればするほど、戦略が成功すればするほど、その能力に国王は嫉妬と国王自身の保身を求め始めていく。それが悲劇を生み、国王は信頼を失っていく。よくある話だ。

この作品でのアンディ・ラウの演技はさすがといったところか。そつがない。変な力みもなく革離を演じている。また、革離に対する巷淹中を演じたアン・ソンギの演技もいつものものだった。どちらも安心してみていられる。好感が持てたのは逸悦役のファン・ビンビン、そして子団役のウー・チーロン、梁適役のチェ・シウォンだ。いずれも毅然とした態度で演技をし、きびきびとしたその動きや表情は好感が持てた。いずれもイケメン、美人なので別の作品でもお目にかかることがあるだろう。さて、作品に登場する大軍にはかなりの迫力を感じたが、実写の場合とCGで兵を水増ししているシーンとの違いが結構はっきりしており、少し興ざめすることがあったのは残念なところ。CGが少し雑なのだ。今時の映画であれだけの大軍をエキストラだけで構成するのは不可能に近い。その為CGに頼ることになるのだが、実物の兵士とCGの兵士の違いが簡単にわかってしまうのはCGのレベルが低いと言わざるを得ない。予算の都合なのか?技術の都合なのかはわからないがこの作品の欠点のひとつだろう。

また、個人的にとても残念だったのは革離がどのようにして小国である梁を訪れることになったかを全く描いていないことである。通常墨家は複数の墨者がそれぞれの専門分野を担当して城を守っていくのだが、革離は一人で梁へと赴いたその理由が全く描かれていないのだ。ワンシーンだけそれに関する台詞が出てくるだけで細かい説明が一切ないのは一人で闘う革離への感情移入を妨げてしまった。この時代墨家は創設者である墨子の教えから道を外れ、権力に傾倒するようになっていくのであるが、革離はそれを嫌ったのである。その為、墨家を裏切ってまでして梁へと赴いたのである。墨家を裏切ったという革離の切なる思い、覚悟をこの作品では何ら描いていないのは非常に残念である。これが描かれていれば、革離に感情移入でき、切ないラストシーンは涙したことだろう。

政治や戦争は一体誰のために行われるのだろうか・・・?私腹を肥やす政治家、公金を横領する役人が蔓延する今の時代の政治にも何か通じるものがあるような気がしてならない。

このレビューは気に入りましたか? はい 8人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

レンタルになったらもう1度見たいです。ネタバレ

投稿日:2007/03/08 レビュアー:パープルローズ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

「武士 Musa」や「Promise」など中国の戦乱ものは苦手なので敬遠していましたが、吟遊旅人さんはじめ複数の友人のおすすめで見てみました。

感想の前に・・・。琴線さんがPromiseのレビューで、「タバコを吸っているセシリア・チャンがふてぶてしい。」と書いておられますが、私も全く同じように感じました。自分がタバコが嫌いだからそう感じたのか?と思っていましたが、私だけじゃなかったのね、よかった・・・。

さて「墨攻」ですね、漢字が苦手な人が増えて字幕が簡素化される一方の昨今、こんなに漢字の多い字幕(しかもルビなし)は久しぶりで、出だしは国や人の名前を覚えるのに必死。 でもアンディ・ラウは渋くて素敵だし、ヒロインの女優さんもセシリア・チャンよりかわいかったです。映画そのものも「武士」や「Promise」より格段によかったです。

「10万人の敵にたったひとりで立ち向かう」というようなキャッチコピーがついていたので、Promiseのチャン・ドンゴンの笑うしかないようなシーンばかりだったらどうしよう・・・と心配していましたが、類焼をふせぐため屋根わらに家畜の糞をぬるとか、硫黄をたいて煙と臭いで敵をかく乱するとか、緻密な戦略にいちいち感心しながらみました。ただし後半は時間切れだったのか、準備シーンを削っていきなり水攻めや気球など大きなしかけがでてきたり、恋愛の要素もいれてもうお腹いっぱいという感じでした。
だいたいこの恋愛のエピソードは必要だったのかな?こういう映画で下手に恋愛要素を入れるのは逆効果だと思うけど。そういえば「ディパーテッド」の尻軽女医さんもどうにかならなかったのか?(と、「ディパーテッド」酷評派の私。)
その分墨家の思想的なことをもっと描いてくれたほうがよかった。知識のない私はこの辺もうひとつ消化不良だったので、レンタルになったらもう1回みたいです。

このレビューは気に入りましたか? はい 8人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 5件 / 全163件

墨攻

月額課金で借りる

都度課金で借りる